2014-09-21(Sun)

喜納昌吉氏の立候補はおかしい (追記あり)

16日に民主党の喜納昌吉氏が沖縄県知事選に、電撃立候補表明した。

その直後に、絶妙のタイミングで植草一秀氏がブログで、翁長雄志氏の立候補は謀略だという説を流した。

また、辺野古に反対などしていなかった大手メディアが、どういう風の吹き回しか「翁長氏は具体的な阻止の方法を明言しない」と言って、一斉に叩きだした。

大手メディアが声をそろえたらアブナイ、ということをいい加減学んだはずの人々が、この件については無条件に信じて、「翁長氏はきっと裏切る」と言い出した。
ウソ吐きメディアよりも「保守」と名のつくもののほうが嫌いなのかもしれない。
小沢一郎氏が何の根拠もない陸山会事件で叩かれたのと、ほぼ同じ構図である。

様々な憶測が頭をよぎるが、憶測を排除しても、何点かの問題点は残る。

① 翁長氏と喜納氏に分裂したら、ほぼ確実に現職の仲井真が勝つ

 説明の必要はないだろう。喜納氏を推す人も、必勝を信じているのではなく、「次につながる潔い敗北」を望んでいるようだ。よほど世事に疎い人でないかぎり、分裂選挙で勝てるとは思わないだろう。
 「努力したけど阻止できませんでした」は許せない、という人が、なぜ選挙では、頑張ったけど負けました を望むのか。私には理解できない。

② 喜納氏では勝てない

 喜納昌吉氏はバリバリの辺野古反対派だろうか。厳然たる事実は、かれは辺野古基地を推進している民主党の県連代表だということ。そして、辺野古を推進する党本部に妥協しながら今日まで民主党の役を続けている。そんな喜納氏が、承認撤回を公約にしたところで、大多数の信任を得ることはあり得ないだろう。
 ここ数年、妥協し続けて戦わなかった男が、「撤回」が「撤回を視野に」になったのはオカシイと叫んでも、多数の沖縄県民の心を打つとは思えない。

 もう一点、民主党を支えるはずの連合沖縄は、喜納氏が表明した次の日、翁長氏推薦を決定している。どう考えても、喜納氏に勝ち目はない。

③ 翁長雄志氏はある意味で筋金入り

 本土の我々はもう忘れているかもしれないが、2007年9月29日に 「沖縄戦「集団自決」の教科書検定意見撤回を求める県民大会」が開かれた。   沖縄タイムスの記事
 この大会の那覇市実行委員長は市長である翁長雄志氏だった。自ら街頭でチラシをまいていたという。

 2009年からは辺野古移設にも反対し続け、喜納氏は妥協して民主党に残ったけれども、翁長氏は一貫して反対を主張し無所属になっている。外野席からは喜納氏が正論に見えるかもしれないが、沖縄の目からはむしろ反対に見えるのではないだろうか。

④ 公有水面埋立法の条文上は、たしかに撤回の規定がない

 埋め立て承認の撤回についての法律上の説明
 http://www.mc-law.jp/mc_soudan/15486/

 ざっくり言うと、この法律は41条までが民間の埋め立て事業について書いてあり、32条に免許の取り消しについても規定がある。
 しかし、国の事業については42条に、民間用の規定の内これとこれとこれは準用する、とまとめて書いてある。そして、その中に32条は含まれない。 つまり、国の埋め立てについては、一度承認してしまうと取り消すための法的な根拠が書いていないのである。

 このように、条文だけで見ると撤回は不可能に見えるけれども、それでも県民の声として尊重してなんとか追求しようというのだから、これ以上何を言えというのだろうか。

⑤ 本当に闘ってきた人々から翁長氏批判=喜納氏擁立の声は無い

 喜納氏の立候補表明以来、何人かの人々の発言に注意している。
糸数慶子議員、玉城デニー議員、稲嶺進名護市長、伊波洋一さん、真喜志好一さん、などなど。今のところ、現地で命がけで闘っている人から、翁長氏では不安だから喜納氏に乗り換えようというような発言は、まったく聞かれない。

 ゴリゴリの保守の翁長氏を保革連合で擁立すると決めたときから、ある程度のことは織り込み済みだったのではないか。むしろ、相談した上で表明会見をしたのではないのか。
 本気で闘っている人ほど、「埋め立て承認の撤回」がどれくらいの困難があるのか、リアルに見えているはずだ。もちろん可能性は最大限追求するにしても、ここだけに一点集中することはむしろ避けるのではないだろうか。

新潟県の泉田知事が脱原発を口にせずに東電と対峙している姿に対して、「明言しないからいつか裏切る」と言う人はいないのに、翁長氏に対しては、メディアや外野が憶測で「きっと裏切る」と批判する。
この構図に、私は納得できない。

⑥ 9/20辺野古浜に5500人が大結集したが

 翁長氏は参加して登壇した。喜納氏は?

⑦(追記) 県議会で「辺野古中止意見書」の採決で、民主党県連の代表代行は賛成せず

民主党沖縄県連の代表代行である新垣安弘氏は唯一の民主党の県会議員だ。
その新垣代表代行は、9月3日に可決された「辺野古でのボーリング調査等の強行に抗議し,新基地建設工事の即時中止を求める意見書」の採決にあたり、議場から退出して「不在」。公明党まで賛成したのに、民主県連代表代行は賛成せずに逃亡したのである

証拠→ http://www.pref.okinawa.jp/site/gikai/documents/h260903sannpi.pdf

喜納昌吉氏は、県連代表である自分を代行する立場にある新垣氏が、「即時中止を求める意見書」に賛成せずに議場から逃げ出したことを不問に付すのだろうか? もし喜納氏が本当に辺野古反対なら新垣氏を即刻除名すべきだろう。


結局、現地ではあまり相手にされていない喜納昌吉氏の立候補表明を、本土の人間が「翁長謀略論」にしたてて、触れ回っているという構図なのではないか。

喜納氏がもっと知名度の無い人だったら、笑い話ですませるようなことかもしれないが、幸か不幸か全国区の知名度を誇る人だけに、無視できない程度の票は持っていく。もちろん、そのすべては仲井真ではなく翁長氏から奪うのである。

少なくとも、マスメディアや植草氏のブログだけで判断するのではなく、原本をあたって、自分の目で判断するべきだ。
表現が後退しているということは確かではある。それも含めて、票を割って自決してでも喜納氏を支持すべきかどうか、判断すべきだ。

知事選に臨む基本姿勢および組織協定
 4月6日 http://okinawakenroren.org/kanrinin/chijisen.html
 9月13日 http://blog.goo.ne.jp/sugito-jcp/e/d6d8c7c0f1a4e2a18301b4f73b5aeb5a

9月13日 翁長氏の出馬記者会見の全文文字おこし
 http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html

埋め立て承認の撤回についての法律上の説明 (再掲)
 http://www.mc-law.jp/mc_soudan/15486/


中には、日米安保を肯定するものは基地反対を闘えない、などという極論を言う人もいる。これは、そもそも今回の保革連合を根底から否定することであり、喜納氏の出馬とは関係なく、勝とうが負けようが結果なんて知らないが保守とは組まないという無責任な発言だ。

自分が正しいと思うことを言い続ければいい。それで世の中がどうなろうと知ったことじゃない。という人が多いことに、最近愕然とすることが多い。

最後に、2012年の翁長氏のインタビュー記事をリンクしておく。

翁長雄志さんに聞く 沖縄の保守が突きつけるもの(朝日新聞)

翁長氏を諸手を挙げて持ち上げるものではないが、今現在選択できるベストは何か。 植草氏のいう「翁長氏謀略論」に夢中になっている方は、一度冷静になって考えていただきたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします







2014-09-16(Tue)

小沢一郎さんの講演会を終えて

先週の土曜日、小沢一郎氏講演会@大阪が無事終了。小沢氏をはじめ関係各位、そして約450名の来場者の皆さんにも感謝いたします。

集会の内容については、下記の映像をご確認ください。
(よろしければ、どんどん拡散して下さい)



終わって直後の私の感想は、会場でも少し発言し、ツイッターでも書いたように

小沢一郎氏講演会@大阪は約450名の参加で、主催者の予想以上の盛会でした。ただ、小沢さんの話を聞いて「いい話だったねえ」と言うだけでは何も変わりません。超能力者じゃないので、念じるだけでは安倍政権はびくともしません。民主主義は民が主。政治家頼みの政主主義は民主主義ではありません。

ということ。

集まった450人の中から、何人本気の人が出てくるのか。そこがこの集会が成功したかどうかの分かれ目だろう。たくさん集まったのは小沢さんの知名度であって、集会の成否とは別物と思っておかなくてはならない。

また一方で、「小沢さんの話は新鮮味がない」という意見も聞かれた。
次の一手、政界再編の妙手を期待してきた人には、そのように聞こえたかもしれない。

しかし、小沢さんという人は、私の目から見る限りでは「戦略の人」、もっと言うと「戦略だけで戦術を言わない人」なのだ。
大戦略を繰り返し繰り返し語って、それを進めるための戦術は「自分で考えろ」というのである。

それが良いのか悪いのかはともかく、「ではどうするか」は自分で考えなくてはならない。手とり足とりはしてくれないのだ。
戦術や戦法にこだわって、戦略が見えない人が日本では圧倒的に多い。だからこそ、小沢氏の存在価値は大きいと私は思っているのだけれども、戦術と実践に充実感を感じる人々には、一般論であたりまえのことしか言わない、と聞こえるのはわからなくもない。

ここはすごく大事なところで、現場で頑張っている人たちは小沢氏の「戦略」という概念が理解されず「一般論」に聞こえてしまい、共闘の機会を失っている。長年の小沢支持者には、「戦略」が「ご託宣」に聞こえて自分で戦術を考えようとしない。
まさに、今私が一番問題だと思っていることが、典型的に表れている。

やはり、小沢さんのほうからも、もうちょっと両者に向けてシナプスを伸ばしてもらわないと、閉塞を打破していくのは難しいと思う。このあたりの問題意識を、小沢さんに直接ぶつけてみたかったのだけれども、翌日早朝からNHKの日曜討論に出演とのことで、残念ながら8時過ぎには会場を出ていかれてしまった。少し落ち着いたら、お手紙を出してみようと思っている。

ともあれ、生活フォーラム関西は船出した。してしまった。
たぶん、10人の本気の行動力が集まったら、すごいことができる。
熱い気持ち、鋭い発想はもちろん必要不可欠だが、それにプラスして、行動力がなければやはり何も実現できない。
出航した船が、どこまで航行できるのかは、ここにかかっている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2014-09-09(Tue)

民主主義の「読み書きそろばん」

小沢一郎さんが口癖のように言うのが 「この国に民主主義を根付かせる」 ということです。

逆に言えば 「この国にはまだマトモな民主主義はない」 とも取れます。たしかに、戦後民主主義と言われる時代を通じて、どうも民主的に政権が運営されたことは無かったように見えます。

では、どうしたら 「この国に民主主義を根付かせる」 ことができるのでしょう。
小沢さんに「なんとかして」とお願いするのではなく、私たち自身がそのことを身にしみて考えなくてはならないと思います。

■■

おそらく、三つのステップがあるのだと思います。

一歩目は、考えることです。あるいは、気がつくことです。オカシイことはオカシイと。
これは、3.11で多くの国民が変わりました。3.11の後の選挙や政治の流れは最悪ですが、にもかかわらず、やはり日本人の意識はあれで変わった、と確信します。

二歩目は、行動に参加してみることです。たとえば、今度の小沢さんの講演会に参加することもその一つです。
あるいは、選挙の応援を頼まれたら行ってみるとか、デモがあると聞いて賛同できたら一緒に歩いてみるとか、そういうことです。

三歩目は、自分から発信してみることです。別の言い方をすると、呼びかける側に立つということです。
そして、発信したり呼びかけたりするには、ノウハウが必要です。一歩目と二歩目は気持ちさえあれば、誰でもいつでもできるのですが、三歩目はもう少し強いやる気とノウハウが必要。

民主主義の「読み書きそろばんの技術」 のようなものを手に入れないと、やはり民主主義を根付かすことはできないと思うのです。他人任せではなく、「やったことないからできない」ではなく、「やるためにはどうしたらいいか」という発想とやる気が、今求められています。

これこそが、「オザワイズム」だと 私は思っています。
小沢さん助けて とか 小沢さんがんばって というオザワファンクラブは 「オザワイズム」ではないと思うのです。

■■

3.11以降、「考える」人がとても増えたにも関わらず、あの再稼働反対20万人行動のように「参加する」人もとても多くなったにも関わらず、今政治は、安倍晋三のもとで最悪の状況を更新し続けています。

なぜか。それは、「発信し呼びかける」人が圧倒的に足りないからではないでしょうか。
政治は、民主主義は、敵とのせめぎ合いです。いくら心が沢山あっても、それに火をつけて回る人がいなければ、敵の圧倒的な物量の前に不完全燃焼のまま諦めの世界に沈んでいきます。
それがまさに今の状況です。

民主主義の「読み書きそろばんの技術」を自ら手に入れて、発信し、呼びかけて回る人材が、絶対的に不足しています。政治運動にしろ、市民運動にしろ、ごく少数の人たちにその部分が集中してしまっています。

それを打開するのは、未経験のやる気 です。
「三歩目を踏み出したいけど、どうしたらいいのか分からない」という人を、生活フォーラム関西は応援します。
ともに読み書きそろばんの技術を磨きながら、実践していきたいと思います。

この夏から発足した生活フォーラム関西は、もちろん素人の集まりです。でも、一芸に秀でた(?)メンバーがいます。
選挙に精通している代表の渡辺さんを始め、街頭演説、集会や講演会の企画、動画の扱い方、チラシの作り方、ポスティングのやり方、ブログの活用方法 などなど。
本当に秀でているかどうかは分かりませんが、少なくともこれまでやってきた経験を、多くの人に伝えることはできます。

週に数時間でも自分の時間を削って何かやってみたい、やってやろう、という意欲のある方は、ぜひともご連絡下さい。そして、「三歩目いきます」と声をかけて下さい。

■■

そんな思いも込めて、あらためて今週末の小沢さん講演会のお知らせです

名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」
日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
場 所 大阪市北区民センター
          
大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
入場料 500円
主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
       公式ブログ http://seikatu-forum.blog.jp/
申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、ご連絡先をメール、FAX、お電話でお知らせ下さい。
 メール:info@mei-getsu.com  FAX:06-6720-8051

※予約は12日17時で締め切りました。当日席もありますので、早めに会場にお越し下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2014-09-03(Wed)

生活フォーラム関西についての考察

■もともとの私の狙い=「1万人が動けば日本は変わる」

 私の根本的な思いと目的は、全国で1万人が少しの拠金と週に数時間の活動を始めれば、日本はがらっと変わりうる ということだった。 そこから10万人が動けば、必ず勝てるという確信だった。そのために、自分のできることは何か。自分の立ち位置を活かす動き方は何か、ということを考えた。それが、政治市民プロジェクトという形だった。

 政治市民プロジェクトのキーワードは、選挙と連携 だ。
 あえて選挙というのは、日本人は今まで選挙に真面目にとり組んだことがないからだ。私自身がかつてそうだったように、選挙を諦め選挙をバカにして、政治に関心のある人ですら選挙運動はおろか投票にすらまともにいかない。 しかし、選挙運動すらできずに他の運動で世の中をどうこうするなんてできるのか? 他の方法は選挙よりももっともっと厳しい道のはずだ。

 文句をいいながらそれなりに生きていける時代はそれでもよかった。しかし、もうそんな余裕は無い。いままで飼い慣らされてきた日本人が、まずどこから動き始めることができるのか。やはりそれは選挙しかない。 そう思って、2012年総選挙と2013年参院選のお手伝いをやってみた。 もちろん、私にとっても初めての選挙運動への参加だった。

 キーワードのふたつめは連携だ。これまでいわゆる右と左。あるいは保守と革新は、お互いの存在を意識しながらも正面から討論したり、違いを認めつつ共闘するというチャネルをほとんどもってこなかった。  その悪弊が極端な形で噴出したのが今年の東京都知事選挙だった。あんな無様なことを繰り返したくない。

 そこで思いついたのが「政権交代虎の穴」であり、自衛隊と安保防衛について、保革入り乱れての討論会だった。 もちろん結論は出ないが、「あの人はこう考えているんだな」ということを賛成せずとも理解することで、不要な争いを避け違いを認めながらの共闘の下地を作っていくことができるだろうと考えた。 人数は少なくとも、キーマンに参加してもらえれば意義は大きいのではないかという実感はあった。

 ところが、連携を考えるときにひとつ大きな問題があった。小沢グループの核がないのである。本来ならば大阪の現職議員がセンターを務めるべきなのだろうけれども、少数党で国会、党務、選挙区を走り回りとても関西のセンターまで手が回らないという。

 そこで私が生活の党にお願いしたのが、新政研のような党の外殻団体のような組織を作り、そこに関西の小沢グループが集まり情報を共有できるようにしたらいかがか、ということだった。新政研とは言うまでもなく、民主党時代に小沢グループの政治家がやっていた学習会のこと。 ちょと意味あいは違うけれども、小沢グループの市民や支持者がゆるやかに集まれる集団という意味で、そういう提案をしたのだ。

 なぜ小沢グループの核にこだわるかというと、現実に連携から取り残されているからだ。
 例えば、毎年3月には、3.11○周年の集会が催されている。大阪では共産党を含めて脱原発のありとあらゆる団体が参加して大規模に行われている。実際のところ、この面々が同じ会場で集会をし、デモをするのは驚天動地という感がある。実行委員会はそれはそれは苦労をして一つの集会にするために努力をしていると聞いている。
 ところが、その集会にも小沢グループも生活の党も参加していない。参加する主体がないからだ。呼びかけようにもどこに呼びかけたらいいのか分からないわけだ。

 この7月6日に行われた大阪弁護士会主催の集団的自衛権に反対する集会。共産党から民主党、解放同盟から宗教団体まで実に幅広い集まりだった。私は社民党の服部さんのグループから聞いて出かけて行ったのだが、驚いたことに生活の党の村上議員が挨拶に登壇された。 事前に支持者に何の連絡も無く、動員もなく、参加者ではなく来賓として発言されたようだった。

 自前の運動もできず、他の運動との連携もできない。このままで小沢グループは雲散霧消してしまう。この危機感が強かった。

■圧倒的なスローガン 「国民の生活が第一」

 ではなぜ私は「小沢グループ」にこだわるのか。他のグループに鞍替えするのではなく、連携の軸を小沢グループと言い続けるのか。 それはひとことで言うと「国民の生活が第一」というスローガンにある。これを超えるものはない、と確信している。 「国民の生活が第一」は理想ではない。現実的な、直近の政治スローガンとして、完璧に練り上げられている。

「国民」というのは、あまねく国民全員という意味でもあり、他方ではインターナショナリズムは棚上げにされている。まずは「国」という枠を設けることで現実的な目標設定にしている。

「の」 <が>や<を>ではなく<の>である。義務ではなく権利を示している。

「生活」 経済や安全という言葉は、金持ちの利益や国家主義に曲解される余地がある。それを許さない生活というベタベタの言葉を用いることで、国民自身の利益だということをハッキリさせた。

「が」 <も>ではないし<は>ですらない。

「第一」 優先順位にしたことの意味。保守政党としては国防や経済もないがしろにできないわけで、生活さえよければ他は要らないということではない という意味が裏にある。それでも、「生活」が「第一」と言い切ったことで、誰の視線に立っているのか一目瞭然である。

 このようなスローガンを保守のど真ん中で生きてきた小沢一郎という人が考え出したことに、私は感動すらおぼえた。 そして、そのスローガンの下に、少なくとも一度は政権交代が実現した。
 その後の顛末はここでは繰り返さないが、少なくとも分かっているのは、あの時投票した3000万人は今でも存在していると言うこと。 よく聞く「分厚い保守層」と言われる人たちは、やはり存在するのだということ。

 いわゆる左の側がどれだけ頑張っても、この目に見えない「分厚い保守層」は動かない。これは良い悪いではなく、現実として受け止めざるを得ない。 ではどうするか。
 やはり、中心は小沢一郎なのだ。これは、小沢さんが好きだから中心に据えたいという主観的な話ではなく、「国民の生活が第一」でまとまるべき人々の立ち位置を見渡すと、ちょうどその真ん中に小沢さんが立っているのだ。 あるいは、その立ち位置を小沢さんが選択したのだ。
 その宣言こそが、「国民の生活が第一」というスローガンなのである。

 逆に言うと、小沢氏の存在意義は軸であり要になることであり、小沢イストだけで何事かができると言うことではない。小沢グループ単独で政権交代を成し遂げるということは、現実的にも本質的にもあり得ない。 少なくとも選挙という手段で政権交代を狙うのであれば、右から左まで、理想主義から現実主義まで、幅広く結集する必要がある。

■生活フォーラム関西の船出

 以上のような意味から、私は関西での小沢グループの核を作る必要性を強く感じ、ついに業を煮やして6月には小沢氏に対して直訴団を組み、そうした団体を作ることの承認を取り付けた。 その団体は生活フォーラム関西と名付けられ、9月13日の小沢氏講演会を機に船出することになった。

 ところが、言い方は不穏当だが、墓穴を掘ったというか2階に上がったら階段が崩落したというか、本来ならば連携のための核として作ってもらったはずのこの団体から、脚が抜けなくなってしまった。私の現場は、他の色々な団体との連携のほうにあるのだけれども、小沢グループの核作りのほうに手も足も取られて身動きができなくなってしまった。

 生粋の小沢イストにこそ、こうした団体は運営していただきたいと切に願いつつも、それができないからこそ事ここに至ったのだと思いおこし、当面はこちらを主に動くしかないと覚悟を決めてはいるが、それにしても私も自分の仕事と生活を放擲するわけにいかないので、ともに実務をになってくれる人材を熱烈募集中である。ぜひとも手を上げていただきたい。

 それはともかく、まずは9月13日の成功と、その後の活動方針をしっかりと議論していかなければならない。漫然と存在だけしていても意味はないのだから。

名 称 小沢一郎が語る「世界の中の日本と政権交代の道のり」
日 時 2014(平成26)年9月13日(土) 18時開場 18時半開演
場 所 大阪市北区民センター
          
大阪市北区扇町2-1-27  TEL 06-6315-1500
入場料 500円
主 催 生活フォーラム関西 (事務局)吹田市江の木町9-23-306
       公式ブログ http://seikatu-forum.blog.jp/
申 込 参加される全員のお名前、ふりがな、ご連絡先をメール、FAX、お電話でお知らせ下さい。
 メール:info@mei-getsu.com FAX:06-6720-8051 TEL:090-8467-8877(山岸)

予約なしでも入れますが、準備の都合上、できるだけ事前に申し込んでください



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg