2012-08-24(Fri)

8/31未来をつくるフォーラム~原発事故避難者と私たち 実行委員会の風景から

このところずっと告知しているとおり、8月31日に「未来をつくるフォーラム~原発事故避難者と私たち」というイベントを行う。

私もなんやらかんやら言っているうちに、実行委員会の一人としてバタバタと動き回っている。
一昨日の夜も実行委員会があり、大阪市内某所に不穏分子(?)が集まった。

集合した9人のうち、避難者が2人。ひとりは、共同代表の増山麗奈さん。(会のブログに思いを書いておられる。)
もう一人は、イベント当日に健康相談を担当して下さる医師の兼高先生。実行委員ではないが、事前の打ち合わせのために参加していただいた。

先生は埼玉におられて、子どもさんたちが鼻血出したり、話に聞いているまんまの様子になってしまい、食事に気をつけているだけでは追いつかないと判断され、ご実家のある関西に避難してこられたとのこと。

さて、会議では色々な事項の中で、「大阪府に対するヨウ素剤の配備の申し入れ」の話になった。共同代表の黒河内さんからの提案。
これに関しては、異論が噴出した。もちろん内容には何も文句はない。が、この会として今その話題で申し入れをするのはどうか、という話だ。

話はそれるが、この会の大きな特徴は、みな言いたいことを口々に言うので、すぐに収拾が付かなくなるということ。別の言い方をすれば、たとえ代表からの提案であっても、ギッチリ納得がいくまで議論する。
上意下達の対極であり、それだけに議論に時間はかかるが、日を追ってメンバーのやる気が上昇していくのが実感できる。

話を戻す。ヨウ素剤の配備について議論している中で、メンバーのNさんが発言した。Nさんの田舎は南相馬市で、親戚がたくさんいるという。
彼曰く、実際に被曝した人にとって、ヨウ素剤の問題は本質的な問題である。避けられたはずのリスクを、ヨウ素剤を飲まなかったばかりに負ってしまったという思いは、避難者にとって極めて深刻なことだ。と

一般的な予防的な配備の問題としかとらえていなかった私には、衝撃的な言葉だった。
つづけて、兼高先生が「みなさん、ヨウ素剤を持っていますか?」と質問された。
避難者の増山さんは、即座に「持ってます」
その他の関西在住のメンバーは、誰一人常備・携帯していなかった。

兼高先生「もう二度とゴメンですから。一粒5円ですよ。副作用もありませんし、フツウに薬局で売ってます。危ないと思ったら、ためらわずに直ぐ飲んで下さい。」

二度とゴメンだというその言葉に、万感がこもっていた。
わずか5円の粒を飲まなかったばかりに取り込んでしまった放射性ヨウ素。
漠然とした知識だけで、実は何も知らなかった私は言葉を失った。

この会に出ていると、こういう瞬間がしばしばある。
長くネットの住人であったわたしが、リアルの世界にはみ出した今回、頭をゆすられっぱなしである。
実行委員なんてガラじゃないと思いながらも、やってよかったと思う。

とは言え、とにもかくにも、8月31日にたくさんの人に来てもらわないと、どうもこうもならない。
ぜひとも、このブログを読んでいただいた方にもご参加をお願いしたい。

平日の昼なのでどうしても無理、という方も、今後の実行委員会=避難者と未来をつくる会の活動にご協力を!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします




2012-08-15(Wed)

静かなるアウシュビッツ

アウシュビッツのような阿鼻叫喚が、目の前で繰り広げられているわけではない。

ゲシュタポによって、目に見える暴力で収用されているわけでもない。

ガス室のように、一人残らず即死するわけでもない。

しかし、一見フツウに見える街の姿に、アウシュビッツ収容所のイメージが重なる。

早川由紀夫さんが発表されている地図の裏面に、こんな資料がある



チェルノブイリ事故に対するウクライナの基準をあてはめて、同じ縮尺で比較した地図。

福島県の都市が集中する中通りが移住権利区域にあたり、東京東部をふくむ広範な地域が放射能管理強化区域
になっている。

この地図に示されているのはセシウム137による外部被曝だけであり、他の核種は入っていないし、何より内部被曝は考慮されていない。
その基準においてすら、このような状況なのである。

※ ウクライナの避難基準について詳しく知りたい方は、→ 今中哲二さんの論文「ウクライナにおける法的取り組み」

チェルノブイリでは、このような措置をとったにもかかわらず、事故後5年以上が経過してからであり遅きに失したこと。そもそもこの基準では不十分だったことなどから、甲状腺や白血病を始め多くの健康被害が出てしまった。

振り返って、今の日本。
ピンクの中に、何百万人もの人びとが、まるで何事もないかのように暮らしている。

実際には、微量でも重大な内部被曝を引き起こすストロンチウム90は、ピンクの外側でも検出されている。
だから、ピンクの地域は「最低限」の範囲。本当はもっと広範囲のはずだ。

にもかかわらず、そこにはまるで3.11前と変わらないかのような暮らしがある。
「がんばろう」とか「絆」とか言われながら。

もちろん、中通りなどの目に見えて線量の高い地域の人々は、心の中は不安で一杯のはずだ。
しかし、それを口に出すと「放射脳」とののしられる。
避難したくても家族に遮られるという事態さえ珍しくないという。

見えない壁に閉じ込められた収容所と言ったら言いすぎだろうか。
低線量の放射線は毒ガスのように即死はさせないが、どんなにがんばってもDNAの絆を破壊し続ける。
それがどんな結果をもたらすのかは、広島、長崎、チェルノブイリの経験が物語っている。

福島県外にいたっては、危ないという認識すら薄い。
しかし、放射性物質は、県境を見分けることはできない。

■■

これまで3回の悲惨な経験を持ちながら、なぜ日本政府は何の対策もとらないのか。
その疑問の回答は、ふくしま集団疎開弁護団の柳原弁護士の言葉にあった

「6.24」一周年の思い――なぜ、ふくしまで集団疎開が実現しないのか

日本政府くらいチェルノブイリ事故から学び尽くした連中は ほかにいないのではないか。だから、3.11以降の日本政府も三大政策を曲がりなりにも着々と実行できた。
(引用以上)

三大政策 とは 「情報を隠すこと」 「事故を小さく見せること」 「様々な基準値を上げること」

日本政府が福島や関東東北の人びとを放置しているのは、無能なのではなく、確信犯だったのだ。
無能どころか、チェルノブイリに学び尽くした結果、絶対に責任を取らないという覚悟を決めて進めていることだったのだ。

1年半という時間は、すでに様々な健康障害を引き起こしている。
日本では報道されないので、海外の報道を逆輸入する必要がある。

同じく ふくしま集団疎開裁判のブログから

【世界が注目】今、ふくしまの子どもたちが危ない、と欧米の専門家が警鐘


部分的な引用はしないので、元記事を読んでいただきたい
米国のニュースサイト「Business Insider」に掲載された記事の訳文である

■■

行動を

何もしないことが、言われるままに行動することが、何を結果するのか。
敗戦記念日の今日、心をえぐって省みたい。

一人でも多くの避難を。

汚染の実態を知らしめること。

被曝の、なかでも内部被曝の危険を周知すること。

それを可能にする政治を手にすること。

まず、できることから始める。

8月31日(金) 未来を作るフォーラム ~原発事故避難者と私たち

関西へ避難してくる人のために、健康相談を充実させていきたい。

何か手伝いたいけど、一人じゃ無理 と思っている方にも、ぜひ集まっていただきたい。
イベントは平日の昼なので参加できなくても、今後の活動に関心のある方は、メールください
(左サイドにメールフォームあります)

そしてもうひとつ

8月19日(日) 政治と生活を考える会 政経フォーラム


国民の生活が第一 の 中村てつじ議員、三宅雪子議員、熊谷貞俊議員 の講演
質疑応答も充実

政治と生活を考える会は、市民運動として政治家の活動とつながろうという、画期的なプログラム。

こちらもご参加を

■■

今進行しているもう一つの、というか、おそらくもっとも大きな枠組みの事態は、日本を世界の核廃棄物処分場に という動きだ。

私情を排して、世界から日本がどう思われているか、考えてみよう
「津波と放射能で可哀想」という同情もあるだろう

その一方で、「どうせ汚染されてしまったし、極東の離れ小島なんだから・・・」と、虎視眈々とヨダレを垂らして狙っている目がある。

時間がなくなってきたので、これまでも何度も引用した過去記事のリンクのみ

原発推進の正体は「日本列島を核の墓場にする計画」だったのではないか

「フクシマを核処分場にする計画」を改めて検証してみる


ひとつだけ、注意を

「どうせ汚染されてしまったし、極東の離れ小島なんだから・・・」
これ、どっかで聞いたことありませんか?

「どうせ汚染されてしまったし、福島に集めておこう」

まったく同じロジック。
モラルハザードだと言うことに、脱原発を言う善意の人びとまでが気がつかない不思議。

そこには、責任 ということばが完全に欠落している

日本オンカロ計画については、また別の記事で検討してみたい




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2012-08-06(Mon)

胸を張って逃げる権利を!  8月31日未来をつくるフォーラム@大阪

逃げる という日本語には、消しようのないネガティブなイメージがこびりついている。

逃亡生活、逃避行、逃走犯、などなど、どれをとっても、これほど惨めなものはないというくらい、惨めな印象がある。

しかも、それに加えて、逃げる=卑怯 という等式に違和感を憶える人はほとんどいないだろう。
逃げるのは卑怯だ。正々堂々と立ち向かえ。逃げても何も変わらない。逃げたら負け。
こうした常套句は、日常生活からマスメディアにいたるまで、日に何十回も耳に入ってくる。

最近になって、ようやく「逃げてもいいんだ」というか弱い声が聞こえてきたのは、イジメに関する議論の中。
いじめられたときは、自分を責めずに、逃げられるものなら逃げてしまおう。これは、たしかに真っ当な意見だと思う。
しかし、それも「いじめられたら」という前提があっての話。やはり、重苦しい空気はぬぐい得ない。

■■

しかし、思い起こしてみれば、逃げたらいけない、という倫理観は、いつから日本人の精神に居座っているのだろう。
たとえば、江戸時代の庶民が、「逃げたら負けだ」とほんとうに思っていただろうか。

もちろん、なにか困難なことに取り組むという意味で、気張っている人はたくさんいただろうが、そういう積極的な意味で言っているのではない。
今流で言ってみれば、パワーハラスメントに対して、「逃げたらいけない」という倫理観を持っていたとは、ちょっと考えにくいのである。

封建社会、身分社会という、社会の構造自体がパワハラであるような社会では、「逃げたらいけない」という角張った意識ではなく、「頭を引っ込めてやり過ごす」といういい加減な意識が主流になるだろう。
これは、支配する側からもされる側からも、そうなるだろう。
そして、「頭を引っ込めてやり過ごす」という意識は、今の日本人の心の底流にもしかっりと残っている。

「逃げたらいけない」というのは、武士階級の、しかも建前の世界だけに存在していた価値観に過ぎないはずだ。その武士だって、江戸時代のほとんどの時代は事務官僚であり、本気で「逃げたらいけない」と考えていたとは思えない。

とは言え、江戸時代は気候が寒冷化した時代で、飢饉が多発し、生きるか死ぬかの農民の抵抗は決して少なくはなかった。
百姓一揆は3000回に上ったとも言われている。
中には、数万の軍勢にふくれあがった武装蜂起になったこともあるが、実際はほとんどの場合、代表者の交渉であったり、数人が処分覚悟でおこなった強訴・直訴であったりしたようだ。

むしろ、農民の自主的な抵抗手段は、今流に言えばストライキにあたる逃散だ。
軽いところでは、裏山に逃げ込んで降りてこない、とか、激しい場合は村中が逃げ去って消滅したこともあったようだ。
今も昔も、働いて税金を納める者がいなければ、実は支配者は二進も三進もいかないということを逆手にとった戦い方であった。

逃げると言うことは、故郷を捨てるということだから、もちろん悲しい選択ではあったろう。しかし、けっして卑怯ものあつかいされるようなことでは、無かったのである。

■■

幕末から明治初期にかけての、いわば革命期が過ぎると、その反動とも言うべき統制の時代が始まった。
日本の庶民の生活の隅々まで、新体制のイデオロギーで縛り付けようとし始める。

たとえば、日本中の村々で行われていた大衆演劇の村歌舞伎にたいしても、演劇改良命令なるものを発布して、実質的に禁止し、現在のお高くとまった「伝統的」歌舞伎だけを残していった。
その他、現在「日本的」とか「伝統的」と思われているものは、この時代に選別、創作されていったものが多い。
その象徴が、
大正9年に創建された明治神宮である。

富国強兵、国民皆兵を実現するために、江戸時代のような逃散は、なんとしても避けたかった。
しかし、一方で革命期の熱は記憶に新しく、また庶民が満足できるような生産と社会にはほど遠かった。

そこで、持ち出されてきたのが、武士道という、武士階級の中のほんの建前に過ぎなかった偏向イデオロギーである。
そして、あたかも日本人は古来こういう民族だったのだ、というデマと共に「逃げるな」の思想が日本中に染み渡っていった。

「潔さ」が美徳とされ、イマドキで言うならば、誤審にも文句言わないのがスポーツマンの鑑みたいな空気が、社会を覆っていた。
そして、「逃げる」ことは人間として最低のことかのように、思わされていき、それは、言うまでもなく、日清、日露、第二次大戦へと連なっていった。

その結果がどうなったか、言うまでもない。
奇しくも今日は8月6日。
日本人に逃げる根性があれば、こんなことにはならなかった。

徴兵忌避、敵前逃亡、投降。そうしたことを、せめて普通の国並みにできれいれば、ここまで悲惨なことにはならなかったのではないか。
原爆を落としたアメリカを合理化するつもりはサラサラないが、これもまた一面だと思うのである。

■■

いま、福島とその周辺の被曝は、まったなしの状況を呈している。
厚労省は、3年ごとに行っている「患者調査」から、福島県と宮城県の南部だけを除外した。
(これに関してはおしどりマコさんの記事を参照)

この一点をもってしても、福島の状況がいかに深刻化がうかがわれる。
福島の人々は、モルモットとして山下俊一らに徹底的に調査され、かつその情報は隠蔽される。
そして、どんな健康被害に対しても、「科学的に証明できない」のひとことで、原発事故とは関係ないと退けられるのである。

これは福島だけの問題ではない。東京東部に至るまで、かなり高濃度の地域は広範囲に広がっている。
通常のモニタリングでは分からない、プルトニウム、ストロンチウムなどの核種は、正確にはどこまで広がっているのか、だれも分からずに生活している。

ストロンチウムは、内部被曝によりきわめて深刻な健康被害をおこすのだが、普通の線量計で測れるγ線をださないから、知らないうちに取り込んでしまう危険が高い。しかも、出しているβ線は、体の狭い範囲を集中的に攻撃する。しかもしかも、何十年も体から出ていかない。

このストロンチウムが東京や横浜でも検出されているのだから、関東が安全だとは、だれも「科学的に証明」なんてできない。
まして福島では、
ソ連ですら移住の対象としたような汚染地域に、何の補償もなく人が住み続けている。こんなことが、許されていいのか。

オリンピック報道に浮かれるマスメディアが流しているほど、世の中は平和ではないのだ。
ヤバイ と思ったら 迷わず逃げる というのが、ほんとうは一番いい。
しかし、逃げることには、何重ものこんなんがつきまとう。

仕事をどうするんだという経済的な問題もある。
住宅ローンのある人ならば、なおさら問題は大きい。

さらに深刻なのが、精神的な軋轢(あつれき)だ。
家族、親、兄弟、職場、さまざまステージで「逃げる」ということへの白眼視がある。
まさに、「逃げてはいけない」という心の牢獄に閉じ込められている。
これを何とかしないことには、逃げようと思えば逃げられる何十万の子どもたちの健康が、命がみすみす傷つけられていく。

■■

本来は国がやらなければならない、避難の問題。
だからと言って、国の責任だと言い続けていても、被曝は時々刻々と続いているのだから、なにかできることからでもやろう。

そう思っていたところに、8月31日に避難者支援のシンポジウムをやるという話が飛び込んできた。

未来をつくるフォーラム ~原発事故避難者と私たち (公式ブログ)

20120806-1.jpg20120806-2.jpg

アメリカとドイツから、被曝による健康被害に取り組んできた医師をお呼びしてのシンポジウム。
詳細は、上記のブログを見ていただきたい。(今現在は、チラシデータが掲載。近日中に基調になる記事アップされます)
メインイベントは、13:00~ ドンーンセンター(天満橋) 前売り800円

イベントの目的は、一つは被曝による健康相談ができる医師を増やすこと。
なにせ、被曝に詳しい医師の多くは原子力村の住人だ。
心ある数人の医師は、八面六臂の大活躍で大わらわ。

そこで、この機会に、何かしようとおもってくださる医師の方に参加していただき、今後健康相談などに協力していただける医師が増えていってほしい、というのが思いの第一。

それと、現在関西に避難している方々に、「逃げていいんだ」という確信を持っていただくこと。
前段でさんざん書いた、「逃げたらいけない」という精神的な牢獄に対して、「逃げてもいいんだ」「逃げる権利」を宣言したい。
と、同時に、避難者同士の交流のきっかけにもなれば言うことはないというのが、二つ目。

三つ目は、このイベントをキックオフにして、今後の支援活動をやっていきたいので、その仲間が集まって欲しい。私もそうなのだが、「何かしたいが、自分一人じゃどうしていいかわからない」という人があつまって、たとえば月一の健康相談会とか、お医者さん向けの学習会とか、じわじわとした動きであっても、続けていきたい。

と、私は思って、実行委員会に参加させてもらった。
私の思い込みも、イベントの趣旨とそう外れてはいないはずだ。

ぜひ、一人でも多くのご参加を呼びかけたい。

前売り券の必要な方、チラシの拡散に協力いただける方、あるいは、金曜の昼は無理だけど今後の活動に協力いただける方や情報提供のほしい方は、ご連絡いただきたい。
左サイドのメールフォームからでも結構です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2012-08-02(Thu)

三宅雪子さんが来阪&講演 中村てつじさんも! 「政治と生活を考える会 政経フォーラム」8月19日のお知らせ

政治と生活を考える会の 恒例の政経フォーラムが開かれるということなので、こちらでも告知します


第6回 政経フォーラム

「国民の生活が第一」が目指すもの  

 日 時 2012年8月19日(日)
     13:30 開場  14:00 開演  16:00 終演

 会 場 クレオ大阪東 大阪市城東区鴫野西2丁目1-21 TEL 06-6965-1200
     JR京橋駅南口より徒歩約10分

 司 会 馬場慶次郎氏

 講 師 中村てつじ参議院議員、 三宅雪子衆議院議員

 内 容  第一部 

  ◇「社会保障と税の一体改革の問題点について」
                 三宅雪子衆議院議員

  ◇「国民の生活が第一が示す基本政策について」
                 中村てつじ参議院議員

      第二部 市民からの声に答える
       ※「国民の生活が第一」や党所属議員、または中村てつじ議員
         三宅雪子代議士へのご提言、質問、ご意見のある方は参加
         お申し込みの際に、ご記入下さい。         

      第三部  質疑応答

お申し込み方法

     ◆ お申し込みいただく方のお名前(複数の場合は全員のお名前)
     ◆ ご住所  ◆ 連絡可能なお電話番号

      をご記入の上、下記のアドレス宛にお申し込み下さい。
      
      宛先 nipponissin.kansai@gmail.com     
     
参加費  お一人様  1,000円 (学生500円)

※政治と生活を考える会のブログは、左サイドにあるバナーあをクリック!


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg