2013-10-30(Wed)

なにをなすべきか

蛇足ながらレーニンの著作とは何の関係もない。

「なにをなすべきか」 今の私たちにこれほどピッタリくる疑問はないだろう。

何が問題か。これは山ほどの問題が、ネットを埋め尽くすほどに解説されている。その気にさえなれば、何が問題かを知ることはできる。
しかし、なにをなすべきか これは誰にも分からない。

この混迷状況のなかで「脱原発」を語り始めた小泉純一郎は、やはり巧みな男だなとつくづく思う。
誰も彼もがすがりついてくるだろうと読み切った行動だ。そして、その通りになりつつある。

社民党の吉田さんも「会っていただけたのが 云々」と、まるでヒーローに会えた少年のようなコメント。同席した又市さんはもう少し冷静なようだが。
社民党に限らず、誰も彼もが小泉詣でを始めた。「小泉なんだから気をつけようよ」と言うと「分裂をたきつけている」と返される。
シングルイシューでの連携は否定はしないが、小泉の目的を踏まえて構えなくちゃダメでしょと言いたいのだが、気の良い日本人は、連携するからにはオープンマインドじゃなくちゃ失礼だと思っている。
オープンマインドではあっというまにマインドコントロールされるというのに。

ただ一点、又市さんのブログに間違いがなければ、小泉はこう言っているらしい。
「10万年も大量の核廃棄物を安全に保管できる場所など地殻変動の激しい日本では作れない。国民も納得しない。」(又市征治 公式ブログ

私は小泉発言の狙いは、日本に最終処分場を作ることだと想像していたので、これだけはちょっと意外だった。
もちろん小泉の発言だから、言葉通りにとるのは危険だが、これまでの「最終処分場がないから脱原発」という理屈とは明らかに違っている。
とするならば、小泉の狙いは何なのか。

一貫して処分場の問題にこだわっていることから、モンゴルでの日米共同開発はまだつぶれていないのかもしれない。日米共同開発と言っても、カネはぜんぶ日本が出すのだろうから、ここには小泉というトリックスターが登場する必然性はある。

 参考:モンゴルに核廃棄物最終処分場建設という一連の話のまとめ

国内の原発を止めることと引き替えに、日本の脱原発派をこぞってモンゴル処分場賛成にもちこむという意図もありうる。裏を返せば、脱原発運動はモラルを喪失して無力化されるということでもある。
モンゴルに作れとなった世論は、次には福島に作れとなる。他人の犠牲に目をつぶることは、一度やってしまうと容易に習慣化する。

もちろん、小泉の前科を考えれば、処分も色々とか言って、やっぱり福島に処分だと言い出すかもしれないし、北海道なら広いから大丈夫と言い出すかもしれない。彼ほど言葉に信をおけない人間はない。
なにせ「自衛隊の活動している所が非戦闘地域だ」と言い放った人間なのだから。

とにもかくにも、脱原発の運動が、自分をしっかり確立した上で小泉ともその点では連携する、というのならば何も心配もしないし文句も言わない。
現実に進んでいる事態は、先の見えない脱原発運動が、小泉というヒーローの人気にすがりついている。もう、言葉もない。

まあ、その点では小沢一郎さんはさすがに冷静だ。
小泉の脱原発発言に対しては、客観的に肯定的な評価は口にしたけれども、連携も言い出さないし会談もしないと断言した。そもそも小沢さんは他人や他党のことを聞かれても、常に話を自分はどうなのかというところに話を持って行く。評論家のような話は一切しない。
その点はスゴイと思うのだが、しかし今の小沢さんの話からは、生活の党はどうしていくのか、支持者にはどうしてほしいのか、何も見えては来ない。なにをなすべきか は皆目わからない。

最終処分場の話をもう少し続けたい。

先日、IAEAがぞろぞろと福島にやって来て、除染については1mSv/年にこだわるなと言い捨てて帰った。これは、実質的に「除染は無理だ」と宣言したに等しい。
IAEAにしてみれば、超大規模な被曝人体実験ができるのだから、1mSvにこだわってもらっちゃ困るわけだが、実際のところ除染が必要な場所の多くが1mSv以下にするなんて無理だというのはその通りだろう。
だから避難移住せよと言うのか、モルモットになれと言うのかの違いはあるが。

そしてやっと今頃になって、帰還困難区域については帰還を諦めて移住させると自民党が言い出した。数百万人が放射線管理区域に起居させられている現状で、わずかに2万5千人が対象だが、いつまでも宙ぶらりんにしているよりは、ハッキリさせて補償した方がいいのは言うまでもない。

ではこの富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、飯舘村の一部にわたる広大な土地をどうするのか。
 参考:「帰還困難」「居住制限」「避難指示解除準備」区域
これだけの範囲では土地の条件的にいわゆる最終処分場は作れそうにないが、除染や収束作業で出る膨大な汚染物、それにいくらでも増え続ける汚染水のタンクの処分場に、という話は当然出てくるだろう。
たぶん、脱原発の人たちも、ほとんどはそれには反対しないだろう。

しかし、私は反対だ。

他人の犠牲のうえに自分の安寧を確保しようという発想は、まさに原発の思想そのものだ。
あるいは、沖縄を犠牲にして「平和」な日本を享受してきたことと全く同じだ。
そうした思想の上に立った、脱原発運動や平和運動は、絶対に力にならない。ちょこんと蹴られたら飛び上がるようなスネの傷をもったまま、闘うことなんてできない。

それはまさに、平和憲法をもち唯一の被爆国である日本が、軍事大国であり再びの被爆国になったあげくにその犯人に国会を独占させている今の状況が証明している。

まず、自分たちの今までを振り返って、寄りかかってきたものへの鋭い反省と、そこから脱却する痛みを覚悟しなくては、結局は絡め取られ、「ユルイ敗北」の歴史だけが積み上がっていく。

その点でまったく迷いはないのだが、しかし一方で数は力というのも事実だ。
議会制民主主義でなんとかしようとする限り、選挙で勝たなければ、なにを言っても99.99%はごまめの歯ぎしりなのである。
そこで「脱却する痛み」を唱えても、いったいどれほどの共感を得られるのだろう。仮に共感はあっても、行動に移すのは容易ではない。

ここで思考が止まってしまうのである。

なにをなすべきか

時限スイッチがカチカチと鳴っている。
気ばかりが焦る。

2013-10-21(Mon)

希望

日曜日に行った孫崎享さんと糸数慶子さんの講演会は、なんと160人近い方に集まっていただきました。

9条国際会議とか色々な企画とバッティングしていたのでどれだけ来てもらえるか心配していたのですが、おかげさまで熱気溢れる良い会になりました。なかでも糸数さんのおっしゃっていた言葉は胸に刺さりました。
「解釈改憲で戦争をするような日本に復帰したつもりはない。」
「精神的には独立をしたいという思いは大きな課題になっている。」
「大きな兆しは沖縄の言葉を復活させようという流れになっています。」
「自立するためには、その民族の言葉をもたなければならない。」
「まず精神的に自立して、それから経済的な自立につなげていく」

平和の国、日本に復帰したい と熱望した沖縄。熱望された日本。その「平和の国」はどこへ行ってしまったのでしょう。日本に生きる私たちには重い重い言葉でした。

と同時に、糸数さんは何回もこの言葉を言われました。
「現状は厳しいですよ。ですけど希望を持てると思っています。」

今、真っ暗闇にいるような気分の私たちにも、なにか光が差し込んでくるような気がしました。夜は西から明けるのかもしれません。
関西の私たちも、小さなことからできることを捜したいと思います。「私たちの言葉」を取りもどしたいと思います。

講演の詳しい内容は、IWJさんが配信して下さっているので、ご覧下さい



Video streaming by Ustream

ちなみに、日本の市民メディアの先頭を走る岩上安身さんのIWJは、現在、最低ラインの会員5000人を割り込んで資金難、存亡の危機にあります。
IWJの無い日本を想像してみて下さい。こんな恐ろしいことがあって良いのでしょうか。

いくら温和しい日本人でも、たった5000人で市民メディアを支えることができるのです。1万人いれば、もっと自由に報道することができるのです。
会員じゃない人はすぐ登録を。私も会員コンテンツ見ている時間ないけど最低限のカンパと思って登録済みです
詳しくは → http://iwj.co.jp/join/

これもまた、希望をつなぐための行動です。

話を少し戻します。
糸数さんの言われた「自分たちの言葉」「希望が持てる」
この発言をこの1週間ずっと考えています。
そして、集会とか運動のレベルではなく、自分たちの日常のレベルで「自分たちの言葉」を取り戻すことなんじゃないか と思い始めています。

私の日常は、木の家の設計をすること。
「木の家プロデュース 明月社」という事務所を作って、かれこれ8年半。一体全体、どうやって食いつないできたのか自分でも不思議ながら、何故かお客さんに恵まれて、どうにかこうにか家族ともどもこれまで生きてきました。

そんな私であれば「家づくり」として、あるいは食べ物を扱っている方であれば食べ物として、あらゆる仕事や日常を送っている人たちが、そのことを通して小さくても「希望」をもてる何かを実現していくこと。
上司に気に入られ、顧客の目をくらまし、下請けを叩きまくらなければ生きていけないこの世の中で、「あれ、もしかしたら」という希望の欠片を作り出すこと。

そんな希望の家、木の家だけじゃなくて希の家がつくれないか、本気で考え始めています。
これまでこのブログにも、木の家なんて経済的にとても建てられない人が多いんだ というような指摘はかなりありました。たしかにそれはその通りです。かくいう私自身、土地を買って家を建てることなどできずに、中古のマンションに木を貼りつけて暮らしています。

しかし反面、賃貸と持ち家を比較した場合、賃貸のほうが限りなくホームレスに近いという現実もあります。
借家法が改正されてしまった今日、賃貸は家賃が払えなくなったら即ホームレスになるリスクと隣り合わせです。しかし、持ち家の場合、金利だけでも払うということと高価に処分できないという条件があると、そう簡単に路頭に追い出されない可能性もあるのです。

これは極論としても、賃貸は家主の利益を住人が負担するわけですが、持ち家の場合は負担するのは銀行の金利です。やりようによっては、持ち家のほうが負担が少なくてすむはずです。

人が生きるための道具であるはずの家。ところが現代は、家を「買う」ことが人生の目的という逆転現象が起きています。この構図を壊すことが、希望の家の第一歩なのではないかと思っています。

と、きれい事の希望ではなく、こうした赤裸々な実態に即した希望の家、希の家を作りたい。
もちろん、こんな経済的なことだけではなく、あんまりいいことがなくても、朝起きると、あるいは家に帰ってくると ちょっとがんばってみようかな と思ってしまう そんな家を作りたいと思っています。

もちろん木の力を借りることになるでしょう。
私の中古マンションの家は、壁一面に杉の木を貼っています。とくに廊下は狭い空間に杉が張り巡らされ、1個100円の間接照明がそれをホワッと照らしています。
明日の分からぬ不安にさいなまれたとき、この壁に両手をついてじっとしていると、「なんとかなる」そんな気持ちが湧いてくるのです。

子どもたちもこの壁に両手を突っ張り、登ったり降りたりしながら大きくなりました。節穴を覗き、指を突っ込みながら、自分なりの「わがまま」を言える子に育ってくれたように思います。

希の家プロデュース と言えるように、今猛烈に考え中です。
希望 それがすべての源なのだと 思えてなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2013-10-07(Mon)

右と左という宿痾

右翼とか左翼という言葉は、日本においては意味を失った、と私は思っている。

なぜなら、日本の右翼や左翼は、戦後の日本の政治体制の右足と左足だった(過去形)からだ。
55年体制の右足が自民党、左足が社会党、と言う意味とも近いけれども、もっと広い意味を含んでいる。

1945年、戦争に負け、40万の占領軍に日本は制圧された。
占領軍は、当時の日本において二つのリスクに直面していた。

ひとつは、共産主義革命の勃発だ。
今でこそ共産主義革命などと言うと鼻で笑う人が多いが、2年後に中国革命がおきている当時にあっては、ピリピリとした緊張感であったはずだ。

もう一つは、戦前回帰の軍国主義の復活だ。
自国民の命をまったく躊躇いなしに使い捨てにする軍国日本は、占領軍にとって余りにも不気味な存在だったろう。
だからこそ、40万もの軍隊を率いて来たのである。

そこで占領軍がとった作戦は、両者を争わせて、その中間で従米保守が漁夫の利を得る というものだった。
松本憲法草案にみられるように、当時の日本の政府指導者の多くは、敗戦という現実を理解していなかったし、まして戦争への反省など毛ほども持ち合わせていなかった。占領軍の力を持ってすれば、このような連中は全員処刑することもできたが、そうはしなかった。そして、その「象徴」が憲法第1条として結実した。総責任者である天皇を免責することによって、戦前回帰勢力をあえて温存したのである。

一方、いかに日本といえども、悲惨な戦後を迎えて食糧メーデーや2.1ゼネストなど戦後革命の機運はあった。しかし、日本共産党は、驚くべきことに占領軍を解放軍と評価していたので、占領軍の命令には忠実に従がってゼネストを中止し、革命の芽をみずから折っていった。

こうした左右の勢力のバランスの上に、吉田内閣は立ち上がった。
言葉にすると実に奇妙だが、吉田をひとことで評価するならば反戦反共だと私は考えている。その帰結が、徹底した従米ということだ。
卑屈なまでに占領軍に忠実になることによって、戦前回帰も共産主義革命も回避したいという米国の方針に、100%乗ったのである。

そして、もっとも巧妙だったのは、矛先が従米保守である自分に向かわないように、右翼と左翼を反目させ、争わせる構造を作り出したのである。
以来、日本で右翼と言えば国粋主義とか軍国主義と言われ、左翼と言えば共産主義とか社会主義と言われるようになった。
そこに、従米保守は、あたかも存在しないかのように静かに日本を支配する構図を作り上げた。

共産党は、その後武装闘争路線を経て、もはや決定的な影響力は失った1961年に至って対米従属論にたどり着く。
このころから生まれた新左翼諸派は、日本の侵略戦争をラディカルに反省する余り、戦前回帰勢力を過大評価し、対米従属を誤りとする傾向があった。

こうして、戦後日本では、なぜかより「左」に位置する者が従米を支え、より「右」に位置する者が独立を指向するという、普通で考えれば逆転した現象が続いてきた。
そして、保守本流はその両者の争いを傍観しつつ、静かにおとなしく、従米安定政権を維持したきた。


■■
ところが、事態はあるときから一変した。
ソ連崩壊、冷戦の終結は、バランサーの一方であった「反共」が失われることを意味した。
自民党の本流は、吉田の路線を踏襲して反共反戦イコール従米で何の疑いもなく進んできたのに、一挙に路線転換を迫られることになった。

米国側からすれば、冷戦終了後も、これまでと同じよう日本と付き合っていくのか、という問題だ。
共産主義との最前線に浮かぶ不沈空母だからこそ、ある程度の繁栄も許容し、反戦というテーゼも許してきた。
しかし、一挙に存在意義の低下した日本に、これまでと同じ待遇は必要ない。

少なくとも1997年のガイドラインと、98年のアジア通貨危機からこちらは、日本の軍事協力を明確にし、経済的にも日本の富を米国へ吸い上げるシステムが稼働し始めた。
自民党は、これまでの反共反戦では生きていけなくなった。

そこに登場したのが小泉純一郎だ。
反共反戦から、従米参戦へ、恥も外聞もゴマカシもなく見たマンマの従米路線を掲げ、これまでの自民党の生き方を「ぶっこわす」と叫んだ。
それまでの自民党は、極めて不平等ながら国民が皆食っていくという意識があったが、負け犬は死ねという路線に大転換した。

ここに至って、従来の右翼と左翼も意味をなさなくなった。
独立や国益を求めている右翼にとって、敵は左翼ではなく小泉であり、真性従米路線だということが明らかになった。
人民の命と暮らしを求めている左翼にとってもまた、敵は右翼ではなく小泉であり、真性従米路線だということが明らかになった。

もちろん、右翼と左翼では思想信条は違う。
端的に言うと、「国民」といったときに、「国」に比重があるのが右翼、「民」に比重があるのが左翼、と私は理解している。
しかし、国も民もどちらも成り立たないような真性従米路線に対しては、右翼と左翼が争っている場合ではない。

血みどろの戦争をしていた中国の蒋介石と毛沢東ですら、日本の侵略には手を組んだのである。
まして、あまり大したことをしてこれなかった日本の右翼と左翼の怨恨など、大したことではない。(当事者には色々あるだろうけど)


■■
と、右翼だの左翼だのと書いてきたけれども、今現在、あれこれと社会活動やら政治活動に走り回っている人の多くは、自分が右翼だとか左翼だとかの自覚はないだろう。
私自身は、先ほど書いた自分の基準で言うならば、どっからみても左翼だという自覚はあるが、別に「俺は左翼だ」と気取っているわけではない。あえて分類すればそうなる、ということだ。
しかし、世の中不思議なもので、自分には自覚がないのに、他人がやっていることには「右」とか「左」とか言うのである。

もちろん、いわゆる保守系の集まりと、いわゆる革新系の集まりでは、色んな意味でやり方も雰囲気も何もかも違うのは確かだから、ものすごい違和感を感じるのは間違いない。
私自身、最近は二股かけて活動してきたので、それは顕著に感じる。
感じるけれども、そんなものはご飯ばかり食べていた人がパンを食べるようなもので、これも冷静に考えたら大したことではない。
大したことでは無けれども、そうやって60数年支配されてきた私たちは、そう簡単に抜け出すこともできない。

朝はパンと珈琲しか食べたことない人に、無理やりぬか漬けを口に突っ込んだら、まあケンカになる。
同じレベルの、滑稽で深刻で真剣なせめぎ合いが、これだけ多様化したようにみえるこの今の今でも繰り広げられている。

やはり、60年以上刷り込まれた感覚は、簡単にはどうこうできないのだろう。
ただ、ひとつだけ、考えてもらいたい。
戦後の従米日本、独立できなかった日本、自立できなかった日本の背骨は、「私は右でも左でもない」とか「中道」とかいう人々だったのだ。
「あれは右だよ」「こっちは左だよ」といって、静かなる従米を静かに支えてきたのだ。

いま、従米路線が鎌首をもたげて、直接的に牙をむいているときに、いまだにノンビリと「右だ左だ」と千年一日の如きことを繰り返していると、ぱっくりと食われてしまうことは、わかりきったこと。
せめて、大蛇の腹の中で「お前のせいだ」とケンカしないようにしたいものだ。。。。

まあ、こうして彼我の情勢を見てみると、無傷で済ますのは無理みたいな気はする。
でも、できるだけ被害を少なく、できるだけ希望を大きく次の世代につないでいくために どうしたらいいのか。

パンばかり食ってきた人と、ご飯ばかり食ってきた人が食事会をできないのか。
「こんなスカスカ、食った気がしないぞ」とか「うえ、ねばねばして気持ち悪い」とか言い合いながらも、それなりに良いところも見付けるような、そんな関係は作れないのか。
そんなことを妄想するのである。


■■ まいどお知らせです

10/13講演集会 集団的自衛権の正体

孫崎享さんと、糸数慶子さんの話を一度に聞ける、本当に本当に貴重な時間です!

孫崎さんは元外務省国際情報局長にして、防衛大の教授。現在は鳩山由紀夫さんの東アジア共同体研究所の所長をされている。
世間的には「右」と見られる立場にある。

糸数さんは「平和バスガイド」から政界に入り、沖縄の平和の一議席を守る、まさに反戦平和の象徴とも言うべき存在。世間的には「左」と見られる。

このお二人が、意気投合して現在の日本と沖縄を語る。
実に画期的な、すばらしい企画だと、自画自賛を通りこして自分でエキサイトしています。

10/13(日)13:30 PLP会館(大阪扇町) 是非とも来て下さい。

20130912-1.jpg
  (クリックするとPDFのチラシデータが開きます)

申込みは info@mei-getsu.com まで名前と連絡先を

お待ちしています



PS。

またまた色々クレームが入りそうだから予め書いておく。

慰安婦問題とか南京虐殺とか重慶爆撃とか、いわゆる右と左がもっとも鋭く対立するであろう問題が、パンとご飯くらいの些末なことだ、と言っているわけではない。
これ自体は、膨大な人々の命と尊厳に関わる問題だ。

ただ、橋下徹や安倍晋三と話し合うことは無理でも、今のこの世の中で「国民」の命を守ろうと本気で考えている人どうしならば、そうした問題も感情的にならずに話ができるはずだと思うのである。

そして、日本の戦争責任は、国際的にはアジアとの対立、国内では左右の対立を作るために、あえて曖昧にされたのだということに、気がつくことができると信じている。
仕掛けられたとおりにケンカしている場合じゃないんだ と。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg