2006-04-15(Sat)

この国は「コレクター」なみの変態なのか

一体、この世のどこに「我を愛せよ」とふんぞり返って強制する人間がいるだろうか。

10年ほど前に「コレクター」という、女性を昆虫のようにコレクションする変態の映画があったように記憶するが、まさに、我が国はこの変態そこのけの国ということだろうか。

見方を変えると、この国は、強制しなければ愛されることもない、と自覚しているとも言える。

札びらでマスコミを支配することで、かろうじてアクロバット的に支配を維持しているとはいえ、いつフランスのように爆発するか分からない、という恐怖に怯えているのが、実はこの国の支配者であるということだ。

だから、麻酔をかけて、ピンで標本箱に縫いつけてしまわなければ安心できないのだ。

それにしても、「他国を尊重し」という文句にすら不満が出るとは・・・。なんというおぞましい光景だろう。子どもには絶対に見せたくない、それがこの国の教育を考える人々の姿だ。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

敵の敵は味方

 十日頃から昨日まで暫く体調不良で新聞が読めないのは勿論のこと、今まで毎日読んで

パロディ・最後の授業

20XX年、教育基本法改○により教育現場が混乱したという想定で、アルフォンス・ドーデの名作、『最後の授業』をモチーフに書いてみました。「皆さん、私が授業をするのはこれが最後です。今後、学校では、“愛国心”だか“我が国と郷土を愛するホニャララな態度”だかなんだ

ブログの可能性について

ホームページとブログ※今日のミクシィの日記に書いた内容がベースです。私はこのミクシィ以外にホームページとブログを持っています。正確に言うとホームページのトップには

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

愛国心

私は自国を愛してこそ他国を愛せるのと思います。無論国とは文化と伝統です。この国は強制しなければ愛されることもない国ではありません。私はこの国が好きです

、「他国を尊重し」という文句に

、「他国を尊重し」という文句にすら不満を述べた人がいたんですか。笑止千万ですね。痛快な文章ですね。

私もこの問題には興味があります。
今日面白い本を見つけました。
『日本の外交は国民に何を隠しているのか』(河辺一郎著 集英社新書)です。まだ読みはじめなのですが、
みなさんは日本が国連分担金滞納の常連国であることをご存知でしょうか。私はこの本を読んで始めて知りました。
私たちはもっともっと知るべきことがあることを感じました。

「とりあえず」のコメントでRunnerさんという方が『「お前はこの町に住んでいるのだから好きにならないのはけしからんことだ」などとは全く思いません。』と書かれていましたが『一体、この世のどこに「我を愛せよ」とふんぞり返って強制する人間がいるだろうか。』という表現はもっと過激で気に入りました。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg