2016-03-08(Tue)

「国」という枠組み

最近やたらとこのブログで書いている、右翼と左翼という存在こそ占領政策の要だという話。
それを突き詰めると、「国」という枠組みをどうとらえるのか、ということになるように思う。

言うまでもないが右翼と言われる人は「国」が大好きだ。「国家」と言うと条件反射で喜ぶ。
左翼と言われる人は、「国」というとビクッと反応し、「国家」というとあからさまに眉をひそめる。

無理もないとは言える。
敗戦までの国家至上主義を是とするのが右翼で、否とするのが左翼という分類からすれば、当然そうなるわけだから。
しかし不思議なのは、日本「国」憲法を護る護憲派の「国」会議員までが、「国」という枠組みを否定的にとらえているように見えることだ。

批判の対象としては「国」という枠組みを使うけれども、積極的な意味では使わない。
これがおおざっぱに「左」と言われてきた人たちの共通の特徴ではないだろうか。
もちろん、私自身も例外ではなかったし、心情的には今でもそうだ。

■■

その心情は、政治のみならず文化領域まで行き渡ってしまった感がある。
和風と言うだけでそこはかとなく右の風が吹き、モダンスタイルはすなわちリベラルかのような印象を持つ人は多いだろう。
実際は、ムッソリーニはモダンスタイルが大好きだったし、和風社会主義ともいうべき安藤昌益のような人もいたわけで、何の関係もないのだが、心情的に離反させるには都合が良いために、そのような印象操作はかなり徹底されてきた。

これも、たしかに敗戦までの国家至上主義のなかで、日本文化至上主義=他文化破壊も公然とされてきた歴史を省みれば、「日本文化」と聞いただけで「また出たか」と警戒するのは理解できる。
しかし、ここに大きな誤解があることに、右も左も気がついていない。

「世界に冠たる日本の伝統文化がー」と右翼が自慢するものの多くは、実は伝統でも何でもなかったりするということだ。
桃山時代から江戸時代に爛熟した、まさに日本の伝統文化は、明治維新で大きく否定された。庶民レベルでは残っていた様々な風習も、法律でなかば強制的になくしていった。
廃城処分、廃仏毀釈令、散髪脱刀令、混浴禁止令、狂言綺語禁令など、日本の伝統文化を壊していったのは、右翼諸氏が愛してやまない明治の偉人たちなのである。
廃仏毀釈などタリバンも真っ青だし、廃城処分などしていなければ、今頃日本は観光立国で十分食っていけたかもしれない。

明治時代に行われたことは、伝統文化の破壊であると同時に、ねつ造でもあった。
軍国日本にふさわしそうな部分だけを剽窃し、日本の伝統文化「なるもの」を作り上げた。
辛気くさくて白黒の世界が、あたかも和風であるかのようにしてしまった。

20160308.jpg

これは、昨日たまたま見てきた、五百羅漢図の一部である。芝増上寺で12日まで公開されている。

明治の直前に活躍した狩野一信の作である。100幅を志して書き始め、あと4幅というところで命がつきたのが1863年、明治維新の5年前だった。
この極彩色の爛熟さ、まるでウルトラマンのような羅漢たちの大活躍図、庶民生活の悲喜、生き物の躍動、じつに息をのむような迫力である。これこそが、日本の伝統文化だ、と私は思いたい。

江戸時代を妙に理想化する論には与しないが、しかし、明治が躍起になって破壊し、昭和がむりやりねつ造した「伝統文化」ではなく、それ以前に形作られてきた伝統文化には、目を見張るものがあるのは事実だ。
ねつ造伝統文化を憎むあまり、それらまで一緒くたにして否定してしまうのは、あきらかに間違っている。

■■

閑話休題。
政治的な意味での「国」に戻る。

国という枠組みが、絶対普遍のものであるとは思わない。
個々人に優先するものであるという至上主義も間違っている。
どんな中身でも国を愛せという愛国主義もまっぴらだし、他国を侮辱する排外主義はもってのほかだ。
しかし、思いつく限りの将来では国という枠組みで考えざるを得ないし、だからこそ「国」会であり日本「国」憲法なのだし、インターナショナルだって、無国主義ではなくて国際主義、国と国の関係を連帯しようという話なのだから、もうこれは観念すべきではないのか。

国に変わるなにか良い方法を思いつくまでは、国という枠組み自体にネガティブなイメージを貼り付けて心のどこかで忌避するのはやめにした方が良い。
その心情こそが、右翼と左翼という分離支配に活用されているのだから。


■■明月社から完成見学会のお知らせ■■

2016年3月21日(月祝)
大阪府箕面市(阪急箕面線牧落より徒歩15分)
①11:00 ②13:30 ③15:30
杉、土、漆喰、和紙を使った木の家です
ご希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
住所・氏名・お電話番号を明記のうえお申込ください




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2016-03-01(Tue)

選挙とはすべて買収である

今日のお題はわかりやすい。

選挙とは、すべてまるっとはしからはしまで、買収である という話。

ただし、買収のやりかたにルールがある。
そのルールに違反した場合は、選挙違反になり、違反しない場合や違反とみなされない場合は選挙違反にならない。

ルールには公職選挙法とかあっせん利得罪とか、色々ある。
当然のことながら、権力をもっている者には緩く、反抗的な者には異常に厳密に適用される。

いや、私は買収なんてしていない、と本気で信じている政治家もいるだろうし、本気で買収なんてされたことない有権者ももちろんいるだろう。
ただ、そういう政治家は自力ではまず勝てないし、そういう有権者はほぼ全ての投票が死に票になっているだろう。

買収という言葉がいやならば、(本質は何も変わらないが)生活を良くする政治 と言い換えてもいい。
税金を使ってある程度多数の人を買収すればそれは善政と言われ、ポケットマネーを使って少数の人を買収すれば逮捕される、という違いがあるだけだ。

いちばん分かりやすいのが、老人に3万円配るあれだ。
もらう老人にすれば善政だろうが、税金を使った買収以外のナニモノでも無い。

なにも、安倍晋三だけをあげつらうつもりはない。
2009民主党の子ども手当だって、子育て世代に対する立派な買収だ。しかもかなり高額な。

(そんなことはあり得ないが)もしイオンが息子のために、民主党政権になったら高齢者にイオン製品を3万円プレゼントします とぶち上げたらどうだろう。
まぎれもない買収だけれども、税金を使っていないぶんだけ安倍のばらまきより国民の損失は少ないはずだ。

だけど、今の自公政権は、そんなに美味しそうな政策を出さなかったのに政権を奪還したじゃないかという見方もあるだろう。
これはしかし、ミクロで見るとやはり同じ構図になっている。自民党や公明党のような地域に根をはる政党は、常日頃から「面倒を見る」という買収を行っている。
労働組合だって、賃上げ交渉や待遇改善というニンジンがあるからこそ、なんとか民主党を絶滅しない程度には当選させている。

■■

これは、政治を貶めているのでもなければ、有権者を馬鹿にしているのでもない。
生活をよくするために政治がある、という当たり前のことを言っているにすぎない。

ただ、それが絵に描いたニンジンであったり、特定の人にだけが手にするニンジンだったりすることは多い。
しかし少なくとも主観的には、ちゃんとニンジンを用意してくれる政治を選択しているのだ。

自民党は、実に巧みにニンジンをちらつかせ、票をかき集める。
そして一方では、自らの汚職をネタにして「買収はいけないことだ、政治は汚いものだ」というイデオロギーを流布してきた。
自民党政権下でときどき思い出したように汚職事件が暴かれるのは、都合のよい人身御供が出てきた時に、それを使って「政治って汚いんだよ。触っちゃダメよ」という国民教育をするためだ。

流されたイデオロギーにまんまと乗ってしまったのが、革新系の野党である。
クリーンな政治を目指し、買収などもってのほかで、武士は食わねど高楊枝 の選挙を続け、負け続けた。

違うのだ。

買収がいけなののではなく、悪い買収と言い買収を、自分の立場から判断する ということが必要なのだ。
子ども手当だって、子育て世代には圧倒的に支持されたが、子どもがいない人からは不満の声ももちろんあった。
当然だ。

万人に都合のいい買収などあり得ない。
合法の範囲内で、できるだけ多くの人を、長期間買収できる政策が、すなわち善政だ。

今野党が研究し広めるべきは、そのような善政だ。
もっともリアルな善政を発表した者が、選挙では勝つ。

■■

ではイデオロギーは不要なのか。
飯が食えれば戦争やってもいいのか。

これは話が逆だ。

飯が食えないから、だれもが反対のはずの戦争を始めてしまうのだ。
戦争賛成ですか?と世論調査したら99.9%は反対と答えるだろう。
しかし、メシが食えなくなると、なんやかんやと言い訳を作って戦争を始めてしまうのが、これまでの人間の歴史ではないのか。

それほどに、メシが食えるということは大事なのだ。
リベラル諸氏の、メシを食うということを「下」にみるような態度こそが、自公の跳梁跋扈を許しているのではないのか。

堂々と正面から、合法的な買収をすべし

それが平和を守るっていうことだ。


■■明月社から完成見学会のお知らせ■■

2016年3月21日(月祝)
大阪府箕面市(阪急箕面線牧落より徒歩15分)
①11:00 ②13:30 ③15:30
杉、土、漆喰、和紙を使った木の家です
ご希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
住所・氏名・お電話番号を明記のうえお申込ください




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg