2016-05-28(Sat)

オバマの広島パフォーマンス

25日夜に来日したオバマは、その足で安倍との首脳会談に臨み、いつものように安倍の前ではニコリともせずに共同記者会見を行った。

ノーカット版はこちら→ http://www.news24.jp/articles/2016/05/25/04331077.html


沖縄のうるま市事件については9分20秒あたりから触れている。
オバマが使った言葉は condolence と regret 。
condolenceは一般的なお悔やみだが、regretは遺憾や哀悼の他に(自分の行為に対する)後悔という意味もある。
もちろん日本側の通訳は哀悼と遺憾と訳しており、決して後悔とは言わない。

オバマは、完全に他人事とは聞こえず、かといって責任を伴わない言葉をきっちり選んできて使ったのは間違いない。

27日の広島では mourn という言葉を使っている。
condolence が事件(ことがら)に対する哀悼であるのに対し mourn は被害者(ひと)に対するものであるという点で、同じ哀悼でも、微妙に表現を変えている。
ただし regret のような取りようによっては自分(たち)の行いを後悔しているかのようにも聞こえる言葉は使っていない。

広島での発言の全文 → 原文(日経新聞)   翻訳文(NHK)

これが、米国の大統領でなければ結構な所感だと言えるのだろう。
しかし、原爆を落とした国の大統領が、「空から死が降ってきて」と言うことに違和感を感じたのは私だけではないはずだ。
謝罪を言うかどうかよりも、「やった」のか「あった」のかの違いの方が、私は大事だと思うからだ。

とは言え、
任期切れ間近とは言え、
現職の大統領が広島に行って、ここまで言及することへの米国内の軋轢(あつれき)は激しいだろう、とも思う。

安倍晋三が南京に行って、同じくらい曖昧な表現だったとしても、ここまでのことができるか。
即刻、日本会議からも統一教会からもネトウヨからも愛想を尽かされて、安倍の政治生命は吹き飛ぶだろう。

■■

オバマが広島で発言し、被爆者代表と話をしている時、実は隣に引きつった顔をして落ち着き無く目をキョロキョロさせながら安倍晋三が立っていた。
あまりにオバマに耳目が集中しており、あとで見直して「あれ いたんだ」というくらい存在感無く突っ立っていた。
オバマを広島に連れて行った手柄で、一気に支持率の挽回を狙っていると言われていたが、画面からは安倍晋三の印象はほとんど国民に残っていないのではないか。

なぜ安倍はこんなにも引きつった顔をしているのか。
たぶん、ここまで踏み込んで長い発言をするとは思っていなかったのだろうし、被爆者に声をかけるとも思っていなかったのだろう。
そして、オバマの真意をうすうす感づいたからだろう。

オバマは「おまえも このくらいはやれよ」と言っている。
「責任や謝罪を口にしなくても、ここまではできるんだぞ」と見本を見せている。
そして、「中国、韓国にむけてこの程度はやれ」と安倍に言っているに等しい。

なぜか。
オバマの良心とかそういう類のものではなく、オバマの世界戦略は、できるだけ各地域を安定させ、不安要素を減らし、米国の世界警察の任務を軽くするして一国繁栄を目指すということだからだ。
その戦略にとって、安倍晋三という存在は金正恩とならぶ東アジアの不安定要素であり、その要素を潰すというところに、オバマが広島に行き、ここまでのパフォーマンスをやってみせた真意がある。

ポストオバマの方向にもよるが、米国が軍産共同体による無軌道な戦争拡大路線をやめて、一国繁栄に舵を切り始めている兆候はある。トランプもまた、極端ではあるがその路線であるといえる。
であるならば、今回のオバマの広島パフォーマンスによって、安倍晋三は崖っぷちに立たされたと言える。

米国に捨てられれば権力の基盤を失い、国内極右に見捨てられれば支持基盤を失う。
またしても2007年8月の悪夢が安倍晋三を襲っているのである。

旧来のジャパンハンドラーズが当面はこれまでと同じポジションを取り続けるのであれば、もうしばらくは安倍政権は続くかもしれないが、ジャパンハンドラーズはもともと米国内では異端のグループであり、彼らが潮目を見て態度を変えれば、安倍政権は余命長くないかもしれない。

■■

ただし、それは自公政権が崩壊すると言うことではない。
黙っていれば、ご主人様の顔色を絶妙にうかがいながら、また新たな顔をした従米政権が誕生する。
もし安倍政権がまた自壊してとしても、それを喜んでいる場合ではない。

安倍政権の行く末の不安定さもふくめて、衆参ダブル選挙の可能性も、まだ充分にある。
今から1ヶ月半でできることは限られてはいるが、後につながる行動を、よくよく考えてしていきたい。


ちなみに明日29日は、こんな企画もある。
お時間のある方は、お越しいただきたい。

政治討論会「市民と創るマニフェスト」
■日時:5月29日(日) 午後2時~5時
■会場:TOGホール(大阪駅前第3ビル17階) 
     http://www.ances.jp/osaka/access/
■パネリスト:豊田潤多郎氏、村上史好氏、渡辺義彦当会代表(生活の党と山本太郎となかまたち) 
        服部良一氏(社民党) 辻恵 氏(無所属)
■ゲスト(参議委員議員選挙立候補予定者)
        おだち源幸氏(民進党)
        わたなべ結氏(共産党)
■コーディネーター:大谷啓元衆議院議員
■参加費: 1000円  
■申し込み方法 生活フォーラム関西ブログから
          ※当日の受付もあります。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2016-05-19(Thu)

うるま市の事件に思う

沖縄には4回くらい行ったと思う。仕事もあればプライベートもある。

海と空の印象も強烈だが、何とも言えない空気の濃密さをいつも感じる。それは、物理的なものと、そこに生活する人たちの「気」のようなものとが入り交じっているのだろうと想像している。

先日、沖縄県知事・翁長さんの「戦う民意」という本を読んだ。濃密な「気」が何なのか、その一端が分かったような気がした。保守の政治家として沖縄と向き合い、沖縄そのものでもある翁長さんが感じていることは、きっと声には出さない多くのウチナンチュの心の声なんだろう。

■■

私自身は小学生の時からこの世の中に生きずらさを感じてきた。常に不満分子で文句言いで集団からはみ出し、俺はこの世の中で生きていけるんだろうかと不安でいっぱいだった。

そんなこんなで、文句言いの人生がもうすぐ50年という頃、政権交代と、あっという間の瓦解があった。
文句言いの私は、政権交代に驚いたしうれしかった。個人的なこと以外で「うれしい」と感じたのは始めてかもしれない。そして、こんなはぐれ者の俺が思った方向に世の中が進むなんてことがあるのか?! と大変驚いた。

そこから私は、単なる社会問題ではなくて「政治」に目を向けるようになった。文句言いとして社会問題には目一杯関心があったし、ありすぎてヒト様に迷惑掛けることもあったけれども、「政治」にはあくまでも外野、というよりスタンドからヤジを飛ばしていた。

「政治」と言えばアブラギッシュなおっちゃんや妖怪風なおばちゃんが、貯め込んだ裏金をばらまきながら「どうか清き一票を!」と言うイメージが強い。私とても、大差なかった。しかし、2009年の政権交代で「ちょと違うかも」と思い始めた。

何よりも私を政治に引きつけたのは、1年もしないうちに民主党政権が瓦解を始めたことだった。 ハトポッポはほとんど実行力を発揮できず、官僚にどんどん絡め取られ、最後は沖縄に後ろ足で砂を掛けて辞任した。

このとき私は、「政治」のグラウンドに立とうと心底思った。なんであの政権交代がわずか1年で瓦解するのか。なんでハトポッポは右往左往して前に進めなかったのか。
それは、「政治」を外注してきたからだ。お任せ定食にして、とりあえず出てきたものを食べることしか、私たちはしてこなかったからだ。

あの時から、私は政治家にはならなくとも、政治のグラウンドにプレーヤーの一人として立とうと思って生きてきた。何ができたのかは分からないが、少なくともそういう自覚をもって生きてきた。

■■

小沢一郎という政治家は誰でも知っているだろう。おそらく、アブラギッシュなおっちゃん云々とさっき書いたまんまのイメージを持っている人がほとんどに違いない。
まあ、そういうイメージを払拭しようという努力をご本人もあまりしていないから、仕方ないといえば仕方ない。
(直接会った印象では、あまアブラギッシュでもなく、かなり普通のおっちゃんだったけれど)

知名度は抜群の小沢一郎だけれども、しかし、彼の政治信条を知る人は少ない。
「自立と共生」
彼は20数年前からずっとこればかり言っているらしい。もうちょっとウケること考えればいいのにとも思うけれど、愚直と言えば愚直。

この「自立と共生」。2010年に政権交代がボロボロになった時、私のココロにはこの言葉が染みた。せめて最近の20年間、お任せ定食政治ではなくて、とにかく自分の考えで政治を考えるということをしてきていれば、こんなにもあっさりと政権交代が崩れることはなかったんじゃないか。自責の念と、「自立と共生」が胸に迫った。

ときに間違ってもいい、ときに混乱してもいい。自分の頭で考えること。自分の言葉で語ること。受け売りではない「思想」を持つこと。そしてそれを他人と、アーでもないコーデでもないとちゃんと議論すること。バッシングやディズリやシカトや炎上ではない議論をすること。

そういう場が、今の世の中にはない。
「自立と共生」のためには、たくさんの人がそういう経験を積んでいくことだ。今の世にないのならば、何とかして作ろう。それが、私の政治のグラウンドでの守備位置なんじゃないか。そう思った。

■■

悪人面で知られる小沢一郎さんの「自立と共生」に魅入られた私は、2012年の総選挙では未来の党を応援した。

地元吹田(大阪7区)で立候補した渡辺義彦さんの事務所がすぐ近くだったこともあり、毎日のように出かけていって、何も分からない中でなんやかやとお手伝いに精を出した。

始めて選挙カーの運転手をやってみて、小選挙区の意味も体感できた。都市部の場合、時速15キロで1日で全域を回れる。手が届く実感がある。

ご存じのようにその選挙は惨敗し、その後未来の党は生活の党になり、2013年の参院選、2014年衆院選も惨敗し、山本太郎さんと合流して「生活の党と山本太郎となかまたち」という前代未聞の政党名になり、絶滅危惧種と言われながら今日に至っている。

まあ、私個人的にはもともとはぐれ者なので、絶滅危惧種と言われようが何の違和感もないのだけれども、「政治」を考えるとそうも言ってられない。
なんせ「政治」っていうのは、「どうやって食っていこうか」という仕組みの話だからだ。

よくよく原点を考えてみれば「政治」とは、三つの機能につきる。
1.国民がメシを食っていく基本的な仕組み
2.国民どうしのケンカ(利害対立)の調停方法
3.他国とのつきあい方

これをお任せ定食じゃなくて自分で考えて自分で作ろうという勢力が絶滅危惧種なのは、やっぱり困る。困るから、せめて何ができるのか、ガマのように脂汗を流しながら考えている。

■■

そんな精神状態で、沖縄県知事の「戦う民意」という本を読んだ。本土日本が戦後復興、高度経済成長、バブル経済を謳歌している間に、沖縄はどいうことになっていたのか。沖縄の人たちは何を感じていたのか。

沖縄のことには少しは関心をもっていたつもりの私でも、なんのなんのタダのヤマトの甘ちゃんだったということを思い知らされる。
翁長知事は決して糾弾するような言葉は書いていないけれども、沖縄がどうだったのかということを、しかも保守の立場から淡々と聞かされると、まったくもって自分の薄さにヒーと言いそうになる。

べつに私が本土に生まれ育ったからといって、悪いことをしたとは思わない。なにか個人的な責任があるとも思わない。
けれども、「ああ、自立しないと共生もできなんだな」ということを掻きむしられるように 思う。

うるま市で行方不明になっていた女性が、どうやら元海兵隊員の米軍属に殺されたのではないかというニュースが流れている。沖縄の地元紙は号外を出している。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282130.html

これとても、日本が自立し共生をできていれば、おきなかったかもしれない。
沖縄の米軍基地が、全国平均の100倍以上の密度でなければ、少なくともこんな事件の確率は100分の1になっていたはずだ。

自分の頭で自立する、そして同時代を生きている人や未来の人たちとできるだけ公平に折り合いをつける。それができなければ、こうした悲劇は、形をかえてあちこちでいつまでも起き続ける。

■■

私の知人友人の皆さん

そんなわけで、私は政治の世界のミニミニプレーヤーの一人として、自立と共生を目指してもそもそと動き回ります。

ジャマだと言われても、変なヤツと言われても、その時その時に考えたベストあるいはベターな選択で動き回ります。
ちょっとおかしいんちゃう?と思ったら、遠慮なしに言って下さい。ちょっと飲みながら、あるいはスイーツつつきながら聞かせて下さい。

いざ選挙になれば、あれこれお願いするかもしれません。もちろん無理強いはしないけれど、「たまには言うこと聞いたろか」と思ったら協力して下さい。

はぐれ者で文句言いの私ですが、どうかよしなにお願いします。

(以上、本日の私のFBより転載)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



2016-05-02(Mon)

これからの政治家の作り方

先日の北海道5区補選、イケマキさんの惜敗は本当に悔しかった。

いろいろな総括があるかと思うけれども、私のプチ分析は前回の記事で書いた。
一言で言えば、「政権とる」と思わせる勢力がないかぎり、政権党が勝つということ。

3.11以降の運動の中には、組織というものを否定したり、組織的に政権をめざすことをボルシェビズムと批判したりするむきもあるようだが、少なくとも私の感覚では、そんな余裕はない。
権力の及ぶ範囲を慎重に限定しながらも、目的意識的に政権を取りに行かない限り、負け犬の遠吠えか、哲学を模した言葉遊びを永久に続けることになる。それは、かなり余裕のある御仁にしか許されない贅沢な暮らしだといえる。

かといって、現状を見渡して「政権を取る」と思わせる勢力がどこかにあるか?
残念ながら ない。

民進ははなからやる気はないし、共産は漁夫の利ねらいだし、社民は権力志向がないし、生活はいまや絶滅危惧種であり、そうなると、生活が苦しくなればなるほど政権党にすり寄る、という現象が生まれ、自民党が勝つ。

北海道5区だけをいうならば、それでもかなりの善戦だったのはたしか。
逆に言うと、あの候補者でなければ、ここまでの数字は出せなかっただろう。

ではどうするか。

当面は、それでも「野党共闘」を少しでも進めるしかない。
しないよりはマシなのはたしかだし、単純に加算すれば勝てる選挙区もあるからだ。

野党共闘効果は限定的 本紙が前回結果から試算
2016.5.2 産経新聞

20160502-1.png

共闘しなければ2013年と同じく、沖縄以外の1人区は全滅の可能性が高いが、共闘すれば単純計算で最低7は可能性がある。北海道のように良い候補者がたち、共闘もそれなりにうまくいった場合は、もう少し伸びるかもしれない。

全滅ということになると、ただでさえ諦めムードが強烈なのに、もうどうにもならないくらいの諦めが空気を支配し、これはファシズムの前夜ということになりかねない。
だから、最低限の勝利を積むために、なんとしても参院選、あるいは直近の衆院選での野党共闘は必要だ。

しかし、繰り返すが、残念ながら今の野党共闘の延長線に政権交代はない。
何しろ、最大勢力の民進党にその気がないのだから、これはもう絶対にない。

なんでこんなことになってしまったのか。
2009年の政権交代からわずか7年で、なぜここまで悲惨なことになってしまったのか。

答えは単純だ。
国民が自分たちの政治家を作ってこなかったからだ。

国民が悪いのか?!と憤慨するのではなく、冷静に現実を見てみよう。
誰か他人の利害によって縛られた政党に全てを託すから、一瞬で裏切られてすってんてんになるのだ。
自分たちの利害を代表する政治家がいないから、こんな様になってしまったのだ。

既成政党の野党共闘を求めるということは、あけすけに言えば、連合と共産党の組織とカネにオンブにダッコということであり、これが民主主義だ と胸を張れるのだろうか。

これまでやってこなかったのだから、これからやるしかない。

時間もかかるだろうが、自由民権運動が潰えてから120年ほどのブランクがある。
その間、日本人は自分たちの政党というものを意識してこなかったのだから、少々時間がかかるのは仕方がない。

とにかく やるしかない。

自分たちの政治家を作る。
あるいは、自分が政治家になる。
○○政治塾などの怪しげな(?)世界に紛れ込むのではなく、自分は誰の利害を代表するのか、を明確にした政治家が必要だ。
これまでの政治や経済に拘泥されず、「どうやったら生きられるのか」を指し示す政治が必要だ。

■■

そんな中長期の目線をキープするために、「政治市民交流会」を不定期で開催する。

保守も革新も市民も政治家もなく、「違う」からこそ集まって議論する。
目指すのは、国民が普通に生きること、戦争をしないこと、そのためにも政権をとること。
その点だけ一致していれば、あとは喧々がくがく、タブーなしに議論をする場を作っていきたい。

呼びかけ人は私を含めた以下の7人

服部良一 元衆議院議員(社民党)
渡辺義彦 元衆議院議員(生活の党と山本太郎となかまたち)
黒河内繁美 NGOや生協運動を経験
内海洋一 滋賀県放射性チップを告発する会の事務局長
大東武弘 2014 衆議院選挙で無所属候補の選対
藤村伸二 2015京都市議選で市民派候補の選対
山岸飛鳥 「反戦な家づくり」執筆

今回のお題はズバリ 「これからの政治家の作り方」

2016年5月8日(日)13:30~16:30
◯会場
ドーンセンター 4階 大会議室3
大阪市中央区大手前1-3-49 TEL:06-6910-8500
天満橋駅から徒歩5分
◯講師
浅野秀弥さん(政治家「橋下徹」を作ってしまった男)
  「民意の会」代表世話人
  関西経済同友会 中堅企業委員会副委員長
◯アンカー
渡辺義彦さん(選挙の鉄人ナベさん)
  生活の党と山本太郎となかまたち 元衆議院議員
  生活フォーラム関西 代表
○交流会 後半は意見交換の場とします
◯参加費
500円 定員:60人 必ず事前に申込して下さい
◯申込先 info@mei-getsu.com 山岸までお名前ご連絡先を

◯懇親会 17:30~19:30 ¥3000 要予約

政治家「橋下徹」をプロデュースしてしまった男=浅野秀弥さんは、その後始末のために「民意の会」を作り、維新政治を食い止めるために粉骨砕身しておられる。
その経験から、普段私たちがリアルに触れることのない「政治家」ができあがっていく課程と、その教訓を学んでみたい。

橋下徹を貶(けな)しているだけでは、なにも生まれてこない。
なぜ彼は時代の寵児として立ち現れることができたのか、そしてなぜ暴走を食い止めることができなかったのか、現実に即して学ぶことが何よりの糧になるはずだ。

連休の最終日、じっくりと頭をひねっていただきたい。

チラシはこちらをクリック(PDF)



■■

その他の、連休中の大阪でのイベントなど

●5月3日(火・憲法記念日) 13時30分~
大阪総がかり集会

会場:扇町公園
主催:5・3おおさか総がかり集会実行委員会>


●5月6日(金) 18時30分~
雨宮処凛&高遠菜穂子講演会
「戦争のリアルと貧困のリアル」


エルおおさか南館5階ホール
料金:800円 障がい者・学生 400円
主催:戦争あかん!ロックアクション
共催:集団的自衛権違憲訴訟の会
協賛:市民社会フォーラム イラク戦争の検証を求めるネットワーク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg