2011-06-30(Thu)

脱原発の家づくり 太陽光発電は救世主か?

再生可能エネ法案で、全量買い取りにされようとしているのは、太陽光、風力、水力(3万kW未満の中小水力)、地熱、バイオマス などである。
このうち、太陽光発電だけは優遇されていて、買い取り価格が40円以上(現状と同じならば)。太陽光発電以外は15~20円なので、大きな差がある。
再生エネ法とはいうものの、ほとんど太陽光発電促進法である。

ところで、先日も書いたけれども、太陽光発電はどうも胡散臭い。
何よりも、この再生エネ法案の閣議決定が3月11日だったことにも表れている。
原発事故以前は、菅内閣は総力を挙げて原発推進、原発輸出内閣だった。
その菅内閣が、震災以前に閣議決定しているのだから、当然にも、この再生エネ法は原発推進と一体のものと思わなくてはならない。

太陽光発電の怪しさについては、現在資料収集中なので、とりあえず今日は予告するだけにしておく。
近日中に、詳細を書きたいと思っているので、興味のある方は期待していただきたい。
現在、文字通り日の出るような勢いの太陽光発電をこき下ろしてみたい。

今日は、その前段として、エネルギー効率についてちょっと見ておきたい。
平成19年に経産省が作成した、エネルギー効率の国際比較 というものがある
http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g70419a07j.pdf



GDPを1生み出すのに、どれだけのエネルギーを消費したか、という数字だ。
日本はダントツ、めちゃくちゃ省エネの国ということがわかる。
EUやアメリカの半分、ドイツと比べても1.6分の1である。

全量買い取りの先行事例であるドイツを、とかく過大評価しがちだが、少なくとも省エネという意味では、ドイツは日本の足下にも及ばない。
逆に言うと、エネルギー効率を向上させるには、日本は伸び代が少ないということだ。

次に、エネルギー効率の資料として、エネルギー変換効率を見ておく。
発電所などで、入力されるエネルギーと出力するエネルギーの効率だ。
エネルギー変換効率の一覧

これをみてわかるのは、エネルギーを電気にするのは、そもそも効率がよくない ということ。
太陽光発電は15%前後で、なんと、自転車のダイナモ20%程度の方が効率が良い。

それに対して、太陽熱温水でお湯を作るのならば最大85%、家庭用でも40%である。
だから、そもそも自然エネルギーに転換するのならば、電気そのものからの転換も考えるべきなのである。

それと、自然エネルギーを使うときは、むやみに巨大化、集約化しない方が良いと言うことだ。
いわゆるメガソーラーとか、電田とか、巨大化することでエネルギー的に飛躍的に効率化することは期待できそうにないからだ。
ただし、ビジネスモデルとしては、メガソーラーの方がずっと美味しいことは、孫さんに教えてもらわなくてもわかる。

身の回りの自然エネルギーのようなユルイものを使うときは、できるだけユルク使うべきなのである。

窓を大きくして冬暖かくするとか、太陽熱温水とか、打ち水の気化熱で冷やすとか。

そういう工夫が満載の家を現在設計中なので、そんな話も含めて、改めて書きたいと思う。
本日は、寝ないと倒れそうなので、これにておしまい



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    アクセスアップ作戦開始!

人気ブログランキングへ 応援お願いします
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スウェーデンは理想的な福祉国家か?

理想的な社会福祉国家・スウェーデン。社会主義的な考え方を持つ人々にとっては夢のような国であろう。無残に失敗した社会主義国家たちの陰に隠れて、しかし、21世紀に入ってスウ ...

日本の労働市場は本当に硬直的か?

Tweet 日本の労働市場は硬直的なんだ! 日本の会社は終身雇用を前提としていて、解雇規制が異常に厳しくいのだ。年功賃金が前提で、中途採用も少ないから、新卒採用時に不況だったらどうしようもないし、一回人生の道をはずすと大変なことになる。 ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

テレビは

テレビは、節電の夏、テレビを消そうと言って見ろ。(笑)

あるみさn xtc4241さん

コメントありがとうございます
ちょうど近藤邦明氏の「太陽光発電の大疑問」を読んでいるところです。太陽光発電の技術的な検証抜きに、「全量買取」是か非か と迫るのは、甚だ危険です。温暖化詐欺と同じ構図です。
原発にも化石燃料にも頼りたくないけど、今の贅沢な生活も変えたくないというワガママが、内容検討抜きの「自然エネルギー礼賛」だとも言えなくもない。
自らを省みつつ問題を考えたいと思います。

No title

おはようございます(いま7月1日5:25頃です)
ことしも半分が過ぎてしました。早い、早すぎるとかんじるのは僕だけでしょうか?

>原発事故以前は、菅内閣は総力を挙げて原発推進、原発輸出内閣だった。
その菅内閣が、震災以前に閣議決定しているのだから、当然にも、この再生エネ法は原発推進と一体のものと思わなくてはならない。

どうしてそう思うのですか?
確かに原発輸出しようとしていた。仙谷さんはいまでもいってますね。でも、菅さんはそれについて言っていない。それが無責任といえばそのとおりかもしれない。
言えないのところは論理的に弱いといえば弱い。

それに脱原発とも言っていない。
それは政権を持っている首相として簡単には言えないのだと思います。

でも、自然エネルギーももっと使えるようにしないと原発と化石燃料(特に石油と石炭)に頼ってしまう。
だから「自然エネルギー全量買取法案」が必要なのはわかりますよね。

そしていまは原発には頼れないことがはっきりしたわけですから、この法案を絶対に通せねばならないといっているんだと思います。
管理人は「自然エネルギー買取法案」に賛成ですか?
反対ですか?
とりあえず、ひとを見るのではなく政策で判断してください。お願いします。


No title

ご無沙汰しております。
太陽光発電を含む、再生可能エネルギーによる発電についての批判は「環境問題を考える」
http://www.env01.net/index02.htm
のサイト管理者、近藤邦明氏のものが詳しいです。
ちきゅう座 HPにも転載されております。
http://chikyuza.net/n/
(すでにご存知であれば、ご容赦願います)
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg