2013-11-25(Mon)

イラン核合意 中国防空識別圏 そして

イラン核合意の発表は、正直びっくりした。

イラン核協議で歴史的合意、包括的解決に向けた「第一歩」
2013年 11月 24日 ロイター


イラン核合意は「歴史的な過ち」 イスラエル首相が批判
2013.11.25 CNN


イスラエルがにらみをきかしている限り、ここまでおおっぴらに合意を発表することになるとは思っていなかった。しかし、背に腹は替えられない、無い袖は振れない ということなのだろう。

もしオバマが本気でイランとの関係修復を図るつもりなのだとしたら、米国の産軍複合体は一体どうなるのだろう。
仮想敵と、周期的な戦争無しには、米国産業は成り立たない。そして、腐敗国家の典型として、癒着産業のために米国という国家は破綻没落していく運命にある。と、私は認識していた。

また、シェールガスの産出国となった米国にとっては、大産油国イランからの禁輸を解くことはうれしい話ではないはずだ。
現に、核合意の報道と同時に、各国はイランの原油と巨大市場を狙って動き出している。

慎重ながらもイラン市場に期待する西側企業―経済制裁緩和で
2013.11.25 ウォール・ストリート・ジャーナル


なにせ、原油は有り余っており、物資は極端に不足している。制裁解除すれば、堰を切ったように経済が動き出すのは目に見えている。
国際資本から見れば、涎のとまらない話である。

しかし、これに中国はあまりうれしくないようだ。
イランが仮想敵になっていることで、例のアザデガン油田のように、日本が米国に叱られて手を退いた油田をマンマと手に入れることもできた。
制裁に参加していない中国は、これまでイラン市場をいわば独占できてきた。

イラン、中国に2兆円余りの「石油代未払い」を指摘―中国メディア
2013.11.02 11月2日 Record China


2兆円もツケをためるなんていう、無茶なこともすることができたのに、制裁解除になってしまえばそうはいかない。

そして、イラン核合意と時を同じくして発表されたのがこれ

中国、尖閣上空などに防空識別圏設定―日中の軍用機衝突の恐れ
2013年 11月 23日 ウォール・ストリート・ジャーナル


実は防空識別圏というのは、各国が勝手に決めることができるもので、国際法やルールがないらしい。
日本の側の防空識別圏も、大幅に日本領空を越えて中国の近くまで張り出している。
だから、厳密には中国に文句を言う筋合いがない。
逆に、日本がどこに防空識別圏を設定しても、文句を言われる筋合いはない という代物だ。

ただ今回は、中国側もあえて尖閣を含め、わざと強硬な発言をしているところから、意図的に挑発して衣類ことは間違いない。
挑発の相手は、日本では無く米国だ。

米「強い懸念」伝達 中国防空識別圏、日本などと協議へ
2013/11/24 日経


 中国は日本をどの程度まで挑発すれば、米国が軍事行動に出るかを慎重に見極めようとしており、防空識別圏の設定もその一環とみられる。
(引用以上)

「イランでは譲ってやったんだから、こっちでは言うことを聞きなさい」と、米国に事実上の黙認を迫る というのが本当の目的だろう。
もっと穿ってみれば、キャロライン・ケネディに対する強烈な牽制球とも思える。

ケネディは、案の定毒にも薬にもならないことしかコメントしない。

ケネディ大使、日本政府の対応称賛=防空識別圏設定
2013.11.25 時事


マスコミは頭をよしよししてもらって喜んでいるが、実際は何も言っていないのと同じだ。
ケリー国務長官、ヘーゲル国防長官が一斉に声明を出したと言っても、尖閣が安保5条の対象というのはずっと言っていることで、この言葉は裏を返すと「日本が実効支配している限りは安保の対象だが、中国が占領して実効支配したら対象じゃなくなる」という意味だ。

中国にとって関心があるのは、こんな言い古された声明が出るかどうかではなく、実体的な動きを米国がするかどうかだ。
そして、中国の読み通り、米国は何もしないということがわかった。

おそらく、米国は次のステップとして、尖閣を巡る斡旋をせざるをえなくなるだろう。
施政権を日本におきながら、領有権を棚上げにして共同開発をするなどの、妥協策を提案することになるのではないか。

そして、それに安倍晋三が乗らないならば、首のすげ替えが行われる。
さらにそれにも抵抗が強いようであれば、前の記事で書いたように、日本を仮想敵国に仕立て上げる筋書きが動き始める。

安倍晋三に象徴される日本の従米右翼は、何をやっても米国は自分たちを守ってくれると信じ切っているが、いまや米国は中国抜きでは一歩も立ちゆかない。その中国との適当な距離を保てないバカ者は、排除するか、しつこくこびりついているならば仮想敵国にして、産軍複合体のエサにする。そういうベクトルが働き始めているように見える。

徳州会の事件も、安倍晋三に対する脅迫だろう。
仲井真知事に対する脅迫という見方もかなり有力だが、私は意外と安倍晋三への脅迫なのではないかと疑っている。

これらは、私たち庶民の目から見ると、敵同士の内紛が起きつつある、ということだ。
安倍のような従米右翼と、小泉竹中のような純粋従米。
土着の利権に縛られているものと、規制緩和による新たな利権に群がるハゲタカ という見方もできる。

どっちもロクでもない連中だが、せっかく敵同士が争っているだから、これにつけ込む方法はないか。
へたをするとどちらかに利用されることになるけれども、この苦しい状況の中で、敵の内紛をボーッと見逃す手はない。

2013-11-18(Mon)

「日本=仮想敵国」への転換 &12/1集会延期おしらせ

※当記事で広報しました12月1日の今中哲二さん&斎藤征二さんの講演会は、主催者の都合により延期となりました。今後の予定はおってお知らせします


あくまでも可能性の話である。

今、日本のそんじょそこらの従米諸氏にとっては驚天動地の大転換が始まろうとしているのではないか。

これまで米国は、イラン、北朝鮮を仮想敵とする戦略をとってきた。
ソ連と中国という「共産主義」国を敵とする冷戦時代がソ連崩壊と共に終わり、さらには中国が最大の米国の支え(米国債保有国)となって以来、米国の戦争経済は対中東と対北朝鮮という二正面を仮想敵としてきた。

しかし、米国経済と財政の深刻化は、二正面作戦を続けて行くことを許さず、中東だけも米国単独では担いきれなくなっている。まして、中国の影響下にある北朝鮮など、米国にとってはどうでもいい存在になってきた。

そこでオバマ政権がとった方針は、日本に中国とは手打ちをさせて、中東に軍隊(自衛隊)を出させることだった。アジア~中東の米軍の肩代わりを、日本軍(自衛隊)が行う。その地域の米軍の費用は日本に出させるということも考えているだろう。
それがまさに、集団的自衛権であり、日本版NSCであり、特定秘密保護法、のはずだった。

ところが・・・

日本という国は、国粋右翼が米国に育成されるというワケの分からない国であり、米国のお墨付きでノビノビと国粋右翼を気取っていることができた。
靖国参拝も、嫌中嫌韓も、憲法改正も、核武装も、好きなように吹きまくってきた。自分が過保護の甘ったれ坊主だという自覚もなしに。

この連中は、これまで甘やかし放題だった自分の保護者が、ガラッと態度を変えたことに、いまだに気がついていない。これまでと同じことを言っているのに、なんで怒られるのかまったくわからない。
甘ったれのハネッカエリは、ことさらに中国を敵扱いしていきがっている。

しかし今や、オバマ政権のみならず、これまで従米右翼をヨシヨシと子飼いにしてきたジャパンハンドラーズまでが、いい加減にしろと激怒しはじめている。


アーミテージ氏:自民幹部に「慰安婦問題に触れないで」
毎日新聞 2013年11月01日

 来日中のアーミテージ元米国務副長官が自民党幹部と東京都内で会談し、歴史認識問題を巡って「従軍慰安婦問題に触れないでほしい」として強い懸念を伝えていたことが31日分かった。安倍晋三首相の靖国神社参拝に関しても「これまで積み上げたものを全て壊すインパクトがある」と強調した。

 日中、日韓関係の悪化を憂慮する米政府内の雰囲気を間接的に伝えたものだ。会談に同席した米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)幹部は慰安婦問題について「米政界のロビー活動は韓国が上手だ。日本が強硬姿勢を続ければ米議会が背を向ける」と指摘。旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し論が高まれば、日米関係にも悪影響を与えかねないと警告した。

(引用以上)

これは驚きの事態である。
従米であればあるほど、その正体を隠すためにも右翼を気取るというおきまりのパターンを、彼らの飼い主とも言うべきアーミテージが真っ向から否定したのである。

おなじ従米でも小泉のような機を見るに敏な人間であれば、パッと身を翻して見せるのだろうが、ほとんどの従米右翼は徹底的に甘やかされているので、大転換がおきると対応できない。
不適切な言葉で表すならば、バカなのである。

アーミテージの言葉が本気ならば、そこで言われていることは、

「このままだと、お前たちは米国の敵になるぞ」
「お前たちも 枢軸国だということを忘れるな」

ということだ。

このロジック自体は目新しいものではなく、そもそも米国が「国粋」右翼を飼ってきた理由でもある。
つまり、国粋右翼は米国が日本全体を恫喝するためのネタとして存在してきたのだ。
しかし、今回のアーミテージの恫喝は、国民を黙らせるために言ったのではなく、むしろ密かに権力中枢に伝えられている。毎日の報道もベタ記事に過ぎない。記事としての扱いが小さいからこそ、大事件なのである。

これまでは恫喝のネタとして飼ってきたが、もう邪魔だから消えろ、と言われた従米右翼が、おとなしく退場するなり転向するなりすれば、日本は米軍の補完勢力として駆り出されるコースを歩むだろう。

しかし、安倍晋三を含めて従米右翼が今の「だだっ子」ぶりを修正できないままならば、日本はイラン、北朝鮮にかわる米国の仮想敵国になる可能性が高い。

■■

そんなバカな と思われるだろうか?

迷ったときは、一番明瞭な指標を見ればいい。
日本一明瞭な従米は誰か。それは言うまでもなく、竹中平蔵であり、小泉純一郎だ。
恥も外聞も思想もないという意味で、若干の利権部分を差し引けば、そのまんまジャパンハンドラーズの意向が透けて見える。

その意味で、小泉の脱原発は、極めて意味深長だ。
日本に先んじて悪の枢軸に指定された国では何がおきているか。それはまさに、原発開発を巡っての争いだ。
核開発と言い換えれば耳慣れているかもしれない。

米国は、仮想敵国には決して原発を許さない。
そして、今、日本においては最も忠実な従米小泉が、即時脱原発を唐突に叫んでいるのである。
小泉以上に下半身丸出しの竹中平蔵もまた、消極的ながら原発には否定的な発言をしている。
アベノミクスの成長戦略に原発の活用を入れることにも、竹中は反対していた。

一方で、CSISのハムレ所長が経産省で講演し「原発再稼働日本に不可欠」と言ってみたりして、原発については米国側も一枚岩ではない。
が、むしろ、米国側が日本の原発にどのように対応するかによって、日本が米軍補完勢力になるのか、仮想敵になるのかが見えてくる。今はまだ、はっきりとどちらと言える段階には至っていない。

言うまでもないが、私は即時原発を停止し、廃炉方針を決定すべきだと、もちろん思っている。
その限りにおいて、小泉の言っていることはほぼ完全に正しい。
しかし、北朝鮮やイランに対して米国が言っていることも、まさに反原発、禁原発なのだということを理解しておく必要がある。
同じ主張であっても、まったく違う理由から発せられることがあると言うことだ。

私がなぜここまで思い至ったかというと、小泉が「日本国内で最終処分場は無理だ」と言い始めたからだ。当初は「処分場がないから即時ゼロ」とだけ言っていたので、てっきり福島に最終処分場を作らせるための前振りなのだと思っていた。
ところが、社民党と会談したあたりから「日本に処分場は無理」と言い出したので、小泉の狙いがよく分からなくなった。で、じっと様子を見ながら考えてきた。

そこに飛び込んできたのが、上記のアーミテージの発言(恫喝)と、もうひとつ、ニューヨーク・タイムズの社説だ。


NYタイムズ 社説で「日本版NSC」「秘密保護法」断罪の波紋
2013年11月 日刊ゲンダイ


 安倍首相が成立に躍起になっている「日本版NSC設置法」と「特定秘密保護法」。言うまでもなく、米国の“猿マネ”だが、その米国のメディアがこの法案を断罪した。それも記者個人のオピニオンではなく「社説」でだ。

 米ニューヨーク・タイムズ(電子版)の29日の社説のタイトルは「日本の反自由主義的秘密法」。記事では、<日本政府が準備している秘密法は国民の知る権利を土台から壊す><何が秘密なのかのガイドラインがなく、政府は不都合な情報を何でも秘密にできる><公務員が秘密を漏らすと禁錮10年の刑になる可能性があるため、公開より秘密にするインセンティブが働く><不当な取材をした記者も最高5年の懲役><日本の新聞は、記者と公務員の間のコミュニケーションが著しく低下すると危惧している><世論はこの法律に懐疑的>――と問題点を列挙している。

 ただ、ここまでは朝日や毎日など日本の一部新聞の主張と同じだが、NYタイムズはさらに踏み込んだ批判を展開。秘密保護法とセットの「日本版NSC」の事務局である国家安全保障局に「総括」「同盟・友好国」「中国・北朝鮮」「その他(中東など)」「戦略」「情報」の6部門が設置されることを問題視して、こう書くのだ。

<6部門の1つが中国と北朝鮮。他は同盟国やその他という分類なのに、である。こうした動きは、安倍政権の中国への対立姿勢やタカ派外交姿勢を反映しており、これが市民の自由を傷つけ、東アジアにおいて日本政府への不信感をさらに高めることになる>

 日本版NSCと秘密保護法がアジアの安定を脅かす可能性にまで言及しているのである。

(引用以上)

NYタイムズの原文→ http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/international/japans-illiberal-secrecy-law.html?_r=1&

さらに、大きな話題としては、キャロライン・ケネディの大使就任である。
これまでジャパンハンドラーズに丸投げだった日本に、オバマは自分に非常に近い人間をあてた。
キャロライン個人にどれくらいの力量があるのかはわからないが、ケネディ家の権威において、はぐれ者(ハンドラーズ)の勝手はもう許さないという宣言に他ならない。

■■

当面は、「日本は跳ね返りをやめて、おとなしく金と軍隊を差し出せ」という脅迫が続くだろう。
それに対して、安倍晋三がシリアの時のように逃げ回り、反中国の右翼ポーズをとり続けるならば、オバマは容赦なく日本を仮想敵国に仕立て上げるだろう。

あるいは、小泉や竹中なんかが勢力を獲得し、安倍の支持層である右翼を押さえ込んで純粋従米を貫くならば、日本は米国経済の草刈り場となり、自衛隊は中東戦争に駆り出されていくだろう。

いまのところ、どっちに転ぶかは50:50のような気がするが、どっちの50%になってもろくな未来ではない。今は0%の中から未来を引っ張り出さないと、生きていけるような気がしない。

せめてキャスティングボートを握れるくらいの力があれば、やりようもあるのだろうが、今のところゼロとしか言いようがない。どっちに着くとかいっても、社民党のように、小泉にすり寄ってあしらわれるのがオチだ。
せめて草刈り場にだけはならないこと、民主主義の可能性を根絶させないこと、戦争だけは絶対に回避すること。
そんなギリギリの最終ラインを、どうやって守りきるか。

その答は霧の中ではあるが、少なくとも安倍に媚びたり、小泉ににじり寄ったりすることではないと思う。
周知のように、地方選挙では自民党は連戦連敗している。原発が爆発した後で自民党を圧勝させた日本人ではあるけれども、実は何も考えていないわけではない。
国政が自分のことだと思っていないだけだ。そういう洗脳から自由になっていないだけだ。

地方選挙は自分たちの暮らしを左右する実感があるが、国政選挙は「お殿様の人気投票」という感覚が抜けないのだろう。いい殿様とわるい殿様は比較しても、殿様じゃないものは比較対象にすらならないのだ。

そんなこんなで、総選挙と参院選挙の結果を見ると、もう絶望的になりそうなのだが、しかしそれでも、唯一の正解は「民に依拠する」ということだ。
政治家や一部の活動家が黙々とがんばっても、どうなるものでもない。民に訴え、民に頼る以外に道は無い。

そのためには、言葉を獲得することだ。
私たちは、共通の日本語を話しているようでいて、肝心なことが通じないように仕組まれている。
そうした隠れた分断政策を乗り越えて、共通の言葉、自分たちの言葉を獲得しよう。

 → バベルの塔について

少し時間はかかるけれども、存在すれども姿の見えない日本の民の「力」を発揮するには、それしか方法はないのではないかと思っている。

そうこう言っているうちに、事態は悪い方へ悪い方へと進行していくのは目に見えている。
焦る。
焦るけれども、有効打をさぐって前に進むことしか、生身の人間である私には考えつかない。

もちろん仕事をしなくてはならない、子どもや家族の時間を大事にしたい、酒だって飲みたい、そんな普通の私たちが何を出来るのか。探りながら実践していくしかない。

■■

※申し訳ありません。下記の集会は延期になりました。今後の予定はおってお知らせします

そんな想いの一環として、下記のイベントを行う。
私も世話人に加わっている 避難者と未来をつくる会 の主催である。

日時 2013年12月1日(日) 午後1時30分から16時30分
場所 弁天町・大阪市生涯学習センター
主催 「避難者と未来をつくる会」
講演
 ① 「福島原発事故の今とこれから」
   講師 今中哲二(京都大学原子炉実験所助教)
 ② 「被曝労働の実態と課題」
    講師 斎藤征二(元敦賀原発労働者)
その他 資料代 1000円
連絡先 hinan_kansai@yahoo.co.jp
    070-5669-3545(黒河内)

公式ブログ http://miraiwotsukurukai.blog.fc2.com/

詳しくはまた日を改めて。
関西の方はぜひ、12月1日(日)の午後、時間を空けておいていただきたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2013-11-12(Tue)

11/23「河野談話」「村山談話」に関する集会 & バベルの塔について

ここしばらく 恐ろしく忙しくてブログが書けなかった。
恐ろしいのは世の動きのほうだ、と分かってはいたんだけど、やはり目先の仕事が詰まってくると優先せざるを得ない。一個人にできることなんてこんなもんだ。

と愚痴をグチグチ言いながら、一段落したので、ブログを再開したい。


まず、服部良一さんたちが主催する下記の集会のお知らせから。
いわゆる「河野談話」と「村山談話」について。

日本の戦争責任を、どう認識し、どう表現し、どう先に進んでいくのか、という最も根本的な問題にかかわる集会だ。
どのくらい深い内容になるのかは、私は主催者じゃないのではっきり言って分からない。
社民党系の人たちだけで楽屋落ちにならずに、保守リベラルの人たちにもちゃんと訴求して理解できる内容になればいいな と思っている。

そんな期待を込めて、ここで紹介したい。もちろん私も参加する。

■■■

「 歴 史 の 真 実 は ひ と つ 」
談話はいかにしてつくられたのか、そしていかに引き継ぐか
― 侵略  「慰安婦」  植民地支配 ―

日時  11月23日(土) 午後1時開場 午後1時30分開演(4時30分閉会予定)
場所  クレオ大阪東ホール(最寄駅:JR京橋、京阪京橋)
     http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
参加費 1000円
出演者 村山富市さん(元内閣総理大臣)、佐高信さん(評論家)
     ※河野洋平さん(元衆議院議長)に出演要請中
特別報告
猿田佐世さん(NDイニシアティブ事務局長)
「安倍首相の歴史認識に対する米国世論の動向」

主催 東アジア青年交流プロジェクト  http://easiapt.jimdo.com/
協賛団体 市民社会フォーラム、日本軍「慰安婦」問題関西ネットワーク、 朝鮮学校無償かを求める連絡会・大阪、アイ女性会議・大阪、緑の大阪

20131112-1.jpg

■■■

前置きでもちょっと書いたのだが、ここ1年半ほどのあいだで、ほとんど同じことを求めている人たちのあいだで、なんでこんなに言葉が通じないんだということを何回も経験した。
もうほんとに、不思議なくらい。一見同じ日本語のようでいて、鼓膜から奥では意味が通じていない。

それも、不倶戴天の敵同士ならば分からなくも無いが、少なくとも今は仲間と言ってもいいようなあいだで、いやあいだだからこそ通じない。

こういう光景を見る度に、バベルの塔を思い出す。もちろん、ゲームじゃなくって本物(?)のほう。  
 
20131112-2.pngバベルの塔の神話とは、ウィキペディアによればこういう要旨らしい。

もともと人々は同じ1つの言葉を話していた。人々は東に移住し、シンアルの野に集まった。彼らは煉瓦とアスファルトを発明した。
神はノアの息子たちに世界の各地を与え、そこに住むよう命じていた。しかし人々は、これら新技術を用いて天まで届く塔をつくり、人間が各地に散るのを免れようと考えた。
エホバは降臨してこの塔を見「人間は言葉が同じなため、このようなことを始めた。人々の言語を乱し、通じない違う言葉を話させるようにしよう」と言った。このため、人間たちは混乱し、塔の建設をやめ、世界各地へ散らばっていった。
(引用以上)

なんだか、いまの自分たちの状況を彷彿とさせるではないか。もちろん、バラバラにしてくれちゃったのは、エホバではないけれど。

考えてみれば、民衆を反抗できないように分裂支配するというのは、支配する側の常套手段だ。日本だけの特殊ケースじゃない。
日本で特殊なのは、バラバラにされ支配される側が、あまりにもそれに無自覚だと言うこと。

このへんについては、1ヶ月前のこの記事を読んでほしい

右と左という宿痾

共産党系の排他性しかり、社民党系の楽屋落ちしかり、小沢グループの自閉傾向もしかり。
政策をみれば、小泉の脱原発に飛びつくよりもはるかに親和性が高いのに、ギスギスギスギス。

少なくとも社民系と小沢グループは、当面の政策ではほとんど同じ。しかも、お互いに必ずしも忌み嫌っているわけではなく、それなりにリスペクトしている。
にもかかわらず、言葉は優しく空しく宙に消えていくのである。

こんなことをいつまで続けているのか。
マッカーサーの亡霊に操られるのは、もういい加減にやめよう。

右翼と左翼、保守と革新。本当に大事なことではない切り口で、民衆は分断されてきた。
本当に大事なことは、人(何人であろうと)の命を大事に思うこと、信義を守ること。
その切り口で分けることを恐れ、あえて右と左に分裂させ、それぞれに違う言葉を与え、理解できないようにした。
それが、マッカーサーとその後裔たちの手法だ。

お互いの言葉が心に届かないとしたら、それは相手が悪いのではなく、そのように作られてきたのだと自覚しよう。
そして、最初は身振り手振りでも良いから、信頼関係と共通の言葉を獲得しよう。

社民党系と小沢グループと言うとごく一部の話のようだが、もっと広く全国民にこの「分裂」は広がっている。
そして今では、どちらの言葉も理解しない、分裂の外に身を置く人のほうが圧倒的に多い。

「外」まで届く言葉を獲得するためにも、まずは自覚し克服する先見的な経験を、私は社民党系と小沢グループのあいだで実現できないのかと、ずっと思っている。  のだが・・・・

戦争責任についての議論は、その意味では格好の話題である。
お互いの違いを認めることから始まって、お互いに思いやりのある、高めあう議論をすることを、ぜひとも経験してみたい。

渡辺義彦さん言うところの「のりしろ」のある議論を獲得しよう。

上記で紹介した「談話」に関する集会が、そのきっかけになるのかどうかは分からないが、まずは期待を込めてぜひ多くの人に参加いただきたいと思う。

11月23日13:30 クレオ大阪東で会いましょう




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg