2005-09-28(Wed)

反戦な家と共謀罪

山岡俊介さんのブログで、共謀罪が今年中に成立するかも、と書いてありました。相談しただけで、罪に問われる共謀罪。圧倒的な国家権力に、刃向かうことを相談することすら許さない共謀罪。

明らかに、改憲への道筋です。改憲への道筋は、おそらく1950年代の中頃から、50年かけて準備されています。共謀罪も、警職法も、そのための手段として何度も準備されながら、これまでは完成せずに来ました。

しかし、これがツイに半世紀の「努力」が実ってしまうかもしれないのです。

そもそも法に触れることを考えなければ、共謀罪にはならないよ、と思うかも知れません。しかし、それは自由を失うことです。昨日書いた、自分のボーダーを国家の形に強制されることです。

良いことであろうが、悪いことであろうが、言ったり相談したりすることを、国家に制限されるのは自由の死です。悪いことはすべて国家が取り締まって良い というものではないのです。このへんが、今どきのコイズミ総統にイカレている世代には分からないのかも知れない。


さて、私の職業たる家作りに、共謀罪がどう関係するのか。私が考える「反戦な家」の条件の一つは、外に向かって閉じてしまわないこと。がやがやと寄り集まって議論できる空間をつくること。

つまり、共謀罪の「現場」をつくるのが、私の考える「反戦な家」です。だから、関係大あり。
2005-09-28(Wed)

ボーダー

ボーダーはどこだろう。と言っても、尖閣諸島がどうとか、沖の鳥島がどうしたと言う話ではない。人間のボーダーのことだ。

人間のボーダーはどこになるんだろう。この15年間ほど、ずっとそれを考えてきた。考えずにいられなかった。

ふつーに考えたら、人の形をした皮膚の表面ということになる。しかし、最近は生物学の方面でも、そういう考え方はしなくなっているらしい。簡単に言うと、ギンガメアジが群で泳ぐとき、練習もしてないのにロシアのシンクロチームよりもぴったりとそろって方向転換する。これは、生命の境界線がウロコの表面だったとしたら不可能なことだ。

最近はエコエコとなんでもエコを付ければ免罪符かと勘違いしているむきが多いが、本来のエコロジー、生態学というのもそういう見地からの学問だろう。皮膚の表面で生命が完結しているわけがない。

歴史的に見ると、ボーダーは大きくなったり小さくなったりを繰り返しているようだ。奴隷制ではボーダーは認められなかった。封建制になって、家族とか家族の延長の領主とか、そういう限定されたボーダーが出現した。

動乱期の初期にはボーダーはどんどん拡大してコスモ的、インターナショナルな意識が形成され、動乱期の終末期にはボーダーはどんどん縮小して家族から個人へと縮まり、縮まったボーダーは容易に次の体制が必要とする全体主義のボーダーに取り込まれ、しかし、その体制の末期に近づくにつれまた大きく拡大してゆく。その繰り返しのような気がする。

第2次大戦の敗戦から60年安保までは拡大基調、72年ころを境に急速に縮小し、2000年ころに限界まで縮小した。少年犯罪が激発するころに重なる。

限界まで縮小すると、こんどは大きく包んでくれるようなイメージを求め始める。これが、インターナショナルな方向を向くのか、ファシズムの方向を向くのか、これはどちらが力を持つかによるのだろう。

今のところファシズムが圧倒的に有利に進めているのは、先日の総選挙で見て取れる。ではどうするか。

私は、この15年間、意識的にボーダーを小さくすることを自分に強いてきた。それが、自分と家族への責任だと思ってきた。しかし、この総選挙は、私の方向を反転させる契機になってくれたようだ。

人の形でも、家の形でも、組織の形でも、ましてや国の形でもない。境界線は、自由の中にあるのだと、ようやっと思い至った。こんな当たり前のことに気が付くのに、15年かかった。
2005-09-26(Mon)

地震と韓流とファシズム

昨日は地震について、いい家塾というNPOで講義してきた。さすがに、みな関心が高く、集中した講義ができた。

その講義のために、いろいろ調べものをしていて、ふとオカシイなことに気が付いた。

明治以来、地震でなくなっている方(行方不明含む)は約20万人。半分は関東大震災の被災者。年に平均すると1500人くらい。確かに多い。

次に、この10年間の死亡者は約6500人。ほとんどは阪神淡路の被災者。年に平均で約650人。 これでも多いが、明治以来の40%程度になっていて、少しは対策が進んでいることはうかがえる。

ところが、何かしら家が原因で死ぬ人は他にもいる。風呂で溺死する人は、3000人/年。階段などで転んで死ぬ人が2000人/年。火災で死ぬ人が1200人/年。(1997年資料)

そう、地震よりも風呂のほうが2倍も危ない、ということだ。階段やちょっとした段差で地震よりもはるかに多くの人が死んでいるのだ。にもかかわらず、地震の危険性はセンセーショナルに取りあげられ、風呂の問題などはマニアックな教育放送などでしか取りあげられないのはなぜか???

ファシズムが成立してゆく道筋は、だいたいこんな風だ。社会不安の高まり、仮想敵の想定、非常事態に乗じたファシズムの暴発、「民主」的手続きを踏んだ権力奪取、民主主義的な手続きの廃止。

地震と聞いて、関東大震災の朝鮮人虐殺を思い出さない人は、日本人でいる資格がない、と私は思う。2711人とも6415人とも言われているが、いずれにしても実態が把握できないほどメチャクチャしたことを逆手にとって、「人数が正確でない」と鬼の首を取ったように言う輩がいる。まるで、それで虐殺の責任は無かったかのような言いぶりだ。

関東大震災が起きた1923年の2年後、治安維持法が成立し、特高警察の支配する世の中になった。そして、1928年張作霖爆殺、1929年世界恐慌、1931年柳条湖事件をもって本格的な中国侵略の開始。

他にも色んな要素は当然あるだろうが、大震災で朝鮮人虐殺を行った、少なくとも傍観したことが、その後の進路を決定づけてしまったのではないか。そんな気がする。

最近では、アメリカのカトリーナだ。あの対応の遅さは異常としか言いようがない。いくらゼネコンを儲けさせたいからといって、陸続きの、しかもブッシュの地元のすぐ近くで、あれだけ放置してということは、社会不安をあおる目的以外には考えられない。

イラク反戦の声が高まる中で、9.11事件以来の、ショック療法を国民に強いようとしたのだろうが、幸いアメリカ人はこれには乗らなかった。24日にはワシントンやロスで10万人規模の反戦集会が行われたそうだ。

ブッシュを再選したアメリカ人も大概だが、日本人は歴史的にもっと愚かな面をもっている。社会不安をあおればあおるほど、コイズミ総統のような独裁的なイメージにすり寄ろうとする。その現在の日本で、連日あおりまくられているのが、「地震が来るぞ!」である。

もちろん、冒頭書いたように、私自身建築家として地震の怖さは分かっているつもりだ。「地震が来るぞ!」もあながちウソではない。

ウソではないからこそ、より大きなリスクを無視してでも繰り広げられる地震キャンペーンがリアリティーを持つのだ。こうした、通奏低音とでも言うべき不安感の上に、増税などの弱者切り捨てが進行してゆくとき、軟弱な日本人が逃げ道を求めてファシズムに殺到する下地が醸成されていく。

ファシズムの暴発にもう一つ必要なのは、仮想敵である。これはすでに北朝鮮がやり玉に挙げられている。もちろん、北朝鮮の国としてのあり方が良いとは思わない。拉致問題も全てがウソというわけではない。だからこそ、反北朝鮮キャンペーンがリアリティを持ってしまう。

しかし、「何でもかんでも北朝鮮悪い」ということにはならないはずだが、もはやマスコミの「常識」すらそのあたりまで行ってしまっている。虐殺の責任も、戦争の責任も、正面から受け止めることのできない、情けない日本人は、逆ギレして北朝鮮をぶっ叩くことによって誤魔化そうとしている。

誤魔化すときほど、人間は汚くなる。残虐になる。これが、ファシズムに転がり落ちていくときの、大衆の心理なのではないかと思う。

ちなみに、北朝鮮を叩くときに、韓国まで叩いてしまうと、政治的に都合が悪い。そこで、颯爽と登場したのがヨンさまだったのではないか。

韓流ブームと拉致問題が時を同じくしてマスコミに騒がれたのは、単なる偶然とは思えない。冬ソナを流していたのはNHKだったこともある。チェ・ジウは私もファンであるし、彼らにそのような意図があったとは思わないが、そのように日本のマスコミに利用されていた疑いはある。

なんだか、まとまらない記述になったが、試論として書き留めておく。
地震とファシズムの問題は、これからもつっこんで書いてゆきたい。

なお、Arisan氏の「谷崎・震災・ファシズム」、サムライ氏の「9・11選挙の正体」など、参考にさせてもらいました。
2005-09-24(Sat)

言葉にならない

「イラク侵略は強盗殺人」というものすごくストレートなサイトを見つけた。ページデザインは下手だけど(失礼)、内容はすごい。
  http://www.geocities.jp/wemustnotkill/

ファルージャを始め、生々しい写真を見させてもらい、情けないけれども涙が止まらない。 字も見えないし、言葉にもならない。

とにかく、漠然と知識でイラク侵略を知っている人は、必ず見るべきサイトだと思う。
2005-09-22(Thu)

自分にできること

もうすぐ今日が終わってしまう

反戦な家、とか戦争反対とか言うけれど、本当に自分にできることは何なのだろう、と考えるとどうも心許ない。 が、戦争というのは、政治家や大企業の経営者がするモノではない、直接は。 実際にタマを撃つのは一般庶民だし、撃たれるのもそうだ。 だから、実際にタマを撃たなくてはならない人が、全員「イヤダ!」と言う限り、戦争は起こらない。

そう考えると、わずかな一人の抵抗も、全く意味のないことでもないかな とも思えてくる。 一人でも二人でも「イヤダ!」と言える人間を増やすことができれば上等だ。

やっぱ、反戦な家は必要なんだ。 田作の歯ぎしりも、聞いている人がいれば結構な演説なのかも知れない。
2005-09-22(Thu)

化石は踊る

と言うか、化石に踊らされる と言うべきですね。 これまで掘り出された石油と、その石油のために流された血と、どっちか多いんでしょう。 そりゃまあ、石油のほうが多いんでしょうが、血の量だってハンパじゃない。

私、明月、なぜか以前病院に勤めていました。そこの患者の会の役員が、桑野さんという方で、先日までサンヨーの社長をしていた方です。私は何度かお会いしただけですが、病院の院長が懇意にしていて、桑野さんのこんな言葉を教えてくれました。
「世界中の屋根が太陽電池になれば戦争が無くなる」

伝え聞きですから、そのままかどうかは知りませんが、桑野さんの著書の中でもそういう問題意識はうかがえます。(新・太陽電池を使いこなす ブルーバックス)

別にサンヨーを持ち上げるつもりも無いし、現状で太陽電池が本当に解決策足りうるのかも、私としては確信は持てません。
ただ、こういう問題意識は必要だと思うんです。
こんなことを考えている人が、よく大サンヨーの社長になれたな、なんて失礼なことも思いました。
それくらい、現状打破のパワーを持った問題意識と実践ではあると思います。

さてさて、こんな話を持ち出すまでもなく、目の前のイラクを見ただけでも、化石燃料が戦争の種であることは一目瞭然です。

ということで、反戦な家作りの手はじめは、エネルギーについて、しばらく考えていきます。イラクの油田

2005-09-21(Wed)

反戦な家作り とは

これまで、「綺麗になる家」というテーマでブログ書いてきましたが、内容が美容の話と反戦の話に行ったり来たりするので、やむを得ず二つにわけました。

家づくりを生業とする私、明月にとって、戦争の問題は深刻です。阪神淡路や中越の震災も悲惨でした。 カトリーナの傷跡も酷いモノです。 あえて天災とは言いません。 人災の%が相当大きいからです。 それでも、イラクの現状とは比べものになりません。

もちろん、カトリーナの被災者の救援は必要ですが、被災の程度が桁違いです、イラクの場合。

こんなブログもあります。http://teanotwar.blogtribe.org/
イラクについてのニュースを英語から日本語にして紹介してくれています。

米軍は「政府の重要機関を爆撃」と言って民家にバンバン爆弾を落としていた、と誰あろうNHKが放送していた。 今や骨抜き朝日ですらない、国営NHKテレビが放送していたのです。

こんなニュースを毎日のように見ながら、平和ボケしたデザイン感覚とやらで住宅設計の仕事をしているのは、どうにも私の性に会わない。

かと言って、街に飛び出して「戦争反対!」とプラカード掲げて走り回る気にもなれない。 というか、やっても良いんだけど、何処かに利用されてしまうのが適わない。 イラク戦争開戦直前に、高校生が呼びかけているというので、大阪城公園の集会に家族で出かけたら、何のことはない、選挙用赤旗新聞の航空写真に使われただけでした。

既成組織でいろいろやっている人にも、もちろんいい人はいるでしょうし、それにケチをつけるつもりは毛頭ありません。 けど、私明月、いろいろやってきた経験から、既成の組織に頼って行動するつもりはありません。 ケースバイケースで一緒に行動することはあるでしょうが。

どういう行動をするべきかは、これから走りつつ考えるとして、まずは自分の生業である、建築、家作りから考え直そう、と言うわけです。

戦争と建築をテーマにするのは、もちろん私が初めてではありません。
最近では、五十嵐太郎氏の「戦争と建築」というのがありました。 いろいろ書いてありますが、要するに、筆者の立場、主張がハッキリしない。 結局どうやねん! と言いたくなる本でした。

もうちょっと面白かったのは、宮内康氏らによる「1930年代の建築と文化」。ファシズムと建築の関係など、勉強になった。 が、サブタイトルが「悲喜劇」と付いているとおり、学者さんたちの一歩引いた姿勢が感じられてしまう。 やはりこれからどうする、という点には意識が回っていかない。

もうちょっと熱を感じたのは、小能林宏城氏の「建築について」。 直接戦争は語っていないけれど、戦中から戦後にかけて活躍した大物建築家を評論する中から、著者のわき上がる想いが伝わってきて、何だか引き込まれた。

しかし、宮内康氏も、小能林宏城氏もすでに鬼籍に入られた。

他方で、LOHAS系は大流行。 本来は、これも反戦建築に結びつくハズなんだけれども、どうも日本ではそうはならないらしい。 エコである以上反戦でなければスジが通らない。 そう思うのは私だけ??

そんなこんなで、ちょうどいいお手本がない。 で、仕方がないから自分でまとめてみよう、というのが、このブログの試み。

戦争と建築を学術的に研究する、なんていうのはどっかの学者さんにお任せして、明日建てる家を、どうやって反戦な家にするのか、それを考えてみたい。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg