2009-08-31(Mon)

民主党議員の通信簿

もう、選挙のニュースは聞き飽きたという向きも多いかもしれない。

勝因がどうとか、敗因がどうとか、もうそんなものはどうでもいい。
これからどうするか、どうなるか だ。

その意味で、昨晩からやりかけていた、民主党議員の通信簿を完成させた。
毎日新聞のアンケートで、憲法9条の改変に賛成する議員、集団的自衛権の禁止を見直すべきと言う議員を、一覧で確認できるようにした。

9条の改変も集団的自衛権も、どっちも賛成という最悪なのが、37人。
9条の改変だけ賛成なのが、22人。
集団的自衛権だけ賛成なのが、46人。

また、無回答などで、態度不明な人が多い。

どちらかに●のある人以外で、
どちらも不明なのが、34人。
9条についてだけ不明なのが、15人
集団的自衛権についてだけ不明なのが、9人。

つまり、9条の改変か集団的自衛権のいずれかに賛成 というのが105人(34%)
賛成かどうか分からないけれども、ハッキリ反対していないのが、58人(19%)。

しめて、163人(53%)の当選者が、少なくとも反対を表明していない ということが分かった。

これから数日のうちに、閣僚やら党人事やらが発表される。
この表を活用して、どういう人がどういう役職に就くのか、チェックしよう。


■民主党議員の通信簿 使用方法

下記のリンクをクリックして ダウンロードして下さい
エクセルファイルです

民主党議員の通信簿ダウンロード

シートは保護をかけていますが、1行目の▼で、抽出はできます
●の人を抽出すれば、見やすくなると思います

念のために、使用前にウイルスチェックはして下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-31(Mon)

残念! 保坂展人さん落選

こちら近畿地方では、自失党や混迷党をほぼ撃滅し、選挙区では自失党5,混迷党ゼロ!に追い込んだ。ただし、比例で自失9,混迷5をとられてしまったのが、やや残念。

特筆すべきは、苦節何年かわからないけれども、当選の望み限りなく薄い状態で立候補し続けてきた社民党の服部良一さんが当選した。
「比例は社民!」と言い続けた甲斐があったというもんだ。
近畿では、社民党7議席中2議席を輩出した。

何より残念なのは、東京8区。保坂さんが落選してしまった。直前の選挙区変更は、やはり辛かったのだろうと思う。
テレビ出まくりの石原を相手に惜敗率76%余りだから、善戦したとは思うけれども、やはり彼が議席を失ったことは、私にとっても、おそらく多くの国民にとっても計り知れないほど大きな痛手である。

民主党の308については、ほぼ下馬評通りだから、とくに言うことはない。
が、注目すべきは、テレ朝の選挙ステーションでの報道だ。

民主党の完全勝利が確実になった段階で、前原誠司を延々と画面に登場させ、福岡政行が内紛扇動を仕掛けていた。
曰く「前原さんは、小沢と闘ってくれますね!」
さすがの前原も適当にいなすと、さらに加えて 「小沢があれこれ言っても妥協せずに貫いてくれますね!」
ここまで来ると、前原の顔面神経は制御不能になり、引きつった笑みが止めようもなく満面に広がった。

おそらく、これから繰り広げられる展開は、民主党の内紛をどうにかして煽り立てるという戦略だろう。
そうなると気になるのは、前原が内部分裂を仕掛けたときに、何人が乗ってしまうのか、ということだ。
その、ひとつの指標になるのが、憲法9条と集団的自衛権に対する見解だろう。

毎日新聞のサイトから、各候補者のこれらに対する見解を知ることができる。
ただし、各選挙区ごとに分かれているので、非常に手間がかかる。
とりあえず、北海道から千葉まで、小選挙区で当選した民主党の67人を調べてみたら、9条改悪反対、かつ集団的自衛権の見直し反対ではない人が27人いた。40%である。

308x40%=123だから、およそ100人以上は、なびく可能性もないとは言えない。
自公と「見んな」で145だから、単純に足し算すれば過半数が逆転するが、たぶんそれはない。

そうではなくて、執行部に対してクーデター的な圧力を掛けて、政策を実行不可能にし、社民党をのけ者にし、わざと国民の不興を買うように仕向けてくるだろう。

当面、問題になるのはアフガニスタンだ。
アフガンへの派兵を、ことさらに大きく騒ぎ立て、マスコミも前原の提灯持ちをして、民主党と連立政権を揺さぶってくる。

ここで忘れてはいけないのは、小沢一郎は超原理的な民主主義者だということだ。
社民党や共産党は、小沢一郎と喧嘩してはいけない。
小沢の議会制民主主義への熱い思いをうまくくみ取って、前原グループとの内紛に勝ち抜かなくてはならない。

これが、一見絶対多数を獲得した連立政権に訪れる、最初の試練だ。

民主党の多くの議員も、選挙のなかで私たち庶民の声を聞いているはずだ。
どっちに付くんだ? という局面になったとき、それは大きな重しになるだろう。

とにかくも、「あの選挙は何だったんだ??」と言うことにならないように、激励と監視と批判の目をゆるめてはならないと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-30(Sun)

選挙区は民主(推薦)、比例区は社民

あと5分で、選挙の記事が書けなくなる。

今回の選挙に限っては、政権を選択するという、当たり前のことを史上初めて日本人が成し遂げる目的のため、細かいことは目をつぶろう。

自民、公明、みんなの党、平沼グループを落とすことが大目的

そのためには、小選挙区は、民主 または推薦候補に!

しかし、民主のひとり勝ちはアブナイ。

比例区では社民党に!

社民党も倍増して10人をめざそう。


共産党も少し増えれば、良いバランスになる。

もう少し詳しい話は こちらを見てほしい

 護憲ではない民主党を応援する理由

8月30日まで、何がおきるかわからない。

何がおきても動じずに、政権選択という、ごく当たり前のことを、実現しよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2009-08-28(Fri)

石原伸晃の税金パー券

東京8区の話となれば、黙っているわけにはいかない。
保坂展人さんががんばっているうえに、ウチの実家もあったりする。

この東京8区でこれまで連戦連勝してきた石原伸晃に、重大疑惑発覚。
税金である区議会議員の政務調査費で、石原のパーティー券を買わせていたという。

週間金曜日(2009.8.7)より

石原伸晃氏のパー券29万円購入
政調費で元秘書の杉並区議長ら

 東京・杉並区議会の自民党区議多数が、「区政に関する調査研究」目的に限り利用が認められている政務調査費(月額一六万円)を使い地元選出の石原伸晃・前衆議院議員(東京八区)の政治資金パーティー券を購入していたことがわかった。“ノブテル券”を政調費で購入した区議は過去五年間で一〇人。一枚二万円で二〇枚が買われ、代金四〇万円のうち二九万四千円が区政調費から支出された。
 伸晃氏の元公設秘書・富本卓議長も計二枚を購入、三万円を政調費で払っていた。
 税金である政調費で政治資金集め目的のパーティー券を買う行為は、公金流用だとして各地で問題視されている。特に議長は各議員の政調費の使途について調査権を持っていることから、富本氏の責任問題に発展するのは必至だ。
 また「石原伸晃後援会」の会費を政調費で支払ったり別の自民党セミナーの参加費を計上した例もあり、同党の政治団体・支部等に流れた政調費は約四〇万円にのぼる。
 関連する伸晃氏のパーティーは、二〇〇三年一二月、〇四年四月、〇五年四月、〇六年一二月に、自身の資金管理団体が開催した「石原伸晃政経セミナー」などで、政治資金収支報告書によれば、〇六年の催しの場合、約三一〇〇万円分の券を売って約二二〇〇万円の収益を得たという。
三宅勝久・ジャーナリスト


きっこさんによれば、今日発売のフライデーにも出るらしい。
なるほど、あったあった

【告発!】自民有力候補の地元・東京8区で杉並区議たちが「政務調査費」を遣って呆れた支援活動
「石原伸晃《元国交省》のパーティ券が税金で買われている」


早速買ってこよう。

杉並区の皆さん!
石原ノブテルは、区民のために使うべき税金で、自分のパーティー券を買わせていた男ですよ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-27(Thu)

副作用には保障するって?

新型インフルエンザの急造ワクチンで大もうけしたい連中が、わっさわっさと騒ぎ出している。

通常は、ワクチンを製造するだけでも、ウィルスの発見から半年かかり、それから治験をして、ある程度の安全性を確認してから、人間に注射される。

しかし、今回の急造ワクチンは、とりあえず作って、ほとんど治験もせずに、いきなり数千万人に半強制的に打ち込まれようとしている。

治験は、通常5年ほどかかるものを、わずか100例程度を速効でやるという。
それも、輸入品だけで、国産のものはフリーパスだ。

国内で必要とされるワクチンは5300万人分。国内メーカーが年末までに製造可能なのは1300万~1700万人分にとどまり、厚生労働省は、不足分を欧米などの大手ワクチンメーカーから輸入する方針だ。しかし、海外製ワクチンにはワクチンの効果を増強するため、国内製にはない添加物が含まれており、予期できない重い副作用が起こる可能性が懸念されている。
2009.8.27 読売 

舛添要一厚生労働相は27日、新型インフルエンザ対策について会見し、海外からワクチンを輸入する場合に、小児らを対象に国内で最低100例程度の臨床試験を実施する考えを示した。
2009.8.27 毎日 

通常のインフルエンザのワクチンでも、毎年100~200例くらいの副作用が報告されている。
厚労省に正式に報告されたものだけだから、実際はもっと沢山あると思われる。

たとえば平成19年度は、2257万本のワクチンを使って、副作用の報告件数122例。うち、死亡が4,後遺症が5,未回復が11、不明が10,回復が92。

ところが、死亡した4人全員と、後遺症の残った5人中3人は、

「情報不足のため,インフルエンザワクチン接種との因果関係は評価できない。」

という検討結果であり、要するに よくわからないね~ という結論なのである。

また、副作用を否定できない という見解になっているものは、その症状が副作用として知られているから、そう判断されているのであって、新型ワクチンのように、どんな副作用がでるか分からないものを、どうやって判断するのだろうか。

つまり、注射した目の前でぶっ倒れて死なない限り、「良く分からない」 ということにされてしまい、補償なんて出ないということだ。
原爆の被害を認定するのでも64年もかかる国だなのだから、推して知るべしである。

(独)医薬品医療機器総合機構 のホームページにある 医薬品・医療機器等安全性情報  の毎年の報告の9月号か10月号に、前年度のレポートが出ているので、ホンマカイナと思われる方はどうぞ。

こうした、急性の副作用以外にも、ワクチンには、いろいろな問題点が指摘されている。
水俣病で有名な、有機水銀を使っているというのも、その一つだ。
保存料として有機水銀のチメロサールというのを、一本に10μgほど使っているそうだ。
毒性についての証明はされていないが、気持ちが悪いのはたしか。

なによりも、本当に効いているのか? ということ。

学校での集団接種が1962年から、予防接種法で義務になったのが1976年、任意接種となったのが1987年、集団接種がなくなったのが1994年。では、それだけやっていれば、インフルエンザは激減したかというと、ぜんぜんそんなことはない。

influenza1.gif
日本消費者連盟HPより)

この表を作成されたの山本英彦先生(大阪赤十字病院・救急部長)の論文に、非常に詳しく説明がされている。

インフルエンザワクチン効果にエビデンスはあるか?

また、ワクチンを作っている北里研究所の関連である北里大学の学長室通信にも、こんなグラフがあった。

influenza2.jpg

ワクチン注射をしていることと、欠席数には、なんの関係も見られない。

国も製薬会社も、胸を張って有効だと言い張る従来型のワクチンですらこの有様だ。
一体全体、急造で100例しか治験もしない新型ワクチンをうったら、どんなことがおきるのか。
実は、誰も分かっていないのかもしれない。

だから、

舛添要一厚生労働相は26日、新型インフルエンザのワクチンについて専門家らとの意見交換会を開き、ワクチン接種により副作用が生じた場合の補償金の増額や、ワクチンメーカーの責任を問わないようにするための法改正を検討する考えを示した。
2009.8.26 時事通信 

補償は、自力で「副作用であること」を証明しなければもらえないけれども、メーカーの免責はなにもしなくても100%有効だ。

マスゾエが政権交代前に、製薬会社のためにヤリ逃げしようとしているこの特措法は、補償免責の特措法なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-26(Wed)

公職選挙法146条に違反している自民党パンフ

「笑っちゃう」ような自民党のパンフレットが出回っている。
どのくらいの部数が、どのくらいの範囲にまかれているのかは分からないが、表題は「知ってビックリ民主党 これが実態だ!!」 「労働組合が日本を侵略する日」 「民主党にだまされるな!」 という文字が踊っている。
B6版8頁で、なんともオドロオドロしいパンフレットである。

jiminpamph.jpg


てっきりナントカ実現党か、無記名の謀略ビラかとおもったら、自民党と書いてあるので、本当に笑ってしまった。

内容は、コメントするにも値しないので、スルーさせてもらうが、問題は、最後に書いてある、
「このパンフレットは、政党の自由な政治活動であって、選挙期間中でも、自由に配布できます。」
という文言だ。

本当にそうか?

確かに、公職選挙法では、選挙に関係ない純粋な政治活動は制約されないとしている。
だからたとえば、選挙に出ていない老人党が老人を大事にしろ と演説したりビラをまいたりするのは自由だ。

しかし、自民党が民主党を批判するパンフを選挙期間中にまくことが、選挙と関係ない自由な政治活動と言えるのか??

公職選挙法第146条 (文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限)

何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず、第142条(文書図画の頒布)又は第143条(文書図画の掲示)の禁止を免れる行為として、公職の候補者の氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し又は掲示することができない。


先日来のブログでの支持表明の問題とは矛盾するけれども、法律にはこのように書いてある。

立候補している当事者が、その対立政党を批判するチラシは、どっからどう見ても、この「禁止を免れる行為」だ。

このパンフが、公職選挙法146条違反でないのならば、投票の呼びかけをしない限り、何でもできるということになってしまう。
法定ビラなんて、ほとんど意味がなくなってしまい、資金のあるものが物量作戦で、チラシをまきまくって知名度を上げ、敵をイメージダウンさせることができてしまう。

民主党は、断固として抗議し、提訴すべきだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2009-08-26(Wed)

民主、社民、共産の連絡先一覧表

コメント欄に pMailAgencyさんから提案をいただいた

その中で、民主、共産、社民の支部と候補者の連絡先をズラズラッと一覧にした表を作成しておられる。

これは、私もかつてやったのでわかるのだけれども、とっても大変な手間がかかる。
ひっそりと保管しておられるのはモッタイナイので、私のHPの空き部屋にアップしてみた。
こちらで直接見ていただくなり、コピーして使っていただければいいかと。

http://www.mei-getsu.com/renraku/renraku.htm

pMailAgencyさん。もし不都合があればご連絡ください。

とくに、民主党には激励の意味を込めて、具体的な市井の声を届けることは、とても意味のあることだと思う。
もし、政権を取ることになったときに、どういう思いが権力に押し上げてくれたのかということを、知っておいてもらはなくては。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-25(Tue)

ご紹介

今日、相互リンクの依頼があって、そのブログを拝見した。

主旨がどうのという前に、「自分の言葉で語る」ということを実践しておられると感じた。

なので、ここにご紹介しておく

雪裏の梅花


2009-08-24(Mon)

最高裁判所の悪い判事に×をつけよう

最高裁判所の裁判官のなかで、悪いやつに×をつけるための、「国民審査」

もちろん8月30日の総選挙と同時におこなわれる。

ただし、これは選挙ではないので、公職選挙法は関係ない。
吹田市の選管にも確認したし、新聞に意見広告が出たくらいだから、間違いない。

そこで、こんなチラシを見かけたので、アップしておく
(クリックで拡大)

takkeuchibatu1.jpg

辺野古に基地を絶対つくらせない 大阪行動 というグループが、基地建設反対のチラシとともに配っていた。
ちょうど、福島瑞穂さんの演説を聞いた直後だったので、連動しているのかと思ったら、このグループは、毎週土曜日の夕方にビラ配りなどをしているのだそうだ。
スゴイ。

ちなみに、福島瑞穂さんも紹介議員42人の中に入っている。

話を国民審査に戻そう。

最高裁判所の判決は、法律と同じ重みをもつ判例になっていく。
しかも、ここで変なことをされると、よほどのことがない限りひっくり返す(再審)のは難しい。

だから、何百人もいる国会議員よりも大事 とは言わないまでも、しっかり見て判断して、×をつけるべきは×をつけなくてはならない。
何も書かないと、ぜんぶ○と見なされてしまう。

それと、このチラシで批判している竹内行夫もそうなのだけれど、司法試験を受けていない、無資格裁判官が、最高裁にはたくさんいる。
こんなことも、国民にはほとんど知らされていない。


さて、×をつけたい裁判官は、イラク戦争の責任者である竹内行夫の他にもいる。
植草一秀さんを、国策のために無理矢理に有罪にし、今現在刑務所に監禁している、近藤崇晴である。

近藤崇晴は、防衛大の先生は無罪にしておきながら、その舌の根が乾かないうちに、まったく逆のロジックで植草さんを有罪にした。しかも、民事も刑事もこの近藤が裁判長だった。

まったく、人間的な卑しさがにじみ出てくる判決だった。


それ以外の、詳しい詳しいことは、副島隆彦さんが書いている。
どんどん貼り付けて欲しいと書いておられるので、「続きを読む」に、副島氏のホームページから、コピーしておく。(ちょと長い)

写真入りの元記事を見たい方は、副島隆彦の学問道場 今日のぼやき 8/10


というわけで、国民審査については、大手を振って書けるので、ブロガーの皆さんもどんどん広めていただきたい。


※コメント欄で注意の呼びかけがあった。
 せっかく×をつけても、他の裁判官に○をつけると、全体が無効になってしまう。

 「ダメな裁判官には×   そうでないときは何も書かない」

 以上、お間違えなきように

 参考: 特集:最高裁裁判官・国民審査 「憲法の番人」チェック (毎日新聞)

 記事では近藤崇晴の大罪=植草さんへの有罪確定について書いていない。植草さんが捕まったときはマスコミはあれだけ大騒ぎしたのに、どうやら冤罪だというのがミエミエになったきたらシカトするとは。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


more...

2009-08-22(Sat)

梅田駅前で福島瑞穂さんを発見

中央郵便局で切手をまとめ買いするために梅田に出た。
電車を降りて地上にあがると、どこかの党が街頭演説をしている。
ビラを配っている人が、あと15分で福島瑞穂さんが到着する と言っている。

仕事柄、デジカメは常に持ち歩いているので、その光景を撮影した。
<街中の風景>として、アップしておく。あくまでも、社民党への投票の呼びかけではない。

fukushima.jpg

福島瑞穂さんの演説は、テレビで見るよりも、生のほうがずっと良い。
テレビでは、なんだか堅い印象があり、言葉が響かないときがあるが、生の演説は、とてもよく「入って」きた。

fukushima2.jpg

通りがかりの人もたくさん足を止めていた。場所が場所なので、若い人も多かった。

動画も撮ったのだが、FC2の動画が調子悪く、ぜんぜんアップロードできない
しかたないのでYOUTUBEにアップした







この街の風景を見て、どう判断するかは、見た人の自由。

私は、以前から言っているように、比例は社民と決めている。



2009-08-22(Sat)

太陽電池と原発

きっこさんに紹介してもらってブログのアクセスは5倍以上に増えているのに、太陽電池についての記事には賛同が少ないようだ。

温暖化と太陽電池は、地球を愛する良心的な人々の心を捕らえてはなさいのだろう。

一点だけ、太陽電池について補足しておきたい。

太陽電池、または太陽光発電には、二つのシステムがある。
関電や東電などの普通の電気系統と連動しているシステムと、まったく切り離した独立システムだ。

太陽光発電だから当然だけれども、昼しか発電しない。
でも、たいがいの家では昼はあんまり電気を使わない。
で、昼に発電した電気を電力会社に売って、逆に夜は電力会社の電気を使う というのが連動型。

独立型は、バッテリーを備えておいて、昼は電気を充電し、夜にそれを使う。
電力会社の電気を使うかどうかは、自分で判断してスイッチを入れたり切ったりする。

省エネという意味では、どっちも同じようなモノだが、なぜだか政府の補助金は「連動型」に限定されている。
バッテリーに充電しておく独立型には、1円も補助金は出ない。
2兆円以上の国会予算は、全部のこらず連動型に注ぎ込まれる。

なんでそうなるのか。
答えは、簡単だ。
連動型の太陽光発電を設置した家は、ほぼ例外なく「オール電化」になるからだ。

オール電化とは、ガスを使わないことを条件に、夜間電力を原価割れの安い価格にしてくれるという代物。たしかに、トータルでは光熱費は安くなるようだ。

では、なんで原価割れで夜間電力を売るのかというと、原発があるからだ。
原発は、夜だからといって発電量を少なくするようなことはできない。
だから、夜間電力が余って仕方がない。

普通は、その余った夜間電力で川の水を上流のダムにポンプアップしている。
揚水発電といって、原発には必ずセットになっている、極めて不経済な仕組みだ。

その不経済さに比べれば、夜間電力を安く使ってくれるオール電化のほうが、ずっとマシなのである。
オール電化という、一見、資本主義の原則に反したかのような制度は、原発のためにある。

その、オール電化とセットになっている連動型にだけ税金がつぎ込まれ、電力会社とは直接関係のない独立型には1円も使われないというところに、太陽光発電の怪しさは端的に表れている。

本当に省エネと地球環境を考えた太陽電池だというのならば、独立系にも同じように補助金を出すべきだろう。
まじめな環境派の方々は、その辺をよく考えてみていただきたい。


※私もこっちの話を書こうかどうか迷っていたけれども、一句で言い切ってもらったので、引用させていただく

国民より 国旗が大事 麻生さん (きっこさん作)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-18(Tue)

太陽光発電の怪

20年度の第二次補正予算から21年度予算、21年度補正予算、あわせていくらの税金が太陽光発電に注がれているのか。

少しばかり調べてみたけれども、正確なところはわからない。
いくつもの省庁に分割されているので、全体像がつかめない

財務省のホームページをにらんでも、見る資料によってまとめ方が違うので、どれがどれやらわからない。
意図的にわからないように作っているとしか思えない。
いかに、国民に正確な情報を伝えないか が官僚組織の命題なのだろう。

わかる限りでは、

21年度予算(20年度補正含む)
 住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金 270億円
 新エネルギー等導入加速化支援事業 200億円
 ナノテク、蓄電池、太陽電池等の先進的研究開発拠点の整備 310億円
 革新的太陽光発電、水素貯蔵等の分野における国際共同研究開発 20億円
  合計 800億円

21年度補正予算
 太陽光発電 エネ特会 536億円
 学校耐震化、太陽光パネルをはじめとしたエコ改修 2,794億円
  合計3、330億円

ただし、学校の分は耐震工事とごちゃ混ぜになっているので、正確な数字はわからない。
耐震化工事と太陽光発電を、同列に並べてどっちにいくらの予算を配分するのかわからない、ということからして、メチャクチャである。

それ以外に、21年度補正予算では、各省庁の建物に太陽光発電を設置するという

裁判所 308億
警察庁 363億
少年院 1114億
外務省 8500億
日本語国際センター 1991億
海外普及 1972億
独立行政法人国際協力機構 36億
太平洋諸島フォーラム等 460億
在外公館 95億
高速道路(調査) 36億
 合計 1兆4875億円

さらに、

住宅用補助金  1401億円

ということで、少なくとも2兆円以上の税金(国債)が、太陽光発電に注ぎ込まれている。
実収入40兆円くらいのうち、5%が太陽光発電につぎ込まれているという異常さは、やはり目を引く。

日本の太陽電池メーカーではシャープが45%でダントツ。それに三洋と京セラときて、三菱が続く。
昭和シェルは計画通り増産すると2年後には2位になるそうだ。
それ以外もあるが、これらのメーカーでほとんどのシェアを占めている。

ところで、太陽電池にはEPTという数字がついて回る。
エネルギー ペイバック タイム である。
何年で、製造時のエネルギーを回収できるか。

最近は2年ちょっとで回収できて、それ以降は純粋にクリーンエネルギーだという話になっている。
どのメーカーも、産総研やNEDOなどの公的研究機関も、口をそろえる。

ところが、では投入エネルギーがいくらだったのかという明細については、公開されていない。
自信を持って2年少々というからには、その根拠の数字を示すべきだろう。

どうも臭いなあと思い、あれこれ調べていると、こんな記事が

「多結晶シリコンへの集中投資で活路を求める中国の太陽光産業」
NEDO海外レポート NO.1015, 2008.1.23 


 現状において、生産過程における排ガス回収技術を含む多結晶シリコンの高純度化に関するコア技術は、日本、米国、欧州等先進国の限られた企業のみが有するものとなっている。
 このため、効率的な生産プロセスの技術を有していない中国企業では、1 トン当たりの高純度な多結晶を生産するためのエネルギー消費原単位は、日本等先進国に比較し、約2倍に相当する300kWh 程度と言われる。中国では多結晶シリコン電池を1MW 生産する場合、30t 以上の多結晶シリコンが利用され、その電気使用量は1000 万kWh に達するという試算結果が得られた。
 よって、中国で生産される多結晶シリコン太陽電池は寿命が10 年以下の場合、発生する電気量はすべて太陽電池の生産過程における電力消費量と相殺されることになる。


中国では生産効率が日本の半分で、原料シリコンの分のエネルギーの元を取るのに10年というのだ。
ということは、日本製がエネルギーの元を取るのには、5年かかると言うことではないのか??
どうもオカシイ。もっと調べてみよう。

この論文は、EPTが2年だと主張するNEDOのものだ。
これによれば、中国製の多結晶シリコンの太陽電池は、シリコンの使用量にして1Wあたり30g、投入電力にすると 1Wあたり10kWhということになる。

これに対して、国産はどうか。

こちらの論文によれば、国産の太陽電池はシリコンを1Wあたり10~12g使うそうだから、シリコンの使用量が3分の1だ。
そのシリコンの製造エネルギーが半分だから、ざっと太陽電池そのものの投入エネルギーは、

国産:中国製 = 1:6 ということになる

(元を取るのに中国で10年ならば日本で1.7年という計算だが、これは原料シリコンの分しか考えていないから、そのままEPTではない。)

ところが、

三菱太陽光発電システム 

これによれば、3kWのシステムの製造に投入したエネルギーは2483kWhだという。
1Wあたり 0.83kWhとなり、なんと、中国製の12分の1である。

同じサイトにある住友林業の製品にいたっては、1Wあたり0.4kWhということになっている。
中国製の25分の1ということだ。ホンマカイナ!

投入エネルギーの比較だから、発電効率は関係ない。
多結晶型での比較だから、薄型などでシリコンの量を減らしたとかも関係ない。


少なくとも2兆円の税金を投じる太陽光発電。
なにやらインチキの臭いがプンプンしてきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-16(Sun)

保育園がアブナイ その2 (レジュメ)

昨日の記事に書いた、保育園がメチャクチャにされようとしている問題。
その勉強会をしたときのレジュメを、ここにコピーしておく。

 ↓ をクリックすると続きが表示されます

more...

2009-08-15(Sat)

保育園がアブナイ (自公の公約のウソ)

保育園をガタガタにするようなことが、すでに閣議決定されていたことを、どれだけの人が知っているだろうか。

マスコミもほとんど報じないし、保育関係の団体ですら、あまり知らないのではないか。

今年の2月に、厚労省の審議会で、第1回の答申が出たことは、関係者はみな知っている。
とくに、「保護者(利用者)が市町村を経由せずに、保育園と直接契約するようになるらしい」 という話は保育士は全員知っているし、マスコミでも報道された。

社会保障審議会 少子化対策特別部会

ところが、問題はその1ヶ月後だ。
まだ、たった一回目の答申が出ただけなのに、3月30日には、閣議決定されてしまったのである。

「規制改革推進のための3カ年計画」

しかも、その内容たるや、むちゃくちゃな審議会の答申ですら、ものすごくマトモに見えるくらい非道い。
審議会で言ってることなんて、まるで聞いていないかのように、平然と決めてしまっている。

あまりの非道さに黙っていられなくて、子どもが通っている保育園で、過日、勉強会をした。
10人以上のお母さんたちや保育士の先生が集まってくれた。

詳しくは、次の記事にその時のレジュメを転記しておくので、ぜひ目を通していただきたい。

ここでは、目が点になったものを、いくつか。
文章は、読みやすいように書き換えてるので、厳密に知りたい人は、それぞれのHPを当たられたい。

<審議会答申>
昼間の常勤の人だけが だけが保育園を必要としているワケじゃない。
早朝、深夜、休日、短時間パート、失業中、祖父祖母同居などなど。


≪閣議決定≫
専業主婦(夫)世帯でも保育園を利用可能にする


なんで?
いろんな働き方をしている人に対応できる施設がほとんどないので、対応しましょう。という答申にたいして、出てきた閣議決定が、親が働いていなくても保育園に入れるようにする というもの。

逆でしょ、ぎゃく。優先順位が。
タダでさえ保育園が足りなくて、働かなくては立ちゆかない人があふれているのに、決定したのは「専業主婦世帯でも保育園を利用可能にする」 って どういう脳みそからこういう結論がでてくるんだ??!!

つぎ

<審議会答申>
市町村が入園を決定するので、保護者と保育園の関係が深くならない。
市町村は保育の「必要性」と「量」だけを決めて、保護者は園に直接申し込んで契約する。
保育料は市町村が利用量ではなく「必要量」に応じて決定する。

≪閣議決定≫
直接契約にする
保育料は「利用量」に応じたかたちに見直す


保育園業界では大騒ぎになっている「直接契約」の、その理由は、隅から隅まで読んでも、この一文しかない。
「市町村が入園を決定するので、保護者と保育園の関係が深くならない。保育園は『選ばれている』という実感がない。保護者は、積極的な参画意識がわいてこない。云々」

ホンマカイナ? というのが、現場の実感だ。
市を通して契約している現在でも、父母会の活動は活発だし、保護者と保育園の関係が疎遠だなんて感じない。
それは、勉強会やその前後に話をした保護者は、口をそろえて言っている。

しかも、こんな程度のことを口実にして「直接契約」なんて、大変なことをしようとするのは、まったくコジツケにすぎない。「直接契約」が先に決めてあって、理由が見つからないから、苦し紛れでこんなことを書いたにちがいない。

「直接契約」の何が大変かというと、一つは、申込みがとっても面倒になる。今までは市役所に申し込むだけだったのが、市役所に申し込んで、市から認定書のようなものをもらって、それを持って自分で保育園に行って、もう一度申込みをする。もし入れなかったら、また他の保育園に走っていって申込みをする。それでもダメだったらまた他の保育園に・・・・

それでも、答申ではかろうじて「利用量」ではなく「必要量」に応じて料金設定しなさい、と言っていた。タイムカードを押して1時間いくら、というのはさすがにマズイということ。

ところが、これまた閣議決定では、「『利用量』に応じて決めろ!」ということになっている。
子どもがドロンコ遊びに熱中して、ちょっと時間オーバーしたら延長料金がかかる。キャバクラじゃあるまいし・・・

必要量にせよ、利用量にせよ、子どもの在園時間がバラバラになってしまうと、保育園のあり方は根本から変わってしまう。
現在は、9時から5時をコアタイムとして、子どもが生活力を付けていくような、緩やかなプログラムが組まれている。
タマネギの皮むきに始まって、プールがあり、給食があり、片付けをしてお昼寝、布団をたたんで、午後からは自由遊び などなど。

教育と違って、押しつけがましくない保育というのが、私はとっても好きだ。
小学校の3年生くらいまでは、教育なんて要らない と思う。保育のほうが、子どもは育つような気がする。

それはともかく、そうした毎日の生活のリズムを組むことができない。
バラバラの時間に登園して、バラバラの時間に帰っていくからだ。
保育園ではなく、託児所である。

それにしても、なんでこんなことをするのか。


<審議会答申>
保育料の補助金には「決まり」があるせいで、新規開業がしにくい。
NPOや株式会社には施設整備の補助が出ない。


≪閣議決定≫
園に補助するのではなく、利用者に補助を出す。園にとっては補助金ではないので、使い道に制約がない
株式会社などの民間業者が参入しやすいようにハードルを下げる



これをしたいために、直接契約なんていう七面倒くさいものを言い出したのである。

ちょっと分かりにくいかもしれない。
今は、料金の半分くらい(収入による)を利用者が市に払う。市は、不足分を補助金として補って、全額を園に払う。
そうすると、園には公的資金が投入されることになるので、そのお金の使い道は厳しく制限される。別の園に回したり、園長の臨時ボーナスにしたりしてはいけない。

ところが、直接契約になり、補助金は利用者に渡されるようになると、全額を利用者が園に払うことになる。一度利用者のサイフを経由しているので、もう公的資金ではない。
だから、園は、そのお金をどう使おうが自由なのである。

しかも、そこに営利企業を積極的に算入させるという。
営利企業が全部悪いわけではないが、子どもの保育に営利企業の論理がマッチするのか?
酪農のように赤ちゃんにミルクを飲ますのをオートメーションにしたり、セコムみたいに子どもの安全管理をテレビカメラでやるなんていうことが、あっていいのか。

保育は不採算でいい。
あたりまえだ。赤字でいい。
赤字分は社会的な負担である。そのために税金を払っているんだ。


最後に、メガ級のやつを

<審議会答申>
現在きめられている最低基準は低すぎる
限られた空間では主体的な活動がしにくい。子ども同士の関わりも少なくなる。
今の保育士の配置数は国際的にも充分ではない。
保育士の資格がない人に保育を担当させるのは子どもの発達に悪影響の可能性ある。


≪閣議決定≫
東京認証園では 1人当たり3.3㎡→2.5㎡ 資格者→6割でも問題ない
認定こども園では 3歳以上は保育士をめざす幼稚園教諭でOK
定員超過 現行25% →超過率の設定見直し さらなる「弾力」化


めずらしく、答申では良いことを言っている。
現行の最低基準を、もっと引き上げろ と言っているのだ。
基準というのは、おおざっぱに言うと、子ども1人当たりの部屋の広さと、保育士の人数だ。
もちろん、子どもの年齢によって変わる。

今の日本の基準は、昭和22年に決められた児童福祉法に基づいている。戦後すぐの時代だ。
当時の住宅事情や、戦死による母子家庭の多さを考えたら、そのままの基準で今日まで来ているというのは、ちょっとビックリだ。

だから、審議会では、さすがにもうちょっと基準を上げなさいよ、と言ったのである。

ところが、ところが!!
閣議決定では、面積で25%、資格者の数で4割も減らそうか という話になっている。
その根拠は、極悪=石原都知事がつくった「認証保育園」という名前の無認可保育園である。
低レベルな「認証」保育園でも何とかなっているのだから、その程度で良いじゃない、というわけだ。

実際は、何とかなっていない。

保育園児に36円の食事をさせる石原都知事

「待機児童ゼロ作戦」の正体

それにしても、これほどまでに、答申と正反対のことを閣議決定するなんて・・・
その挙げ句、シラッとして「不安なく子育てできる環境を充実させます」なんて選挙公約を書くのだから、やっぱり自民党と公明党は、大嘘つきで子どもの敵だ。

審議会の人たちも、これほどまでにコケにされて、まったく抗議もしないなんて、あきれた奴隷根性だ。おとなしくしていれば、厚労省の審議委員という大看板を下げてあるけるのだから、どんなにアホらしくても、コケにされても黙っているのだろう。

自民・公明が言う、3~5才の教育無料化は、その実はこういうカラクリが隠れている。
株式会社をドンドン参入させて、「効率化」「合理化」でコストを削減し、広さも人員も基準を大幅に引き下げて、子どもが死なない程度、死んでも国が責任をかぶらない程度を「最低基準」としてから、ありがたく無料化していただける。
ありがたや ありがたや。

では民主党はどうかというと、この問題については、まったくコミットしていない。
この方向で推進するという動きはないけれども、反対する気配もない。
要するに、保育に関する政策において、まだそこまで頭が回っていない。

ネクスト厚労大臣が、このブログに何回か登場した藤村修K。副大臣が、山井和則Rと中村哲治R。
ネクスト文科大臣が小宮山洋子Rで、副大臣が牧義夫と鈴木寛R。

Rが凌雲会、Kが花斉会、牧は無印だが党内極右。
ちょっと、旗色が悪い。この分野は、右派ががっちりと固めている。

ただし、藤村は前に書いたように子どものことがライフワークであるし、山井も高齢者福祉のスペシャリストである。中村は、一度だけ言葉を交わしたことがあるが、非常識な人間では少なくともないように見えた。

文科の3人組はちょっと・・・という感じだが、厚労の3人には、近いうちに質問をしてみたい。
くそ忙しい時期に返事してくれるかどうかは分からないが、一度閣議決定して官僚組織のレールに乗ってしまっている以上、自覚して潰さないと、政権交代してもそのまま進んでしまう危険性もある。

敗戦記念日の今日だからこそ、子どもたちのことを考えたい。

子どもたちの保育園を守ろう!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-12(Wed)

なかなか報道されない浜岡原発の地震被害

震度6弱のまっただ中に、中部電力・浜岡原子力発電所はある。

ホンモノの東海地震が来てもビクともしないと言い張って、巨大地震の震源域の真上で稼働し続けている、恐怖の大魔王のような代物だ。

今回の静岡の地震は、東海地震の震源よりもずっと遠く、マグニチュードも小さかった。エネルギーにして100分の1。

産経にわかりやすい図があったので引用させてもらう


toukaijisin.jpg
(産経新聞 2009.8.12)

これでも、浜岡原発は震度6弱で揺れた。5号機は、震度7相当だった。
いろんな単位が出てくるから、専門でない人はわかりにくいかもしれない。

マグニチュードというのは、地震の起きる地下深くで、どのくらい岩盤がずれたかということ。発生源のエネルギーの大きさ。
震度は、実際に建物がある場所で、どのくらい大きく揺れたか。だから、同じ地震でも、震源が遠かったり深かったりすると、震度は小さくなる。また、すぐ近くでも地盤によって震度は大きくなったり小さくなったりする。
その震度を、もっと詳しく測定したのがガルという単位。加速度なのだが、おおざっぱに言えば、揺れの大きさを精密に測った数字と思えばいい。

で、浜岡原発では、どのくらいのガルで揺れたのか。

1、2号機が109ガル、3号機が147ガル、4号機が163ガル、5号機が426ガル。
5号機だけが異常に揺れている原因は、わからないようである。

それでは、震源域の真上に建つこの浜岡原発は、どのくらいの揺れに耐えられるように作られたのかというと、原子炉本体は600ガル、非常用冷却装置などは450ガルだ。

それも、450ガルは「将来起こりうる最強の地震」、600ガルは「およそ現実的でないと考えられる限界的な地震」として想定されている。

中部電力ホームページ 設計用最強地震(S1)と設計用限界地震(S

東海地震よりもず~と小さな今回の地震で、ギリギリセーフだったのに、「将来起こりうる最強の地震」ってどうなんだろうか??

新聞では、設計通り自動停止して、何も問題なかったことだけがわずかに報道され、テレビなどでは浜岡の「は」の字も言わないが、実際は結構壊れている。

浜岡原発5号機で制御棒駆動装置が一部故障
毎日新聞 2009年8月11日

中電によると、地震後、5号機原子炉建屋内で約250本ある制御棒のうち約30本の駆動装置が故障していた。使用済み燃料を入れた貯水槽の放射能濃度が通常の50倍に上昇し、主タービン軸受け部の摩耗を示す警報装置が作動したことも判明。タービン建屋壁面のひび割れも見つかった。自動停止した4号機でも原子炉内の中性子測定装置の一部が動作不能だったほか、廃炉の1、2号機周辺で最大約20センチの地盤隆起や沈下が見つかった。

中部電力地震も、ホームページを掘り返していくと、被害を発表している

地震発生による浜岡原子力発電所の主なプラント状況

今回の地震でこれだけ壊れていて、しかも426ガルで揺れているのに、「無事に停止してよかったよかった」で済ましていいのか?

およそ現実的でない600ガルについては、実は中部電力も不安だったらしく、こそこそと1000ガルに対応できるように改修を進めてきた。一昨年に工事は終わっている。
ところが、その工事は、見たところ付属物の補強に過ぎない。

耐震裕度向上工事の状況
(ページの下半分)

だからかどうか、新聞でも1000ガルに耐える、とは書いていない。わざと800ガルと書いたり、縦揺れの場合の701ガルと書いたりしている。
1000ガルに耐える建物が、426ガルであっちこっち痛んでいるようでは、格好が付かないからだ。

しかし、はしなくもこのことは、浜岡原発の危険性を自白してしまったことにもなる。
1000ガルが、およそ現実的でない600ガルの3割り増しだ、と自慢しているが、阪神淡路のときで818ガル、柏崎刈羽原発では、なんと2058ガルを記録している。

これらは、断層型の地震であって、今回の静岡の地震とほぼ同じ仕組みの地震だ。東海地震はプレート型であって、まったく規模が違う。しかも、普通はプレート型は海の沖で発生するので、陸地からはやや距離が遠いのだけれども、浜岡原発のある御前崎は、なんとなんと発生源であるプレート境界の真上に乗ってしまっている。
(最初に引用した産経の図を参照)

この状況で、1000ガルで絶対に大丈夫なんて、どうして言えるのだろうか。
内閣府の中央防災会議にいたっては、395ガルでOKと言っているだ。
今回の地震ですでにアウトだ。
中央防災会議の会長である麻生太郎は、土下座して謝らなくてはなるまい。

こうした、原発に関わる地震の話は、もう真っ暗闇の伏魔殿だ。
元北大教授にして元国立極地研究所所長の島村英紀さんは、原発を建てるための大前提である「地震予知」を、真っ向から、しかも的確に否定したためにえん罪をかぶせられ、社会的に抹殺された。

島村英紀のホームページ

その島村先生の対極にいるのが、東京工業大学にいる、衣笠善博センセである。

ありとあらゆる原発の審査会に名を連ね、というより取り仕切り、反論をねじ伏せ、活断層の疑いがあるから調査しましょうという提案にも、「(一度決めたことだから)到底受け入れられない」と一切耳を貸さず、各電力会社からの感謝状が山と積み上がっているという。
いざ地震が来たときに、感謝状の山の下敷きになってケガされないように、充分に気をつけていただきたい。

ストップ浜岡原発@ブログ

日本中の原発が、こういうセンセによって「安全」だと「証明」されて建てられている現実に、戦慄する。

そして、もっとも危険な浜岡原発では、とっても危険なプルサーマルが来年から始まる
使用済み核燃料から、原爆(ゲンバク)の原料であるプルトニウムを取り出して燃料にするのである。
どこで取り出すのかというと、六ヶ所村の再処理工場だ。

核燃料の再処理とプルサーマルの危険性については、また別の機会にしたいが、日本の、あるいは日米の「核政策」と切り離せないことは間違いない。
簡単に言えば、日本の核武装の技術的な準備ということだ。

参考になる過去記事 : 奇しくも原発≒核兵器ということを暴いた北朝鮮
                北朝鮮に映る日本の姿
                温暖化脅威論は原子力利権そのもの

こんな政治的、軍事的な思惑の中で原発の安全性が、政産学の癒着で恣意的に左右され、そうこうしているうちに、能登半島地震の志賀原発、中越沖の柏崎刈羽、今回の浜岡と2年間に3回も原発直撃の地震が起きた。志賀と柏崎刈羽では「想定」をはるかに上回る揺れになっている。

この地震の前触れかのように日本をおそった台風9号。
豪雨で娘と孫を亡くしたおじいさんが、「自然災害なんて他人事と思っていたのに、こんな近くでおきるなんて・・・」と涙していた。

確実におきると言われている巨大地震の震源の真上に原発がある。
どう考えても他人事じゃない。


※今回の駿河湾地震には、不可思議なことが二つある

そのイチ 東シナ海を挟んで、ほぼ同時に3箇所で地震が起きている

インドの西、インドネシアの東(ソロモン諸島)、そして駿河湾
地図で見ると、東シナ海をはさんで三角形になっている。

そのニ 二日前にもっと沖合の深いところで、マグニチュード6.9の地震が起きている。
遠くて深いから、陸地では震度4くらいだったが、それでも駿河湾地震と同じフィリピンプレート内の断層地震だ。

この二つとも、報道もされなければ、専門家のコメントにも出てこない。
東海地震とのつながりで言えば、二日前の大地震は、無関係のわけないのに。

※さらに13日早朝 八丈島で震度5弱。マグニチュード6.5、深さ40キロの地震。
  いずれもフィリピン海プレートの中での断層地震。


※2011.4.12 この記事が非常にアクセスが多いので、最近の関連記事をリンクしておきます

原発推進の正体は「日本列島を核の墓場にする計画」だったのではないか

【福島第一原発】考えられる近未来

今回の大災害の反省から「郊外楽園」を考える

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-11(Tue)

おぞましきZEROの党首討論

今、目の前のテレビで党首討論が映っている。読売のZEROという番組だ。

やられていることは、元大蔵省のキャリア官僚が、全知全能を傾けて麻生の応援をしている。

ちょっとでも自民党に不利な話題が出ると、強引に発言を遮って話題を転換する。

自民党には一切突っ込まずに、民主党のあら探しを執拗に続ける。
自民党に対しては、全く、完全に突っ込まない。
キャスターが、率先して民主党に突っ込みを入れ、その威勢を駆って麻生が鳩山に難癖をつける。
それに対する、有効な反論が出始めると、太田がワケの分からない話を始めて論点をずらす。
それでも収まらないと、時間がないとかいって、発言を打ち切る。

しかも、おそらくマイクの音量の操作もされている。
たしかに鳩山由紀夫の声はあまり通らないが、それにしても、麻生や太田の音量と、鳩山の音量は歴然と違う。

まともな感性をもった人ならば、なんとオゾマシイ番組だろうと感じるはずだ。

村尾信尚という自称キャスターは、大蔵省のキャリア官僚から、三重県知事選に出て惨敗。
その際に民主党に裏切られたという恨みを抱き続けているようだ。
そこをナベツネに買われて、メインニュース番組のメインニュースキャスターに抜擢されたのだろう。
でなければ、ここまでヘタクソな男をメインキャスターにしている意味がわからない。

鳩山の表情をみていると、この悪意に満ちた議論誘導に辟易している様子がうかがわれる。
社民党や共産党は、いつもこんな扱いを受けているので免疫があるが、鳩山さんは相当むっとしていたようだ。

鳩山代表を全面的に持ち上げるつもりではないが、良い面構えになったとは思う。
討論の前半は、迫力のある顔をしていた。

前に書いたウェークアップと言い、今日のZEROと言い、ナベツネ読売は自公をとことん支える覚悟のようだ。
そして、いざ政権交代になったら、手のひらを返したように民主党らにすり寄っていくのだろう。

こういう日本のマスコミの体質は、戦争をあおりまくった反省などぜんぜんせずに、戦後デモクラシーに乗っかったあたりからの、伝統的なものだ。

こういうマスコミの姿をも通して、この社会を理解する良い機会かもしれない。
日テレさん、もっともっと、醜悪な番組を流して下さいな。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-05(Wed)

愚かなる横浜市教育委員会に思う

わが大阪7区に落ちてきた不倫の渡嘉敷(自民)が、そのドロドロの不倫劇を演じた相手が、杉並区長の山田宏である。
山田宏区長は、この不倫騒動がなかったとしても、日本で一番恥ずかしい「長」だ。
なぜなら、「つくる会」の教科書を採用した「長」だからだ。

この恥ずかしい山田宏と、同じ宏という名前の「長」がもう1人いる。横浜市長の中田宏だ。そう、いきなり辞任会見をした、あの無責任男。女性スキャンダルを抱えているところまで同じだとおもったら、松下政経塾の同期だそうだ。

無責任に辞めるならば、おとなしく辞めればいいものを、こんなところまで山田宏と同じことをしてくれた。

「つくる会」主導の歴史教科書、横浜市の8区で採択

2009年8月4日 朝日新聞

計71校(在校生徒数約3万9千人)が、この恥ずかしい教科書で歴史を教えられるのだそうだ。
中田宏が任命した教育委員長は、今田忠彦という男。
横浜市の職員で、退職後すぐに教育委員になっている。

教育委員会というのは、行政から独立して、国家権力によって教育が歪められないように子どもたちを守るためにある。
本来は。
だから、最初は公選制だった。

ところが、首長による任命制になって、ほとんどその使命は忘れ去られてしまった。
それでも、橋下徹に刃向かったシンクロの井村雅代さんのように、いくらかは権力の暴走をとどめる場合もある。
もっとも、刃向かったとたんにクビになってしまったけれども。

しかし、横浜の今田某のように、市役所の幹部職員がそのまま横滑りしているのでは、教育委員会とは名ばかりで、役人が自分で決めているようなもんだ。
こういうやり方が、中田宏や橋下徹や山田宏などがやっている「地方自治」だ。
その実態は、キメの細かい暴政であり、隅々まで行きわたる人権蹂躙である。



ところで、教育に関して民主党はどのような見解をもっているのか。
ネクスト文科大臣は小宮山洋子、副大臣は鈴木寛であり、2人とも凌雲会(前原派)に占められている。
しかも、鈴木寛は右翼の親玉・日本会議のメンバーといわれている。

非常に心配になって、民主党のホームページをチェックすると、

『次の内閣』文部科学部門 学力・体力調査、心のノート、教員免許更新制等6項目を事業仕分け

会議には、事業説明者として文部科学省の担当者および事業仕分け担当主査の高井美穂、和田隆志両衆議院議員、青木愛、友近聡朗両参議院議員はじめ、「仕分け人」として寺脇研(元文部科学省大臣官房審議官)、今村久美(特定非営利活動法人NPOカタリバ代表理事)、岡島真砂樹(小学校教員)、成田恭子(高校教員)、稲垣まさよし(保護者・世田谷区議会議員)、すがややすこ(保護者・世田谷区議会議員)、藤井まな(世田谷区議会議員)、おのけん一郎(東京青年会議所メンバー・新宿区議会議員)各氏が参加。

と、小宮山や鈴木の暴走を止めるシステムが一応あるようだ。

仕分け人は、「全国的な学力・体力調査」について、「結果をどう政策に活かすのか」、「国がコントロールして全ての子どもたちを悉皆で調査する必要があるのか」などと指摘。道徳教育の一層の充実を図るとする「心のノート」については、その内容とともに全国的に配布するやり方について乱暴ではないかと、問題視する声が相次いだ。

と、おおむね無茶なことにはならないようである。
また、安倍晋三が現在のトンデモ教育基本法を改悪してしまったときには、藤村修ネクスト文科大臣(当時)らが、

民主党は、教育現場を萎縮させ、国の統制を強めようとする政府案には断固反対である。

という声明を出している。
教育委員会については、責任を首長に一本化し、それを監視する役目にするという。
本来の公選制ではないだけに、有効性には疑問があるが、首長の責任を曖昧にするために影武者として教育委員会を使っている現状よりはマシと言えるかもしれない。まずまずの及第点といえるだろう。



教育のことと言えば、最近「23分の奇跡」という本を読んだ。
読むのも23分で読めてしまうくらいの、短いお話し。
ジェームズ・クラベルという人が書いて、青島幸夫が訳している。
訳者あとがきから

 物語は午前9時に始まり、9時23分に終わる。一つの国が破れ、占領され、教室に新しい教師がやってくる。そのクラスでの23分間のできごとがこれである。
 その状況設定からいえば、アルフォンス・ドーテの名短編<最後の授業>の続編に当たり、いわば<最初の授業>というべき作品である。
 クラベルは、ここで古い教師のマンネリズムを摘発すると同時に、子どもたちの集団心理というものが、教職に当たるものの手によって、いかに簡単に誘導されてしまうかというサンプルを提示し、教育問題を改めて考えさせるよう、問題を提起している。




閑話休題。
横浜の教育委員長には、重大な疑惑が生じているようだ。

横浜市は自由社の教科書採択を撤回せよ!
大津留公彦のブログ2

「新しい歴史教科書をつくる会」会長で自由社版教科書代表執筆者である藤岡信勝氏が今田忠彦教育委員長に働き掛け、今田委員長は内諾の返事をしています。市執行部や議会の一部幹部にも報告済みです。つくる会の限られた幹部も「今田さんと話が付いている」と話しているそうです。

横浜市は全市同一採択区になっているので、採択されれば採択数は約2万5000冊に上ります。

代表執筆者が教育委員長に働き掛けを行うことは、許されない不正行為です。


大津留さんは教育委員会に抗議メールを送られたようだが、どのような回答が来るのか、あるいは来ないのか、注目したい。

裏で何をやらかして、こんな恥ずかしい教科書の採択を決めてしまったのかは知りようもないが、現場の教師、親、そして何より子どもたちの柔軟な頭と知恵が、この胡散臭い教科書の「恥ずかしさ」を感じ取ることを期待したい。



最後に、教育現場をこんなことにしないためにも、政権交代と同時に、いわゆる偽装チェンジ勢力を凋落させることが急務だ。
教職の人はもちろん、子を持つ親、おじいちゃん、おばあちゃん、自分の子どもじゃなくても子どもは宝だと思う人は、8月30日に投票に行こう。

そして、一番現実的な選択肢は、選挙区は民主(推薦ふくむ)、比例は社民だ。

問題は民主党の空白区。
沖縄2区と群馬5区と宮城6区は社民。
岡山3区と埼玉11区は消去法で平沼グループしかいない。
新潟5区はどうあがいても田中真紀子だろう。
どうにも選択肢がないのが、栃木3区。渡辺喜美に投票するくらいなら、棄権した方がマシ。

また、京都2区の前原や徳島1区の仙石など、放っておいても当選確実な凌雲会グループに対しては、批判票として社民や共産に入れるべきかと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-03(Mon)

植草一秀さんの健闘を祈る

本日より、植草一秀さんが獄中の戦いに入られた。

「無血市民革命」成就に向け全力を投入しよう

という、総選挙に向けた基調講演とも言える論考を残していただいたので、しっかりと読み、獄中にある植草さんとともに政権交代の日を迎えたい。

※この記事は、おそらく弁護士さんが声明をアップする際に間違って消してしまったようだ

日刊スポーツが、マスコミにしては比較的冷静な経緯を書いている。

植草一秀受刑者「手鏡」から収監まで

2009年8月3日 日刊スポーツ

りそな銀行国有化という巨額インサイダー疑惑を追及したために、2004年、2006年と2回にわたり痴漢冤罪で逮捕されたことは、すでに多くの国民が知るところとなった。
その追究されていた張本人である竹中平蔵こそが、直接的にか間接的にかは別にして、植草さんの口封じをおこなっている下手人である。

あまりにも悪いことをしすぎて、ということは、すでに稼ぐだけ稼いだので、さっさと議員なんて辞めちゃってトンズラしよう、と思った竹中平蔵は、口を封じたはずの植草さんがしぶとく言論活動を続けているのが怖くて仕方なかった。
議員を辞めたら不逮捕特権もないし、検察や警察にも顔が利かなくなる。それなら今のうちだ。

こうして2006年9月13日、植草さんは被害者がいるのかいないのかすら分からない痴漢冤罪で逮捕される。
竹中平蔵が議員を放り出す、実に2日前のことだ。

そして、日刊スポーツにあるように、裁判所の保釈決定を検察が2回も取り消させている。
条例違反で、なんと4ヶ月も拘置所に勾留したのである。
この無理矢理の長期拘留にこそ、逮捕の悪意に満ちた意図が透けて見える。


そして、今、無血市民革命とも言える、日本人にとって史上初めての政権選択のときを目前にして、またしても竹中平蔵は表舞台にしゃしゃり出てきた。国会ではなく、マスコミという舞台で、自民党に辟易した人たちの気を引き、民主党の票を少しでも削り落とすために、おぞましい踊りを披瀝しはじめた。

竹中平蔵が、人前に出るためには、どうしても消しておかなくてはならないものがあった。
植草さんの言葉である。

何度逮捕してみても、むちゃくちゃな判決で有罪にしても、いっこうにヘコタレない植草さんが、毎日何万人もの人に向かって言葉を送っているうちは、竹中はテレビで偉そうなことを言っていても、実は○○は縮み上がっている。
「は、はやく収監しろ! なにをグズグズしているんだ!」

こうして、植草さんは、本日からしばらく、戦いの場を刑務所に移すことになった。

弁護士さん、ぜひとも頻繁にメッセージを発表して下さい。
できれば、植草さんのブログに代筆でアップしていただくと、非常に多くの人の目に届くと思います。
多くの目が注目することが、獄中の植草さんを守ることにもなります。


念のため。文中の竹中平蔵の心情や発言は、言うまでもなく私の想像の産物。
ただし、私の心の中では、おおむねこんな感じだろうと確信している。


※さっそく弁護団の声明が

植草一秀氏の刑事事件弁護団声明


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009-08-01(Sat)

おぞましき日テレの映像

今朝、何気なくテレビをつけたら、ウェークアップとか言う日テレの番組だった。大阪だから読売テレビだけど。

いきなり画面に出てきたのが、超弩級無責任男の中田宏。スキャンダルから逃亡するために横浜市長を突然辞任したヤツだ。
そして、アナウンサーが写った後で、ドバッと画面を汚染してくれたのが、無責任男の鑑(かがみ)と言えば誰でも分かる、竹中平蔵だ。

その竹中平蔵が、言うに事欠いて「自民党はそういう政策を途中でやめたからダメなんだ」というようなことを口走った。
竹中のデカイ顔が写った画面の右端に、うっすらと写っていたのが江川紹子さん。さすがに、この発言を聞いたとき顔色が変わった。竹中の発言が終わるや否や、間髪を入れずに「じゃあなんで(あなたは)頑張らなかったんですか?」と聞いたが、無責任の象徴たる竹中は言葉を濁して答えなかった。
番組も、江川さんの発言は完全にスルーして次の話題に。

やがて話が、最低賃金や生活保護の話になる。中田は、生活保護が急増している原因を顧みることなく、働こうとしない受給者がいることが諸悪の根源かのような発言をする。
竹中は、最低賃金を上げると中小企業が反対すると言って、責任を中小企業になすりつける。

ここでも、江川さんは「企業が儲かったら賃金もアップするような話で(竹中の政策は)やってきたが、実際は儲かっても賃金は上がらなかった。この再配分の仕組みを考えるべきだ」という主旨の発言をした。
ところが、というか、やはりというか、番組は完全にスルー。江川さんの発言には全く触れることなく、なにも聞かなかったかのように次の話題へ。

まったく、ヒドイもんだ。

しかし、このおぞましい番組を見ても分かるように、マスゴミは中田宏や竹中平蔵や橋下徹や東国原や石原慎太郎といった、自民党よりもさらに非道い立場から自民党を批判してみせる連中を全面に出しまくるつもりだろう。
植草一秀さんの言う「偽装新党チェンジ勢力」だ。 植草さんの分析では、この新党勢力は

①自民党内小泉一家
 小泉純一郎氏-中川秀直氏-武部勤氏-塩崎恭久氏-石原伸晃氏-小池百合子氏

②小泉チルドレン

③官僚OBグループ
 渡辺喜美氏-江田憲司氏-高橋洋一氏

④自民別働隊地方首長グループ

⑤民主党内市場原理主義者


の大集合である。この旗揚げで、なんとか民主票を削り取り、政権維持をもくろんでいるということは、充分に考えられる。
小選挙区制は、僅かな票差が大きな議席数の差を生んでしまうので、こうした動きは結果を大きく左右する可能性がある。

ちなみに、私のいる大阪府は言うまでもなく橋下を知事にしてしまった。しかも、中田宏の活動資金は、橋下徹が大阪府民の税金から出してやるらしい。
私の住む吹田はコイズミチルドレンたる不倫の渡嘉敷を当選させてしまった。私の実家がある東京8区は石原伸晃だ。

なんだか、私の廻りには偽装チェンジがウヨウヨしている。
こんな連中ならば、旧来の利権にまみれた自民党のほうが、いくらかマシだ。
騙されないように,心したい。

吹田では、民主党10万票で不倫の渡嘉敷を比例復活させない。東京8区では保坂のぶとさんが、石原の息子を破る。こうなることを切に願っている。

今日のおぞましきウェークアップの映像をみて、改めてそう思った。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg