2014-08-30(Sat)

「最後は金目でしょ」と言われて「はいそうです」と回答してしまった福島県知事

福島県の佐藤雄平知事は、今日にも中間貯蔵施設の受け入れを正式に表明し、9月1日にはあろうことかあの石原伸晃と会談して受け入れ回答をするらしい。

県、建設を事実上了承 中間貯蔵施設 30日受け入れ最終判断
福島民報 2014/8/30


せめて石原の首と引き替えにすることすらせず、当の本人に「1000億なら拒否するけど3010億円なら受け入れます」と回答するというのだから、開いた口がふさがらない。

中間貯蔵施設 福島県28日受け入れ表明 地権者2000人と交渉へ
産経新聞 8月22日


この佐藤知事の立候補を待っている「野党」の方々も、よく目を見開かれた方がいい。

さて、感情的なことだけではなく、この中間貯蔵施設というのがどのような意味をもっているのか、時系列で考えてみたい。

2011年3月  福島第一原発事故
2011年12月 国が県と町村に検討を要請
2012年11月 県が調査の受入表明
2012年12月 反対する双葉町の井戸川町長に不信任決議
2013年4月  現地調査開始
2013年12月 国が県と町に受け入れ要請
2014年6月  石原環境相「最後は金目でしょ」
2014年8月  福島県が受け入れ決定

という流れなのだが、ここにもう一つの流れを重ねるとこうなる。
少々煩雑だが、目を通していただきたい。

2009年3月  楢葉町が使用済み核燃料の最終処分場に応募
2011年3月  福島第一原発事故
2011年7月  モンゴルに最終処分場の話が浮上するも拒否される
2011年12月 国が県と町村に検討を要請
2012年1月  六カ所の再処理工場が目処たたずと報道
2012年8月  経産省 再処理しない直接処分の研究へ
2012年9月  青森県 「原発ゼロなら核廃棄物拒否も」

2012年11月 県が調査の受入表明
2012年12月 反対する双葉町の井戸川町長に不信任決議
2013年4月  現地調査開始
2013年12月 核最終処分場 国の責任で候補地提示の方針
2013年12月 国が県と町に受け入れ要請
2014年1月  原子力学会「放射性廃棄物地層処分の学際的評価
2014年5月  放射性廃棄物WG中間とりまとめ 発表

2014年6月  石原環境相「最後は金目でしょ」
2014年8月  福島県が受け入れ決定

オレンジ色が使用済み核燃料の最終処分に関する問題。 黒い字は除染で出た物質の中間貯蔵施設に関することだ。

注目すべきは、
① 楢葉町はもともと2009年に最終処分場候補として手を上げていたということ。
② 震災直後にモンゴルへ移動させる計画を日米でしたけれども、モンゴルに拒否されたと言うこと。
③ 六ヶ所村の再処理工場が全然目処が立たない。

③について少し説明を加えると、再処理を口実に六カ所には膨大な使用済み核燃料が実質的に中間貯蔵されている。もし、再処理が無理とか、青森県がもう嫌だとか言いだしたら、この膨大な核ゴミの行き場が無くなるのだ。

こうした使用済み核燃料の最終処分場の問題と並行して、いわゆる除染物質の中間貯蔵施設の話は進められている。
即死はしないレベルの放射性破棄物であったとしても、一度廃棄場になった場所が、何年かたってから他の場所に移しますなんてことになるのは、まず考えられない。絶対と言ってもいいほどだ。

なし崩しに、徐々に高いレベルの廃棄物が捨てられ、近い将来には使用済み核燃料の最終処分場にされていくことは、ほぼ間違いないのではないだろうか。

■■

今年1月に発表された原子力学会の「放射性廃棄物地層処分の学際的評価」 を見ると、まず執筆責任者が 田中知 と書いてあることに気がつく。

次に26Pを見ると、こんなことが書いてある

「原子力の恩恵を受けた現世代の責任」を果たす方法には、本来は多様な選択肢がありうる。例えば、(略) 地層処分を段階的に進めることで現世代の責任と将来世代の選択権を両立しうることを示した例がある。これは、現世代が地層処分の完了までの道筋を一括して決定することこそが将来世代の責任を軽減するものだとする考え方とは異なるが、どちらも、将来世代に対する現世代の責任を真剣に考えた末に導かれる結論である。
(引用以上)

要するに、「放射能が消えるまで道筋を一括して決定するのではなく、とりあえず埋めるところまでが「原子力の恩恵を受けた世代」の責任で、あとのことは将来世代にお任せだぜ!」 ということだ。 さすが田中知さんだけある。

また30Pには、学際的な協働の目標として、こんな文章がある。実に回りくどいので、改行を入れておく。

そもそもは活断層の存否について専門的な見解を示すことが求められたはずの専門家の判断が、わが国の原子力発電利用の今後についての大局的な判断に直結しかねないような状況が見受けられる。

科学技術に関する重要な社会的意思決定においては、専門家の学際的な協働が社会の多面的な議論に役立つことが求められる。しかし、現状では、そうした活動を促し、その成果を適切に活かす仕組みの整備は十分とはいえない。

高レベル放射性廃棄物処分に関する学際的な協働の最終的な目標は、科学技術に関連する研究や技術開発だけでなく、人文・社会科学分野での研究も継続して実施し、それらを常に相互に参照して学知の質を高めて行くことで、多様な社会の要求と科学技術的な実現性を少しでも高次に両立した解を追求することなのである。

(引用以上)

要するに、「科学技術で危ないと判断されても、「人文・社会科学」的な観点から実現しちゃえ!」ってことだ。 う~ん さすが田中知さんだ。

こうして、もうゴチャゴチャ言わずに、処分地を国が決めて、「人文・社会科学」的な観点で作るんだという動きが、今年に入って猛烈に加速していく。

■■

昨年12月に示された 「候補地は国が決める」 という方針は、4月のエネルギー基本計画で閣議決定され、5月には
 放射性廃棄物WG中間とりまとめ という形でまとめられた。

概略が下記の資源エネルギー庁の資料の10Pに出ている

高レベル放射性廃棄物の最終処分に向けた取組の見直しについて

これまでのようにNUMOが公募して自治体が手を上げる式ではなく、国が科学的により適性が高いと考えられる地域=科学的有望地をパキッと示す ということだ。
有望さは科学的に判断し、リスクは「人文・社会科学」的に無視することで、とっとと決めてしまえということになっている。

こうした流れの中で、ふくいち地元自治体での中間貯蔵施設の話は進められている。
除染物質の中間貯蔵施設が、使用済み核燃料の最終処分場になるまで、何年の猶予があるだろうか。

これはただの思いつきで言っているのではない。
より詳しい検討を2011年に書いているので、もし見ておられない方は読んで見ていただきたい。

原発推進の正体は「日本列島を核の墓場にする計画」だったのではないか(2011.4.1)


「フクシマを核処分場にする計画」を改めて検証してみる (2011.5.21)

脱原発・脱被曝を言う人々の中でも、「使用済み核燃料はふくいちの周りに埋めるしかない」と言う人が多い。
私はそうは思わない。それはモラルハザードだ。原発を立地に押しつけ、基地を沖縄に押しつけてきた価値観を、自ら認めることになる。
多数の快適のためには少数は犠牲になれ。これを、横暴な権力に抵抗している人たちまでが認めてしまったら、この国の最後の光が無くなる。

怖い、イヤだ、というエゴイスティックな、でもある意味当然な感情も含めて、真剣に話し合う必要がある。たたき合うのではなく。

■■

とまあ それにつけても、やはり政治を何とかしなくては、いくらここで文句を言っても田作の歯ぎしりになる。
歯ぎしりの快感に酔うのが好きな方はともかくも、私はそれは好きじゃない。

同意していただける方には、ぜひこちらに参加してもらいたい。
小沢支持者だけでなく、「小沢一郎なんて嫌い、だけどやっぱ気になる」という方にこそ、ぜひともナマオザワを見に来ていただきたい。 会場からの質問も受けるので、例えば福島県知事選のことを質問されるのもいいかもしれない。 

名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」
日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
場 所 大阪市北区民センター
          
大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
入場料 500円
主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
       公式ブログ http://seikatu-forum.blog.jp/
申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、ご連絡先をメール、FAX、お電話でお知らせ下さい。
 メール:info@mei-getsu.com FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)

 20130209-4.jpg予約なしでも入れますが、準備の都合上、できるだけ事前に申し込んでください











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2014-08-22(Fri)

人材大募集(ただし無給です)

ブラックバイトの募集ではありません。 9月13日に小沢一郎さんの講演会を開催する生活フォーラム関西の、事務局作業を分担していただける方を大募集です。

生活フォーラム関西は、小沢氏の理念を大事に考えています。代表世話人の渡辺さんを始め、現職や元職の国会議員の方々のご協力もいただいています。
しかし、あくまで実体は市民運動にすぎません。すぎません、というのは不適当で、市民が主体になって進めている自立的な運動です。

あたりまえの話ですが、市民運動は誰かがやってくれる運動ではありません。「自分がやらなければ潰え去る」というのが市民運動の本質です。 もちろん、まずはやる気が何より大事です。 そして、そのやる気を時間とスキルに変えて行動することが必要です。

こんな方を大募集中です
「国民の生活が第一」「もう一度政権交代」を熱く願っている方。
1日1時間とか、週に半日とか、時間を費やして活動できる方。
事務作業や文章作成やネットでの作業など、一定のジャンルを分担していただける方
大阪まで出てくるのにあまり大きな負担のない方

会社組織に例えると、営業部、広報部、総務人事部、渉外部、経理部などなど、こういう組織でも必要です。経理部だけはきちんと処理されていますが、それ以外はまだまだこれからです。
よし、やったるで という方は、ぜひともご連絡下さい。 (info@mei-getsu.com 山岸)

旧知の方はもちろん大歓迎ですし、今までお会いしたことのない方も、この機会にぜひお話しさせていただければと思います。 

お待ちしています!!!

9月13日は以下の通り開催します
名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」
日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
場 所 大阪市北区民センター
          
大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
入場料 500円
主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
       公式ブログ http://seikatu-forum.blog.jp/
申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、ご連絡先をメール、FAX、お電話でお知らせ下さい。
 メール:info@mei-getsu.com FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2014-08-15(Fri)

70回目の敗戦

70回目の敗戦の日だ。

69年前の今日、日本人は何を思ったのだろう。
「負けて悔しい」「負けて良かった」

たぶん、軍人以外の多くの人々は「負けて良かった」と思ったのではないか。
テレビなどでは「終わった」と言って喜ぶシーンが良く出てくるが、当時の人が「負けた」という認識が無かったとは思えない。
実際の多数派は 「負けたけど 戦争が終わって良かった!」 ということだろう。

ところが、この「負けた」という厳然たる事実を、敗者も勝者も誤魔化し隠そうとする。
そしてできた言葉が 「終戦の日」だ。

「負けて悔しい」(だからもう一回やって勝ってやる)という狂信的な人々は決して少なくはなかった。その系譜は現代にも引き継がれている。
もちろん勝者(アメリカ)は、この連中の勢いが復活することを望まなかった。 屈辱感を呼び覚ます「敗戦」ということばを、感情のない「終戦」という言葉に入れ替えたのは、そのためだったのだろう。

しかし、勝者は「負けて悔しい」連中を根絶やしにはしなかった。あえて生きながらえさせ、当時の最大の脅威であった共産主義革命に対する対抗勢力として背後から応援した。 その流れに自民党の源流のひとつはある。
反米の牙を抜かれ、いつのまにやら米国の飼い犬になっていった日本の右翼。その象徴が、「終戦」という言葉である。

一方で、「負けて良かった」「負けたけど良かった」と思った勢力はどうなったか。
ここでもまた「負けた」という事実は覆い隠された。 「負けた」ということは実質的に植民地になるということであり、その政策は占領直後から着々と進められた。
このあたりは ベストセラーになった孫崎享氏の「戦後史の正体」に詳しい。もしまだ読んでいない方は、「敗戦の日」を期してぜひ読んでみることをお勧めする。

戦後アメリカの占領政策は 「負けた」「占領」「植民地化」を意識させずに、日本人を羊化するという点に際立った特徴があった。人民の心の底に「恨み」を残さずに、疑似楽園のような植民地にする。ただし、はみ出したものは容赦なく抹殺する。こうして多くの日本人は、「負けた」ことを忘れ、その結果として植民地化されていることを意識せず、羊飼いの意志を忖度して自ら行動する理想的な植民地を作り上げた。

8月15日を「終戦の日」と言って迎える度に、私たちは占領を祝福し、植民地化を言祝いできたのだ。
それは過去の「敗戦」を記念する日ではなく、今現在の「敗戦=占領」を粛々と受け入れる儀式なのだ。
今日は、その70回目の「敗戦」だ。

■■

その一方で、「負けて良かった」の「良かった」のほうを、かき消そうという動きがはげしい。

「負けて悔しい」と言っていた連中は、負けたという事実を去勢され、行き場のない「悔しさ」を 「戦争をできないこと」に向けている。 「負けて悔しい」ならば、せめてその矛先をアメリカに向ければいいものを、その根性のないヘタレ右翼は、アメリカの尻馬に乗っかって戦争ごっこをやることでうさ晴らしをしようとしている。

もちろん、これは勝手に騒いでいるのではなく、アメリカがその筋書きを作り、その通りに暴れているだけだ。
野田の「動的防衛力」、そして安倍の「集団的自衛権行使」。 戦争をやりたくても金のないアメリカの代役を自衛隊が演じる。自衛隊どころか、国防軍どころか、米衛隊、米防軍となり果てる。

アメリカに「負けて悔しい」と言っていた連中の末裔が、アメリカ様のために命を献げます、と言っているのだから、この倒錯ぶりはカルト級だ。 もちろん、命というのは自分の命じゃなくて、国民の命だけれども。

「終戦」という言葉には、このカルト級の倒錯を生み出した魔法が込められている。
誤魔化しと歪曲と倒錯の戦後史を 「終戦」ということばは言い表している。

いま私たちは 「負けて良かった」にたち返らなくてはならない。少なくとも「負けたけど(負けないで戦争続けるより)良かった」という地点から始め直さなくてはならない。

アメリカの「アンダーコントロール」で戦争に傾倒する安倍晋三の姿は、私たちの長い長い70年の睡夢を覚ます。
また、疑似楽園植民地は限界を超え、もはや擬似的にも楽園を投影することはできなくなった。

私たちは今、目覚めの時を迎えた。

まだその自覚は充分ではないけれど、それぞれに、バラバラに、脈絡はないが、目覚めつつある。
その覚醒した目を、まだぼんやりと宙をさまよっている視線を、徐々にひとところに集めていく必要がある。

私が、無理をしてでも生活フォーラム関西を進めたいと思っているのはそのためだ。

■■

自営業の私は仕事をしないとメシが食えない。有給休暇などなく、休めばそれだけ稼ぎが減る。
それでもやはり、どうしてもこれだけはやっておかないと後悔する。そう思ってメシの種にならない作業をこなしている。

生活フォーラム関西は、「国民の生活が第一!」という考えと、「もう一度政権交代」という目標を共有する市民の集まりだ。小沢一郎さんを担ぎたいという気持ちは共通しているが、生活の党の応援団というわけでは必ずしもない。
私は言い出しっぺの一人ではあるが、別に事務局長を引き受けたおぼえはない。 のだが、結局気がつけば事務長の如き仕事を抱え込まされ、右往左往している。

正直、なんで・・・と不満たらたらなのだが、それでもやめたくないのは、今やらないと後悔するから。
「左」陣営の人たちは、行動力もあり、発信するスキルもあるので、目覚めた目を集める術をもっている。しかし、それだけでは本当に多くの「目」を結集することはできない。 「保守」と言われてきた 良く言うと安定した、悪く言うと不活発な層を巻き込むグループが必要だ。

松阪市長のピースウィングにも期待しているし、山本太郎さんの存在も大きいと思っている。
しかし、客観的に中心になり得る存在は、やはり小沢一郎さんだと言わざるを得ない。

ただし、「保守」も変わらなくては前に進まないことも確かだ。だいたい、私が小沢グループの市民運動のまとめ役をやっているなんて、おかしいにもほどがある。 私は、小沢氏の秘書が逮捕されたから陸山会に入会したクチだ。
そもそも、このブログを長く読んでくれている方はおわかりと思うが、小沢グループの中では私は極左みたいなもんだ。ぜんぜん中庸でも中道でもない。こんな私のような「偏向」した支持者は、端っこのほうで小さくなっていたいのに・・・

・・・と、愚痴をこぼしつつ、最後に宣伝をしておきたい。

名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」
日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
場 所 大阪市北区民センター
          
大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
入場料 500円
主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
       公式ブログ http://seikatu-forum.blog.jp/
申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、ご連絡先をメール、FAX、お電話でお知らせ下さい。
 メール:info@mei-getsu.com FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)

 20130209-4.jpg予約なしでも入れますが、準備の都合上、できるだけ事前に申し込んでください











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします











2014-08-02(Sat)

松阪市長が呼びかけたピースウイング集会 全編録画公開します

集団的自衛権の解釈改憲について、安倍内閣を集団提訴する準備を進める松阪市長の山中さん。

原告団の募集も含めて、これから左右のウイングを「平和」の一点でつないだ運動を始めようと、ピースウイングという団体を立ち上げた。

そのキックオフ集会が8月1日松阪氏で開かれたので、ひとっ走り行ってきた。
動画の撮影も公開も、どんどんやってほしいと言うことだったので、ここに公開します。

①開会~山中市長の話


②質疑応答や会場からの発言 前半


③質疑応答や会場からの発言 後半 (これだけスマホなので画像粗いです)


内容についてのコメントはまた後日としたい。

一点だけ、私の思いとしては、関西での動きもぜひ連携していきたい。
これまで微力ながら政治市民プロジェクトとして、これまで具体的な交流の無かった左右のウィングをつなげるために活動もしてきた。政権交代虎の穴では、安保と自衛隊について賛否両論を本音で討論する世にも珍しい学習会も実施した。こういうことを通して、意見の違う人たちの間の信頼関係を作りたいという思いからだ。

今、てんやわんやでとり組んでいる生活フォーラム関西は、左右を繫ぐためにも、中心軸が必要だという思いではじめた。活発で口も達者な「左」の方々に比べ、手も口もなかなか出てこない「右」の方々は、しかし数にすれば膨大だ。このいわゆる分厚い保守層に訴えるためには、どうしても小沢さんを中心とした勢力がひとつのグループとして立ち上がる必要があった。
明確な勢力がなければ、他のグループと連携しようにもやりようがない、ということもあった。

そんなわけで、松阪市長の動きは、私の思いにぴったりと重なるものだった。
9月13日の小沢一郎講演会@大阪の取り組みも含めて、注目するだけでなく、実際に連携をしたいと思っている。
(講演会の詳細はこちらに→ 公式ブログ

なにはともあれ、とにかく、ご自分の目と耳で確かめてください


PS 「小沢氏の発想の古さ、市民運動との連携に対する認識の薄さ」から、小沢氏を中心軸にするのは間違いとのコメントがあったので、追記します。

そう感じている人々がいることは百も承知です。私の周りにもたくさんいます。
しかし一方で、今の小沢さんは左過ぎると思っている保守層の人もいるのです。その人たちを切り捨てることは、私は正しいと思いません。

選挙で勝つつもりならば、最大限の「仲間」を見渡して、ちょうど真ん中に小沢さんがいるということです。小沢さんを支持するから意図的に中心に据えようという考えではありません。私は。

しかしもし、大衆蜂起で権力を取るつもりならば、もちろん小沢氏は中心軸ではありえません。要は、どこまでの人たちを「味方」「仲間」と考えるかによって、中心は変わるのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg