2018-03-30(Fri)

日本国憲法のキモは前文の TRUST IN である

またまた護憲派リベラル諸氏には不評を買いそうなことを書いてみる。

でも、安倍改憲が現実味をもつ今だからこそ、護憲派の皆さんにこそ読んでもらいたいと思って書いていることは信じていほしい。

日本国憲法の原文は、GHQから渡された英文だったと言うことは議論の余地がない。
ただ、たとえ押しつけであっても、良いものは良いじゃないか という護憲派の意見には、私も概ね賛成だ。
自民党の改憲案や、安倍ちゃんの改憲案と比べても、月とすっぽん以上に現行憲法の方が良い。

その上で、原文である英文を見ていると、こんな文章がある。

We have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.

私が注目したのは trust in というところだ。

この文章を日本語訳(すなわち憲法の前文)でみるとこうなる

「平和を愛する諸国民の公正と信義信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

ここについては、公正と信義「に」 ではなく 「を」 じゃないか。日本語がおかしい、という議論はよく聞くはなし。たしかに、なんとなく不自然な感じはする。
でも、やはりここは 「を」 ではなく 「に」 なのである。

何故かというと
trust の後に、 in が入っているからだ。

ちょっとややこしいけど、ここは非常に大事ところなので、我慢して読んでみてほしい。
trust という英単語は普通は他動詞なので、in は必要ない。
おまえを信用するよ なんて言うときは
I trust you. てことになる。

じゃあ わざわざ in をつけるのはどういうときかというと、これは米国人なら誰でも知っているあれに書いてある。

20180330.jpeg

IN GOD WE TRUST

倒置法を元に戻すと We Trust in God. である。

つまり、信じる方の主体性にかかわらず、神が正しいとか正しくないとか四の五の言わず、無条件に信じる という場合に使われるのが trust in なのである。

まあ、ちょっと極端な書き方をしているけれども、辞書をひいても、「神を信じる」とか「運を天に任せる」とかいう例文が出ており、意味合いとしては間違っていないはずだ。

さらに昔々勉強した英文法を必死に思い出すと、 この文章は分詞構文という形になっている。
細かい説明を省くと trustingの前にある「、」の、後が原因で、前が結果ということ。

前文の訳では、因果関係が薄められているけれども、「trust in(無条件信頼)するから 安全と生存を保持できるんだよ」っていうこと。

よって、憲法前文のこの部分は、直訳するとこうなる

「平和を愛する諸国民の公正と信義を無条件に信頼することで、われらの安全と生存を保持しようと決意できました。」

どうだろう、「平和を愛する諸国民」のまえに跪(ひざまづ)いて、決意を述べる WE(日本人)の姿が浮かんでこないだろうか。



繰り返すが、私はだからといって、この憲法を自虐だとか屈辱だとか言っているのではない。
そうではなくて、この憲法は、「平和を愛する諸国民」と言われる国々との 契約 だと言うのである。

「平和を愛する諸国民」とはもちろん、日本の侵略の犠牲を被った中国、朝鮮、米国を中心にした第二次大戦の戦勝国を指していることは間違いない。
これらの国々に多大な被害をもたらした挙げ句に、ボロボロにまけた日本に待っているはずだったのは、制裁と賠償で二度と立ち直れない運命 のはずだった。

しかし、日本列島に反共の砦としての利用価値を見いだした米国は、なかなか素敵な妥協策を提示した。それが

We have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.

「平和を愛する諸国民の公正と信義を無条件に信頼して跪くならば、安全と生存を保持させてあげるよ。さあ、どうする?」

日本国民は、保守も革新も、こぞってこれに YES! と答えたのである。
おかげさまで、70年以上も戦禍にまみれることなく、今日こうして暮らしていられるのだ。
いくら貧乏暮らしと言っても、世界平均からみたら、十分に贅沢三昧な生活を送っているのである。

これはすべて、1948年に日本国民が 

We trust in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.

という契約書に判を押したからなのである。



ところが、70年もたつと、そんな契約はなかったかのように 本気で改憲をやろうとする安倍晋三のようなのが登場する。
他のことはともかく、この前文と、それを根拠にした9条を触るとなると、契約の当事者は黙っていない。
すくなくとも、米国、中国、韓国、北朝鮮は、「じゃあ 70年前の賠償をやってもらおうか」「70年分の儲けを全部返してもらおう」 という話になる。

戦後レジュームというのは、日本が勝手に決めたものではなく、日本の命乞いを戦勝国が認めたということで成立したものだ。
それを、美味しいとこだけ味わった挙げ句に、一方的に脱却すると宣言して暴走すれば、他方の当事者が黙っていないのは当然と言えば当然。
そんな一方的で独善的な改憲は、日本を孤立させ、最悪のコースに導いてしまうことは火を見るより明らかである。

私は、本質的にはいずれは日本人の力で憲法を作るべきだとは思う。
しかし、そのためには、70年前の契約当事者ともしっかりと交渉をし、理解されるものでなければ実現はできない。
国内ですら、ろくに議論もせずにゴリ押ししてしまおうというような、民主主義の「み」の字すらないような今の日本で、改憲やら自主憲法など、100年早いのである。

とは言え、GHQに作ってもらった憲法を、他国に無条件にひざまずくことと引き替えに平和と生存を保証してもらった憲法を、手放しで持ち上げて金科玉条にしてしまうのも、やはり違うはずだ。
今はしっかりと護りながらも、冷静に分析して、本来のあり方を「自分の頭で」考え、議論することが、本当の民主主義を育てるはずだ。

安倍晋三や、安倍晋三的なるものたちに負けないためにも

Trust in KENPO.

ではダメなのだ。



■■おしらせ

「ゆがめられた政治と教育~森友問題から見えてきたもの」
2018年3月31日(土)
豊中市立文化芸術センター大ホール
(阪急宝塚線「曽根」から徒歩5分)
開場 18:30、開会19:00(21:00までの予定)

<対談> 寺脇研さん X 前川喜平さん
    (コーディネーター:新聞うずみ火・矢野宏さん)
<報告とアピール> 野党国会議員
          大阪府議会議員・石川多枝さん(予定)
<アピールと行動提起> 森友学園問題を考える会

前半は、文部省(文科省)の先輩・後輩にあたるお二人の対談。長年教育行政に携わってきた中で直面した、政治から教育行政への圧力についてお話しいただきます。森友・加計学園問題を「教育行政」という観点から見た時、いったい何が問われているのか、ともに考えましょう!

後半は、野党各党の国会議員から国会報告とアピールのほか、大阪府議会で孤軍奮闘で松井知事・維新の会の責任を追及する石川議員からの報告とアピール(予定)、主催者である森友学園問題を考える会からのアピールと行動提起です。

今回は定員1,300名の大ホールですので、「満員につき入場不可」なんてことは、いくらなんでもないだろうと思っています。ですので、入場整理券等も特に発行しません。良い席を取りたい方は早めにお越しいただいた方が良いと思いますが、席には特にこだわらないのであれば、開会時刻ギリギリにお越しいただいても大丈夫です(だと思います)。

◆ 参加費 500円(学生300円)
◆ 主催:森友学園問題を考える会 TEL/FAX 06-6844-2280

主催者のFacebook
https://www.facebook.com/events/556948708001530/





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2018-03-28(Wed)

安倍退陣はあるか

このところ やたらと仕事が忙しくてブログも書けずにいた。
あいも変わらず、安い下請け仕事なので量をこなさなければならないという、絵に描いたような貧乏暇無し・・・

そんなことをしている間に、森友疑惑はどんどん安倍晋三に肉薄し、気の早い人は総辞職じゃないかなどと言い出している。
しかし、昨日の佐川の証人喚問の様子からも、絶対に辞めないという安倍晋三の執念が見える。

あんな、誰の目にも茶番にしか見えない丸川珠代と佐川の掛け合い漫才は、むしろ支持率を落とすだろう。
刑事が取り調べで、ヤクザの鉄砲玉に 「おまえの親分は指示してないよな」 「若頭も指示してないよな」 と念押ししているようなもので、鉄砲玉も他のことは「俺は知らねえ」と言いながら、そこんとこだけは 「指示してません!!」と元気よく答えてる。

おいおい、知らないはずの人間が、なんで「親分は指示してない」ことだけは知ってるんだよ、とたぶん1億人中9900万人が
ツッコみたくなる。
あまりに正直な茶番過ぎて、誤魔化しにもなっていない。

とは言え、安倍晋三の意思は明確だ。
どんなに疑惑が深まろうと、支持率が急落しようと、自分が指示したという明確な証言や証拠が出てこない限り、絶対に辞めないということだ。
当然ながら、親分がはっきりと犯罪を指示することはないわけで、「おい」とか「しっかりやれ」 くらいですべてが通じてしまうのがその筋の世界だ。形のある証拠は出てくるはずがない。
安倍晋三は、何が何でも辞任はしないだろう。

■■

ただし、そのために安倍晋三が超えなければならないハードルはもう一つある。
4月18日の日米首脳会談である。

3月25日にはオバマが来日して安倍晋三と会っている。
なんでオバマが来のかというと、あのワールドメイトの深見東州が講演会によんできたらしい。
深見東州については、首都圏の方は奇天烈な電車広告などでご存じだろうが、れっきとしたカルト教団で、近年はせっせと政治献金をして政界にもパイプを太くしているという。
20180328.jpg
この奇妙奇天烈な新興宗教カルトが、あのオバマをわざわざ日本まで来させたということが驚きだが、さらに安倍晋三との会談までセッティングしたというのだからぶったまげる。
普通に考えれば、深見東州のスタンドプレーではなく、もっと大きな勢力が深見東州を使ってやったということだろう。

オバマは今でもシカゴに帰らずにワシントンで反トランプ運動の旗を振っているという。
(次の選挙にミッシェルが出るのではといううわさもあったりする)
そんなオバマが、わざわざ日本に来るとすれば、トランプべったりの安倍晋三を引きはがそうというお役目だったのではないか。

従来の米国軍産共同体やウォールストリートは、なかなか自分たちの思い通りにならないトランプを早く引きずり下ろしたくてしょうがない。
そんなときに、米国のATMである日本がトランプベッタリなのは、非常にうっとうしいのである。
とくに、日米安保の利権を吸い尽くしてきた「知日派」=ジャパンハンドラーズの面々は、トランプべったりの安倍晋三を消してしまいたいことだろう。

一方、安倍晋三は、2007年には極右路線を警戒した「知日派」にハシゴをはずされ、3億円脱税疑惑もリークされることで、トンデモナイ恥さらしの辞め方を余儀なくされた。
このときのトラウマは凄まじいものであることは、想像に難くない。

だから、思いがけずトランプが当選したときに、安倍晋三はこれに飛びついた。
トランプという新しい傘の下で、今度こそは祖父・岸信介を超えるオオモノになってやる。
この安倍晋三の決心と覚悟をなめてかかってはいけない。

安倍晋三がトランプの懐に飛び込んだとたん、森友学園問題が火を噴いた。
キッカケはもちろん豊中の木村市議の行動だけれども、その後のあの報道攻勢は、これまでだったら考えられない。
マスコミが自民党を攻撃する = ジャパンハンドラーズのお許し(または指示)が出ている ということだ。

トランプ・安倍連合を潰せという、軍産共同体・ウォールストリート、その出先機関である「知日派」ジャパンハンドラーズ、なかでも日米安保に巣くう安保マフィアの連中が、総力で安倍晋三を攻め立てた。
文科省や財務省から、どんどん情報がリークされるのも、そのせいだろう。

さらに言えば、「知日派」直系の前原誠司が野党を統合して政権交代一歩手前までいったのも、そうした力が働いていたはずだ。
小池百合子の裏切りがなければ、シナリオは完結していただろう。小池と枝野が、絶対に権力をとってやるという意思をもっていれば、何がどうなろうと政権交代はしていた。
しかし、小池は土壇場でビビって逃亡し、枝野は正義を叫ぶ万年野党の道を選んだ。

オバマは、「もういい加減にトランプとは手を切れよ。そうしたら総攻撃を辞めてやるぜ。なんなら引退してハワイで昭恵と二人で楽しく暮らせばいいじゃないか。」 てな感じで引導を渡しに来たようだが、安倍晋三の執念はそれに乗らなかった。
反トランプ勢力が徐々に弱ってきていることも影響しているのかもしれない。

■■

この波状攻撃に、安倍晋三は官邸をゲシュタポ化させてしのいでいる。
キーマンの弱みを握っては恫喝し、何が何でも辞めないという意思を貫徹している。
まさに、今年の元旦に放送された「相棒」の世界である。違うのは、内閣情報調査室だけの暴走ではなく、総理をトップにした官邸総ぐるみだということ。

ところが、反トランプ勢力にとって、どうしても許せない事態が出来した。
とくに、日米安保マフィアにとっては死活問題だ。
それは、米朝会談の実現である。

なにが死活問題かというと、米朝会談で朝鮮戦争が「終戦」すると、韓国と日本に米軍が駐留している大義がなくなってしまうからだ。戦争屋は戦争の種がなくなってしまうことを何よりも恐れる。
これまで日本は北朝鮮を敵視し、米朝を近づけないための番犬を勤めてきた。ところが、トランプはそんな経緯はお構いなしに、あっという間に米朝会談を実現させそうな勢いだ。

これまで、どっちつかずに言葉を濁してきた中国も、自分だけ外されてはかなわないと、金正恩を呼びつけて(招待という形だろう)「朝鮮半島の非核化」ということで話しをつけた。
もうこれで、よほどのジャマが入らない限り、米朝会談から朝鮮戦争の終結という流れは止められない。

本当だったら、ここで噛ませ犬の日本が北朝鮮を挑発し、米朝関係を悪化させるための芝居を打たなくてはならないのだが、トランプべったりの安倍晋三は、米政府と口裏を合わせる以上のことはできない。

と、これがここまでの流れだ。

ここから先、トランプが米朝会談までこぎ着けるのに、何も仕掛けをしないはずはない。
すこしでも自分に有利になるように、あっちこっちから揺さぶりをかけたり、手をさしのべたり、目まぐるしく行動を起こすだろう。
その時、誰(どの国)にどの役割を負わせるつもりなのか。

常識的には、日本に敵対的なポジションを取らせて、韓国には親和的にさせ、中国が落とし所で話しをつける、ということになる。
しかし、トランプはそんな常識的な方法はとらないと思う。
韓国は日本よりも独立心があるから、必ずしもトランプの号令を100%聞くとは限らない。そんな韓国を融和ポジションにおきつづけるのは危険だと考えるだろう。
中国は仲介を依頼すれば、うやむやにして少しでも良いポジションを取ろうと駆け引きしてくる。それならば、交渉から完全にはずしてしまい、自分から動かざるを得ないようにする、という最近の戦略を継続するだろう。

となると、やはり交渉に向けての手駒は日本しかないことになる。
安倍晋三にそれが勤まるか。
4月18日の首脳会談は、その首実検である。

個人的な能力の問題、支持層の思想的な問題、森友疑獄で支持率が落ちていること、などなどを鑑みると、超重要な役割をあうんの呼吸で押したり引いたりできるのか、トランプ側はかなり不安に思っているだろう。

押す方はともかく、引く演技ができるのか。
場合によったら 拉致問題のラも言わずに金正恩とニコニコ握手できるのか。
どんなことがあっても安倍晋三を支え続けている極右勢力が、それをもよしとするのか。

「わたちはこー見えても演技はうまいんです。国会で毎日毎日ウソをついてますから、心にもないことをいうのは朝飯前です。」と自己アピールするのだろうが、交渉の達人であるトランプの眼鏡にかなうのかどうかは、かなり怪しい。

安倍晋三は、支持率が10%を切ろうとも、決して自分からは辞めないから、当面は退陣はない というのが私の見立てだが、トランプにクビを切られるという可能性はあるかも と思っている。

ニュースをみる度にウンザリするけれども、とにかく今は我慢して、目を開いておきたい。


■■おしらせ

「ゆがめられた政治と教育~森友問題から見えてきたもの」
2018年3月31日(土)
豊中市立文化芸術センター大ホール
(阪急宝塚線「曽根」から徒歩5分)
開場 18:30、開会19:00(21:00までの予定)

<対談> 寺脇研さん X 前川喜平さん
    (コーディネーター:新聞うずみ火・矢野宏さん)
<報告とアピール> 野党国会議員
          大阪府議会議員・石川多枝さん(予定)
<アピールと行動提起> 森友学園問題を考える会

前半は、文部省(文科省)の先輩・後輩にあたるお二人の対談。長年教育行政に携わってきた中で直面した、政治から教育行政への圧力についてお話しいただきます。森友・加計学園問題を「教育行政」という観点から見た時、いったい何が問われているのか、ともに考えましょう!

後半は、野党各党の国会議員から国会報告とアピールのほか、大阪府議会で孤軍奮闘で松井知事・維新の会の責任を追及する石川議員からの報告とアピール(予定)、主催者である森友学園問題を考える会からのアピールと行動提起です。

今回は定員1,300名の大ホールですので、「満員につき入場不可」なんてことは、いくらなんでもないだろうと思っています。ですので、入場整理券等も特に発行しません。良い席を取りたい方は早めにお越しいただいた方が良いと思いますが、席には特にこだわらないのであれば、開会時刻ギリギリにお越しいただいても大丈夫です(だと思います)。

◆ 参加費 500円(学生300円)
◆ 主催:森友学園問題を考える会 TEL/FAX 06-6844-2280

主催者のFacebook
https://www.facebook.com/events/556948708001530/





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


2018-03-11(Sun)

7年目の3.11

あまりに何も進んでいないことに呆然とする。

その割に、変化してしまったのは、私たちのほうではないだろうか。

とくに、福島から遠く離れたわれわれ関西人は、いつのまにか状況に馴らされ、振り返ることも少なくなってきてはいないだろうか。

これから「さよなら原発関西アクション」に出かけるところだけれども、そんな私でも最近のブログの記事を思い返せば、3.11の話題はほとんどない。

運動の現場でも、今年の大阪の集会は、共産党系との共催に至らず屋内集会のみとなってしまったようだ。
批判する意味ではないけれども、政治の世界では野党共闘とか言っているのに、なかなか難しいものだ。

私のまわりでも、市民運動と政治活動の壁は、なんやかんや言ってもまだまだ高いのだなあ、と感じさせる出来事があったりして、何十年も属国として暮らしてきた日本で、本当に国民が自立していくのは長い道のりだと感じた。

結果を求めない市民運動の限界はもちろんある。このブログでもよく批判的に書いている通りだ。
しかし一方で、名もなき一人が自立して動き始めることは、短期的な結果を求める政治活動だけでは生まれない。

例え結果が伴わずとも倦まずたゆまず継続していく市民運動と、結果責任を重んじる政治活動が、うまく車の両輪にならなければ、というのが2012年からずっと考えていること。
市民と野党の共闘とか見ていたら、やっとそんな感じになってきたのかな と思っていたのだが。

私自身は、これから出かける集会に、何かの結果を求めるわけではもちろんない。
自分のなかで薄れかけていた「3.11」を もう一度思い起こすためにいってこようとおもう。
これからの日本を考えるために、政治活動を重んじる人こそ、「3.11」は深く深く心に刻み込まなければならない。

溶け落ちたデブリも、まき散らされた放射性物質も、避難を余儀なくされた人々も、すでに被曝してしまった人たちも、まだ何も解決などしていない。
解決もしていないのに、「自己責任でしょ」と言い放つ政府のもとで、私たちは甘んじて暮らしている。

そんな現実から、いつのまにか目を背けてしまう情けない自分に渇を入れるため、そろそろ出かけようと思う。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg