2007-07-28(Sat)

海水浴と戦争

全国的に梅雨が明けてきた。海水浴に最適の日が続いている。

明日は海だ! という方は、くれぐれも期日前投票をお忘れ無く。

kaisuiyoku.jpg

これは、今から70年前、昭和12年ごろの房総の海水浴場。 
イマドキとあまり変わらぬ浜辺の光景だ。

しかし、昭和12年といえば、1937年である。
この年の七夕の日、「盧溝橋事件」が勃発、日中戦争が始まった。

そして、12月には日本軍が南京に侵攻、いわゆる南京大虐殺が行われた年でもある。

われわれ戦争を知らない世代は、戦争というと、全ての国民が、血眼で戦地に向かっているように想像してしまうが、実際は、今のアメリカを見てもわかるとおり、一方で殺戮を行いながら、国内ではノンビリ海水浴をしていたりするのである。

国家統制が日常的に目に見えるようになるのは、昭和18年(1943年)頃からだという。
つまり、トラトラトラの対米戦争を始めてから、ということだ。
そこからは、本土爆撃もあり、沖縄は地形が変わるほど滅茶苦茶にされ、最後は2発の原爆で壊滅的なトドメを刺されたことは、誰でもが知っているとおりだ。

問題は、そこまで行ってから気が付いても遅い、ということだ。

戦争の危機は、もっともっと早くから進行していたのに、多くの国民はそれに気が付かず、あるいは悲惨なことだと思わずに、昭和18年~20年を迎えてしまったのだ。

上記の絵はがき写真も、実はもうひとつの意味が隠されている。
写真の背景に映っているべき、大房岬、船形山などが、軍事的な意味で消されているのだという。

昭和日中戦争が始まる前でも、こうした情報の規制が行われていた。それを、どんなに悲惨な結末の始まりか気が付かなかった日本人は、昭和20年の惨劇を目の当たりにすることになってしまった。

sirahama.jpg

これは、70年後の南紀白浜。

楽しい海水浴を、これからも満喫するためにも、必ず投票に行き、戦争をしない、させない候補を当選させてほしい。

そして、世界に誇る沖縄の海を、戦争のために破壊する防衛省の野蛮な行為に注目し、抗議の声をあげてほしい。
辺野古から緊急情報
基地建設阻止おおかな通信

※各紙の当落予想をまとめた「現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ」の記事は参考になる。
【改訂版】9条改憲に反対する候補の早見表 と併せて見ていただき、改憲に反対しなおかつ当選の可能性がある人に、貴重な一票を。



2007-07-27(Fri)

年金問題は、不祥事ではなく意図的な放置である

このニュースを見て、確信を持った

社保庁監視委が業務センター視察「不自然で怠慢」と不信感 
2007年7月26日 読売新聞

未統合となっている約5000万件の年金納付記録照合作業について、同センター幹部が「社保庁本庁から指示がなく、作業を始めていない」と説明した


これは、何かおかしい

社会保険庁の村瀬清司長官は、2004年に初めての民間からの登用ということで、社保庁「改革」のために損保ジャパンから送り込まれた人間だ。
murase.jpg

社保庁の役人体質がどうのこうのというけれども、この村瀬長官が、この時期に照合作業の指示を出していないということは、どう考えても不自然だ。

この放置行為には、意図的に社保庁の「怠慢」を演出し、社保庁解体を進行させようという意図がハッキリと見える。
その目的は二つある。

①年間5000億円以上の保険金が動く政府管掌健保と、150兆円の年金資産を、すべて民間(アメリカ)に流していく
②そのための国が被るべき汚名を、すべて社保庁の「怠慢」にすり替えて、スケープゴートにする


来年には政府管掌保険は民営化される。
3年後には、年金も民営化される。

このことを、どれだけの国民が知っているのだろうか。
核心部分をぼやかして、社保庁の不祥事ばかりを言い募る政府とマスゴミの大合唱。それを煽るために、安倍晋三と村瀬清司は、意図的に点検業務をサボタージュしている。

「自民党があなたの年金を守ります」などと言う安倍晋三の言葉が、いかにウソ八百であるかが分かる。

これが分からないと、お釈迦さんが言ったように、「生・老・病・死」が本当に悲惨な四苦八苦になるだろう。
そのへんを よくよくかんがえて、選挙に行きたい。


※関連  年金問題の忘備録


2007-07-25(Wed)

自動車工場のために被災住民の水を止める国

一瞬、どこの国の話かと目を疑った。

リケンへ給水 周辺水道閉める 07.07.23 NHK(魚拓)

どこへ行く、日本。さんの記事で知った次第だが、会社名や地名を言わなければ、ネット右翼が北朝鮮や中国のことと間違えて、大喜びしそうな話だ。

しかし、これは紛れもなく日本の被災地で起こっていることだ。

さすがにマズイと思ったのか、このNHKのキャッシュ以外、まったくニュースがヒットしない。箝口令が敷かれたようだ。

ちなみに、未だに横になる場所もままならない人が多い中で、リケンは

復旧応援は設備業者を除き、トヨタや日産などの顧客だけで約15社。総勢七百人規模の応援が続き、18日から5日間で延べ3000人を超えた。
柏崎日報 07.07.23

しかし他方では、こんな悲劇も

地震被災者が練炭自殺 2007/07/25時事通信

柏崎刈羽原発も、依然として不透明だ。

大量の浸水や、ボッキリ折れた車軸など、なんで8日もたってから「発見」されるのか??

しかも、車軸の折れたクレーンは

修復が終わるまで原子炉のふたは開けられないため、6号機の炉心の点検作業開始は大幅に遅れる (毎日新聞 07.07.24

というのだから、東電は炉心の安全など確認していないのである。

風評被害に遭っている観光業等の方々のためにも、正確で納得のいく発表をするべきだが、東電ともあろうモノが、そんなことをするわけがない。

それどころか、

肉眼では、破断面にさびや金属疲労の痕跡は確認できず、強い揺れの力で一気に引きちぎれたように見える。経済産業省原子力安全・保安院も東電も「地震でのこうした破断は、少なくとも原発関連では聞いたことがない」としており、未知の現象の可能性がある。(同上)

というのだから、ますますもって「安全だ」と言われても、簡単に信用するわけにはいかない。

これが風評であってくれたら一番良いのだけれど、妊婦の方や子どもたちの将来が、心配されてならない。

チェルノブイリでは、ソ連(当時)は事故を2日間隠蔽した。

スリーマイルでは、メルトダウン寸前と言われていたが、完全にメルトダウンを起こしていた。
また、被爆量もまったく問題ないと、今でも言われているが、こんな記事もある

スリーマイル島原発周辺でのガン増加を示す新たな論文
今中哲二  京都大学原子炉実験所


科学にあざむかれた住民たち
中尾ハジメ 京都精華大学 


原発付近の方は、是非とも専門の診断を受けられた方がいい。どなたか、こうした診断をボランティアでしていただけるお医者さんはいないだろうか。

リケンの再建よりも、はるかに大切なことだと思うのだが。

そして、こんな危険きわまりない日本を、少しでも安全にしたいと思う人は、心して参議院選挙の投票に行こう。


※グリーンピースが現地調査を行ったとのこと

新潟県中越沖地震における原子力発電所周辺の放射能調査結果

柏崎刈羽原発周辺で放射能測定を行うグリーンピーススタッフ © Greenpeace/Jeremy Sutton-Hibbert 新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所からの放射能漏れが報告され、住民に不安が広がっている現状を受け、グリーンピースの緊急調査団は、発電所周辺ので放射能レベルの調査を行いました。

ガンマースペクトルメーターを使った調査では、自然界のレベルを超える放射線は検知されず緊急に周辺住民への影響があるものではないことが分かりました。しかし、今回の調査で検知されないレベルの放射能汚染や、今後の地震などによるさらなる放射能漏れの可能性にも注意が必要です。
2007-07-24(Tue)

改憲反対候補の早見表を一部訂正

7/11のエントリー 「9条改憲に反対する候補の早見表」に、一部誤解を招く表現があったので、訂正する。

参考にしていただいた、石川県、東京都、大分県の方は、ご注意を。

平和への結集第2ブログさんより、「南京への道・史実を守る会」と「戦後責任ドットコム」が作成した 「国際社会に出せない「日本の恥」立候補者リスト!」を知り、一部訂正した。

ともに民主党の一川保夫(石川)と鈴木寛(東京)、国民新党の後藤博子(大分)が、毎日新聞のアンケートでは9条改憲に反対しているけれども、かの右翼大連合・日本会議のメンバーだという。安倍晋三とは同じ穴のムジナというわけだ。

私自身、「南京への道・史実を守る会」の会報を送ってもらっており、信頼に足る情報であると判断した。

石川県民、東京都民、大分県民のかたは、お間違えのないように!!

※山梨の共産党候補に☆が付いていませんでした。共産党、社民党は党是ですから無条件に☆をつけたつもりでしたが、抜けてしまいました。訂正しお詫びします。
2007-07-24(Tue)

こんなときに核廃棄物を受け入れる村長とは

中越沖地震の発生から6時間で柏崎原発に駆けつけた安倍晋三は、1週間たっても被災者が横になる場所すら作ろうとしない。

エコノミークラス症候群、6人に1人に兆候 中越沖地震
2007年07月23日 朝日新聞

もちろん、放射能の恐怖も去ってはいない。
地震発生から2日間、なぜか放射線量のモニターは停止した。
また、原発内の実情は、報道から想像するよりも、はるかにひどい。

写真レポート:7月17日の柏崎刈羽原発  原子力資料情報室
 
こんな時期に、なんと

放射性廃棄物処分場、上小阿仁村長が立地調査に応募検討
2007年7月23日 読売新聞

kamikoani.jpg
(上小阿仁村の秋田杉)

この村長は、小林宏晨という人、今年の4月に村長になる前は、日大の教授だった。で、検索してみると、でるはでるは・・・

小林宏晨氏は、「確かに日本はサンフランシスコ対日平和条約で極東國際軍事裁判の執行が義務付けられた。しかしこの法的義務は、(中略)いわゆる戦犯の刑期を条約当事諸國の承諾なしに勝手に縮小しないとか、賠償金を支払うことなどの個別的・具体的義務であって、極東國際軍事裁判の正当性の全てを受けいれることを意味しているものではない。(後略)」(『世界日報』本年五月七日号所載)と論じておられる。
四宮正貴・四宮政治文化研究所のホームページより


四宮正貴とは、知っている人もいるだろうが、朝まで生テレビで田原相手に常軌を逸した怒声を発し、人格破綻と決めつけられた民族派右翼である。

Wikipedia 四宮正貴
  
そして、この引用文は、あの統一教会・世界日報である。世界日報のHP内で小林宏晨を検索してみると、53もの記事がヒットする。世界日報の常連である。

国連とどう付き合うか
 
この、民族派右翼にして統一教会系の小林宏晨教授が、何を思ったかふるさと上小阿仁村の村長に立候補し、当選した。
そして、三位一体「改革」のあおりを受けて、タダでさえ厳しい過疎と高齢化の村が、悲鳴を上げているときに、年間10億とも数10億とも言われる補助金で頬を叩き、危険きわまる放射性廃棄物処分場を作ろうというのだ。

この人の、ガチガチ右翼の主義主張から考えて、思いつきではなく、このために村長になった、と見る方が自然だろう。

もっと言うならば、三位一体とか言いながら、地方の破綻を促進しているのは、そもそもこういうことのためなのだ、と気が付かなくてはならない。

安倍晋三らにとっては、地方や国民が豊かになることは、「国益」に反するのだ。

地方や国民が、どんどん貧しくなって格差が大きくなることで、札ビラ頬叩きが効果を発揮し、貧すれば鈍する人間ばかりの「美しい」国にしたい。これが安倍晋三が滑舌悪く繰り返す「確かなもの」の実体だ。


基地を押しつけられる沖縄や岩国。 困窮する被災者があえて放置される中越。 核廃棄物を呼び込もうという上小阿仁村。
みんな、明日の私たちの姿だ。

自民党・公明党に投票するということは、こういう未来を自ら招くということだ。
自らのみならず、他の人々にまでそれを強要するということだ。

よく自覚して、参議院選に臨みたい。


防衛省の殺人未遂について、コメントが寄せられたので紹介する。

はじめまして!
koike@yuriko.or.jp
infomod@mod.go.jp
info@dfaa.mod.go.jp
に抗議のメール出したら返事が来ました。
転載します。
----------------------------------------
防衛省 広報課です。

御指摘の件につきましては、当時の作業員から聞き取ったところ
「酸素ボンベのバルブを閉めた」といった行為はなかったとの
回答を受けており、那覇防衛施設局から海上保安庁にも
報告しております。

=======================
  Ministry of Defense Public Information Dev.
      防衛省大臣官房広報課
    Mail : infomod@mod.go.jp
=======================

> -----Original Message-----
> From: XX XX
> Sent: Saturday, July 21, 2007 11:49 PM
> To: koike@yuriko.or.jp; infomod; info@dfaa.mod.go.jp
> Subject: 沖縄辺野古で防衛施設局によって行われた殺人未遂行為の責任を取ってください。
>
> 安部総理大臣殿
> 小池防衛大臣殿
>
> 私は沖縄の、日本の、そして世界の平和を願う市民の一人として、7月21日(土)12時すぎに政府、防衛省が那覇防衛施設局と実際に辺野古で作業を行っている民間業者のいであ(株)を介して間接的、直接的に行った辺野古の海での殺人未遂行為について、厳重に抗議し、謝罪を要求します。
>
> あなた方は、いったい何から何を守っているのですか?
> まったく人間として日本人として恥ずかしくないのですか?
> 沖縄や沖縄の人たちを守らない防衛施設や米軍基地など必要ありません!
> ましてや基地の新設などもってのほかです!
> 沖縄県名護市辺野古地区への新基地建設の白紙撤回及び普天間基地をはじめとする全世界の米国外の米軍基地の即時撤去を求めます。
>
> XXX市 XXX  XX XX

2007/07/24(火) 00:05:11 | URL | すぺーすのいど


本人が「やってません」と言えば、無かったというのか。昔から、「ご免で済んだら警察要らぬ」というけれど、だいたい、下手人が「やりました」と言うわけがない。

この一事を見ても、今回の殺人未遂事件は防衛省の誘導的な責任があるといえる。

2007-07-21(Sat)

防衛省が殺人未遂行為!!

沖縄で、防衛省(那覇防衛施設局)の外注業者が、殺人未遂行為を行った。

民間業者とは言え、防衛省の管轄下である以上、小池百合子の責任であり、もちろん安倍晋三の責任である。

以下、「辺野古から緊急情報」より転載

7/21・15:00
作業ダイバーによる暴行が酷すぎて阻止行動中止しています。今日は朝6:00前から5船団10隻の作業船が出ていて、阻止行動の船1隻、ゴムボート1艇、カヌ−3艇で出たところパッシブソナーのメンテ作業は終わっていました。

嘉陽の方での作業までは追えていなかったのですが、リーフ内のライン調査を阻止しようとダイバーが潜っていたところ、作業ダイバーがハンマーで殴りつけ、蹴りつけ、マスクを引き剥がするのです。それどころか1人が羽交い締めにしたうえで、もう1人がボンベのバルブを締めたため息が出来ない状態で海上にも上がれず、危うくこちらのダイバーが死ぬ寸前でした。

水深3〜4m付近でのことでしたので、何とか振り切って海上まで浮上出来ましたが、重大な危険行為です。さらにもっと深い所だったら浮上前に意識を失うか、急浮上で肺が破裂する危険性もあるのです。このため相手からの暴力のあまりの酷さに阻止行動を中止し、15:00から辺野古の命を守る会事務所で記者会見をします。過失という部類の話ではなく「故意の殺人未遂」です。とりあえず皆にまわしてください。那覇防衛施設局への抗議もお願いいたします。施設局の職員は現場を放ったらかしです。

那覇防衛施設局
〒900-8574
那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174〜9 広報室(内線233から235)


緊急声明
本日のダイバーの殺人未遂ともいえる暴力に対する抗議声明を、ヘリ基地反対協・平和市民連絡会が出しました。各方面に転載してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 那覇防衛施設局は、2007年4月から新基地建設のための環境現況調査を開始した。2014年完成の方針のもと、アセス法によらない違法な事前調査である。
 政府は5月18日(金)、19日(土)、20日(日)に自衛隊をも投入し、未明から調査機器設置作業を強権的に実施し、6月9日(土)、10日(日)にも継続した。それ以降、未設置の機器設置作業とそのメンテナンス、さらに珊瑚のライン調査作業が継続された。私たちは非暴力による新基地建設阻止、違法な事前調査阻止行動を進めている。
 本日、7月21日(土)12時すぎ、辺野古の海で作業を止める行動の中、いであ(株)の作業員が海中で平良夏芽さんの空気ボンベのバルブを閉めたため、窒息状態となり急浮上した。ボンベ内の空気は200(20MPs・メガパスカル)中50(5MPs)しか消費されておらず、明らかにバルブを故意に閉めた結果である。これは人命軽視の暴力行為であり許されるものではない。
 那覇防衛施設局は前回と違い、今回は現場に責任者を置かず、業者の暴力行為を放置して来た中での、今日の人命軽視の暴力行為である。
 私たちは今回の窒息状態を引き起こした重大な暴力行為に対し、いであ(株)と那覇防衛施設局に対し、厳重に抗議し、謝罪を要求する。

  2007年7月21日 ヘリ基地反対協・平和市民連絡会


tairanatume.jpg
(写真は2004年当時のもの)

自国民を殺害してでも米軍に奉仕する「防衛」省。

いったい、どこが「防衛」なんだかわからないが、誰よりも、若い自衛隊員のみなさんにこそ、この事実を知ってもらいたい。

あなた方は、こんなことをするために自衛隊を志したのか?

『政党を良く承知せよ』と書かれた「機会教育簿」の下に、自○党への投票を指示され、「投票したならば中隊本部に連絡」までしているあなた方の行動が、こういう結果をもたらすことを、しっかりと認識すべきだ。

国を守りたいと思うのならば、世界に誇る沖縄の海をずたずたに破壊し、たとえ意見は違えど同胞の命を殺めるような行為は、恥と思え。

もちろん、他国民の命も重さは同じである。しかし、自衛隊員の諸君の初志を思うとき、このような国民にたいする殺人未遂行為は、もっとも唾棄すべき行為ではないのか。

こうした事態を誘導し、意図的に放置し、黙認する小池防衛相、安倍最高司令官は、君たち自衛官の心を踏みにじっているのだ。

よくよく心に刻んで、選挙に臨んでほしい。


ブロガーの皆さん。

この殺人未遂行為を、広めてください。
小池防衛相と安倍最高司令官は、直接手を下したのと同じ責任を負うべきです。


普天間移設調査でトラブル 「バルブ閉めた」と反対派
      2007年7月21日東京新聞

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設予定先の同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸海域で21日、移設に向けた那覇防衛施設局の環境調査を委託されている業者の作業ダイバーと、移設反対派リーダーの平良夏芽牧師(44)が海中でもみ合いになるトラブルがあった。

 平良牧師は「海中でボンベのバルブを閉められた。命にかかわる一線を越えた行動で、刑事告訴も検討したい」と話している。

 平良牧師によると、同日正午すぎ、名護市の辺野古漁港沖約1キロの海底3、4メートルで、委託業者の作業ダイバー3人が、環境調査でジュゴンなどの行動を調べるパッシブ・ソナー(音波探知機)の土台を海底に固定しようとした。平良牧師が作業を阻止しようと土台にしがみつくと、ダイバーは平良牧師を羽交い締めにした。(共同)


※ 防衛省 infomod@mod.go.jp
防衛施設庁 info@dfaa.mod.go.jp
  小池百合子 koike@yuriko.or.jp
  首相官邸 http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

2007-07-20(Fri)

沖縄が大変だ

アメリカには微妙に抵抗していた久間が「自爆」して、後釜に据えられた小池百合子には、何のためらいもない。

防衛相、合意案で一致/米軍再編 沖縄タイムス 07/7/14

そして、大変な状況が進行中だという。遊牧民さんから、ジャーナリストであり、草の根メディア9条の会メンバーの近田洋一のメールが送られてきたので、ここでも紹介する。

緊急・日本軍、沖縄に総攻撃中

親しいみなさまへ
参院戦の最中です。新潟で大きな地震がありました。いずれも重要なニュースで強い
関心を持ち、心を痛めています。地方紙も大手メディアの地域面はこの時期「夏の甲
子園・地区予選」の記事で埋め尽くされています。
結構です。
だがこれでいいのでしょうか。沖縄・辺野古では連日防衛省が出動し、基地建設を強
行しています。あろうことか、この先の東村高江では新たなヘリパット建設に強行着
手。現地で必死に抵抗しています。メディアでは伝わってきません。
僕のもとには朝、夕、そしてこの時間、さらには明け方まで、刻々とその日の動きが
入ってきます。
すべてお伝えすることはできません。
せめて、次の認識を持って頂きたいと思います。
?沖縄はかつて本土防衛の「捨て石」だった。いまもそうです。
?戦後27年米軍支配中も捨て石であった。今もそうです。

■状況は変わったか?。最悪です。総攻撃に日本軍が加わっっているのです。

就任した小池防衛大臣は辺野古ヘリ基地建設でこれまでの長官が曖昧にしていたこと
をずばり言ってのけました。「現地・沖縄県との位置をめぐる調整問題は理解しても
らうよう努める。だが日米合意の履行が最優先だ」。
今、沖縄の辺野古・東村高江で起きている重大な事態は、この意志の貫徹です。

沖縄は、今、日米両軍から大がかりな総攻撃を受けているのです。報道も、選挙と震
災報道(高校野球)に埋もれ、消されています。くたくたに疲れ切り、なお諦めない
現地・仲間の声を聞いてください。
BCCでご容赦を。可能な限り転送してください。

      近田洋一 ジャーナリスト(元琉球新報記者・同埼玉新聞記者)


現地の状況は、こちらから詳しく知ることができる。

辺野古から緊急情報 http://henoko.jp/info/
やんばる東村 高江の現状 http://takae.ti-da.net/
基地建設阻止 http://henoko.jp/fromhenoko/

それからいつも暴力的な妨害をして来る「愛華丸」という警戒船があるのですが、今日はとうとう阻止行動の女性の腕を船の上からつかみ、船を走らせて引きずり回したのです。幸い怪我はありませんでしたが、那覇防衛施設局のやり方はあくまでも「暴力」でしかないわけです。「愛華丸」が悪いというよりも、それをやらせている那覇防衛施設局や防衛施設庁、防衛「省」、小池さん、安倍さんの責任です。(基地建設阻止 07/07/17)

報道管制がされているのは確実だろう。こんな事態が、まったく伝わってこない。


上記のブログ管理者の皆様へ。

大変な状況のなかでの奮闘ありがとうございます。沖縄までは飛んでいけないのがもどかしい限りです。
お忙しい中によけいなことを言っては申し訳ないですが、できれば写真を掲載してください。

私たち、ブロガーが状況をできるだけ広めようと思うとき、写真の効果は絶大です。写真を転載させていただければ、もっとも効果的にブログで情報を広めることができると思います。

もし、可能でしたらお願いします。


※現地からのブログ、追加です

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中! http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/

2007-07-19(Thu)

9条ネットの政見放送の動画

ヘンリーオーツさんが、YouTubeにアップされた9条ネットの政見放送を流している。

Keep On Changig!リフレインを叫びたい!9条ネットの政見放送がNHKで大炸裂!!


柏崎や刈羽の人々の姿は、明日の私たちの姿だ。

もっとも悲惨なときに、寝泊まりする場所ではなくて、放射能をプレゼントしてくれるのが、安倍内閣の姿だ。自民党・公明党政治の姿だ。

地球最大の原発が、どこまで壊れたかもわからないようなときに、わざわざ九州からスッ飛んできて、情報のインペイを指示するのが、この国のトップの姿なのだ。

よく考えよう。ダマされるのは、一人の責任ではない。一人がダマされることで、多くの人々に悲惨が影響が及んでいく。

よ~く考えよう。
2007-07-19(Thu)

9条ネットの政見放送

護憲ウォッチ!さんが、9条ネットの政見放送のレポートと、今後の放送予定を書いてくれた。

紹介しておきたい。

9条ネットの政見放送は面白い!

NHK-TV

7/19 木
午前8時35分~9時30分
共産、社民、9条ネットの順番

7/24 火
午前8時35分~9時30分
公明、民主、9条ネットの順番

7/24 水
午後11時05分~12時00分
共産、社民、9条ネットの順番

NHK-ラジオ

7/19 木
午後2時05分~3時00分
公明、民主、9条ネットの順番

7/24 火
午後2時05分~3時00分
共産、社民、9条ネットの順番


また、この記事でも紹介されていた、らくちんランプさんの記事も紹介。天木直人さんの遊説予定が記載されている。お近くの方は、駆けつけて下さい。

柏崎刈羽原発に対する参院選9条ネット比例区候補の成島忠夫氏からのメッセージ

ということで、本日は手抜きにて。
2007-07-17(Tue)

7・21 安倍政権をぶっとばせ! 新宿東口フェスタ・9条ネット

新潟県が柏崎刈羽原発立ち入り調査 連絡の遅れを知事が批判
2007年7月17日 東京新聞

 新潟県原子力安全対策課は17日、中越沖地震の際に東京電力柏崎刈羽原発で起きた変圧器の火災や、放射性物質を含む水の漏えいなどのトラブル多発を受け、同原発を立ち入り調査した。総務省消防庁や柏崎市消防本部の職員も同行した。

 また泉田裕彦知事は、固体廃棄物貯蔵庫で低レベル放射性廃棄物が入ったドラム缶が倒れたことが、報道されるまで県に連絡がなかったことを批判。「迅速性が欠けているのではないか。東電にはしっかりした対応を求めたい」と語った。

 調査は周辺自治体と東電の間で独自に締結、必要な場合には行政側が原発に立ち入ることができるとした安全協定に基づくもの。東電からは火災など以外にも細かなトラブルの報告があり、県職員4人が現場で説明を受けたという。(共同)


九州にいた安倍首相は地震発生から6時間で原発に駆けつけたが、一番大事な地元への連絡は、報道されるまでされなかった。

これが何を意味するか。 安倍の指示でそうなったと考えるのが、一番普通の考え方だろう。

隠そうとしても、完全には隠しきれないほどの放射能漏れ事故。 さらには、原発の耐震設計など大したことない、という事実。

どうやら、安倍と東電は、これを逆手に取る戦略のようだ。

柏崎原発を停止させ、電力不足を演出する。
→ 被災した地元の弱みにつけ込み、ヒモ付き補助金の札びらビンタ攻撃で、柏崎原発の大改修を強引に承認させる。
→ もちろん、その大改修には、プルサーマルがもれなく付いてくる。

9人の死亡と1000人以上のけが人と数え切れないほどの寝る場所もままならない被災者に対し、追い打ちをかけるように危険を強制するこのシナリオが、現実のモノにならないことを祈りたい。


さて、昨日は、奈良県も大変だった。震度3とは言え、台風と地震と大雨が一度に襲いかかった。

偶然用事があって、橿原から南へ車を走らせたのだが、見える範囲では大きな災害は見あたらなかったが、山の方では土砂崩れで、通行止めが多発している。

古くからの田圃は、排水システムもしっかりしているのか、水浸しにはなっていない。しかし、ヘタ地を開墾したような田圃や、田圃をつぶした工事現場は、池になっていた。


奈良の道を走りながら、もうひとつ気が付いたのは、道ばたに貼ってある9条ネットのポスター。それも、結構な数だ。安倍晋三がぼーっと上の方を眺めているポスターよりも多いくらいである。

走りながらだったので、写真を撮れなかったのが残念だが、奈良の9条ネットはがんばっているようだ。

9条ネットのホームページでは、7月21日新宿東口での大イベントが告知されている。

7・21 安倍政権をぶっとばせ!
         新宿東口フェスタ・9条ネット


みんな集り!みんなでアピール
殺すな!消すな憲法9条

と き : 7月21日(土)3時~5時
場 所 : 新宿駅東口

 7月21日(土)、9ネットは新宿駅東口に総結集します。
 共同代表、神田香織さん、早苗NENEさん、國弘正雄さん、若松孝二さんはじめ、多くの応援団が駆けつけます。
 憲法は変えたらどうか、という人も交えた、改憲是非のバトル・トークも刺激的です。

--------------フェスタ参加のみなさん(一部)--------------

■司会 神田香織(講談師)

  ■津軽三味線 摂津正

    ■憲法トーク・バトル
      鈴木邦男(一水会)VS憲法9条いのちの論客

      ■門間幸枝とゴスペルファミリー演奏 

        ■応援団から  鈴木伶子(キリスト者平和ネット)
             若松孝二(映画監督)
             國弘正雄(元参院議員)

          ■歌「さよなら戦争」・早苗NENE

            ■アピール   

       なお、多くの方に参加をお願いしています。

連絡先  9条ネット 電話03-5888-4799



投票まであと12日。

岩国や柏崎のように、弱みにつけ込んで米軍や核政策に協力させられないためには、どうしたらいいか。よく考えて投票したい。


※イベント情報を追記したので、改題し再TBしました。
2007-07-16(Mon)

被災住民よりも柏崎原発が大事な安倍晋三

1日に2回も震度6の地震が起き、新潟県は大変なことになっている。

3年前にも中越地震を経験したばかりなのに、まったく気の毒な話だ。
被害が最小限であることを祈るばかりである。

さて、車で移動しながらニュースを聞いていると、安倍晋三が自衛隊のヘリコプターで柏崎まで行ったらしい。対策本部を設置した以上、トップは情報を収集して判断すべきであり、いたずらに現地に直行すべきではないのに・・ 

さては、選挙目的でのパフォーマンスかと思うと、どうもそれだけでもないようだ。

柏崎で地震、と聞いたとき、安倍晋三の頭にひらめいたモノは、たぶん、被災住民のことでも、放射能漏れ事故のことでもなく、「プルサーマル」だったのではないか。

kasizawakigenpatu.jpg

六ヶ所村で強行している再処理施設は、プルサーマルに使用するMOX燃料を作るモノだ。そして、そのプルトニウムを燃やす危険きわまりないプルサーマル施設を、佐賀県の玄海原発に作ろうとしている。

じつは、このプルサーマル施設は、福島原発、そして今回の震源地に近い柏崎刈羽原発でも進められようとしていた。しかし、地元の強固な反対で、暗礁に乗り上げてきたのだ。

だから、補助金で相手の頬をひっぱたきながら、無理矢理言うことを聞かすのが大好きな安倍晋三は、今日の地震の情報を聞いて、きっと、「チャンスだ」と思ったのでないか。

岩国市の事例を見れば、そうとしか思えないのである。

そうなると、致命的なのは、この地震で原発に被害が出ることだ。正確に言えば、被害が明らかになることだ。

すでに、危なっかしい話は報道されてしまっている。

 経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、地震の影響で、柏崎刈羽原発の2号機、3号機、4号機、7号機が自動停止したほか、3号機の変圧器付近で火災が発生しました。火災は正午過ぎに鎮火し、放射能漏れはないということです。
 原子力保安院では、職員2人を現場に派遣して、詳しい原因を調査しています。
 柏崎刈羽原発では定期検査中のため、1号機、5号機、6号機はもともと停止していました。
 東京電力によりますと、刈羽原発の構内で東京電力の関係会社の4人が打撲などの軽傷を負ったということです。
 TBS 7/16

柏崎原発は地震に強く、3年前の地震でも震度4くらいにしか揺れなかったなどと言う風説が流れているが、震度4で4人も打撲をしたり、まして勝手に火災が起きたりはしないだろう。
相当激しく揺れたのは間違いない。

事故隠しは、自家薬籠中である東電のことだから、いくら放射能漏れは無いとか言っても、信用はできない。
まして、プルサーマル計画がかかってくるとなれば、何が何でも表沙汰にはできない。

それを徹底するために、安倍晋三は、電光石火、柏崎に飛んでいった、と見るのが妥当だ。

そのとき、安倍晋三の目には、家を無くし、水も電気も無い被災地の惨状は、「言うことを聞かせ易くなった」と映っているのだろう。


※柏崎刈羽原発についての続報

原発、微量の放射性物質含む水漏れ

 今回の地震では、震源からわずか9キロの場所に原子力発電所がありました。しかも原発内に置かれた揺れの強さを表す「加速度計」が、設計時に想定した値を大きく上回る数値を記録していたことがわかりました。想定外の揺れに襲われた原発。その安全性は保たれていたのでしょうか。

 新潟県の柏崎刈羽原発では、地震発生直後、3号機の変圧器から出火しました。地震により火災が起きたのは、国内では初めての事でした。

 「変圧器からの火災が発生しておりましたが、午後0時10分、消防署により鎮火が確認されました」(東京電力の会見)

 地震発生とともに緊急自動停止した原発。さらに、1号機と2号機では、使用済み燃料貯蔵プールで水位の低下が一時あった事が明らかになりました。

 また、6号機では、微量の放射性物質を含む水漏れが確認されました。プールの水が振動によって漏れたとみられますが、放射性物質の量が、法令で定められている値を下回っていると説明しています。

 「水位はいったん下がったが維持されて、満足する状態に復旧したので、問題はなかった」(原子力安全保安院の会見)

 発電量のおよそ3割を原発に頼る日本では、現在55機の原発が稼動しています。地震予知連絡会では、地震の発生が予想される特定観測地域では観測強化地域を指定していますが、その地域内に多くの原発が建てられています。原発の耐震基準がどうなっているのでしょうか。

 柏崎刈羽原発の場合、マグニチュード6.5の直下型地震に耐えられる設計になっています。しかし・・・
 「数字だけで申しますと、(想定した)加速度の数値を上回っているという結果でございます。(Q.評価が甘かったか?)そういう評価がありえるかもしれません」(東京電力の会見)
(16日23:17TBS)


安倍の努力の甲斐もなく、やはり放射能漏れ情報が流れてしまった。

と言うか、放射能漏れが判明していたから、慌てて安倍が飛んでいって、どう釈明(ゴマカス)か協議したのではないか。東電にしても、安倍が約束してくれなくては、これ以上のウソは命取りになる可能性があるから、安倍自身のお墨付きを要求したのだろう。

それにしても、このくらいの地震で想定外になる原発に囲まれて、この地震国・日本に生きている怖さ!

どっかの国のポンコツロケットよりも、はるかに恐ろしい。
2007-07-15(Sun)

9条ネット・天木さんの次男が語る若者の声

9条ネットのHPから転載する

  「王様は裸じゃないか。」  天木隆史

 みなさんこんにちは。天木直人の次男の天木隆史です。
友人達に声をかけ、有志を募って7月7日から銀座四丁目交差点付近で、若者達による街頭演説をはじめました。
 今まで政治や外交、国際問題について全く無関心だった僕らが “政治”について自分達の言葉で声を発する事こそが、今まで“無関心層”といわれてきた人達に働きかける最良の方法だと思ったからです。
 何を隠そう僕達自身そのものが、ついこの間まで“無関心層”であったわけですから。

 僕を含め、集まった友人達は皆、マイクを持って見知らぬ人達に対して声を上げる事に少なからず抵抗感がありました。気恥ずかしさや不安、そして何より「なんの知識も経験もない俺達でいいのか?」という戸惑いがありました。
 しかしいざマイクを持って話始めると、今まで自分達の中で漠然と、しかし確実に存在していた「このままじゃいけない。何かをしなければいけない。」という思いが言葉になり、次々と口をついて出てきました。不思議なものです。

 開始して30分が過ぎた頃くらいでしょうか。ふと回りを見渡すとそこらじゅうで、立ち止まり、僕らの声に耳を傾けてくれている人達がいました。子供連れの若い夫婦、年配の方、僕らと同じようなサラリーマン、OL。中には横断歩道を渡り、僕らの演説カーに飲料水のペットボトルを差し入れしてくれる方もいました。
 「心の底から語りかければ伝わる。この国はまだいける。」本当にそう思いました。

 親父や9条ネットの宣伝をしたわけではありません。ただ無心で、「選挙にいってくれ。政治家になりたい人ではなく、税金を預けてでも、政治家にしたい人にその貴重な2票を投じてくれ。」そのことをただただ訴えました。

 僕の友人の言葉が今でも心に残っています。「みなさん。裸の王様という物語をご存知ですか?あの物語では、『王様は裸じゃないか!!』と叫んだのは、あの少年一人でした。しかしみなさん、今度の夏の参議院選挙は、僕達有権者一人一人が勇気を出して、『王様は裸だ!』と声を上げなければいけないんです。僕達が変わらなければ、僕達の物語も変わりません。」

 投票日までのカウントダウンが始まりました。投票日のその瞬間まで、自分達にできることを精一杯続けて行こうと思います。


親の背中を見て、ある意味屈折したものを内包しつつ育った団塊ジュニアが、心を解放していくこと。そこには、これからの日本にとって、重要な意味があると思う。

団塊の世代のみなさん。 子どもさんと選挙の話をしてください。

今がどういうときであるか、何を思って選挙に行くのか、子どもさんに話してください。

子どもといっても、団塊ジュニアはもう立派な自立した大人だ。
今ここで、経験と思いを、言葉にして摺り合わせること。
それが、歴史というものだと思う。

それが、この国の断絶を回復することだと思う。
それが、この息のできない時代を、足下から崩していくことだと思う。


あんち・アンチエイジング・メロディさんによる秀作標語

寄らば大樹の陰、で落雷死
長いものに巻かれて、窒息死
腐っても鯛で、中毒死・・・とならないために。。。

7月29日は必ず選挙に行きましょう


2007-07-14(Sat)

「ダマされるな! 自民惨敗説 3つの罠」という記事

昨日の日刊ゲンダイの大見出しだ。
記事を抜粋して紹介をする。

<安倍も中川も喜んでいる?>

有権者が警戒しなければいけないのが、度を越した「自民党大惨敗」説。安倍首相や中川幹事長は意外と”余裕”のようなのだ。

こうした報道が増えると2つのことが起きる。無党派層が投票を棄権する動きです。もうひとつは、安倍首相への責任追及の声が出にくくなる。

だから、惨敗説は自民党の幹事長周辺が意図的に流しているという話もあるくらいです。

ムードはともかく、ひとつひとつの選挙区をみると、自民党は強い。

自民党は44議席はいけると計算している。さらに、無所属や民主党の参議院議員が6人程度寝返る工作をしている。軽く過半数を維持できる。

この選挙は罠が多い。何倍もの警戒が必要だ。


あえて、コメントはしない。

こういう指摘も心にとめて、29日までの投票に臨みたい。

昨日の記事に関して、スパイラルドラゴンさんから自民党や民主党もHPを更新しているという情報をいただいた。

また、低気温のエクスタシーbyはなゆーさんによれば、教育ナントカをほったらかしにした自民党の候補の私設応援サイトが更新し続けているらしい。
いざというときのために、こういう情報はしっかりと記録しておこう。

2007-07-13(Fri)

国民は黙ってろ! という公職選挙法

今日は、大阪市役所の近くに用事があった。ところが大チョンボで何も用足しできずにUターンするハメになってしまった。
そのまま帰るのは悔しいので、市役所にある選挙管理委員会に行って、ブログでの選挙違反について聞いてきた。

結論から言うと、何が違反で、何が違反ではないか、客観的な基準はない。

訴えられて、裁判で判決が出てみないとわからない、というのが大阪市選挙管理委員会の見解だ。
スバラシイ!

要するに、選管自身が、何もわからない、と言っているワケだ。

ただ、少なくとも、いくつかの点はハッキリした。

■ブログ&ホームページ=文書図画である
■文書図画による、公示前の「選挙活動」は一切ダメ
■公示後の文書図画による「選挙活動」は、決められた方法と数量以外は、全部ダメ(142条~143条)
■「選挙運動」とは、「特定の選挙に、特定の候補者の当選をはかることを目的に投票行為を勧めること」
■純粋な政治活動として使用するホームページであっても、選挙運動期間中に開設したり、又は書き換えするなど、選挙運動の禁止を免れる行為に該当する場合には公職選挙法に違反する

問題は、なにをもって「当選をはかる目的」があると判断するのか なにをもって「禁止を免れる行為」と判断するのか なのだが、そこは選管も「わからない」というのである。
なにせ、「目的」という、たぶんに主観的な判断基準であり、その基準は選管自身がわからない。
これが、公職選挙法なのである。

大阪市の選管が認めたのは
■以前の記事からの推測ではなく、当該記事ごとに書かれたことの範囲で判断される
■コメントやTBされた内容は、ブログ運営者の責任ではない
ということのみ。

で、結局、ブログを書く上での客観的な基準は何一つ明らかにされていない、ということだけが明白になった。


法文をそのまま見ると、「選挙運動の禁止を免れる行為」とは
公職の候補者の氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し又は掲示すること(146条)
とあり、
要するに、候補者の名前やマーク、政党の名前、さらには推薦人や反対する人の名前をも、ブログ上で書くことができない、ということになる。

候補者だけでなく、どこの誰でも、公示後に「自民党」とひとこと書いただけで、選挙違反なのである。

さらに、「当選させる目的」という判断基準で言うと、各政党が公示前に予定候補リストをHPに掲載するのも、事前運動にあたる とも言える。

なにせ、政党が「当選を目的」とせずに、掲載するはずがないからだ。
「目的」という主観的なもので判断されるならば、そう言うことになる。


ということで、この法律を杓子定規に解釈すると、ブログで、「応援しよう」とか「国会でがんばれ」というような政治家や政党に関する話は、一切できないことになる。
公示後であれば、さっき書いたように、当落どころか名前だけでも禁止された文書図画ということになる。公示前であれば事前運動とされる。
365日24時間、日本ではブログで候補者や政党の応援や批判ができなくなる。

たとえば、「憲法を改悪されたくないから、自民や公明には投票しないようにしよう」とか「軍隊を持つためには自民党や公明党に投票しよう」なんてことを言ったとすると、(あくまで例えばである)、それだけでも選挙違反になる可能性が高い。
公示前でも後でも、だ。

そんなアホな! である。

選挙という、ささやかな国民の権利について、ああしようこうしようと議論をし、意見を言うのは、当然の権利ではないか。
選挙しか、具体的な権利を持たないものが、それについての自由な議論や言論を封じられたら、いったいどうしたらいいのだ!!



もうひとつ、落選運動の問題。
大阪市の選管は「当選をはかる目的」と規定されているが、たとえば東京都の選管は「当選をはかること又は当選させないことを目的」と、落選運動まで範囲に含めている。

総務省のホームページをいくら探しても、その辺の話が出てこないが、
このページによれば、旧自治省の見解や判例は「落選だけを目的にする場合は選挙運動ではない」ということだから、東京都の見解は意図的に拡大解釈しているようだ。さすが、石原東京都である。

繰り返すが、誰かを当選させるために誰かを落選させるのでなく、落選だけを目的とする場合は、選挙運動でななく、当然選挙違反にはならない、ハズだ。
にもかかわらず、わざと明確な基準を示さないことで、なし崩し的に落選運動まで取り締まろうという意図が見え見えである。


いたずらに選挙違反の口実を作ることは、できれば避けた方がいいかと思って、わざわざ選管に聞きに行ったのだが、結局、厳密とらえると、公職選挙法というのは
「一般庶民は、選挙に口をはさむな。黙ってろ!」という法律であることがわかってしまった。

こんなひどい法律を墨守すると、本当に何もものが言えなくなってしまう。
候補者や政党の活動を、一定の範囲に規制するのは、わからないでもないが、市井の生活者の口まで規制するのは、明らかに言論弾圧だ。

ということで、私の決めた基準は、公示後は直接の「当選」「投票」を進めるような発言だけはしない、ということ。
政党や候補者の批判や評価などは、選挙に関係なく、政治や政治家の問題として、何時いかなる時でも、封殺される謂われはない。

その評価や評論を読んで、投票するとしないとかは、読んだ人の勝手である。
どのようにでも、ご自分の考えに従って、投票するなりしないなり、していただきたい。私は、その点は、一切かかわらない。

以上をここに宣言して、これからの記述についての基準としたい。

まあそれにしても、本当にひどい法律だ。公職選挙法は。


※とても参考になるサイト Matimulogより
no_action_letter総務省の迅速な対応 
election:総務省の回答 
blog:きっこのお詫びに見る萎縮効果

カナダde日本語でも、美爾依さんがこのへんの話題を書かれています。こちらも参考にしてください。
2007-07-11(Wed)

【改訂版】9条改憲に反対する候補の早見表

毎日新聞のアンケートをコメント欄で教えてもらったので、それを基準に、改訂しました。 ☆が付いた人、消えた人がいるので、注意してください。
 なお、Q7「9条の改正」で反対でも、Q8で「憲法に自衛隊の明記」としている場合は、実質的に9条の改憲に当たると判断し、☆はつけないことにした。



アエラの7/17号に,山田真哉の参院選当落「さおだけ式」大予想 と言う記事がある。見た人も多いだろう。

当たるかどうかは神のみぞ知るところであり,現下の自民逆風もあまり考慮されていない。
とは言え,主に過去のデータから予想を立てており,今回,9条改憲をどうするかで、候補を絞り込むに当たって,参考にはなる。

たとえば改憲に反対する人が,社民,共産,民主(改憲反対)が並び立っていて,に入れる誰のが一番有効か迷うとき,ちょっと使えるデータだと思う。

そこで,エクソダス2005《脱米救国》国民運動の作成した,護憲派リストも参考にしつつ,データを抜粋してみる。
毎日インタラクティブを最終資料としました)

選挙区,改選数,党,予想得票数(万票)と,

☆マークが,9条の改憲に反対する候補である


北海道2

民主☆ 97
新党大地☆ 74
自民 74
共産☆ 25
社民☆ 10

青森1

自民 25
民主 22
社民☆  3
共産☆  3

秋田1

民主・社民 ☆ 27
自民 27    
共産 ☆ 4

山形1

自民 28
民主 27
共産 ☆ 3

岩手1

民主 31
自民 28
社民 ☆ 4
共産 ☆ 3

宮城2

自民 38
民主 ☆ 31
共産 ☆ 6
社民 ☆ 4

福島2

民主 45
自民 40
共産 ☆ 6

新潟2

民主 35
自民 32
社民 ☆ 8
共産 ☆ 7

栃木1

自民 33
民主 ☆ 33
共産 4

群馬1

自民 55
国民 25
共産 ☆ 4

茨城2

自民 54
民主 48
共産 ☆ 6

埼玉3

民主(2) 77
 ※こうだ邦子☆二人とも☆
自民 70
公明 54
共産 ☆ 35
社民 ☆ 7

千葉3

民主(2) 103
 ※かがや健☆
自民(2) 94
共産 ☆ 20
社民 ☆ 15

東京5

自民(2) 120
民主(2) 112
 ※大河原☆
  鈴木は☆だけれど右翼日本会議メンバー
公明 83
共産 ☆ 45
川田龍平 ☆ 40
社民 ☆ 15

神奈川3

民主(2) ☆ 90
自民 75
公明 66
共産 ☆ 30
社民 ☆ 20

富山1

自民 23
民主 ☆ 22
共産 ☆ 2

長野2

民主 47
自民 29
共産 ☆ 12
社民 ☆ 10

山梨1

民主 ☆ 18
自民 16
共産 3

静岡2

自民 84
民主 66
共産 ☆ 13

石川1

自民 29
民主☆だけれど右翼日本会議メンバー 19
共産 ☆ 3

福井1

自民 22
民主 ☆ 15
共産 ☆ 2

岐阜2

自民 43
民主 43
共産 ☆ 10

愛知3

民主(2) 100
 ※谷岡☆
自民 50
公明 50
共産 ☆ 27
社民 ☆ 6

三重1

民主 ☆ 40
自民 37
共産 ☆ 6

滋賀1

民主 ☆ 25
自民 25
共産 ☆ 6

京都2

民主 40
自民 36
共産 ☆ 25

奈良1

民主 27
自民 26
共産 ☆ 5

大阪3

公明 80
民主 80
自民 70
共産 ☆ 44
社民(9条)☆ 6

兵庫2

民主 90
自民 79
共産 ☆ 32
9条 ☆?

和歌山1

自民 26
民主 17
共産 ☆ 4

岡山1

自民 35
民主 ☆ 35
共産 ☆ 4

広島2

自民 41
民主 30
河野美代子 ☆ 10
共産 ☆ 8

鳥取1

自民 15
民主 12
共産 3

島根1

自民 25
国民 13
共産 ☆ 3

山口1

自民 36
民主 ☆ 31
共産 ☆ 4

香川1

民主 ☆ 20
自民 20
共産 ☆ 3

愛媛1

民主 ☆ 30
自民 30
共産 ☆ 5

徳島1

自民 16
民主 16
共産 ☆ 2

高知1

民主 ☆ 14
自民 13
共産 ☆ 4

福岡2

自民 90
民主 84
共産 ☆ 15
社民 ☆ 12

大分1

民主 22
自民 22
国民☆だけれど右翼日本会議メンバー 7
社民 ☆ 7
共産 ☆ 2

佐賀1

自民 19
民主 18
共産 ☆ 3

長崎1

自民 30
民主 25
共産 ☆ 4

熊本1

自民 41
民主 ☆ 38
共産 ☆ 4

宮崎1

民主 18
自民 18
長峯基 8
共産 ☆ 2

鹿児島1

自民 44
民主 ☆ 32
共産 ☆ 3

沖縄1

糸数慶子 ☆ 25
自民 22


以上,改憲派と改憲反対派の接戦が予想される選挙区では,共産党支持者の態度で,勝負が決まる。

いったい,何が一番大事なことなのか,よくよく考えて投票してほしい。

theme : ふだんの暮らし
genre : ライフ

2007-07-11(Wed)

100万票の【9条】を!

仕事の多忙と、風邪を引いたこともあるが、長いことエントリーをさぼってしまった。 沈黙の数日に、ずーと考えてきたことがある。 最近の安倍が火の車なのは、なぜなのか? ということ。

安倍転落のターニングポイントは、松岡事件だ。
sijiritu070709.jpg

これは朝日新聞の調査結果だが、5/19 44%  5/26 36%  6/2 30% という推移。

松岡のナントカ還元水やら緑資源機構やらの騒ぎで急降下し、松岡の自殺後は低支持率で固定化された。

固定化の、最大の原因は、年金問題だったが、急降下するきっかけは、年金問題が大々的に取り上げられる前であり、むしろ、5月の中旬に安倍内閣を見捨てる「ある決定」がされ、その流れの中で、松岡事件、年金問題、元公安調査庁長官の詐欺事件、久間発言、赤城疑惑と、どこまで出てくるんだ、というほどネタが出てきた、というように見える。

それ以外にも、小ネタでは、

自民、参院選後に処分検討 衛藤氏の大分活動問題で 
参院議員の長男・北海道議が酒気帯び運転発覚、辞職へ 

おまけに、自ら消費税に言及し、墓穴を掘り、ついに産経にまで見放されたのか

赤城かばってドツボ、不支持率が初の6割超…安倍焦り (夕刊フジ)
 
と、安倍登場の時の言論統制はどこへらや、まるで、こぞって安倍落としにかかっているように、見える。

だが、ひねくれ者の私は、相簡単に納得しない。

もちろん、安倍政権が崩壊するのは、非常に喜ばしいことだが、単純に喜んでばかりはいられない。
マスゴミがこぞって言い立てていることには、絶対に裏がある。
安倍おろしも、何か裏があるに違いない。

やはり、一番懸念されるのは、自民と民主の、従米グループが糾合されることだ。
なぜ、そういうことを考えるか。

ひとつは、安倍おろしは激しいが、安倍個人は温存されている、ということ。
スキャンダルを炸裂させようと思えば、いくらでも事欠かないはずなのに、安倍個人はいつでも復活できるように守られている。
そして、

ビックリしたのは、安倍にSPやお付きがぞろぞろ付いてくるのは当然として、メイクさんやらスタイリストやらが2台の車に乗って4人も随行して来て、テレ朝の美粧室を1列占領して何やかやと念入りに世話を焼き、最後は頭にサーッとスプレーをかけて、全員で拍手とともに「いってらっしゃあい」と声を揃えて送り出したことだ。サンプロを20年近くもやっていて、メイク&スタイリストを4人も連れ歩く総理はもちろん政治家は初めて見た。ざ・こもんず 高野孟
 
こうして、不気味なカメラ目線を連日送り続けている。
この先にあるシナリオは、やはり、これか

参院選直前に拉致日本人が北朝鮮から電撃帰国する雰囲気?  低気温のエクスタシーbyはなゆー 07.6.28
 
アメリカと北朝鮮に絶体絶命を救ってもらった安倍晋三は、これ以降、拉致の安倍ではなく、ポチの安倍として生きて行かざるを得ない。
アメリカが、危ういバランスの上に築こうとしている米中関係に、不用意に水を差す安倍の国粋右翼的な部分、人脈を徹底的に破壊して、コイズミを越えるポチとして飼い慣らす。

これはある意味、岸信介が、A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに放り込まれたのと、同じ効果である。 巣鴨プリズンのA級戦犯という究極に追いつめられた場所で、魂をアメリカに売り渡した岸信介は、自身の内面とは関係なく、生涯アメリカに逆らうことはできなかった。

ここに、現下の安倍たたきの意味があるのではないか。
仮に、横田めぐみさんが帰国したとしても、自民党の大勝はまずあり得ない。しかし、アメリカから見れば、自民党より頼りになりそうな、民主党の一派がいる。
民主党の中で、9条改憲にすら反対しない連中は、いつ従米グループに取り込まれてもおかしくない。

これに、公明党がくっついて、政界大再編、という選挙後のストーリーが頭から離れない。

もしそうなっても、戦争への道をくい止めるためには、それ以外の候補を増やすしかない。

選挙区は、社民、共産、民主(9条改憲反対に限る)の、一番有望な候補へ

そして、比例区は、9条ネット

100万人が比例区に「9条」と書けば、たった一人だけれども、一番強固な反戦議員が誕生する。

比例は共産という主張にも一理あるが、9条ネットがあり、天木さんらが奮闘している以上、私は9条ネットを応援したい。
明日からは、具体的に応援をできなくなるので、今日のうちに書いておく。

比例は【9条】

もし100万票を集め当選すれば、たった一人でも、安倍や米に与える衝撃は、もっとも大きい。

胡散臭い安倍たたきにぬか喜びせず、確実に戦争絶対反対の候補を応援しよう。
2007-07-04(Wed)

安倍晋三は久間発言を一度も否定していない

「辞任」という、結局いちばん灰色な決着で、久間章生の「原爆しょんなか」発言は処理された。

これで、あたかも安倍の責任も決着したかのような幕引きが図られている。
しかし、よくよく注意してほしい。安倍晋三は、久間発言の中身には一言半句も触れていない。

安倍の態度を、政治用語でなく普通の日本語で言うと
「君が原爆しかたないというのは正しいけれど、こんな時期に口に出しちゃダメだよ」
ということだ。

時系列で、安倍の発言を確認する。
話し手のない発言はすべて安倍のモノ。(記事は適宜抜粋)

06/30 時事通信
久間防衛相発言、問題視せず=「米国の考え方を紹介」-安倍首相
「久間氏は米国の考え方について紹介したと承知している。同時に原爆の惨禍にあった長崎の被爆地としての考え方にも言及されたと聞いている」

07/01 スポニチ(7/2) 
小沢氏ツッコミに安倍首相逆ギレ
「日本の究極の目的は核廃絶だ。久間氏にはこれからも防衛相として核廃絶に力を発揮してもらわなければならない」と野党の罷免要求に応じる考えがないことを表明した。
さらに小沢氏が原爆投下について「米国に謝罪は求めないのか」と聞くと「小沢さんは自民党幹事長の時に総理にそう言いましたか?」と逆ギレした。


07/02 読売新聞 
首相、久間防衛相に「誤解を与える発言は厳に慎んで」
「日本は唯一の被爆国で、大変な被害を受けた長崎、広島の被爆者の気持ちを傷つけることがあってはならない。誤解を与える発言は厳に慎んでもらいたい」

久間氏は会談後、記者団に、野党が罷免を求めていることについては、「そんなのはいいよ、そんなのはよくある話だから」

「久間氏は発言の重みをしっかりかみしめ、反省したうえで、核軍縮に努力してもらいたい」と語り、久間氏を罷免する考えはないことを強調


07/03 ロイター 
久間防衛相辞任、私に任命責任ある=安倍首相
「当然、私に任命責任はある」
ただ、具体的な責任のとり方については「私には改革を進める使命がある。この使命を果たさなければいけない」と明言を避け(た)
「政治家として、一番重い責任の取り方。その決断を尊重した」
「(久間防衛相が)大臣を辞した後、なぜ職を辞したかを含めて被爆者、長崎・広島の方々に説明をしてもらわなければならない」


07/03  FujiSankei Business i. (7/4)   
久間防衛相辞任 後任に小池補佐官
久間氏は3日午後、首相官邸で首相に会い「一つのけじめをつけなければいけない」と辞任を伝えた。
首相は「残念だがその決意を受け止める。これまでよくやってもらった」と慰留はせず了承。


さあて、これらの発言の、どこに「原爆はしょうがなかった」発言への、否定なり批判なり反省なりがあるだろうか。

そんなものは、まったくありはしない。
「誤解」というのは、「本当は正しいことを言ったのに、間違って受け止められた」という意味であり、本当は正しいと言っているに等しい。

それどころか、辞任を「残念」で「よくやってもらった」と言っているのである。
しかも、そのあげくに「被爆者に(原爆はしょうがなかったということを)説明せよ」と言っている。


ウソでも芝居でも、安倍は絶対に久間発言を否定できない、ということは、前のエントリーで指摘した。
なぜか。繰り返すようだが、これは、アメリカの公式見解であり、今現在まで、安倍が久間を使って行ってきた在日米軍再編と、自衛隊の自衛軍化の論理そのものだからだ。

沖縄にとって、在日米軍の出撃基地であることは、危険きわまりないのは当たり前のことだ。誰にでもわかる。
自衛隊が、わざわざイラクまで出かけていくことが、進んで悪役をかって出ている、つまり「テロ」という名のレジスタンスの対象に、自ら手を挙げていることも、冷静に見ればすぐにわかることだ。

さらには、政府の高官が核武装を言いたて、(もちろん安倍も)、改憲をして自衛軍になることが、自らも攻撃するかも知れないが、同時に攻撃の対象に自らなることだ、というのも、平和ぼけを払いのけて現実を見つめれば、分かり切ったことだ。日本は、未だに国連の「敵国」なのである。

敵国条項は、たまたま削除し忘れたのではない。なんとか削除しようしたけれども、実質的に削除してもらえなかった、明確な「敵国」だ。
日本という国は、国連憲章に違反すれば、他国が「無条件に軍事制裁」をしてもOKなのである。

(お気づきの方も多いでしょうが、この辺は、中山治さんの「誇りを持って戦争から逃げろ! 」からの受け売り。もちろん、私もそう思っている。)

さて、これだけリスキーなアメリカべったりの戦争路線を、正当化する理論は一つしかない。そう、それが「原爆しかたない」なのである。

「北朝鮮や中国に攻められたくなかったら、アメリカの言うことを聞きなさい。それでかつての広島や長崎のような被害があっても、占領支配されるよりマシでしょう。」
という論理なのである。

だから、久間が言ったことが、政府公式見解としては「極めて正しかった」と私は思っている。
その通りのことを、安倍政権は今現在やっているからだ。だから、私は、同じ悪事を働くにしても、ゴマカスことしかしない安倍晋三よりも、久間章生はよほど正直者だと言ってやりたい。

つまり、悪人が「私は悪人です」といいながら悪事を働いたわけで、「正義の味方」のふりをしながら悪事に手を染める奴らよりは、少なくもとずっとマシだ。
もちろん、それで免罪されるワケではないが、正義面して久間に怒りをぶつける公明党の連中が、いったいどれだけ被爆者に思いを馳せているか。そんな話は全然なくて、選挙がシンドイから「迷惑千万」と言っているだけだ。

安倍にいたっては、「よくやった」とねぎらっておきながら、あたかも責任を果たしたような厚顔無恥な態度をとっているのだ。

言ってはいけないことを言った久間章生に対する被爆者の怒りはもっともであるけれども、口には出さずにこっそりとその論理を実行している奴らのほうが、もっと非道いということを、あえて言っておきたい。

だから、久間章生には、私は、これからも、どんどん本音を暴露してほしいと思っている。安倍晋三が隠しておきたい、なんとかゴマカシて国民の目を欺きたいと思っている部分を、バシバシ放言していただきたい。当然、批判は殺到するけれども、これだけやられてもニコニコと辞任の記者会見をする鬼の心臓をもってそれに耐え、安倍晋三の恥部を、満天下に晒し続けてほしい。

もっとも、そんなことをすると、第二第三の松岡利勝になるかもしれないけれど。

※明月は、この発言に怒りを感じないのか! という指摘も受けそうだ。
 久間発言がアメリカの公式見解であり、安倍政権がアメリカに忠誠を誓っている以上、久間一人に怒りをぶつけるのは、実はピントがずれているとも言える。現に、安倍は小沢一郎に「米国に謝罪を求めないのか」と聞かれ逆切れしている。「できるわけ無いだろ。できるもんなら、おまえがやってみろ」というわけで、安倍晋三ら、アメリカ忠誠組は絶対に久間発言を否定しない。少なくとも、同罪なのだ。だから、私の怒りは、久間一人と言うよりは、コソコソとゴマカシながら「しょうがない」路線を突っ走る連中の方に強い。

 いろいろと見過ぎてしまって、ひねくれてしまったのかも知れない。
もちろん、私のようなひねくれた話ではなくて、被爆者への思いから純粋に怒りを爆発させている方々には、エールを送りたい。
ただ一つだけご忠告。 「本当の敵を見失わないようにしてください。」


※私とは正反対の立場から、唯一、久間を擁護し、安倍内閣を激励する新聞がある。
そう、かの有名な、世界日報=統一教会である。

このへんからも、アメリカCIAのご意向を感じることができる。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg