2011-11-19(Sat)

マイコプラズマと放射能

これらが、関連しているかどうか、もちろん「証拠」なんてない。
証拠がなければヨタ話だ と思う方は、どうぞ余所の頁へ行っていただきたい。

いくつかの状況を見ておきたい。

■■
天皇一族がかかって、一躍有名になったマイコプラズマ肺炎。
すこし調べてみると、たしかにこの10年余りでどんどん感染数が増えているようだ。
また、昨年くらいから、特効薬のマクロライドという薬が効かなくなるケースが増えていると言う話もある。

マイコプラズマ肺炎の流行とマクロライド耐性化の進行
(阪南中央病院のHP)


私がかつて病院に勤めていた頃は、まだこの薬が特効薬だったので、「マイコプラズマ肺炎」と聞くと、症状の軽い肺炎というようなイメージを持っていた。
だが、最近は結構大変な病気になってしまったようだ。

このマイコプラズマが、今年の春からとんでもなく激増しているという。

〔医学資料〕マイコプラズマ肺炎の患者数の増減グラフ
(はなゆー さんのHP)

全国のグラフは


これでもたいがい大流行なのがわかるが、東京都はどうかというと

全国平均の倍近い、大大流行になっている。
もちろん、これが放射能のせいだと決めつけるわけではない。
実際、そのような明確な地理的な相関関係があるわけでもない。


このように、沖縄でも大流行しているし、東京よりも愛知や大阪が多い。
全国平均を上回っているのは、青森、宮城、福島、栃木、埼玉、東京、富山、石川、長野、岐阜、愛知、大阪、岡山、山口、佐賀、沖縄

とはいうものの、昨年(=過去最高)のピークが0.7くらいだったことと比較すれば、気になることには変わりはない。
長期の推移はこのとおり


いまだかつて、1.0を超えたことはなかったのに、今年は一気にこんなことになっているのだから。



■■
森ゆうこ議員がツイッターで言う、「低線量被曝の影響の有無についての議論が不要である」 という言葉はまったく正しい。

議論することを否定するのか! と文句垂れる向きもあろうが、議論している間にも、放射線は待ってくれない。少なくとも、(不十分だけれども)、ICRPの基準ですら
・事故の収束期においては、年間1ミリSvから20ミリSvの間の出来るだけ低い線量を目標に設定して、合理的に達成可能な放射線防護策を取るべきである
・目標達成後も引き続き1ミリを目指して防護策を実施すべき
となっている。

だから、100mSv以下は大丈夫か とか、20mSvはどうだ とか クダ巻いているヒマがあるなら、どうしたら1mSvに近づけ、それ以下にできるか、具体的な方法を考え、それができないならば、公的に避難してもらえるようにするべきなのだ。

それ以外の、一切の議論は無駄、というか、わざと時間を遅らせて、被曝を強要するための、犯罪的な口害(くちのがい)だ。

エビデンスがどうした とか言う類も同じこと。
最近、江川紹子という評論家が、放射能と健康の関係について、エビデンスのないことは言うなというような発言をツイッターでして、話題になった。
御用学者が言うようなことを、フリージャーナリストの江川氏が言ったということで、失望が広がった。

言うまでもなく、情報が圧倒的に偏っているときに、証拠がなければものを言うな ということは、言論封殺以外の何者でもない。
証拠を集める能力も、判断する能力も、我々庶民は、ほとんど持っていない。
だから、「なんかおかしいぞ」「これはあやしいぞ」という直感を頼りにするしかない。

それを盲信するのも問題かもしれないが、やはり魚を食べて猫が踊りだしたら、おかしい と感じなければウソだ。
魚と踊りの相関関係が証明されないかぎり、その魚は安全である という論理で水俣病は深刻な問題になった。

100ある現象のなかで、実際に放射能の影響によるものは50かもしれない。10かもしれない。
でも、その不確実性は理解した上で、オカシイものはオカシイ と感じることが、今何よりも大切だ。

■■
とは言え、見えない放射能の恐怖を、見えるモノにすることは必要だ。

食品や土壌にくっついている放射性物質の数をカウントする方の測定器は、非常に高価だし、持ち歩くこともできない。
けれども、付近にある放射性物質から発する放射線を測る機械は、それほど高くない。
普及品であれば、5万から10万くらい。

もちろん、誤差はある。
が、これも先のエビデンスと同じで、誤差があるから測らない というのは愚の骨頂だ。
愚の骨頂=文科省とういことは、エビデンスがある。

線量計600台契約解除 文科省「精度低い」、業者反論
2011.11.18 朝日新聞

 文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する「オンライン線量計」を発注した業者との契約を解除したと発表した。測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が守られなかったためと説明している。
 この業者は東京都中野区の「アルファ通信」(豊田勝則社長)。朝日新聞の取材に「納入が遅れたのは文科省から大幅な仕様変更を求められたため。訴訟も検討する」と反論している。
 文科省によると、来年2月までに線量計を計2700台配備し、省のホームページでリアルタイムの測定結果を公表する計画。7月に最初の600台分の競争入札を実施し、参加5社のうち最安値だったアルファ社と約3億7千万円で契約した。

(引用以上)

このアルファ通信は、こんな情報も

子どものための放射線測定装置、東京のメーカーが福島市と飯舘村に無料設置
2011年05月31日 PJニュース
 豊田社長は「福島市と飯舘村の住民のみなさんから正確な日々の放射線量と年間累積放射線量を知りたいとの要望があった。このシステムを利用すれば、放射線の積算量をかけ算で推定するのではなく、足し算で算出することが可能だ」と話した。
 さらに「住民のみなさんから放射能の子どもへの影響を心配する声が大半だった。国や自治体が行っている計測の高さでは子どもの被ばく量を正確に計測するのは不可能だ」と強調した。

(引用以上)

と、なかなか良心的な会社のように見える。
文科省の役人を介さずに、地元自治体が直接この機械を発注していれば、もうとっくに学校に設置されていただろう。

とにもかくにも、東電はどこまでいっても盗電だし、役所をアテにしていてはこんな調子だし、自分でできることは何だろうと思ったら、こう言う機械があると言うことを知人に教えてもらった。


(画像をクリックで HPへ)

iPhoneに接続する、半キットのガイガーカウンターだ。
なんと、3500円。全部込みでも4250円。
しかも、メイドイン 石巻

iPhoneを持っている人は、特に東日本の人は、一家に一台。

自分の身は自分で守ろう



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします





2011-11-14(Mon)

TPPはオトリなのではないか & 完成見学会お知らせ

野田の二枚舌が絶好調だ。

TPPに参加表明 と全世界で報じられているのに、日本だけは、まだ「参加に向けて」だとか、「協議を始める」とか言い訳している。

しかし、いくらなんでも「入れて」「どうぞ」と即決するものではなく、正式参加までにあれこれ手続きがあるのは当たり前だ。
だから、「今はまだ参加していない」ということと「参加表明した」ことは、なにも矛盾しない。

悲しいことに川内博史議員までもが、こんなツイートをしている

TPP首脳会合に、総理は「参加」できなかった。「宣言」できないからであり、「交渉参加」=「宣言」は、まだまだだ。マスコミが、どう報道しようと、国 際交渉は言葉に厳密なのだ。「参加に向けて」と「参加」は、全然違う。だから会合には、まだ入れない。勝負は、これから。
(引用以上)

たしかに国会で批准しない限りTPPは発効はしない。そんなことは、野田自身が何回も国会で答弁している。だから今は国会では何も言いません とだんまりを決め込んだのだ。

批准に至るまでも、関係国(≒アメリカ)が加入を認めるための手続きに、なんやかんやで何ヶ月もかかる。だから、かりに野田が「参加」と明言したとしても、「参加」できるわけはない。「参加に向けて」にしかならないのは、あったりまえのこと。

こんな結果が、「慎重派」にとっての勝利や成果なのだとしたら、まったく何も運動しなくても結果は一緒だ。
仮に、農協も、野党も、日本が国を挙げて、「参加」「参加」と大騒ぎしたところで、今の時点では「参加に向けて」にしかならないのだから。

たとえて言うなら、車の免許を取るために、教習所に通います、と宣言したようなものだ。
すぐに車の運転ができるわけではないが、これは車に乗ることを宣言したのと全く同じことだ。

もっと正確に言うならば、アメリカに限らず、他の国は、日本のトップの意志を確認したのであって、形式的にどの段階にあるかなんて、気にしてる人はいない。

カナダの発言と比較すれば、それはよく分かる。

カナダのファスト貿易相はAPEC貿易相会合の記者会見で、カナダ政府は関心を持ってTPP交渉を見守っているが、参加についての決定は下していないと述べた。
http://jp.wsj.com/World/node_342568?mod=WSJFeatures

この記事には、こんな続きがある

オバマ大統領は日本が困難なプロセスをやり抜く覚悟がどの程度あるか、野田首相との会談の際に同首相から感触を探りたいと述べた。

米国家安全保障次席補佐官(国際経済担当)のマイク・フローマン氏は記者団に対し、日本がTPP参加国と協議を始めるが、最終合意に向けた交渉は継続する と述べた。フローマン氏は、交渉担当者が来年までに満たす必要のあるさまざまな基準を設けており、貿易相会合が開かれる来年夏には法的文書を準備したいと 述べた。
(引用以上)

ここからわかることは、①TPPに参加するための基準はもう決まっているということ ②来年まで、つまりあと2ヶ月足らずでその基準をクリアーする必要があること ③来年夏には法的に確定すること ④会談で野田はオバマから全面降伏を迫られたこと

これだけ煮詰まっているのに、おそらく、オバマとの会談で野田は、曖昧なニヤケ顔に終始したのだろう。業を煮やしたアメリカ側から、これまでの官僚レベルでの打ち合わせ内容をリークされた。野田の二枚舌作戦は、日本の「慎重派」には受け入れられたが、肝心のアメリカに拒否されたのだ。

すべての物品交渉対象?TPPめぐり日米に認識の差
2011.11.13 ANN
TPP=環太平洋経済協定をめぐって、早くも日米で認識の違いがあらわになっています。
ホワイトハウスは、12日に行われた日米首脳会談のなかで、野田総理大臣がTPPの交渉で「すべての物品、及びサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる」と述べたと発表しました。これは、日本政府が「農業分野などへ配慮する」としていた従来の方針とは異なります。日本側はすぐに「そのような発言はない」とアメリカ側に指摘し、説明を求めました。指摘を受けて、アメリカ側は「これまでの経緯をもとに解釈したもので、発言はなかった」と訂正しました。
(引用以上)

「これまでの経緯」とは、官僚レベルでの協議のほかには考えられない。アメリカ側は、間違いを謝罪するのではなく、わざわざ「これまでの経緯」と言うことで、野田の二枚舌を責めているのである。

それにしても、野田は野田なりに、なんとかご主人様の言うことを聞こうとして二枚舌作戦を敢行したのにもかかわらず、なぜご主人様は満足してくれなかったのだろうか。

その理由は簡単だ。そんな悠長なことをしていては、間に合わないからだ。
国民の目から隠れて、ボチボチ教習所に通って、半年掛けて免許を取るようなのんきな話に、アメリカはつきあっていられるほど余裕がないのである。

同じ免許を取るにしても、1週間合宿で一気に取ってしまえ、ということ。そのためには、周りの目を気にしている余裕はない。誰がなんと言っても、行くんだと宣言しろ とご主人様は野田に迫っている。

アメリカの惨状を示す、一つのニュースがある

米ファニーメイ:78億ドルの支援、財務省に要請-7~9月赤字で
2011.11.8 ブルームバーグ

フレディマックも60億ドルの支援要請で、あわせて138億ドル(約1兆1千億円)が、消えていく。
日本で言えば、住宅金融支援機構(昔の住宅金融公庫)の、赤字補填のために毎年1兆円以上が消えていくということ。

何も生み出さない、生産も雇用も、何も生み出さないただの損失補填のために、毎年1兆円が消えていくという恐ろしさ。
2007年に発覚したサブプライムローン問題は、当初1450億ドル(約12兆円)もの税金を投入し、5年近く経っても、まだ毎年1兆円を食いつぶす怪物のままアメリカ経済に住みついている。

さっさと潰してしまえば良さそうなものだが、なにせアメリカ国債に準じると言われた両者の債券が、国内外に大量に出回っているので、潰してしまうとトンデモ無い連鎖倒産がおきる。
日本では、JAバンクと東京三菱UFJ銀行が危ないと言われている。

もちろん、アメリカの経済危機は、サブプライムローンだけではない。むしろ、それすら霞むくらいの問題が、続々と起き続け、ついに8月にはアメリカ国債が格下げになるという事態に至った。
その際に問題になったのが、国債発行額の引き上げを巡る、アメリカ議会での攻防だ。

これ自体は、いつもやっている政治ショーだという見方もあるが、現在は茶会派がいるために、たんなる政治ショーではなく、デフォルトの危機が現実味を帯びている。

そんなアメリカが、野田ののんびりした、あくびの出そうな二枚舌にしびれを切らせたのは、間違いない。
オバマの好きなクッキーを用意して会談に臨んだ野田は、「おかしいなあ このクッキーじゃなかったのかなあ」と首をかしげているかもしれない。

アメリカの予定では、年内に各国が基準クリアーできるかどうかの確認、来年夏までに法的な整備、秋には各国が批准、というところなのだろう。
それでも、アメリカの危機に比べると、まだ遅いような気がする。

おそらくは、「TPPへの日本の参加」というのは、アメリカの担保なのだろう。
借金のカタ ということ。

アメリカ国債を買ってもらい、これ以上格下げさせないための、担保価値こそがTPPなのだろう。
だから、今の段階から「あれも飲め。コレも飲め」と、具体的にがんがん押しつけてくる。しかも、秘密交渉ではなく、公開させる。

それでもなお、アメリカの危機を救うには不足している。
おそらくは、もっと露骨な要求があるはずだ。

その要求は、これから「TPPに参加するのだから、これは拒否できないだろ」という形で、次々に現れてくるだろう。
牛肉や医療保険はもちろん、なにより危ないのが郵政マネーだ。340兆円、4兆ドル以上の資金が属国に眠っていたら、これを我がものにしようとしない方がおかしい。

TPP参加表明を人質にして、これから1~2ヶ月の間に郵政マネーの解禁=米国債の投資が迫られるだろう。
発行残高14兆ドル余りに対して、4兆ドルは巨額だ。TPPの交渉だの発効だのをまたずして、吸い取られる。

郵貯や簡保にカネを預けている人は、念のために他へ移したおいた方が良い。

ま、私のように盗られるカネもないものは、気楽ではあるけれど、のほほんとしていると、次の波でやられる。
次の波とは、健保と年金だ。健保で150兆円、年金で150兆円、まさに国民のカネがプールされている。
私がアメリカ当局だったら、こんな美味しそうなカネを見逃さない。

国民皆保険が云々という話は、この国民の資金を盗られてしまった結果を見越しての話であろう。

TPPの事務的な手続きばかりに目を取られていると、肝心のことが見えてこないかもしれない。
国民の財産と生活を脅かす動きに、よくよく注意したい。

もう、だれもアテにできないのだから。

*********************

なんか暗い話のあとに何ですが、完成見学会のお知らせ

明月社の木の家が2軒完成しました

2011年11月20日(日)

大阪府豊能町・能勢電鉄ときわ台駅から徒歩15分

①11:00~ ②13:30~ ③15:30~

いずれかの時間にお出かけ下さい

ご希望の方は、info@mei-getsu.com までご連絡下さい
詳細な地図などお送りします

*********************



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2011-11-02(Wed)

東電が核分裂の再開を認めたのは何故か

今朝から報道されているように、東電は福島第一原発2号機で、核分裂がおきていることを認めた。

時間がないので、非常に気になる点だけをピックアップしておく


① 「再臨界」ということばは、完全に報道管制で押さえられている。各紙とも、ぜったいに再臨界という言葉は使っていない。

② じつは再臨界はこれまでもおきていたらしいことは、観測されている核種から推測されていた。10月のコメの測定でも、半減期の短いヨウ素が検出。数日以内に核分裂がおきていたことは間違いない。

③ しかし、再臨界を認めてしまっては「冷温停止状態」(冷温停止ではない。「状態」のほう)と強弁できないので、ヨウ素という動かぬ証拠があっても再臨界を認めてこなかった。

④ それが、ここに来て急に核分裂の再開を認めたのはなぜなのか。

⑤ 玄海4号機の再稼働を誤魔化すため という話もあるが、再稼働も大問題だが、再臨界のほうが超大問題なので、それは変だ。

⑥ むしろ、再臨界を発表する前に、駆け込みで九電が慌てて深夜に再稼働させてしまった という可能性のほうが高い。

⑦ 一番考えられるのは、いよいよ隠しておけないレベルになったので発表したということだ。では、隠しておけないレベルとは何か? それが問題。

⑧ 市民放射能測定所のコメ測定データを見ると、9月の終わりから10月の後半にかけて、ヨウ素はずっと検出されている。そして、11月1日に東電がキセノンを検出。つまり、ちょっと臨界してすぐとまる、という段階ではなく、1ヶ月以上継続的に臨界状態が続いていると言うことではないか。

⑨ 規模は小さくとも、継続的に臨界が続き、注水では止められないということが、東電をして渋々ながら「核分裂」と認めざるを得なかった。継続的核分裂=臨界 のはずだが、そこは東電なので、マスメディアには「再臨界」という言葉を禁止した。と推測する

以上 急ぎメモしておく

2011-11-01(Tue)

関西 日本一新の会 第3回政経フォーラム

11月5日(土)に、関西 日本一新の会による第三回政経フォーラムが開かれる。

以下、お知らせを転載します。ぜひご参加を。

******************************

関西 日本一新の会主催 政経フォーラム
緊急開催! 第3回 政経フォーラムのご案内

『民主国家と司法の闇  陸山会判決を問う』

陸山会事件における小沢元代表の検審起訴と元秘書達の検察起訴そして
今回の裁判官による推認、推認で構成された 一見検察のシナリオ通りとも
思える感覚的・恣意的判決が、彼らだけの問題ではなく我が国や国民に今
後どのような影響を及ぼすのか・・・。

この事件と判決の裏に隠されたものは一体なんだったのか・・・。

関西で活躍されるお二人の政治家を迎え、ここにそれを紐解いて解説してい
ただきます。

 主催 : 関西 日本一新の会、  共催 : 日本一新の会
 日時 : 11月5日(土)
       19時スタート、20時45分終了予定 
       18時半より受付開始
 場所 : 大阪OMMビル(大阪マーチャンダイズマートビル)
       2階ホール
       大阪市中央区大手前1-7-31 電話 06-6943-2010
       京阪「天満橋」駅東口、 地下鉄谷町線「天満橋」駅改札口からOMM地下
       2階に連絡       

※ 「関西 日本一新の会」のブログで告知させていただいた会場からこちらに変更に
   なっております。お間違えのないようお願い致します。

 定員 : 250名
 司会 : 三橋まき氏

第一部 「秘書裁判の問題点」、「小沢裁判の行方」
 講師 つじ恵 民主党衆議院議員
 ◆ 小沢弁護チームのキーマン。司法に正義を取り戻す、戦う弁護士議員

第二部   「陸山会事件にみる日本社会の構造的問題について」 
 講師 中村哲治 民主党参議院議員
 ◆ 常に冷静な判断と分析には定評がある。ブレない政治家。

第三部 質疑応答 
 出演:つじ代議士、中村議員、河上満栄氏

 当日受付時に用紙をお渡ししますので、そこに質問のある方はお書き下さい。

 参加費 : お一人さま 1000円(当日会場受付にて徴収します。)
 申し込み方法 :① 名前(ふりがな) ② 住所 ③ 電話番号 ④ 参加人数をご記入の
         上、下記のアドレスにメールにてお申し込み下さい。受付完了の方には折り
         返し返信させていただきます。
 宛先 : nipponissin.kansai@gmail.com

※ 当日はUST中継は行いません。マスコミの方の参加はお断り致します。

※ 石川ともひろ衆議院議員裁判支援カンパ募集

 当日、会場にて石川議員控訴審支援のカンパ箱を設置します。
 頂いたお志はそのまま石川議員にお渡し致します。
 今回の不当判決に、孤軍奮闘戦う石川議員をご支援下さるみなさま、ご協力の程、何卒よろ
 しくお願い致します。

(転載以上)

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg