2011-03-23(Wed)

今回の大災害の反省から「郊外楽園」を考える【会議日程変更】

この大震災の惨劇には、その苦しみを安易に慰めることも励ますことも不遜であると感じるほどに、大きな衝撃を感じています。

今、なにをおいてもの急務は、被災された方々の救援と復旧であり、そのために国会は過半の機能をそれに差し向けるべきだと思います。この惨劇に効果的に立ち向かうためには、今ある制度の枠を踏み越えて、速やかに立法措置をおこなう必要があります。年度末にむけては、3ヶ月ほどの包括的つなぎ法案で暫定的に現状維持とし、よほどの課題以外は先送りして救援に専念すべきでしょう。

その上で、直接は被災しなかった多くの人々のことについても、考えたいと思います。今日の論考は少々長くなります。いましばらく、お目を貸して下さい。


■災害から受けた心の傷

この大惨事は、被災しなかった私たちにすら大きな心の傷を刻みました。これまで私たちが当たり前の普通の暮らしと思ってきたことが、全て根本から崩れ去るような激しい動揺を、意識するとしないとにかかわらず感じ始めています。あの大津波は、数万人の命と暮らしを流し去るとともに、より多くの人々の「希望」の二文字をも流してしまったかもしれないのです。

意識するとしないとにかかわらず、と言うのは、多くの人がまだ自覚していないだろう という意味です。地震から10日が過ぎ被災地の悲惨な映像には胸を締め付けられます。それでも、テレビに流れているのはまだマシで、完全に孤立したままの人々もまだ数多いという指摘もあります。まさに、戦争にも匹敵する惨状です。

それに加えて原発事故が、時々刻々私たちに恐怖と焦燥をかき立てます。関東や東北の方はもちろん、大阪にいる私でもおよそ他人事と考えるような余裕はありません。ニュースを見るたび、いや見ていないときでも冷や汗がにじみます。
11日以来、脳みその芯がずっと緊張したままのように感じます。

ところで、心の傷というのは、こうした緊迫した状態が一段落したときにぱっくりと口を開きます。それが1ヶ月後なのか半年後なのかは分かりません。けれども、相当数の日本人が言いようのない無力感や、どちらを向いて生きたらいいのか分からないもどかしさを感じるようになると、私には思えてならないのです。
そうした状態に直面したとき、その正体を自覚していないとウツになったり心身に支障を来すことすらあるでしょう。

なぜ私はそんな予言めいたことを言うのでしょうか。それは、(以下、more... をクリックして続きを)

more...

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg