2016-08-29(Mon)

憲法フェス@大阪 について

ときどき振り返ると、なんだか年々忙しくなっているような気がして、気が滅入る。

実入りが良くなっているわけでも、世の中が良くなっているわけでもなく、ただただ忙しさだけがカラカラと加速していく。

そんな毎日に、自ら追い打ちをかけるように、こんな企画に手を出してしまった。

紹介は超ローテンションだが、企画自体はかなり面白いとおもうので、ぜひ来ていただきたい。

”あの人”に言いたいことてんこ盛りの人も、どうぞ。

【憲法フェス@大阪】

9月11日(日)
11:00~20:30 中崎町ホール
http://www.nakazakichohall.com/
ライブ ・ トーク ・ マルシェ(食事処など)

15:00~17:00 JR大阪駅御堂筋北口(ヨドバシの向かい)
街頭フェス ライブ・トーク

いずれも入場無料 (寄付歓迎)
少しだけでも通しでも、参加いただけます。
夜の中崎町ホールではタブー無しのQ&Aあり!

主催:山本太郎・三宅洋平
関西では実行委員会を結成して、主催側と議論しつつ受け入れ体制を整えています。

※時間帯は若干の変更もあり得ます
 FBページで詳細決まり次第発表します → https://www.facebook.com/kenpofes.osaka/

******************

てことで、昔ながらの護憲運動とは、ちょっと違う憲法フェス。
もちろん、長年護憲に命はってきた人も、国民投票があるらしいってことでボチボチ危機感持ってきた人も、自主憲法制定派だけど安倍ちゃんだけはダメでしょ、という人も、かなり毛色の違う人たちが集まって、なんやかんや始める。

何が始まるのかは、主催の二人も明示していないし、わたしら実行委員会の面々もそれぞれ色んなことを考えていて、カオスではある。
これまで積み上げてきたことをチャブダイ返しするのではなく、右も左も新も旧もまぜまぜにしてみたら何が出てくるのか、そんな感じである。

当日のボランティアスタッフも募集しているので、カオスにちょこっと足を踏み入れてみたい人は、上記のFBページから申込を。

なお、三宅氏の安倍昭恵をめぐる件については、私も納得はしていないし、したがって、納得していないという人を説得することもできない。それは、三宅氏本人に伝えた。
ただ、夜の部では、タブー無しで双方向の議論ができる場にしたいということだったので、殴り合いや感情的な罵詈雑言ではないかぎり、どんどんぶつけていただければ思う。

ではでは、9月11日 会場で




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2015-01-14(Wed)

あえて後ろ向きに振り返ろう 1・25大反省会

日本人は打たれ強いのか、はたまた負けなれているのか、安倍晋三に足蹴にされ、踏みつけられ、唾を吐かれても泰然自若で毎日を送っている。
お釈迦様やキリストさんも真っ青の聖人君子ぶりである。

これは、どんなときでも「前向きに頑張る」ことを美徳とする、独特の日本的な感性に基づいているのだろうか。あるいは、70年間なんとかなったから、あと10年かそこらは大丈夫だと思っているのだろうか。
「自民党は、国民を踏みつけながらでも食べさせてくれる」「我慢すればそこそこの暮らしはできる」と今でも信じているのだろうか。

私が心配なのは、知らぬが仏でノンビリしている人たちではない。
分かりすぎるほど分かっているのに、根拠なく「なんとかなるだろう」と思っている人たちのことだ。

それは決して少なくない。自公以外に投票した人、あえて投票しなかった人を含めて数千万人の規模で、程度の差はあれど「安倍はヤバい」と感じている人はいる。知事選で自民単独では勝てないというのも、その証左である。
そのなかでも、明確に批判的なひとも100万人は下らないはずだ。

政権にとって、賛否が二分し、かつ、明確な批判勢力が100万人いるという状況は、ものすごく危うい状況のはずだ。
やらせの官製デモはともかく、自主的な100万のデモは明らかに政権を震え上がらせる。日本以外では。

■■

ところが、  日本だけは事情が違う。

世論はほぼ二分。テーマごとなら、安倍路線に反対が多い。

様々な課題に取り組む活動をしている人も、それなりにいる。共産党系の人から、直接政治の課題ではなく、食品安全とか子育てとか、結果的に政治に直結することにかかわって動いている人も含めて、10万人を下回ることはあるまい。10万人といえば、1選挙区に約300人だから、絶対にもっとたくさんいる。

にもかかわらず、 国政選挙になれば負け続ける。
いや、地方選挙でも、やれば勝てるはずなのに自民に相乗りするケースが圧倒的だ。

選挙とは、権力の争奪戦だ。合法的な実行力を誰が手にするか、それを争う場だ。

その選挙で負けるということは、やりたい放題やられるということだ。勝ったり負けたりならば抑止力が働くが、やれば必ず負けるのでは、本当にやりたい放題。安倍独裁政権と変わらない。

選挙で負けても、まだ方法はあるとうそぶく人もいるけれど、権力をナメているとしか思えない。
合法的な権力を与えてしまうということは、そんな生ヤサシイことではない。それは、この2年間で骨身にしみたはずだ。

骨身にしみたはずなのに、しみていない人がいる、ということを、私は心配している。分かるはずの人が、なぜか理解しない。しようとしない。「がんばろー」と言い続ければいつかどうにかなる、と信じている。

■■

原発が爆発しても負けて、参院選でも負けて、また衆院選で負けて、3連敗して何の反省もなく、能天気に「またがんばろー」では、猿に笑われる。
いい加減ここで、「なんで負けるのか」をはっきりさせなくてはならない。

小沢さんはじめ多くの人が言うように「野党がバラバラ」だからなのか。
これもよく聞くように「共産党が全選挙区に立てるから」なのか。

私はそれだけではないと思う。そんな単純な話ではないと思っているが、ここではその詳細は書かない。
一言だけ書いておけば、敵は様々な思惑で、自民、公明、民主の主力、維新(関東)まで配下に抑えている。要するに彼らは野党ではないということだ。

共産党に文句を言うのは、情けなさすぎる。たしかに彼らの組織第一主義は弊害は多い。が、あの程度の組織力の足元にも及ばない私たち自身の現状を恥じたほうがいい。

これを読んでいる方々も、人それぞれに思いはあるはずだ。
「なぜ勝てないのか」
これをはっきりさせずに、同じことを何回も何回も続ける余裕は、もう私たちに残されていない。

■■

考えたからすぐ勝てるわけではない。
しかし、同じ失敗を無反省に何度も繰り返すのではなく、2年先、5年先を見通した一歩を踏み出したい。

生活の党と山本太郎さんが合流したことは大きなプラス材料だ。
社民党は重鎮が合流を許さなかったという噂も聞いたが、このさい思い切った判断が望まれる。
民主党も、いっそのこと細野が勝ってゴリゴリの新自由主義になり、耐えられなくなった福祉系や労組系が分裂してくれたほうがいい。

もろもろの事情をはらみながら、1月20日過ぎに、小沢さんと太郎さんの会見がある。たぶん24日ではないかと踏んでいる。分かる限りの情報もあつめつつ、しっかりと会見を聞き判断したい。

そしてこのタイミングに合わせて、関西では 「大反省会(とこれから)」を開催する。
生活フォーラム関西の主催なので、生活の党に近い人が多いけれども、もちろん安倍政権に反対するあらゆる人を歓迎したい。

1月25日(日)10時~16時半  大阪市中央区民センター

詳しくは生活フォーラム関西のホームページを見ていただきたい。
長丁場だけれども、やってみればたぶんあっという間だと思う。

生活フォーラム関西

申し込みも、こちらのホームページから行えます。

危機感で身がちぎれそうなのに、何をしていいかわからない人。
とにかく動いているけれども、確信が持てない人。

ぜひ集まっていただきたい。
感情的に大声を出すこと、他人の発言を遮ること、延延と独演会をすること、以上みっつだけはお断り。
それ以外は、遠慮なし、タブーなしで掘り下げたい。

いま、あえて後ろ向きに。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2014-01-01(Wed)

あきらめない年に

光さす年になりますよう 心より祈念いたします

nenga2014.jpg
2013-05-23(Thu)

6/16お話し会@三田市 中止のお知らせ

申し訳ないお知らせです。

6月16日(日)に兵庫県三田市で『「反戦な家づくり」ブロガーさんとのお話会』を企画していただいたのですが、どうしても調整のつかない事態が発生し、いったん中止と言うことにさせていただきました。

不肖私などをよんでいただいたのに、本当に申し訳ありません。
できましたら、少し情勢が落ち着いたころに、また声かけていただければ大変うれしいです。(などと勝手なことを言っております。)

調整のつかない事態とは、、、、、 まだ公表できません。
近日中に、ちゃんと発表いたします。

2013-04-09(Tue)

色々募集中 (菜園仲間・構造見学会・木の建築家・新党浸透作戦)

お知らせがたくさんたまってしまったので、一気にいきます

■■ 菜園仲間募集!

2年前の5月から始めた六甲菜園。
昨年は自然農に挑戦しましたが、近隣からクレームが付いて草の管理を余儀なくされています。

こういう畑だったのに
20130409-1.jpg

今はこういう普通の畑になっています
 
20130409-2.jpg

気を取り直して、今シーズンからは通常の有機農法を目指して栽培をすることにしました。
宝塚から車で10分ほど。広さは50坪くらいです。

 参照:六甲菜園のブログ

さらに!

やっぱり自然農を諦めきれないので、奈良県の葛城山のふもとで、新たな農地を交渉中です。
このあたりは、奈良盆地を望むとても気持ちのいい地域です。

高速を使えば大阪から車で1時間。近鉄御所から徒歩25分くらい。こちらは、もし借りられれば100坪くらいあります。
1/3は自然農の実験菜園、1/3は収穫を期待して有機農法、1/3はBBQなどできる場所に、と皮算用しています。

た だ し

今の郊外楽園研究会のメンバーでは、とても2ヶ所の菜園を維持できません。
あと4~5人の仲間が増えれば、交渉を進めてこちらも借りられるようにしようと考えています。

六甲も葛城山も、どちらも収穫できたものの半分は、避難したくてもできないでいる福島の子どもたちに送りたいと思っています。
一昨年は何回か送ったのですが、昨年は自然農初年度でほとんど収穫が無く、送ることができませんでした。

ということで、一緒に菜園をやってくれる仲間を大募集です!

六甲でも葛城山でも、希望される方がいれば、ぜひぜひご連絡を

info@mei-getsu.com


■■ 構造見学会

もう間近です。

4月13日(土)12:30~13:30
十津川の木の家 構造見学会
@大阪市福島区

20130409-3.jpg

大阪市のど真ん中に、奈良県十津川村の木の家を建てています。

この木の中には、こんなふうに施主さんが伐った木もあります。

20130409-4.jpg

標高1000mで、雪の降る中で伐採祈願祭と記念伐採。いやあ 寒かった。

そんな思いの詰まった十津川の木は、詩情だけではありません。乾燥と強度を一本一本計測している「認証材」でもあります。

ぜひ、見てみてください。
同業者のかたも歓迎します。

こちらも、ご希望の方は info@mei-getsu.com まで


■■ 木の建築家募集(予告編)

最初に言っておきますが、まったく儲かる保証の無い話です。

近いうちに、数人の木の建築家のグループを募集する予定です。
詳細は、まだここでは公表できません。

関西で仕事をしていること。
僭越ながら私のチェックを通過してもらうこと。

私がしょぼしょぼやっている明月社は、こんなモットーです

木造住宅には、A.地域工務店 B.木造の住宅メーカー C.数少ない木造住宅作家(建築家) などに依頼する方法があります。
しかし、A~Cのどのコースを選択しても、「木造建築」というものの極一部だけを扱うことになります。
工務店には技能はあっても、自分のコンセプトやデザインを作り出すということができません。住宅メーカーでは、技能すらマニュアルにすぎません。
住宅作家は面白そうですが、木造の根幹である構造をキチンと理解している建築家は意外と少ない。

さらに言うならば、木の家を建てる以上、山に入るべきです。
家になる木が育ってきた山へ行き、その実情を知り、また自分で木を切り倒すことで命を実感するべきです。
そうしたことも、普通はなかなか体感することができません。

また、ただ家を作るのではなく、これからの社会に必要な居住形態を考えながら提案していく、というムーブメントも欠かしてはいけないと考えます。
つまり、住む人の要求を100%満たすという受け身の設計だけではなく、こんなライフスタイルをしませんか、という具体的な提案、主張、場合によっては売り込みが必要なのです。
明月社は、郊外楽園というキーワードで、次の時代の住まいを考えています。

こんな考えに賛同し、かつ実践できる建築家を募集します。

と言っても、繰り返しますが、仕事になる保証はありませんのであしからず。


■■ 新党浸透作戦Ⅱ やりませう!

東京の志岐さんが呼びかけられている 「新党浸透作戦Ⅱ」に、私も大賛同して参加しています。

 新党浸透作戦Ⅱ(国民の生活が第一の政治を実現する会 ブログ)

具体的には、下記のような生活の党の議員紹介のチラシをまこう ということ。
志岐さんが大枚をはたいてチラシを刷ってくれています。

20130401-1.jpg 201303401-2.jpg

3000枚1セットで、送料のみ各自負担です。(1050円)
もちろん、カンパは大歓迎

詳しくは、上記の「国民の生活賀第一の政治を実現する会」のブログをご覧ください。

1日1時間、400人がチラシをまけば、およそ1ヶ月で全世帯の2%に届けることができます。
マスメディアに頼ったり期待するのは時間の無駄です。

歩くには気持ちの良い季節です。 動きませんか!!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2013-03-05(Tue)

Google の横暴

今日からGoogleが新手の「安全対策」を始めたらしい

グーグルが「安全対策」として一部サイトへのアクセスをブロック 毎日jpなど大手サイトも
2013.3.5 産経


なんと、そのあおりを食って、このブログも「警告」が出るようになってしまった

20130305-1.jpg
ひとのことをドロボウ扱いだ。

原因は 「国民の生活が第一TBP」らしい。
BlogPeople というネット上で意見を集う手段を提供している会社が悪いのだという。

BlogPeople には連絡を入れたが、とりあえず緊急避難で「国民の生活が第一TBP」はサイドメニューから外した。
しばらく経緯を見守ることにするが、世界中のネット情報を牛耳るGoogleの権力を垣間見たような気がする。


<追記>

問合せをしたBlogPeopleから、速攻で返事が来た。17:50時点で警告でなくなったはず と。

http://news.blogpeople.net/news/archives/2013/03/blogpeoplechrom.html

もし、それ以降に警告出た方は教えて下さい。

2013-01-01(Tue)

新年のご挨拶

草むらで考えていた。あの牛のように、日当たりのいいところで ひねもす草を食んで暮らしてみたいもんや。食いもんは獲りに行かなくたって目の前に生えてるし、食ってさえいれば誰にも文句言われへん。なんて気楽な連中なんや。あ~あ
すると、牧場を渡る風にのって何やら音楽が聴こえてきた。鎌首をぐるっと回してみると、子牛を乗せた馬車を見ながら 女の人が何やら歌っている。ドナドナド-ナ- ドーナ~
そうか・・・ やつらは売られて行くのか。気楽そうに見えたのに、エライことやなあ。
たとえ狭い道でも 好きなように進んでいける我が身をふり返り、蛇は 草影にきえた。

希望の芽生えを祈念いたします
2013年正月



2010-07-30(Fri)

スタッフ募集のお知らせ

このブログでスタッフの募集をするのは、やや違和感があるけれども、もてる手段は何でも使おう ということで、当事務所のスタッフ募集のお知らせ。

当事務所というのは、もちろんブログの仕事ではなく、建築設計事務所のこと。

ただし、最初にお断りしておきますが、正社員を雇用できるような甲斐性はありません。私自身が、つい先月まで綱渡りで生き延びできたようなものだし、今後も仕事が続いていく保証なんて、どっかの党のマニフェストよりも儚いものです。

経営者としては、正規雇用をすべし、というのはまったくその通りなのだけれども、無一文ではじめた事務所は、まだ世間並みの経営と言えるような状態ではないということです。恥ずかしながら。


ただし、「木造建築をやっていきたい」という希望と根性を持っている人には、なかなか他では得られない知識と経験を積むことができると自負しています。

木造で食っていこうと思うと、A.工務店に勤める B.木造の住宅メーカーに勤める C.数少ない木造住宅作家(建築家)の事務所に勤める D.数少ない木造の構造計算事務所に勤める などの方法があります。
これ以外では、材木屋さんとかプレカット工場など、部分的な工程を担う仕事になります。

しかし、A~Dのどのコースを選択しても、「木造建築」というものの極一部だけを扱うことになります。
工務店では、技能を磨くことはできても、自分のコンセプトやデザインを作り出すということができません。住宅メーカーでは、技能すらマニュアル的な教育にすぎません。
住宅作家の仕事は面白そうですが、木造の根幹である構造をキチンと理解している建築家はあまり見かけません。
かといって、構造事務所は、他の人がデザインしてものの構造計算だけをするわけです。

さらに言うならば、木造建築をやる以上、山に入るべきです。
家になる木が育ってきた山へ行き、その実情を知り、また自分で木を切り倒すことで命を実感するべきです。
そうしたことも、普通の会社では、なかなか体感することができません。

また、ただ家を作るのではなく、これからの社会に必要な居住形態を考えながら提案していく、というムーブメントも欠かしてはいけないと考えます。
つまり、住む人の要求を100%満たすという受け身の設計だけではなく、こんなライフスタイルをしませんか、という具体的な提案、主張、場合によっては売り込みが必要なのです。
当事務所では「菜園住宅」や「ロハスヴィレッジ」というキーワードで、手探りしながら具体化を進めています。

ということで、当事務所の仕事は、

①木造住宅の設計デザインと工事中の監理

②木造建築の構造計算

③施主と山(森林組合など)とのコーディネイト

④ロハスヴィレッジや菜園住宅の開発

という、非常に広汎で楽しいものです。(③④は、あまりお金にはなりませんが)
ここで2年くらいみっちりと修行すれば、木造の基礎は、ばっちり身につくと思います。


形式的には、ヤクルトレディーのような、請負式にならざるを得ません。
一定額の固定報酬と、仕上げた仕事に対する従量報酬の組み合わせです。

まず一番の仕事は、構造計算の基本を覚えながら、入力作業をしてもらうことです。
それと、私がデザインした住宅の詳細図面を書き起こしていく仕事になります。

細かいことは、相談のうえ決めさせてもらいますが、はっきり言って、儲かる仕事ではありません。
というか、時給換算してしまうと、クラクラするような金額になるでしょう。

だいたい弱小の設計事務所は、お国が決めた設計料の3~5割くらいの設計料でやりくりしているので、超長時間労働の所長の時給もヘタするとマクドナルド並です。


それでも、木造の世界で生きていきたい という熱い思いを持っている人、数年後にはスキルと世界観を身につけて独立するんだと考えている人、ぜひいらして下さい。

資格としては、2級建築士以上(できるだけ)、パソコンが普通に使えること、そして几帳面なこと。
構造計算をする以上、几帳面であることは、非常に重要です。
何度もチェックし直すのを、面倒くさいと感じる(私のような?!)人材では困ります。
几帳面で、熱意があれば、これまでの経験はあまり関係ありません。


場所は大阪 地下鉄御堂筋線江坂駅から徒歩5分
当ボロ事務所です。

ご興味のある方は、メールにて連絡下さい。

info@mei-getsu.com (@を半角に)

面接などと肩肘張らずに、お茶でも(ビールでもいいけど)飲みながら相談しましょう。

当事務所のHPは 左サイドメニュー「リンク」の最上段からどうぞ。


2010-05-01(Sat)

ちょっと休憩

ふだん働き過ぎなので、しばらく休憩します

2~3日 良い空気を吸って 体力を回復させようと思っています

そう言いながらも、4日にはハトさんが沖縄に行くとか、いろいろ気になることもあるけれども、健康あっての物種だから、ちょっとお休み。

虎雄さんのところへ行ったのも、沖縄に行くのも、おおっぴらに断られるためのセレモニー。
ただし、沖縄へ行ってこれをするということは、いよいよ大詰めだということではある。


検察審査会のことは、どうやら補助弁護士の暴走だったようだ。
コメント欄で教えてもらったYouTubeを見ると、大沢某というヤメ検弁護士が「補助員(弁護士)が入っている。彼らが書いている。」と言わずもがなのことを、力みまくって言っていた。

小沢一郎という人は、ある意味スゴイと思う。
小沢憎しのためならば、どんな醜態をさらしても、それに気がつかない。
生方やこの大沢某なんていうのは、良い例だ。

正体不明の市民団体も、自分たちが正体を隠しているのではなく、あまりにオドロオドロしくて、さすがのマスゴミも正体を書けなかったというのが真相のようだ。

名前を書くのも嫌なので、知りたい方は前記事のコメント欄を見てください。

こういう、最低の差別主義者に嫌われるだけでも、小沢氏の株が上がるというもんだ。

いずれにしても、正義の味方のつもりで起訴相当の議決をした12人(米澤弁護士含む)は、予想外の世論の風当たりに面食らっているだろう。

さて、お休みの間はコメントもTBも承認制にして保留しますので、あしからずご了承ください。

ではでは

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-09-15(Tue)

見学会のお知らせ

大阪の中心部に近い場所で、木の家を作ろうという試みは、思いのほか苦戦を強いられた。

専門の人ならば知っているように、準防火地域で木造の3階建てを作るには、非常にきびしい規制がある。
もう、木造をつくらせまい つくらせまい という意図がにじみ出てくるような規制がある。

2階建てならば、それほどきつくないけれども、地価の高い中心地で2階建ての家に住むのは、むしろ贅沢の部類になってしまう。否応なく3階建てになる場合が多い。

ところが、日本の建築行政、というか建築業界全体が、木造を一段低いモノに見ている。
木造の本当の力を評価せずに、頭から「弱い」「燃える」という考えで法律も作っているから、他の工法に比べても、ものすごく規制が厳しい。

例えば、耐火構造という認定をするにも、コンクリートはフリーパスで「耐火構造」と認められている。
ところが、木造は厳しい実験をやって、構造部分にちょっとでも焦げ目がついたらアウトだ。
コンクリートでも同じような実験をすれば、爆裂したり強度低下したりすることがあるのは、よく知られているのに。
木造は実害のない程度の焦げでもアウトで、コンクリートはフリーパスなのだ。

なんだか、森喜朗の息子のアヘン窟で買春疑惑はフリーパスで、田中美絵子さんのコスプレ取材は大問題になるのと似ている。
そこまで言ったらコンクリートがかわいそうか。

それはともかく、都心部で、木の家の味を残した家を建てるには、いくつかのハードルをクリアしなくてはならない。
この障害競走にはいくつかのコースがある。
一番多いのは、木の部分を全部囲ってしまうコース。石膏ボードで柱も梁も構造の部分は全部囲ってしまう。だから、できあがりは木造なんだか鉄骨なんだかコンクリートなんだかよく分からない。
普通の住宅は、黙っていてもそんな作りだからそれで良いけれども、私の設計する木の家は、そんなんじゃ困る。

次に多いのは、窓を小さくするというコース。やはり窓が一番火に弱いので、それを小さくしてしまえという理屈。これも、開放的な家を希望されるお施主さんにはとてもツライ。

そこで今回は、秘策を使った。専門用語で「ロー1準耐火」というのだけれども、外壁をコンクリートと同じくらいの耐火構造にするかわりに、中身や窓には大きな規制がかからないというコース。
簡単なようで、実は相当難しい。
というか、おそらく今までやった人がいない。
国土交通省の外郭団体に聞いても、「そんなことできるの?」てな調子。

昨年の今頃から役所関係を回って協議を重ねて、最終的に確認申請が通ったのが今年の5月。
そこまでで力尽きそうになったけれども、現場が始まってからがまた大変だった。
外壁の内側に強化石膏ボードの厚さ21㎜というやつを2枚重ねにする。
文字で書くのは簡単だけれども、実際にこれをするのにどれだけ大工の汗が流れたか・・・

後から あーやればよかった こーやればよかったと思うことはドンドン出てくる。
(推定)本邦初だからしょうがないとはいえ、若い大工さんチームはよく耐えてやってくれたもんだと思う。

そうこうしながら、なんとか今月末には完成する。
木と和紙と漆喰でできた、しかも火事には抜群に強い家が。

せっかくなので、お施主さんの了解をいただいて見学会をさせてもらうことにした。

10月4日(日) 11時~15時 大阪府守口市内

詳細は、連絡をいただいた方にお知らせします
同業者の方も歓迎


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg