2005-11-30(Wed)

耐震偽造の真相を考察する

今日は、本業ブログからそのままコピーしてしまおう。

*************************************************

姉歯という珍しい名前ということもあり、日本中知らない人はいないくらい有名になったこの人、何でまた今頃になってぶちまけてしまったのか???

良心の呵責に耐えられなくなったとか色々あるのだろうけど、私は少々違う理由を勝手に想像している。

まず、1.マスコミの騒ぎ方が尋常ではない。同様の他の問題はそれほど問題にされなかった。2.どっかの幹事長が「景気に影響するからあまり騒ぐな」ととんでも発言をした。3.民対民のこの問題に税金で救済が計られている。

などの理由から、私はたぶんがあるのだろうと想像している。

1.今年の6月に、ツーイフォー住宅に使われるビスの強度が偽造された事件を覚えている人は、たぶんあまりいないだろう。じつに、1万軒の住宅が耐震性能不足の疑いがあったにもかかわらず、報道はわずかなものだった。

2.いくら何も考えていないどっかの国の政権党の幹事長とは言え、不安に怯える住民を目の当たりにしながら、「あまり騒ぐな」というセリフは言えるモンではない、普通。何かの背景があったと考えても、おかしくはない。

3.欠陥住宅の住民に、税金で救済が計られた前例は、たぶん無い。また、理屈で考えても、姉歯氏が構造計算した建物の住民だけ救済されるのはおかしい。

こうしたことと、姉歯氏の当初のあの一見平然とした話し方とをみると、どうも一種の司法取引ではなかったのかという気がしてならない。

大手を脅かす急成長のデベロッパーとゼネコンを叩くために、姉歯氏は洗いざらい話すかわりに罪を軽くしてもらうという取引をしたのではないか。

もちろん、姉歯氏もデベロッパーもゼネコンもとんでもない連中だ。ここまで無茶苦茶する奴らは、足りない鉄筋の代わりにコンクリートに埋めてしまいたいくらいだが、それと、このキャンペーンの真相とはまた別問題だ。

ことの真相は、たぶん、デベロッパー、ゼネコン、検査機関の大手が、急成長しているヒューザーグループに危機感を感じて、ぶっ叩いた、ということのような気がする。

自分たちがしていることは、全て棚に上げて、だ。だから、騒ぎが大きくなりすぎて大手のマンション売上まで影響が出そうになると、政権党の幹事長が慌てるのだ。

そして、(景気浮揚策として)分譲マンションの耐震診断を国費でするという。これ自体はいいことだが、大型マンションの耐震補強工事など、中小の工務店には手に負えない工事だ。耐震補強工事受注の恩恵は、すべて大手ゼネコンに注がれる。

それと、もうひとつ、大きな問題がある。建築士の地位の低下を狙っている。

以前から、建築士の資格を細分化するべきだという議論はある。建築士というのは、ある意味、個人で巨大ゼネコンに対等に話のできる立場にある。大手ゼネコンに、全くのフリーランスで対等に渡り合える立場というのは、たぶん他にない。

しかし、職能的に細分化された建築士は、あくまでゼネラルなコントラクターの下請けのような立場におかれるであろう。

なんでも「改革」の一環で、建築改革の奇貨として、今回の事件は使われるにちがいないと、私は踏んでいる。

「改革」の名の下に、長いものに巻かれないと生きて生けない世の中に、ドンドンなっていく・・・。あ~ やだやだ。
2005-11-23(Wed)

安心のファシズム・広島の事件・タミフル

安心のファシズム というタイトルの本を、たまたま見つけて読んだ。 斉藤貴男さんというジャーナリストの著書である。

これでも1年半前に書かれたものだが、もうすでにかなりの処まで進行してしまっていることが、よ~くわかる本だ。 いまや、あらゆる方面、あらゆる場面において、ファシズムの下地は準備され尽くした感がある。

しかし、それだけでファシズムは完成しない、と斉藤氏は言う。
曰わく
独裁者の強権政治だけでファシズムは成立しない。自由の放擲と隷従を積極的に求める民衆の心性ゆえに、それは命脈を保つのだ。不安や怯え、恐怖、贖罪意識その他諸々 -大部分は巧みに誘導された結果だが- が、より強大な権力と巨大なテクノロジーと利便性に支配される安心を欲し、これ以上のファシズムを招けば、私たちはやがて、確実に裏切られよう。
私がこれまで書いてきた、地震のキャンペーンもファシズムの一端だという話も、この脈絡で考えると分かりやすい。

その他、保育園のような一見些末な話にいたるまで、全てつながっているのだと言うことは、ひょっとするとファシスト的な感性を持った人間の方が、本能的に感じているのだろう。だからこそ、そういうネタにネット右翼の人々はよく反応している。

広島の小学生殺害事件も、ことさらに本名を連呼している。奈良の事件の時は、しばらくしてから実名はニュースでは言わなくなったが、広島の件は、意図的なものを感じる。

我々にとって、女の子の実名を知ることは、何の意味もない。1度の報道で充分だ。にもかからわず、テレビをつけるたびに繰り返し、実名を呼び続けるのは、恐怖感、不安感をいやがうえにも演出する、マスコミの破廉恥さを感じる。

近年ものすごく治安が悪化しているように、報道を見ているかぎりは誰でもが感じる。 がしかし、殺人事件による死亡者数は、1984年が1000人、2004年が600人程度だ、と法政大学の杉田教授のレポートを斉藤氏は引用している。

また、犯罪件数についても、それまでは調書も取らずに、統計にカウントしなかったような小さな案件も全部カウントするようにという通達が、2000年4月に警察庁から出ているのだそうだ。だから、犯罪件数は激増し、検挙率は下がっている。

意図的な社会不安の醸成。 確かに我が子を守るためには、細心の注意は必要だけれど、ニュースを見るときにはよくよく、眉唾でみる必要もある。


と、ここまで書いてから、ストレイドッグですごい記事を見てしまった。鳥インフルエンザも、怪しい。タミフルを開発した会社の元会長は、な~んとラムズフェルド、もちろん米国防長官、ネオコン

しかも、タミフルは飲んでも効かない!

詳しくは、ストレイドックを見て欲しい

※やっとサイドメニューにブロガー同盟のリンクを貼れた。やれやれ。
2005-11-19(Sat)

巷にあふれるプチ小泉政権

e0089387_8341755.jpg


昨夜は、子どもを預けている保育園の父母会があった。どうも、父母会と園の職員とがギクシャクしている。どういう事かとしばらくながめていたら、現下の公務員タタキと同じ事が、保育園でも父母会の姿で行われているのである。

これまで何度も書いたし、他のブログでも書かれていることだが、ファシズムは「正義」の仮面をかぶってやってくる。叩かれる方にも、確かに落ち度や既得権にアグラをかいているところがある。

保育園のこともそのとおりで、あれこれ叩かれることは、一つ一つとってみれば納得せざるをえない事が多い。しかし、そこに貫かれている視線に、他者への思いやりや、他の立場から考えてみるということは、一切無い。

父母=利用者としての権利を一方的に主張するものなのである。確かにそれは正当なものであるとしても、自分の子どもを預けている保育園の先生に対し「敵は弱っているぞ、いまがチャンスだ」などと言う感性は、私は持ち合わせていない

声高に主張する数人のまえに、黙ってうなずく父母が半数。何も言わず、表情も変えずに、しかし文句も言わずに座っている父母が半数。

「門の前で職員組合がビラ撒きをするのを禁止しよう」と言い出すに至って、見るに見かねて「それは言論の自由に関わる重大な問題だから、よく考えよう」と注意しても、「貴重なご意見ありがとうございました」のヒトコトで、片づけられてしまう。

この保育園での騒動が、直接ファシズムにつながるわけではない。ただ、たぶん全国あちこちでこうした動きがおきているのだとするならば、これはファシズムの地ならしに他ならない。

公務員の怠慢を叩きまくり、目先の権利意識で基本的な人権を自ら放棄し、声高の数名が事なかれの多数を引っぱってしまう。まさに、プチ小泉政権といわざるをえない。

政治家の言動よりも、こうした名も知らぬ多くの「プチ小泉」のうねりの方が、私には恐ろしい。
2005-11-15(Tue)

郵便貯金を喰らう西川某について

先日の夕刊で、日本郵政株式会社の社長に西川善文氏 と言う記事を見て、「やはり」という感じと、「ここまで露骨にやるか」という驚きをを感じたのだが、先ほど山岡俊介氏のストレイドッグでこんな記事を見つけた。

この西川という人は、これから数年間にわたる、最悪の政治経済変動の中軸に座るような気がするので、書き留めておく。
2005-11-15(Tue)

統一戦線のために

e0089387_8341755.jpg


「サイバーアクション」市民運動・社会運動のためのインターネット活用術 という本が社会評論社から出ている。読まれた方も多いかもしれないが、改めて紹介したいと思う。

発行は2001年で少々古い。ブログも登場していない。が、基本的な問題は俎上に上っている。また、様々な運動のアドレス帳としても使える。

著者でもあり、発行元でもある小西誠氏は、かの元反戦自衛官であり、右も左もと言うことでいうと明らかに左の立場で書かれた本である。しかし、左翼のネット上での醜態や失敗をきちんと反省しており、これからのネット上の言論運動に大いに参考になる。

もちろん、反ファシズム統一戦線にとっても。

491611745X.09.LZZZZZZZ.jpg


一つだけケチをつけると、なんで市民運動なんていうかったるい言い方にしたのかよく分からない。内容は、明らかに反権力運動である。

「市民」という言い方は、宮崎学氏の言を待たずとも、どこか「自分は安全圏」というひびきがあって好きではない。

以上 参考までに。
2005-11-14(Mon)

同盟と統一戦線

e0089387_8341755.jpg


なんだか、しばらく仕事に専念している間に、ブロガー同盟も色々あったようだ。

ブロガー同盟というのは、文字通り「ブロガー」であり「同盟」であるわけだが、それぞれに微妙な問題を抱えている。

ブロガーである、ということは、ブログで書かれている言葉以上でも以下でもない、という厳密な制約がある。ホントの気持ち とか それぞれの生い立ちとかは、ほとんど全く捨象されてしまうのだ。

同盟という言葉は、ほとんど党であり、本来はとてもキツイ結びつきを意味しているはずだ。共産党というのと共産主義者同盟というのは、本来の意味は同じであろう。

しかるに、ブログ上の言葉だけで、同盟が成り立つというのは、幻想というか、そもそも矛盾している。世に倦む日々のいうように、同じ日に死のうという桃園の誓いをしてこそ、本当の同盟だ。

したがって、私はブロガー同盟の同盟というのは、一種のパロディーだと思っていた。本来の言い方であれば、統一戦線と言うべきだろう。それぞれが様々な考え方をもちながら、ある一定の政策や戦略について共に闘うことには、ちゃんと統一戦線という言葉がある。

そして、統一戦線について大事なことは、どの政策や戦略について統一するのかということを、明確にしておくことだ。そして、私がこのブロガー同盟に期待した戦略は、ネット上の国家による言論統制に抵抗する、ということだ。

ただ、国家による統制に反対するからといって、コメントやTBを野放しでいいというわけではない。あくまで、戦線に加わるものの意見表明の場であり、キャンペーンの場であるから、言論統制側の意見など、即刻削除するべきだし、私自身そうしている。

ただ、それは、ブログという性質上、あくまで表現された言葉によって判断するべきだろう。この表現は、国家権力の言論統制のためにする表現である、と言う理由で削除、除名するべきで、それ以外の理由での排除は、統一戦線であるならばあるべきではない。

もし、同盟が本当に同盟であるのならば、これは話は別だ。同盟の思想と綱領に同意した者のみの集団であって、表現だけで判断されるものではないのは当然だ。

世に倦む日々の呼びかけ等を見ると、同盟なのか統一戦線なのかがはっきりしない。呼びかけは統一戦線、運用は同盟、という感じがする。同盟で行くのであれば、思想、生き方にまでかかわる綱領を示して、それに賛同する者を募るべきではないか。

統一戦線で行くのであれば、排除の理由は、その表現が言論統制のためにする者である、という具体的な証拠がある場合に限るべきだ。

私としては、統一戦線としてのブロガー「同盟」であって欲しいと思っている。

私自身、かつて政治活動をかじった経験があり、その後もNPO活動やなんやと首をつっこんできて、「目に見える成果」を求めるとどういうことになっていくかと言うことを、嫌と言うほど見てきたので、「成果」を急ぐこと無く、言論の自由を守るためのキャンペーン組織としてのブロガー同盟であることを、ぜひぜひ願っている。
2005-11-10(Thu)

あいのり現象

e0089387_8341755.jpg



検索キーワードのランキングを見ていたら、「yahoo」とか「地図」とかいう当たり前の言葉に混じって「あいのり」というのがある。

ひょっとして、テレビ番組のそれかと検索してみるとその通り、フジテレビのその番組のこと。はあ? という感じ。

本田美奈子が上位なのはわかるが、何でこんな番組が?? と思って検索画面をよく見ると、関連サイトが多いことに気が付く。

思い起こせば、この手の番組の元祖は「ねるとん」だった。 ねるとんパーティーというのが、一般名詞になるくらい流行した。

「ねるとん」と「あいのり」を比べてみると、前者は一発芸、後者は劇画のようなものと言えるかもしれない。それと、ねるとんの発展型は、実際のお見合いパーティーだったが、あいのりの発展型は

この診断は20の質問に答える事により,あなたの積極性,柔軟性,人の良さ,第一印象,才能を測定しあなたがもしあいのりに参加したら,どの国で誰になんという言葉で告白されるかが分かる「あいのりファンいちおし」の診断です。

とか

あいのり放送後の感想を主に話し合う掲示板です。好き嫌いを書くのでなく、愛情のある書き込みをお待ちしています。

など、自分は直接の当事者にならず、ヴァーチャルな世界で追体験、疑似体験をして感情移入するという話だ。

そう、このパターンは、かの小泉劇場に似ている。もちろん、劇や小説は皆この世界だから、これが悪いというのではない。ただ、「当事者にならない」「現実とヴァーチャルの境界が曖昧になっている」という点で、不気味なものを感じるのだ。

小泉劇場の最大のポイントは何かというと、決して勝ち組ではない連中が、あたかも「勝ち組」の仲間になったかのような錯覚を起こさせる、ということにある。冷静に考えれば、自分が「勝ち組」に入れないのは分かっていながら、いや、分かってるからこそ錯覚の世界に自ら溺れていく。

「あいのり」に文句を付けるわけではないが、コイズミ人気や、その裏返しとしての差別事件の多発、激化、あるいは例の人質事件での「自己責任」など、現在のファシズム的な心情の一端を見る思いがする。
2005-11-06(Sun)

ひさびさに家のことなど

e0089387_8341755.jpg



ここんとこ、家づくりのブログであることをすっかり忘れていていた。すこし、家ネタを。

といっても、反戦な家づくりである以上、反戦な話。

家を建てるときに一番困るのが、じつは電気だ。こうして書いているブログも、電気の賜物であるわけで、電気を否定はできない。かといって、電気が無くなったらとたんに生活できないような、電線に支配された生活形態は、とても反戦な家とは言えない。

ここ関西では、関電の攻勢は激しく、大阪ガスはじり貧であると聞く。独占禁止法に引っ掛かっても、いっこう勢いは衰えない。

で、何で電気が問題なのか。ひとつは、電磁波だ。電磁波問題はWHOでもまだ中間報告しか出ていないが、現在の国際基準といわれている62.5mGは、直接やけどしたり怪我したりしないというレベルの基準であって、発ガン性などの中長期の影響は、一説では2mGくらいからとも言う。

キッチンのIHヒーターは30cm離れて、15mG程度らしいから、発ガン性の疑いは大きい。2mG以下にするには1m以上離れないといけないとか。どうやって調理すればいいのか・・・

そんな危なっかしいものでも、とにかく電気を使いまくれと言う裏には、単に電力会社の利益だけでない、大きな意図がある。

これが、問題のふたつめで、要するに原子力政策だ。アメリカは散々核兵器をつくってしまったし、ブッシュドクトリンで世界の燃料を支配するつもりだから、今さら原子力みたいな効率の悪い、自らリスクを背負い込むようなエネルギー政策はもうやめるらしい。

しかし、日本はそうはいかない。日本の原子力政策は、大きく二つの目的というか、国家的悲願を担っているようだ。まず、あからさまなのは核兵器の開発だ。エネルギー効率から言えば、どうしたって非効率極まりない原発になぜこれだけ固執するのか。原発が無くなったら、核を実質的に保有する口実が無くなってしまうからだ。

もうひとつ、原子力政策の目的は、やはりエネルギーの自給と言うことなのだと思う。これは、技術者レベルでは無理な相談であることは分かっていながら、国家的悲願として引くに引けないところなのだろう。高速増殖炉とか、再処理工場とか言う夢物語を、現実につくってしまっては大事故を起こし続けている。

ここから見えてくるのは、じつは原子力政策は対米従属から、独自の軍事国家へと言う指向性なのだが、この問題はまた別の機会にしよう。

とにかく、電力会社のキャンペーンに乗っかって、原子力政策の後押しをする家は、とてもじゃないが反戦な家とは言えない、ということ。
ではどうするか。いっそ、電線を切ってしまえ、と言ったのは、若かりし日の石山修武氏だ。

曰わく
私はこんな住宅地の風景を夢想する。住宅が一軒一軒独立している。小さな庭には家庭菜園と、廃棄物を発酵させてのメタン発生装置がある。屋根にはプリミティブな太陽熱温水器が載せられ、台所の床下にはマイコンでそれらのシステムとハイブリッドされた住宅用エンジンがコトコト廻っている。つまり、小さなエネルギーの独立大国である。(秋葉原感覚で住宅を考える 1984年)

21年たって、技術的にはメタン発生装置もずいぶん研究されているし、太陽熱温水も効率の良いものが出ている。住宅用エンジンは、エコウィルという商品になってメジャーデビューした。家庭菜園も、一部屋削るか、屋上をつくれば大概の家で可能だ。

四半世紀前には夢想の家だったものが、今は簡単につくることができる。にもかかわらず、世の流れは国策核開発企業の後押しになってしまうのが、何とも情けない。
2005-11-05(Sat)

宮崎滔天

三好徹の「革命浪人 滔天と孫文」を読んだ

宮崎滔天といえば、大陸浪人というイメージで、いわゆる右翼の源流のように思っていたが、この本の通りならばだいぶん誤解があったようだ。

曰わく、
彼(滔天)は、内田良平らが、必ずしも中国人民のために革命に参加するのではないことを、見ぬいていた。内田の目的は、大陸における日本の勢力の増大である。彼らには、日本が第一であって、中国や中国人民は、第二、第三であった。孫文に心底から共鳴して参加しているのではない。もし彼らに名誉をあたえなければ、いざというときに役に立たないかもしれない。

内田良平というのは玄洋社の人間で、まさに現在の右翼団体の源流の一つと言えるだろう。しかし、宮崎滔天は、確かに日本の自由民権のために中国の革命を支援したとは言え、こういう連中とは、全く違っていた、というのがこの本の主旨だ。

とは言え、宮崎滔天がクリーンな革命家であったかというと、とんでもない男ではあったようだ。数々の女に溺れ、女が身代を潰すまで貢がせ、あちこちで借金しまくってはすべて踏み倒している。

今どきで言えば、中川秀直も真っ青のダーティーぶりだ。
ただ、なにが中川某と違うのか、そこが大事なんじゃないか。

いたずらにクリーンなイメージを求めると、どうも大事なことが抜けてしまうような気がする。

野中広務にしても、鈴木宗男にしても、たしかにクリーンでは無いのは一目瞭然だし、それが許されるわけではないが、その魔女狩り的な追放の真の目的は、マイノリティーの圧殺であることは明白だ。

もっとも、今クリーンなタカとか言われているが、一体どこがクリーンなのか、噴飯ものだが。これはまた後日。

いずれにしても、宮崎滔天の爪の垢が残っていれば、「自虐史観」などという、自らの脆弱な精神の吐露を嬉しそうにさらし者にしている諸君には、良いサプリメントになるのだけれども。

e0089387_8341755.jpg

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg