2016-07-23(Sat)

リアルな目をもって、シンプルに進もう

参院選が終わって、とっても不思議なことがある。

選挙中は、「改憲派に2/3とられたらもう終わりだ」、みたいな話が大量に流れていたのに、取られてしまった今、なぜか「終わりだ」という絶望感も、緊張感も、決死の形相も、あまり見かけないような気がするのだ。

たしかに都知事選は大事なポイントではある。
しかし、あまりにも踊らせられていないか?

鳥越が良いのか悪いのか、擁立の過程に何があったのか、そんなことは私は知らない。知りたくもない。
もう、出てしまったのだから、投票箱が締まるまでは、ガタガタ言うな、と言うのはファシズムか?

どんな理由があろうと、どんな良心からであろうと、選挙中にウダウダ言うのは小池を勝たせるための言動に他ならない。
オカルトでない限りは、物理的にそうとしかならない。

どうしても抑えきれない良心があふれ出しているのだと言うことは、なんとなく理解できる。
が、その現実的な意味、効果、を評価できない小児性に、同意するわけにはいかない。

というか、本気で「ヤバい」と思っていたら、そんなことウダウダ言っている余裕は無いんじゃないかと思う。
投票が終わった瞬間に爆発させればいいことだ。それも、だだっ子のような感情の爆発ではなく、よく考えて「効果的」に。


三宅洋平氏の件についても、感情的な対立に終始しているのは情けない限りだ。

提起されたのは、「敵」との相対し方、と言うことなのだと思う。

沖縄の高江で機動隊が住民を襲っている一方で、その親玉の妻とメシを食い親玉と友好的に話をする、ということを批判するのは容易だ。たしかに、私的には批判する方が普通の感覚ではある

しかし、何が良いのかはともかくも、「敵」との相対し方について、三宅洋平からのひとつの提起であったことは間違いない。
一方的な批判か、一方的な擁護ばかりで、そのことを指摘したり受け止めたりする評論は、いまのところ見当たらない。

私としては、この点をテーマにして、一度深い話し合いをするような場を設けられないか、と思っている。
感情的な対立からは、なにも生まれないし、喜ぶのは「敵」の親玉だけだ。

そういう場は、それはそれで考えるとして、とにかく皆々様に思い出してもらいたいのは、

2/3取られちゃったんだ ということ
来年にも改憲の国民投票がある ということ


シンプルに、そこに向かって、チカラをひとつにしていかなくちゃ、あっさり、ころっと負けるよ。絶対に。

「負けるぞ」と脅して異論を封じるのはファシズムだ!という声もあるようだ。
是非、異論は出してもらいたい。
ただ、文句ではなく 「こうやれば勝てる」「こうすれば改憲阻止できる」という提案をつけて。

運動はオカルトじゃない。
精神論では勝てない。
神風も吹かない。

リアルな目を持って、シンプルに進もう。

参院選では、その芽は生まれたと思う。
「素人」の政治運動家が大量に生まれた。これまで「応援」していた人が「動き」出した。
「敵」はそれをちゃんと認識している。だから、すかさず分裂を促すことを次々と仕掛けてくる。
安倍晋三の用意してくれた「思う壺」にボトボトはまり込むのは悲しすぎる。

深呼吸して、回りを見回して、本当に対決すべきは何なのかを思いだし、前に進もう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2016-07-19(Tue)

魁1000人が心をあわせること

ひとむかしまえに「さきがけ」という政党があったようだが
今日の話はそれとは無関係
言葉のそのままの意味での魁(さきがけ)のこと

なぜ1000人なのかって?

単なる思いつきだ
有権者一億人の10万分の1
東京で100人、関西で100人、小選挙区で3人
なんとなく現実的かな、と思った

10万分の1ってのは10PPMだ
1リットルの水に10mgの塩を入れてもしょぱくはならないけど
10mgの次亜塩素酸だと、ちょっとした消毒液になる

しっかり働く1000人が、同じ方向をむいて走れば、1億人の意味は変わってくる

同じ方向、とか言うと、全体主義だ、自由がない と批判される昨今
そういう言説をしかけているのが、実は本物の全体主義だってこと
意味と目的を確認して心をあわせるのは、全体主義でも何でもない
「協力」という日本語を思い出せ

参院選で見えたのは、魁1000人が出てくるかもしれない予感
永田町とは違う人間が、ぞわぞわと湧き上がってきた
まだバラバラだけれども、人数はそろってきた

いちばんそれに震えたのは  たぶん安倍晋三だ
この魁が、民進の腰砕けを乗り越えて心をあわせ始めたら
そう考えたら、よほど肝を冷やしたに相違ない
手を打たねば と。

湧き上がる人々を押しとどめるような大弾圧は
かえって油に火を注ぎかねない
こんなときは、分断工作に限る
これが、古今東西、強権をふるう者の常道

だから、いま僕たちが対峙すべきは、「分断」
いやらしい分断工作を 「お見通しだぜ」とせせら笑ってやろう
ただし、分断工作は理屈ではなく感情を直撃する
大丈夫か俺 といつもふりかえらにゃ危ない

そして、心をあわせることだ
改憲だけは止めようぜ
国民投票は本気で勝とう
口先の自己満足ではなく 本気で心をあわせることだ

その1000人が、手と足と口と頭をフル回転させれば
勝ち目は充分
絶望するには、かなり早すぎる



■■お仕事のお知らせ■■

完成見学会やります

7月23日(土)24日(日)
①11時 ②14時
場所:JR吹田駅から徒歩すぐ
住宅密集地のなかの木の家です。

見学希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
お名前、ご住所・連絡先、希望日時、人数を送って下さい。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



2016-07-18(Mon)

李下に冠を正さず (三宅洋平氏のことについて)

昨深夜2時ごろ、そろそろ寝ようかと思ってツイッターの最終チェックをしていると、衝撃の記事が。

そう、今話題のあれである。

えええええええ~~~~~~

深夜にもかかわらず、思わず大声を上げてしまった。

眠気も吹っ飛び、えええええええええええええ しか口から出てこない。

とは言え、私にどうこうできることではないので、強烈に心配しながらちょっと寝て朝になった。

早速ハフィントンポストの記事になって、色とりどりのご意見がネットに飛び交っていた。

■■

こちちらが、私が深夜最初に目にしたツイート。


三宅洋平 @MIYAKE_YOHEI

総理、何なら一緒に高江に行きませんか、とは云えませんでした。三宅はまだそんなもんです。

昭恵さんはチャーミングな方でした。幾ら批判の声があろうが、そう思います。

しかし私は間違っても自民党改憲草案にほだされるような事はありません。 https://pic.twitter.com/TR8QQKNI10



Echofon

2016年07月18日(月) 01:24:30


選挙期間中、さんざん三宅推しの記事を書いたのだから、やはり黙殺するのは無責任なので、少しだけコメントを書いておこうと思う。

私が眠気も吹っ飛ぶほど心配したのは、三宅氏が安倍昭恵に籠絡されたとか、裏切ったとか、そういう話ではない。
彼の演説をフルバージョンで何回か聴いていれば、場合によってはいわゆる敵とでも躊躇せずに会いに行くだろうことは想像できる。
だから、安倍昭恵と会い、安倍晋三と電話したからといって、裏切り者と言うつもりは私は全くない。

しかし、世の中は、彼の人柄を知っている人とか、演説を注意深く何回も聞いた人ばかりではない。
ごく普通に、安倍嫌い、と思っている人がいきなりあの記事を見たらどう思うか。
その想像力が、なんで働かなかったのだろうか。
働かなかったのならばまだいいのだが、大量の批判が押し寄せることを分かった上で、「こんなことで非難するようなヤツはいらない」と、もし思っているのならば、あまりにあまりではないか。

案の定、これから新しい芽になっていくはずの三宅洋平を巡って、手ひどい批判と、批判者への反批判が渦巻いてしまった。
ええええええええええええええええ と叫びながら心配したとおりになってしまった。

■■

できるだけ中立的に見ても、三宅氏をよく知っている人以外に、「批判するな」と言うのは無理筋だ。

たとえば、反権力を標榜するジャーナリストが安倍の寿司仲間だということが分かったら、どういう評判が立つだろうか。
もちろんその人は、単純に情報を取りに行っていたとしても、世の評価はそんなことを聞いてはくれない。
そんなことは、ちょっと想像力を働かせればわかることだ。

その批判はあたっていないとしても、しかし、特別の知識がない状態で普通にあの記事を見れば、たいがいマイナスの感情で見てしまう。正しかろうが正しくなかろうが、それが日頃 「安倍嫌い」と思っている人の、大多数の感覚だろう。
彼の真意を忖度して理解しろ、というのは、かなり無理がある。

しかも、今や三宅洋平は山本太郎と一心同体かのように見られている。
この件が、太郎さんに対する批判にまで拡大してしまったら、政治的ダメージは計り知れない。

そこまで読んで、かれは会いに行ったのだろうか。

李下に冠を正さず。満員電車では両手は上に。それと同じこと。
良い悪いではなく、無用の内紛を引き起こすようなことは避ける。
どうしてそれができなかったのだろう。

■■

選挙の時に、既成勢力からは「票を割るな」とかなり非難があったらしい。それに対し、三宅陣営は「割るんじゃなくて新しい票を掘り起こすんだ」と宣言し、実際にそれをやった。
その経緯から推測するに、そもそもこんなことで批判するような、既成概念にとらわれた連中は眼中にないということなのだろうか。もちろん、彼の心の中はわからない。

しかし、今彼の言動に批判や疑問や困惑を募らせているのは、票を割るなと文句言っていた人たちばかりではない。
私を含めて、彼と太郎さんのタッグに、すごい期待をしていたが故に、えええええええええええええ となっている人だってたくさんいる。

そんな凡庸な人間は、彼にとって不要なのだろうか・・・
私が感じている一番の違和感は、ここかもしれない。

■■

チャランケというのは、それで話が着かなければ戦争になる、命がけの話し合いだ、と三宅氏は演説で言っていた。
本当にチャランケのつもりで彼は出かけていったのだろうか。
記事を見る限りでは、そこまでには見えない。

ファーストレディの政治的な動静に情報当局が関わっていないと考える方が無理であり、あちらはそれなりの構えで三宅氏を迎えていたと考えるのが、常識的だろうと思う。
それに見合うだけの構えをもっていたのであれば、いくら無用の批判を引き起こしたとしても、それは避けられない会合だったのかもしれない。

その構えが、少なくとも彼のツイートの写真や言葉からは感じられない。

会ったことそれ自体は、私は非難も批判もしないが、安倍晋三を「国士として同じ気持ち」と評価したことははっきり批判したい。
国士という言葉を使うかどうかではなく、安倍晋三を 敵ながらあっぱれなヤツ 扱いしたことは、私にはまったく理解できないし、あきらかに間違っていると思う。

私が、周囲の状況を抜きにして批判するのは、この一点だ。

この点も含め、彼がどのようにこの一件を総括し、どちらに進んでいくのか、しばらくは静観したいと思う。

以上



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2016-07-12(Tue)

選挙結果について簡単なまとめ

選挙期間中にため込んだ仕事に追われているので、ごく簡単にまとめをメモしておく。

■得票トレンド

20160712-2.jpg

今回の自公の票は、2009年と大差なく、それ自体は脅威ではない。
ただ、民進、社民、生活が、かつて投票してくれた人たちを取り戻せなかったのが敗因である。

それでも2012年以降ではわずかにマシ。兆しは感じる。

もっとも、民進は合併してこれなので、増えているとは言えないのかもしれない。
共産は600万のアッパーリミットなのか、1人区をほぼ譲ったことの影響が大きいのか。
社民は回復基調、生活も党として何もしていない割にはやや復調。

これを本物にできるかどうかは、これから何をするかにかかっている。

■生活の党の推移
(クリックするとハッキリ見えます)
20160712.jpg

かなり当たり前のことが見えてくる。
地元候補を出して運動すればそれだけ増える。
北海道、東京、静岡、岡山、長崎 すべて増えている。

東京については、三宅洋平効果もかなり大きく、数万の規模で上積みされたものと想定される。

しかし、野党共闘で自党の候補を出さなければ、統一候補が勝った岩手や新潟や沖縄でも比例票は激減する。

私たち関西のボランティガが走り回ったところでは、大阪が1万、京都が5千増で、近畿ブロック全体で2万6千ほど増えた。
2014年との比較で見ると、統一候補の和歌山は減らし、かつていた総支部長がいなくなった奈良は大きく減っている。

なにせ生活の党は、小沢さんや太郎さんの個人の活躍は報じられても、党としての活動がなさ過ぎて、まったく知名度がなかった。情勢調査でも全紙ゼロ予想、公示前後の業界の下馬評では70万とか85万とか言われていたことを思うと、2014年と2016年の間に大きな谷があり、かなりの回復基調なのではないかというのが、私の実感。

やはり、選挙というのは風ではない。
やることをやるかやらないかで、結果は違うんだということが、はっきり見える。

今回限りでまた元の木阿弥になるのか、それとも生活の党として政権交代を目指して立ち上がるのか、今問われている。

やるか やらないか だ。


■■お仕事のお知らせ■■

完成見学会やります

7月23日(土)24日(日)
①11時 ②14時
場所:JR吹田駅から徒歩すぐ
住宅密集地のなかの木の家です。

見学希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
お名前、ご住所・連絡先、希望日時、人数を送って下さい。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

2016-07-09(Sat)

あと少しで投票日

あす数十分で、選挙期間が終わる。

とりあえず

比例は 「生活の党と山本太郎」 と書いて下さい。

国民の様々な声を国会に届ける だけならば、他にも良い政党はたくさんあります。
どの党に入れてもらってもOK という話です。

でも、あえて言わせてもらいます。

声を届けるだけじゃ 安倍晋三に無視黙殺されて終わっちゃうでしょ。
届けるだけじゃダメなんです。

どんなに困難で長い道のりでも、本気で政権とるための根性と、戦略をひねり出す経験と図脳が必要なんです。

それは、小沢一郎と山本太郎がタッグを組んだ、「生活の党と山本太郎となかまたち」 しか無理なんです。

肝心の小沢一郎さんも山本太郎さんも、ぜっっっったいに自分たちに入れてね、と言わずに他の党の応援までしちゃう人たちだから、あえて私は声を大にして言いたい。

いくら良い政党でも、他の党では無理なんです。
政権交代に向けた、エグいほどの情念の塊である 「生活の党と山本太郎となかまたち」 しか、本当に安倍晋三や自公の独裁と決別し、「違う政治」「違う生き方」を提示することはできないんです。

情勢調査では、ギリギリ頑張って、想定される最高の結果をたたきだせば、1議席とれる、と言うことみたいです。
どこまで本当かは分かりませんが。マスコミの言うことだから。

でも、生活の党という名称の知名度不足は深刻で、小沢一郎や山本太郎という個人名の1割にも満たないのではないかと言うのが、私が18日間選挙運動をやっみた実感。

だから、生活の党に、小沢一郎に、山本太郎に、シンパシーを感じてくれる方は、今回は他の誘惑を振り切って、二枚目の投票用紙には「生活の党と山本太郎」と書いてほしい。

堅い票が確実に集まれば、1議席はとれる。
信じて書いて下さい。

■■

大阪選挙区は、実は今でも決められない。
民進おだち源幸か、共産のわたなべ結か。
当然、維新の高木を落とせるほうに入れる、と決めているのだが、なにせ情勢調査は入り乱れており、もう直感で決めるしかありません。

これまたぶっちゃけ言えば、どっちも悪くないけど、どっちも本気で応援したいとも思わないんです。
民進という怪物に身をあずけたおだち源幸。野党共闘、という党の方針を見事にトレースするわたなべ結。
なんというか、わくわくするものがない。

明日は朝一に投票しなくちゃならないので、起きた時の気分で決めよう。

■■

東京都民は 三宅洋平 できまりでしょ

正直、当選する可能性がしない可能性より高いということはないかもしれないけど、これはもうワクワクするでしょ。

ワクワクする候補に投票できる機会なんて滅多にないんだから、この機会を逃しちゃもったいない。

ということで、本日はおしまい



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
2016-07-08(Fri)

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 世論調査ニモマケナイ丈夫ナココロヲモチ

生活の党 関西ボランティアは、猛暑にもまけずに頑張っている。

今日は有志が12時間ビラまき、明日は最終の街宣キャラバン。
詳細は→ https://www.facebook.com/seikatsu.daiichi/ 

生活の党と山本太郎となかまたち にとって最後の敵は世論調査だ。

心の中では小沢一郎や山本太郎や生活の党を応援している人の中にも、新聞の世論調査を見て「もうダメなんじゃないか」とか「どうせ死に票になるから○○党に入れとこう」なんて思っている人もいるかもしれない。

でもそれは違う。なぜか。
悲しいけれど投票率は低いだろう。ならば、私たちの堅い票で一人は通せるからだ。

最後まで信じて 比例には「生活の党と山本太郎となかまたち」と書こう。

以下、自分のFBから

*******************

海外の議会に党議拘束ってあるのだろうか? アメリカでも英国でも、同じ政党のなかで議決がわかれるなんてよくある。
国会じゃないけどEU離脱も保守党は真っ二つだった。

日本の国会を占めている政党は、だいたい党議拘束があって、自分の意見と違っても党の決定通りに青やら白やらの票を入れなければならない。逆らえば、資金カットか公認取り消し。ヘタをすれば刺客候補を送られる。

これって民主主義?
そもそもこれが諸悪の根源なんじゃないの?

でも、ひとつだけあるんです。
党議拘束のない党が。

生活の党と山本太郎となかまたち

一見強引に見える小沢一郎さんが、実は一番あたまやわらかという衝撃の事実。

この党がなくなると、右にせよ左にせよ全体主義ゴリゴリの党しかなくなっちゃう。やばいっしょ。

比例区で前回より1割増えれば滑り込みセーフかも、というギリギリのホームスチール狙い。どんだけ後ろから押しまくってスピードを上げるかにかかっている。

全体主義満艦飾の国会の中に残る、仄かな自由の火を消さないために、どうか比例区に 「生活の党と山本太郎となかまたち」 または 「生活の党と山本太郎」と書いて下さい。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2016-07-05(Tue)

選挙フェスに小沢さん登場!! そして参院選まであと5日 

みなさん あと5日です。

少しでもいいから、動きませんか。

ちょっとくらい手伝っても何も変わらない、というのは、私が投票しても何も変わらない、と棄権する人と同じではありませんか?

ちょっとが重なって力になるという原理は、本当にまどろっこしいけれど、やはり真理なんです。

■■
ぜひ「生活の党と山本太郎となかまたち」の比例票を増やすための活動をお願いします。

5人の比例区候補の事務所がある地域の方は、そちらをお手伝い下さい。

関西などそれ以外の地域で、今からできることは 以下の通りです。

① 電話、LINEなど(メール以外)を使って、友人知人に呼びかける

② ツイッター、フェイスブックなどのSNSで宣伝する

③ 自分のブログなどで宣伝する

④ 生活の党の政策ビラをポスティングする

⑤ 生活の党の政策ビラを街頭で配る

このなかで、関西における④と⑤については、選挙期間中に開設している「生活の党中津事務所」で段取りします。

政策ビラは、必要なだけお送りします。(今のところすみませんが送料だけご負担下さい)
1時間にポスティングできる数は、だいたい一戸建てで80枚、マンションで300枚以上かと思います。

マンションの集合ポストより中に入らないこと、管理人が居る時は「総務省届け出済みの生活の党のチラシです」と断って入れること、公共施設や公務員宿舎は避けること などご注意下さい。

政策ビラをご希望の方は seikatsu.daiichi@gmail.com 山岸あてにご連絡下さい

■■
7月4日から8日(金)まで連日、大阪梅田でビラまき街宣をやります。

18時~20時 JR大阪駅桜橋口(中央郵便局との横断歩道)

いつでも可能な時間帯に立ち寄って下さい

黄色いポロシャツのボランティアが黄色いビラをまいていますので、声をかけて下さい。


■■
ところで、前の記事でも紹介した東京選挙区の三宅洋平さんですが、選挙フェスは大変なことになっているようです。

ものすごい人数を動員し、なおかつ、昨日は小沢一郎さんが登場するというサプライズも。



また、自由党時代からの小沢さん支持者の皆さんの中には、「なんだこの得たいのしれないヤツは」と思われる方もおられるかもしれません。そんな方は、この前に行われた八王子での三宅さんの発言を聞いて下さい。
なぜ小沢さんが絶賛するのか、ご理解いただけると思います。


(本人の話は45分くらいから)

東京在住のみなさん、今回は義理人情を断ち切って、未来の可能性に賭けて下さい。

三宅洋平と山本太郎が参議院で並び立つ場面を想像して下さい。

三宅洋平情報は、彼のブログが見やすいようです
http://ameblo.jp/miyake-yohei/

■■注意!

「生活の党と山本太郎となかまたち」の略称問題について、総務省自治行政局選挙部選挙課(ながい!) すなわち中央選管事務局に電話して訊きました。
結論 「無効かどうかは各投票所の開票管理者まかせ」 「選管から何が無効かなどの基準は示さない」
よって、常識的には「生活」や「生活の党」が無効になるとは考えられないが、開票管理者に悪意あるレアケースも想定し、総務省に届け出してある 「生活の党と山本太郎」 または 「生活の党と山本太郎となかまたち」 に統一すべきだと考えます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg