2015-02-19(Thu)

なんでこんなことに・・・

2012年末以来、ずっとずっと 「なんでこんなことに・・・」と思い続けている。

今月に入ってからは、涙が出そうなぐらい思い詰めている。

いちおう民主主義の体裁は整っているのに、まるで独裁国家のように動いていく日本。
原発が爆発しても自民党を圧勝させる日本。
戦争やるぞと公言する首相を圧勝させる日本。
あまりに抵抗しないので、ゲシュタポやSSの出番すらない日本。

戦前に似てきたと言う人がいるが、それは寝言と言わねばならない。
戦前どころか、もうすでに「戦中」である。

IS(イスラム国)と、お互いに宣戦布告したのだから、戦争中であることは論を俟たない。
戦闘はいまのところ起きていないが、戦闘行為は戦争の中のワンシーンに過ぎない。戦争というのは戦闘を含めた総合戦であり、戦闘していない時間のほうが、圧倒的に長いのである。

今すぐに自衛隊が中東に飛んでいかないのは、憲法があるからではなく、法的な形式を整えないと自衛隊がもたないからだ。現場で命がかかる自衛隊に、法律の一片もなしに「行け」といってもさすがに動かない。
だから安倍晋三は、6月までの今国会で関連法案を全部とおすつもりだ。

この関連法案を、マスメディアの報道規制もふくめて問答無用に通していくことそのものが、始まった戦争の一環なのだ。
70年弱の不戦時代は、2015年2月1日をもって終わったのだ。

これまでも、戦場で殺された日本人ジャーナリストはたくさんいる。2004年、橋田信介さん。2007年、長井健司さん。2010年、村本博之さん。2012年、山本美香さん。
しかし、日本政府は「その罪を償わさせる」とは言わなかった。

遅くとも昨年の12月4日には、後藤健二さんの身代金要求について官邸は把握していた。

後藤健二さん夫人へ「ISIL」側が送った脅迫メールを、警察庁に知らせなかったのは誰か
2015.2.7 現代ビジネス


にもかかわらず、嬉々として中東歴訪に出かけ、IS(イスラム国)を壊滅させるための支援をぶち上げた。
時あたかもパリ銃撃テロの直後であったのに、通常のSP以外は同行せず、安倍本人はほぼ丸腰で呑気に出かけて行ったのだ。

すべてお膳立てされていた と考えるのが普通の頭だと、私は思う。

そして、(たぶん予定通り)カイロでの演説の直後に身代金要求ビデオが流れた。
もちろん、日本政府は何もしなかった。中山泰秀がテレビカメラの前を行ったり来たり、必死にテレビに映ろうとしていただけで、実際にはまったくなにもしていなかった。
プレハブ小屋や浄水器を販売しているCTSS-Japanという会社を下請けにして、あとはヨルダンに「よろしくね」と丸投げしていただけ。管官房長官の会見を見るそう限り判断せざるを得ない。

身代金支払いの交渉は全くしなかった–菅官房長官が振り返る”イスラム国”邦人人質事件【全文】

そして、(たぶん予定通り)2月1日早朝にあのビデオが流れ、安倍晋三は宣言した。

「テロリストたちを決して許さない。その罪を償わさせる」


この時をもって、日本は戦争を開始したのである。

口先では有志連合には参加しないと言っているが、何のことはない米国国務省のホームページには、しっかりと日本もその一員として記載されている。
そのうえで、首相が「その罪を償わさせる」と宣言し、そのための法整備を6月までに終わらせると言っているのだ。
戦前みたいになってきた などと悠長なことを言っている事態ではないのは明らかだろう。

あれからわずか半月あまり。ヘッドラインを並べただけでも以下の通りだ。

集団的自衛権行使:国民保護法を発動せず 手続き最小化
毎日新聞 2015年01月30日


地理的制約必要ない 集団的自衛権行使で首相
中国新聞 2015/2/2


同盟国先制でも「行使できる」 集団的自衛権で首相が見解
日経新聞 2015/2/2


南シナ海の哨戒活動、自衛隊に期待=米第7艦隊司令官
ロイター 2015年 01月 31日


自衛隊の警戒監視、南シナ海も検討へ 防衛相が考え示す
朝日新聞 2015年2月3日


安倍首相:緊急事態管理庁の創設「年度内に成案」
毎日新聞 2015年02月03日


集団的自衛権:「経済的被害でも行使」
2015.2.4 毎日


今回の人質事件、特定秘密になるものがありうる=岸田外相
2015.2.4 ロイター


憲法改正の発議、2016年参院選後が「常識」と安倍首相
2015.2.5 ハフィントンポスト


年内に改憲項目を選定 自民党の憲法改正にむけた「行程案」判明
2015.2.8 産経


通常国会の会期延長を示唆 自民・佐藤国対委員長
2015.2.11 朝日


与党安保協議:電話で閣議決定可能に 自衛隊の迅速出動へ
2015.2.13 毎日


憲法改正「遅くとも再来年春の実現へ全力」
2015.2.14 産経 


ホルムズ海峡掃海で集団的自衛権行使も 安倍首相が明言
2015.2.16 朝日


首相、恒久法の制定方針明言 「切れ目ない対応」、衆院本会議
2015.2.16 西日本新聞


【自衛隊派遣で恒久法制定方針明言】首相、公明をけん制
2015.2.17 共同


集団的自衛権に直接関係するものだけ拾ってもこれだけある。まだ見逃しているニュースがあるかも知れない。
こんな事態が猛スピードで進行しているのに、ほとんど抵抗する勢力すらない。

なんでこんなことに・・・

たぶん5月20日には関連法案が一括で国会に上程される。
この夏には、なにかちょっとでも言いがかりをつければ、自衛隊は中東でもアフリカでもウクライナでも、飛んでいって参戦することができるようになる。

もし、なにか障害になるようなことがおきたり、反対の声が少し大きくなれば、またまたIS(イスラム国)のテロが炸裂し、安倍晋三は嬉々として「テロに屈しない」と叫び、安倍に反対するものはすべて「テロリスト」と呼ばれ石を投げられる。

■■

なんでこんなことになったのか、大きな原因は70年前にある。
日本人が反省も反発もせずに、「再出発」してしまったことのツケが、今回ってきているのだ。

日本人は敗戦を「敗戦」と言うことを嫌う。保守も革新も、そろって「終戦」と言いたがる。
「敗戦」という言葉には、反省と反発が込められている。
バカな戦争をやってしまった反省と、負けたことによって屈辱的な地位におかれたことへの反発だ。

この二つを、ともにウヤムヤにするための魔法が 「終戦」という言葉なのである。
日本のトップは、いまだに隙あらば戦争責任を否定して開き直ろうとする。公式かつ明確に戦争責任をとって来なかったことの何よりの証左である。
と同時に、日米地位協定を初め、いまだに日本は実質的な植民地である厳然たる事実を、左右が仲良く認めようとしない。

日本という国をひとことで言うならば、「奴隷頭」なのである。
惨めに隷属しつつ、同時に抑圧搾取してきた。

右翼は前者を言い、左翼は後者を言うことで、お互いにケンカしてきたけれども、両方とも厳然たる事実であり、ケンカしている場合ではないのだ。
むしろ、この日本の現実を誤魔化し、分裂させ、「奴隷頭」の立場を不動にするために、右翼と左翼は手のひらの上でケンカさせられてきたと言うことなのだろう。

この「奴隷頭」としての地位を、平和国家日本というオブラートで包み込み、見て見ぬふりをしてきたのが、日本の戦後70年だった。
ドレイに甘んじることと引き替えに経済発展を与えられ、食わしてくれるならどんな屈辱でも我慢する どんな非道でもやってのける というのが日本人の習い性になってしまった。骨の髄に染みこんでしまった。

話はそれるけれども、ブラック企業がはびこるのも、だから同じ根っこなのだ。微々たる給料をもらうと、まったく抵抗できなくなる。しかも中間管理職になったとたんに、部下を平気で酷使する。
まさに、日本の縮図なのだ。

そうやって66年間、日本人の骨を抜き続けてきたところに、あの地震が起き、原発が爆発した。

これは、さすがの日本人も目が醒めてしまうのではないかと、米国は思ったはずだ。
だからこそ、トモダチ作戦などと言って、兵士を犠牲にしてまで米軍は救助を手伝った。

ところが・・・・
集会に出てくるのはせいぜい20万人。それも主催者が警察のスピーカーで解散を呼び掛けるなど、どう見ても暴発する危険はない。
そして、その直後の総選挙で、福島を含めて自民党が圧勝したのである。

たぶん、ハラハラしながら見ていた支配層は、腹を抱えて笑ったに違いない。
「な~んだ。何も心配する必要なかったんだ。ばっかみたい。ははは!」と

この瞬間に、わずかに残っていた民主主義の効力は消えて無くなった。
「変なことをしたら選挙で落とすぞ」という効力は、日本には存在しないことが判明してしまった。
戦後民主主義のブラフが、完全に見透かされてしまったのである。
ワンペアだろうがツーペアだろうが、一騎打ちにさえしなければ、どんな手札でも勝てるとばれてしまった。

一騎打ちにしないのは簡単だ。
そもそも自民党には、米国の支配を代行させるために資金を流す仕組みができあがっている。自民党を支えているのは、党員でも支持率でもなく、今も昔も潤沢な資金である。
その一部を「野党」にも回して、主だったところを飼っておけば、ぜったいに足並みを揃わせないことなど簡単にできる。
第1自民と 第2自民と 第3自民で 適当にできレースをしていればいいのだから。

しかも、資金をもらっていない、純然たる野党の中でも、つねに足の引っ張り合いが絶えない。
右翼と左翼、保守と革新という 擬制的な対立をつくって支配されてきたことにいまだに気がつかずに、相互不信で疑心暗鬼になり、少しうまく行きかけるとだれかがそれを崩す ということを繰り返している。

知事選と総選挙で完全勝利した沖縄ですら、やっとこぎ着けた保革共闘・オール沖縄を、何かあれば不信感をたきつける言動が内部から出てくるようだ。
慎重にことをすすめる翁長知事に対し、甚だしきはリコールすべし等というトンデモ発言もあると聞く。
そこまででなくとも、不満をにじませる発言は見かける。

しかし、行政の長として一度失敗したら同じ手は使えなくなるのだから、慎重の上にも慎重にことを進めるのは当然だ。
ただでさえ数少ない弾を、無駄撃ちするわけにはいかない。感情に流されて性急な判断や発言をしないことは、むしろ賞賛されるべきことだと、私には思える。

しかし「保守は裏切る」と思いこんだら100年目の人は、翁長知事が何時裏切るかと戦々恐々で見ているようだ。
沖縄にしてこれである。
よりヌクヌクと奴隷頭の生活を満喫してきた本土では、推して知るべしである。

私たちは、奴隷であることへの怒りと、頭を務めてきたことへの反省と、その両方の鎧を心にまとわなくては、立ち上がることはできない。
70年前から、這いつくばってエサだけは人の分まで貪ってきた生き方を、まず自覚し、恥じいり、怒り、抜け出したいと切実に思うことからしか、何かを変えること、戦争を止めることはできないだろう。

日本人の誇り。プライド。
それは極右の専売特許ではない。

プライドは、自らの悪事を開き直ることで得られるのではない。
隷属への怒りと、罪への自省とに、ともに思い至った者だけが手を掛けることができる。

江戸時代の日本人は、プライドをかけて百姓一揆に立ち上がった。
記録に残っているだけで、260年間に3200回あまりの一揆があったという。
平均すれば毎月1回である。

日本人が有史以来もの言わぬ民なのではない。
自由民権運動が潰されてから120年あまり、前半の50年は強権的に、後半の70年は甘い汁と引き替えに、自由と権利を手放してきたのだ。

120年の歴史を覆す、プライドに目覚めることができるか。
さもなくば、ふたたびの敗戦を迎えるまで、行くとことまで行ってしまうのか。
せめて、ふたたびの敗戦を、またしても「終戦」と言いかえることだけはないことを祈りたい。

なんでこんなことに・・・

そう思いながらも、できることは少しでもやっておきたいとは思う。
微々たる抵抗でも、いちばん有効だと思うことを追及していこうとは思う。

しかし、根は深いのだ。


■■お知らせ1■■

大阪市東住吉区で建築中の家の、完成見学会です。

3月12日(木) ①13時 ②15時
3月15日(日) ①11時 ②13時半 ③15時半
最寄り駅:御堂筋線 西田辺駅 または JR南田辺駅
申込方法: 希望時間 お名前 ご住所 電話番号 を
       info@mei-getsu.com 山岸 まで
      折り返し、詳しい場所などお知らせします

家を建てる方はもちろん、当分建てる予定のない方もどうぞお越し下さい。


■■お知らせ2■■

今中哲二さん学習&交流会

3月14日(土)13:30 生駒市たけまるホール 研修室3
「今、原発を考えよう 垣根を越えて」
講師:今中哲二さん(京大熊取原子炉実験所助教)
会費:500円
共催:避難者と未来をつくる会・生活フォーラム関西
詳しくは→http://seikatu-forum.blog.jp/archives/22314289.html





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2015-02-13(Fri)

【珍しく建築ネタ】完成見学会のお知らせ

安倍総理の暴走は留まるところを知らず、何をしていても気持ちは気持ちは落ち着きませんが、そうは言っても毎日の生活はちゃんと続けていかなければなりません。

雨露をしのぐ家だって必要です。
できれば、雨露をしのぐだけでなく、家に帰れば少しは気持ちが明るくなる、そんな家であってほしい。

ということで、大阪市東住吉区で建築中の家の、完成見学会のお知らせです。

3月12日(木) ①13時 ②15時
3月15日(日) ①11時 ②13時半 ③15時半
最寄り駅:御堂筋線 西田辺駅 または JR南田辺駅
申込方法: 希望時間 お名前 ご住所 電話番号 を
       info@mei-getsu.com 山岸 まで
      折り返し、詳しい場所などお知らせします

かなり日当たりの悪い土地で、いかに明るく開放的な空間を作り出すか、がテーマとなった家です。
合板を使わず、ほぼ自然素材で作っています。
準防火地域ではなかなかできない、外壁の板貼りも実現しています。

家を建てる方はもちろん、当分建てる予定のない方もどうぞお越し下さい。



■■

前日におこなう 「3/14 今中哲二さん 学習交流会@生駒」もよろしく

詳しくは→ http://seikatu-forum.blog.jp/archives/22314289.html



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2015-02-03(Tue)

そろそろ「ひとりひとり」から「統一行動」に移るときではないか

人質殺害(と言われている)事件は、米国の9.11に匹敵する効果を狙ってこの国を突き動かそうとしている。

私は湯川氏にも後藤氏にも個人的な感情は一切無い。世界中に自らはまったく何の意図もなく殺されていく人々が数え切れないほどいるわけで、可哀想だとか気の毒だとか言う感情は、まず彼らに向けられるべきものだ。

湯川氏は戦争のために彼の国に乗り込んだのであり、まったく同情する気にはならない。
後藤氏についても、戦場の姿を伝えるジャーナリストとして行ったのならば別だが、今回は戦争当事者である湯川氏を助けに行ったのであり、これも当事者と見られてもしかたのない部分はある。

とはいえ、政府は国民である以上は助ける義務がある。倫理的な問題とは無関係に、国家権力を握っている以上は絶対的にやらなければならない。それができないのならば政権を手放すべきだし、もしだれもできないのならば、国として終わりである。

したがって、官房長官が公然と「何もしなかった」と認めた安倍政権は、もはや日本の政権ではない。
親の代からイスラエルべったりの中山とかいう副大臣にテレビカメラの前を行ったり来たりさせるだけで、実は自前では何もしなかったと公言する政府。これはもはや政府ではない。

□□

1月20日、イスラエルの旗の前で会見した安倍晋三の顔を見て、私はこれは9.11だと直感した。あの時のブッシュの顔にソックリだったからだ。
怒りや狼狽とは違う、不安に苛まれた焦点の定まらない目。大きな仕掛けの掛け金をはずす時の、恐れおののく目。

湯川氏が殺害されたと報道された後の、同じ台詞を何度も何度も繰り返す無表情な顔。

そして、後藤氏が殺害されたと報道された後の、無理に歪めた顔ににじむ安堵の色。

その他の状況証拠から見ても、安倍晋三は分かってやったのだと、私は思っている。
もちろん、決定的な証拠は無いから、信じる信じないは人それぞれの自由ではある。

では、何のために安倍晋三はこんなことをしたのか。
わざわざ最悪のタイミング、最悪の場所で、最悪の約束をしてISを激怒させる、あるいは激怒してもおかしくない状況を作り出したのか。
なぜ、何もしないばかりかISを挑発する発言ばかりして、人質が殺されるのを待ったのか。あるいは殺されたという報道を待ったのか。

それは、この一事にあらわれている。

「その罪を償わせる」…安倍首相が自ら声明に加筆していた
日刊ゲンダイ 2015年2月2日


「その罪を償わせる」 首相声明、自ら加筆
日経新聞 2015/2/2


安倍は、このひと言を発する時をじっと待っていたのだ。

そして、あえて政府の無能をさらけだし、戦時法制がないからできなかったのだと開き直るのだ。

5月以降の言われている集団的自衛権の関連法案、すなわち戦時法案を前倒しにするつもりだろう。
改正すべき法律を改正せず、ハードルを下げて一刻も早く自衛隊を中東へ送るつもりだ。

集団的自衛権行使:国民保護法を発動せず 手続き最小化
毎日新聞 2015年01月30日


地理的制約必要ない 集団的自衛権行使で首相
中国新聞 2015/2/2


同盟国先制でも「行使できる」 集団的自衛権で首相が見解
日経新聞 2015/2/2


南シナ海の哨戒活動、自衛隊に期待=米第7艦隊司令官
ロイター 2015年 01月 31日


自衛隊の警戒監視、南シナ海も検討へ 防衛相が考え示す
朝日新聞 2015年2月3日


安倍首相:緊急事態管理庁の創設「年度内に成案」
毎日新聞 2015年02月03日


もはや、別の国である。
2.1は、重大な負のエポックになってしまった。暗闇への曲がり角になってしまったのだ。

□□

ありとあらゆる問題を、同時多発的に攻め込んでくる敵に対し、対抗する側は個別分断され、自分のいる場所や関心によってテーマを選んでとり組んでいる。

原発も被曝も辺野古もTPPもアホノミクスもブラック企業も貧困も、なにもかもがつながっている。
だからこそ、今、手をつながなくては各個撃破されて跡形もなくなりはしないか。

「反戦」と「安倍退陣」に絞って、統一行動をするべきときではないのか。

4年前の3.11から、無関心と言われた人たちも動き出した。
しかし、統一と嫌い、あえてバラバラに動いてきた。
まさに、今は一人、ひとりひとり の段階だったのである。

これはある意味賢明ではあった。
効率にこだわり、むりに統一すれば無理が来る。
だれかが自分の利権に結びつける。

だから、4年間の助走期間は必要だったと思う。
でも、今の流れを見る限り、もはや助走をしている段階ではない。
どこかで統一を考えなくては、アリの一穴をあけることすらできないのではないか。

もちろん、何もかも統一する必要はない。
これまで闘ってきた自分たちの戦線やグループや党を維持したまま、でもある局面だけは全国で、全勢力が統一することを考えるべきだ。

保守も革新もない、「反戦」と「安倍退陣」の統一勢力の旗を振れるのはだれか。
それは、やはり小沢一郎と山本太郎という二人だと私は思う。確信する。
私の知る限りでは、他にいない。

小沢さんは、政治の世界で、太郎さんは市民運動の世界で、心ある人の信頼を得ている。
政治の世界というのは、国会議員という意味ではなく、選挙を通じてなんとかしたいと考えている人々という意味。
市民運動の世界というのは、政治家に失望しつつ自力で何かしようとしている人々。

保守と革新、政治と市民 その確執を乗り越えて統一行動を呼び掛けられるのは、この二人しかない。

日本中のありとあらゆる問題にとり組んでいる人。何をして良いかわからないけれども、安倍の顔を見ては腹を立てている人。漠然と不安でたまらない若者。毎月給料前になるとサラ金の世話になっている人たち。セクハラやパワハラで心が壊れそうな人々。
そうした日本中の人たちに、統一行動を呼びかけるときが来たのだ。

例えば、月に1回の抗議行動。
なんとかリボンのような意思表示。
全国統一ビラの作成とポスティングの呼び掛け。
カンパ集め。
統一地方選とのリンク。推薦候補
2016夏選挙への行動提起

自主性も大事だけれども、敵がある以上はここぞというときは統一しなければ効果はない。
そんなに目新しいことをしなくても、これまでの助走期間で経験してきたことを、皆でやればいいのだ。

そのためには、やはりどうしても、旗振り役がいる。
そのかけ声で、これまで全国でバラバラになにかをしてきた人間が、中隊長、小隊長になって動けばいい。

国会ではわずかギリギリ5人の「生活の党と山本太郎となかまたち」ではあるが、日本全国を見渡せば、これほど画期的な組織はない。日本の戦後史に、こんな政党はなかった。

その特性を、国会の中に埋もれさせるのではなく、国会に攻め上る国民の声を集めるために活かしていただきたい。

呼びかけを! 真っ正面から国民への呼び掛けを!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg