2017-04-13(Thu)

【森友疑獄事件】改めて問題を整理する

森友疑獄事件ほど、登場人物がことごとくキャラ立ちまくっている事件も珍しい。

籠池夫妻、安倍晋三、安倍昭恵、松井一郎、橋下徹 というメインキャスト
悪代官の迫田国税長官、自動消去の佐川理財局長、笑顔が寂しい谷査恵子 などの官僚たち
寿司友の田崎史郎、風呂友を自慢する山口敬之 など安倍挺身隊の面々
木村真、菅野完、上西小百合、追及側もキャラの強さでは負けていない
一番影が薄いのが、国会でぬるい追及をやっている野党議員だったりする。

いろいろ裏事情はあるにせよ、ワイドショー的に取り上げたくなるネタではあったはずだ。
しかし、ここにきて、急速に報道が減っている。というか、ほぼ無くなった。
北朝鮮問題もあるが、それ以上に、新ネタが尽きてきたと言う問題もある。

官邸の圧力もあるのだろうが、やはりテレビ的には新しいネタが無いと、そうそう番組はつづかない。
谷査恵子のFAXがらみの話以降、目立った新ネタが出ていないのは事実だ。

なぜ、出てこないのか。それははっきりしている。官僚が出さないからだ。
なにせ、自動消去装置まで「発明」して、徹底的に情報公開をネグレクトしている。
この異常なネグレクトこそが、官僚が組織ぐるみで犯罪を行ったことの証左ではあるが、なにせ何もネタが出てこないので、国会では何もできない状態に陥っている。

その挙げ句が、あの厚労委員会での「森友を言うなら強行採決」というトンデモない事態となった。

森友関連質問を封じる「強行採決」の異常事態
2017.4.13 東洋経済


自民が森友追及され逆ギレ強行採決
2017.4.12 リテラ


民進党の柚木議員が最後に追及したのは
「財務省のデータが6月に入れ替わる予定。このままでは証拠隠滅、消失の可能性がある。一言で結構だから総理から森友学園と財務省の交渉記録データ復元を指示してほしい」
ということであり、データを出せというあたりまえすぎる、ものすご~く控えめな発言だ。
これに対して、自民党の丹羽委員長は答弁すら拒否して、挙げ句の果てに、委員会の議題であった介護保険関連法改正案を、日程を無視していきなり強行採決してしまったのである。

財務省のコンピュータをハッキングでもした日には、たぶん本当に内閣がいくつも吹き飛ぶような情報が入っているのだろう。
内部告発を企てようものなら、東京湾ベイエリアにぷかぷか浮かぶことになるのだろう。
日本にスノーデンはいないから、このまま巨悪の真実は葬られてしまうのだろうか。



以前も書き上げた森友疑惑一覧を再掲する、(1-④を追加)

1.安倍昭恵ルート
① 財務省に口利き 谷FAX
② 100万円寄付
③ 随行公務員の選挙運動
④ 梶田私学審会長と旧知の仲

2.財務省・近畿財務局ルート
① 大阪音大を断って森友学園に特命
② 契約前に超低額の一時貸し
③ 定借賃料値引き
④ 審議会を経ない売却
⑤ 10年分割払い
⑥ ゴミ処理の実施の査定せず
⑦ 契約に至る書類を処分
⑧ 嶋田課長補佐「姿隠せ」電話
⑨ 買い戻さずに丸ごと転売を許可??

3.国交省・大阪航空局ルート
① 関西エアポートに移管した後に戻す
② 地中ゴミ8億円の見積り作成
③ サスティナブル補助金6千万

4.会計検査院ルート
① 財務省の書類破棄にコメントせず
② 値引きの査定なしにコメントせず

5.大阪地検特捜部ルート
① 市議と市民が告発するまで動かなかった

6.維新(大阪府)ルート
① 強引かつ超特急の認可適当
② 借地上の校舎を認可
③ 阿部元府議の深い関わり
④ 議員を動員して塚本幼稚園の宣伝
⑤ 本認可より前に補助金648万
⑥ 見返り献金疑惑
⑦ 森友補助金不正を見逃してきた

7.維新(業者)ルート
① 7億、15億、23億 契約
② 藤原工業が維新に献金
③ 維新府政で 藤原工業大量受注
④ 顧問弁護士(酒井康生)紹介(後に裏切り)
⑤ 小学校の土地建物を31億で売却??

8.豊中市ルート
① 土地契約前に建築関連申請の受理・認可

このなかで、現在出ている情報だけで、確実に「不正」と断定できるのは、赤文字の二つだけだ。
で、6-② 借地上の校舎を認可 については 橋下徹が自ら認めて 「ミス」だと言い張っている。
さすがワル知恵の第一人者である橋下は、言い逃れできないところだけは真っ先に認めて、それは忖度でも不正でもなく「ミス」でした と言ったのだ。

もちろん、維新と自民と籠池が一体になって進めていた森友事件だから、「ミス」ではなく「不正」であることは明白だが、しかし、その証拠を出せと言われると、なにせ情報はむこうが隠匿しているのだから、難しい。
それをわかった上で、「ミス」でした。これから気をつけま~す、と言ってのける橋下の神経はやはり大したものだ。

ではもう一つの 3-② 地中ゴミ8億円の見積り作成 はどうか。
これについては、はっきりと大阪航空局の担当者の不正を暴くことができる。
こちらの青木泰さんの記事の3ページ目を参照されたい

【森友問題】地中深部ごみは「存在しない」との報告書
2017.4.12 BusinessJournal


当ブログの過去記事も参考になると思う

 8億円のゴミはやっぱり無い 図解その3

大阪航空局は、以下の資料を作っている

1回目のゴミ処理費 1億3176万円 の見積
2回目のゴミ処理費 8億1900万円 の見積

そして、それぞれの根拠となる調査がある
1回目 「地下構造物状況調査業務報告書(OA301)平成22年1月」大阪航空局が実施
2回目 「M学園小学校新築工事 地盤調査報告書 平成26年12月」森友学園が実施

これらを厳密に工学的につきあわせれば、どうやっても8億の見積は不正であることが証明されるはずだ。
上の青木さんの論考でも詳しく書いてあるし、共産党の宮本議員も国立の研究機関である産総研に資料を持ち込んで「地層的にゴミはあり得ない」という回答を得ているそうだ。

問題は、追求の仕方だ。

宮本議員も、そこまでやっておきながら、「ゴミはないことは証明された」と言い切って終わってしまっている。
言うだけで終わっては意味がない。

1.土木、建築、地質学のオーソリティと弁護士を集めて検討委員会を作る。

2.委員会で「ゴミはあり得ないし、それは自明である」という学術的に権威のある報告書を作る。

3.報告書をもとにして、8億の見積を作った大阪航空局の担当者を証人喚問する。

4.自民党が証人喚問に抵抗するならば、背任罪で告発する。

5.担当者へは、あくまでも「誰に命じられたのか」を追及する。

6.芋づる式にできるだけ上部へ迫っていく


いまの膠着状態を打開できる突破口は、ここしか無いと思う。

籠池総裁が、驚愕の事実を証拠付きで暴露しないかぎり、これ以外のネタはすべて、官僚の情報隠匿と、安倍晋三らの厚顔無恥によって封じられてしまう。



とは言え、資料を出させるにしろ、大阪航空局を攻めるにしろ、国会を空転させるくらいの覚悟を持たなければ、できるわけがない。
国会が言論の府であるのは、言論が通用するかぎりにおいてだ。安倍政権のように言論が意味をなさない相手には言論だけでは全く無力である。
しかるに、あのトンデモ強行採決に対してさえ、本会議の採決を1日送らせただけで、明日からの審議には応じているのが今の野党の実態だ。空気も読まず忖度もしない根性のある議員がもう少し多ければ・・・ 山本太郎がせめて50人国会にいれば・・・

そう思いながら、むなしさも感じつつ、しかし「これしかない」ということは 書いておこうと思う。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 9

8 からつづく

 視界に一番入ってくるのは壁だから、木の家である以上壁は木を貼るべきではないか。ボクも最初はそう思って、壁中に木を貼ったこともあった。これでOKの場合もたしかにあるが、どうしても山小屋風になってしまうのは避けられない。その風情があう家もあればあわない家もある。全部屋に貼ろうとするとコストの問題もある。いくら節有りの木でも貼るための大工手間はかかる。ひとつのお勧めは、部屋の四方に貼るのではなくて一面だけ木の壁にするという方法。壁自体をデザインにすることもできる。また、板を縦に貼るのもいい。横に貼るよりひと手間余計にかかるけれども、引き締まった印象になるので玄関や勉強部屋などにむいていると思う。

 明月社の家の床は基本的に杉の無垢板を使っている。必要や要望があれば他のものを使うこともあるけれども、とくになければオール杉の木。機能的な面は後のほうで書くので、ここでは省略。せっかく床を無垢の木にしたら忘れちゃいけないのが幅木。幅木というのは壁の一番下の床に接している部分。たいていは高さ6cmの木目のものが貼ってあるはずだ。ビルなんかだとビニールのこともある。ここを床に合わせて本物を使っておかないと、ものすごく違和感が出てしまう。というか床の無垢材がだいなしだ。ぜひ気をつけていただきたい。ちなみに明月社の家では幅木は6cmではなく4.5cmだ。ケチっているのではなくてこのちょっとした違いが空間を引き締めるから。幅木がない空間もきれいだけれども掃除機のヘッドが当たる部分なので無しにするのはお勧めしない。

 ひとくちに「木」と言ってもデザイン的には多種多様、樹種も多いし同じ樹種でも見え方が違うし色をつけるかどうかもある。樹種については圧倒的に「杉推し」である。日本の山にたくさんあって値段も安いということもあるけれども、なんといっても見ても触っても優しいからだ。新築の時はまだ色が若くて落ち着かないけれども、数年たって日に焼けると実にいい感じになる。
 杉に限らずどんな木でも、製材の仕方によって柾目と板目というものがある。まっすぐにほぼ平行の木目が並ぶのが柾目。ウネウネとしたいわゆる木目っぽいのが板目。1本の丸太から柾目のほうがちょっとしか取れないので高級ということになっている。実際に壁や天井に使ってみたこともあるけれどもかえって良くできたプリントのように見えたりして面白みに欠ける気がする。いかにも木らしさを感じるのは板目のほうだ。

 柾目でも板目でも、節のある材とない材がある。もちろん節がない材は長年よく手入れされてきた樹の丸太からしか取れないし、その丸太の中でも割合は少しだから値段は高い。つまり柾目の無節は最高級で板目の節ありが一番安い。必然的に節あり板目を多用することになる。節については好き嫌いがかなりあるようだ。節がある方が木らしくて好きという人もいれば、目に見つめられているみたいで怖いという人もいる。ボクも実はやたらと節が多いのは好きではない。1枚(3~4m)の板に小さめの節が2個くらいだとちょうどいい塩梅だ。値段も無節ほどは高くない。このくらいの程度を上小節(じょうこぶし)略して上小(じょうこ)というので憶えておくと便利。「床は上小でお願いします」なんて言うと「このお客さんはよく知ってるな」と一目置かれる、はずだ。

 木に色を付けることもよくある。古民家のような焦げ茶色にしたり、少しだけ汚れを目立たなくするように薄い目の茶色にしたり、変わったところでは木目を残した白なんていうのもある。これはペンキを塗るのではない。ペンキというのは表面にしっかりした膜を作って下地の木を見せなくしてしまうので、木の家では基本的に使わない。使うのは木材保護塗料というもの。保護塗料は木の表面に膜を作らないので色はついても木肌は感じられ、もちろん木目は見える。テッカテカの艶も出ないし、触っても木の感じのままである。
 明月社の家でよく使っているのは、色無し(クリアー)の場合はノンシックS、茶系にする場合は柿渋コートGというもの。どちらも柿渋メーカーのトミヤマの製品だ。クリアー塗料を塗ると無色といいながらも実際は木肌は飴色で木目がクッキリして水に濡らしたような色になることが多い。このノンシックSはほとんど濡れ色になることがなく、塗った後もあまり変化がないので気に入っている。柿渋コートGは柿色、古代色、黒色の3色しかないけれども、どれも発色がいいのと施工しやすいうえにお値段も高くないので、色の好みが合えばたいていこれを使っている。ただし両方とも柿渋ではないし天然由来でもなく、珪酸(ガラスの原料)とシリコーン樹脂などが原料である。いずれも揮発性もなく口に入れても毒性はないので(食べたくはないが)問題なしと判断している。

 ペンキのように調色するのは難しいので色の選択肢は少ないだけに色の取り合わせで悩むこともあまりないけれども、とにかく木目をきれいに残して艶を出さないことが、木を塗装する時のデザイン上のキモである。いくら無垢の木でもウレタン塗装とかWPC加工などは、原材料は木であってももはや木ではなく、光を反射し手足に触れるのはウレタン樹脂だ。
 余談だが、最近のよくできた木目シートの木目は職人の手書きだそうだ。本物の銘木を見ながら人の手で原画を描いているらしい。これをスーパーリアルの芸術作品と見るのか、ただの偽物と見るのか・・・。その手の製品を目の前にすると、職人さんには申し訳ないがやはり芸術作品には見えないのだが。

10 につづく

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg