2011-07-11(Mon)

山本宣治と松本治一郎

戦前の政治家というと、山本宣治と松本治一郎を思い起こす

山本宣治のことを知ったのは、このブログのサイドメニューにもある、羽仁五郎の「自伝的戦後史」の中だ。
羽仁五郎さんは、山宣を暗殺の凶刃から守れなかったことを、日本の歴史として悔いている。
山宣の立場であれば、右翼に狙われているのはわかっているのに、神田の旅館に一人にさせていた日本人の不甲斐なさを強烈に反省している。

こういう国会議員が戦前にもいたと言うこと、そして暗殺されてしまったことを反省するという視点に、当時高校生だった私は、衝撃を受けた。

「実に今や階級的立場を守るものはただ一人だ、山宣独り孤塁を守る! だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が支持しているから」  という暗殺直前の演説はあまりにも有名。

だが、重要なことは、この演説に感動することではなく、この演説はここで中止させられているということであり、その直後に暗殺を許してしまったと言うこと。

今の時代を生きる私たちは、そのことを胸に刻まなくてはならない。

■■
戦前から戦後にかけての政治家で、もう一人印象の強烈な人がいる。
いわゆるカニの横ばい事件で有名な 松本治一郎だ。

部落解放運動の闘志の顔、九州やくざの顔、戦前の衆議院議員の顔、戦後の参議院議員の顔、と多くの顔を持つ。

そして、その全てが一人の松本治一郎という人なのだろう。
彼の経歴で、何よりも有名なのは、カニの横ばい事件。

戦後初の参議院副議長に就任したとき、その就任式で史上初めて天皇にお尻を向けて歩いた という「事件」だ。
今ならば、何が事件なの? てなものかもしれないが、つい先日まで神だと言われていた天皇に、さっさと尻を向けて歩き去るというのは、驚天動地だったわけだ。

今だって、園遊会とか言うと、自称ロックンローラーまでが背広を着てヘラヘラと出かけていく。
天皇に面と向かって、取引先の社長と話すように会話できる人が日本中に存在するだろうか?

しかし松本治一郎は、「貴族あるところ賤族あり」と喝破して、天皇を神ではなくフツウの人として扱ったのである。
そしてその感性は、当時の国民感情とも合致して、松本治一郎の名を不動のものにした。

■■
この松本治一郎の養孫である松本龍が、一瞬にして復興大臣から引き下ろされた。

マスメディアのみならず、マスメディアの害悪を知り尽くしている人たちまでが、松本龍を叩きまくった。
しかし、被災者を食い物にして復興利権をむさぼろうとしているのは、宮城県知事の村井のほうであり、そのバックにいる、日米利権集団だ。

日米利権集団は、私の妄想でも何でもない。
米戦略国際問題研究所(CSISと日本経団連によって「復興と未来のための日米パートナーシップ」という組織を作り、巨額の復興利権を吸い尽くすための準備をしている。

代表はボーイング社のCEOであり、主要メンバーはリチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーン元大統領特別補佐官など。

村井知事は、日本の国会においてアメリカ利害を代表する前原誠司の子分であり、野村総研などの東京の大資本の言うなりで、地元の意見は入れないと公言し、実際に水産特区などの地元漁民切り捨て策を、着々と進めている。

松本龍の言動を見ると、明らかにこうした利権構造にたいして、自爆攻撃をしかけたと思われる。
松本龍の普段の様子を伝え聞くと、ますますその思いは強い。

しかし彼の捨て身の攻撃は、養祖父のカニ事件のような効果はもたらさなかった。
松本ドラゴンがもし責められるとしたら、暴言ではなく、攻撃の失敗によってである。

■■
部落差別は、無くなったわけではない。
10年ほど前、私の親しい友人も、差別の中で煩悶しながら病魔に冒され亡くなった。

部落解放同盟という組織が、利権集団になってしまったという側面は確かに否定できない。
亡くなった友人も、それは批判していた。

「人の世に熱あれ 人間に光あれ」という水平社宣言が、今の部落解放同盟にどれほど生きているのか、これは組織にいる人にとっても、非常に悩ましい問題だろう。

しかし、かの友人の生き様をみるにつけ、やはり差別はなくなっていないということは断言できる。
そういう世の中で、利権であろうと何であろうと、生きるための手段を部落解放同盟という組織が確保しているという側面もまた、真実なのである。

相矛盾した苦しい現実を前にして、一方だけを無いものにして好き放題言うことは許されない。

松本ドラゴンの「暴言騒動」も、あのように報道された背景には、必ず部落差別というものがある。
あるからこそ、だれもそれを口にしない。

今の日本の権力構造の中で、部落差別がないわけがない。
被差別部落出身者としてもっとも権力中枢に近づいた野中広務ですら、自民党内外での差別を浴び続けてきた。

エリート意識の塊であるマスメディアが、決して口に出さずに部落出身者としての松本龍を叩いていたことは、私の中では間違いない事実である。

■■
人生が100年あったとしても、ついに半分を迎えてしまった。

普通に学校に行って、普通に就職するというパターンと比べると、何倍もの時間を生きてきたような気もする。
いろんな問題にぶつかりながら、なんとかここまで生きてこれたのは、まるで奇跡。
まして、私が家庭をもって子どもを育てているなんて、自分でも信じられない。

とか言いながらも、子どもはどんどん育ち、多くの問題にぶつかりながら自分の生を生きていく。
その節々に、お父さんはどうして○○なの? と聞かれたときに、何か伝えられるようにだけはしておきたい。

原発のことも戦争のことも差別のことも政治のことも、やがて子どもの前で後悔しないようにしたい。

人に何かを強制することはしないけれども、私は納得できるように、これからの後半戦(?)を生きていきたい。



 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なぜアメリカの雇用の回復は鈍いのか?

アメリカの雇用の回復が鈍い。先週の6月雇用統計はみるも無残な結果となった。アメリカの雇用の回復が鈍い理由はいろいろあるだろう。このブログにも個人のブログにもこのことに関 ...

なぜケインズは間違いなのか?なぜ小さな政府が有効なのか?を理解する

Tweet 需給ギャップが大きいから、構造改革といったようなやり方は日本では上手くいかない。ケインズ的な財政支出政策をやるべきである。あるいは、日銀がさらにマネーをじゃぶじゃぶに刷って金融緩和をさらに推し進めることによってデフレ脱却を...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

CSISと経団連がそういう組織を作っていること、村井知事の政策、松本大臣の一連の発言。

こうした別々の事象から、お書きのようなストーリーを導くには、あまりに飛躍があると思います。小沢側近の達増知事への発言も批判されていたことにはまったく触れないのも、疑問ありです。

地位協定破棄(掲載はお任せ)

地位協定破棄3題長文でっせ

「地位協定破棄その1」

週刊朝日劇場に「石川、上杉、山口、各氏」
石川氏曰く「捏造ビデオだけは絶対許し難い」と激怒
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/01/post_1937.html#25403

小沢氏はただちにNHKはじめ全マスゴミを刑事告発し総額国家予算の25%程度の損害賠償を請求し、日本復興につぎこめばよいね。
この期に及んではもうくさったアメポチ国会政治など捨てて政府の干渉もアメリカの干渉も跳ね返して、民間人の国民の総力を小沢氏の人間力のもとに集中するだけで復興ができる。

復興の真のリーダーにアメリカが下賜する首相の「地位」など必要ない。
日本は地位も人種も平等な平和憲法の国である。
アメリカ地位協定のキョンシー菅もろとも国会も霞ヶ関も最高裁もマスゴミも石棺化してしまえばよろすい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦後のすべてのアメリカGHQ検察警察奇形司法の手による冤罪被害者もみな小沢氏とともに集結して地位協定擁護政府を叩き潰し、平和憲法を護持する真の自由平等な国民主権民主主義を確立するために力を出して欲しい。
=================================================================
「地位協定破棄その2」

「勤労父母代表する教育理念を」 ・競争原理破産し蘇る生産原理 2011年7月6日付
>ttp://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kinrouhubodaihyousurukyouikurinenwo.html
(抜粋)
「生活からかけ離れた教科書」
「テスト拒否する学年も 「子供の為にならぬ」」
「「学力向上」の内実 テスト上手増やすだけで子に力つかず」
「どんな力をつけさすか 重要な教師の立場」
「震災後激変する子供達 親の意識を反映」
「教育の様相一変へ 学校の枠にこもれば見えず 社会発展の側で」
「編集部まとめ」 実際に世の中の勤労人民は生産原理で協同して労働し、生活している。その生産活動をやるために自然に対する態度、科学的な理解も必要となる。そこを取っ払った競争主義や「興味・関心」だけで突っ走れば破産するしかない。文科省が今進めているテストの点数第一の競争主義徹底では、もっと深刻な学校崩壊は避けられないのではないか。
 教科書だけに縛られたり、学校の枠内にこもったら教育は見えるわけがない。子どもたちは勤労人民の子どもであり、社会の子だ。社会の矛盾を鋭く反映しながら生きているのだから、教師が勤労父母とともにこの社会をよりよい社会にどうするかという立場に立たなければ教育が見えるわけがないと思う。対米従属下の資本主義には展望が見えないが、生産を担う親たちの労働と生活のなかに新しい社会をつくる力があるんだという立場に立ったら、子どもたちの持つ本来のパワーが発揚されるのではないか。教育運動の典型ができていけば一気に影響を広げて、日本の教育の様相を変えていけると思う。(後略。転載終わり)

戦後地位協定のもとにアメリカの支配下に入った文部省の教育理念が、66年経って東大卒官僚・学者・政治家のぶざまな無能となって今の日本対米軍事政権隷属植民地政治に結実しました。
教育改革を進めるにもなによりもまず地位協定破棄が絶対に必要であることが証明されたということです。

平和憲法国家日本は直ちに日米地位協定破棄を全世界に向けて発信すべきなのです。

(社会正義、公共善、生活の質・・・ ~これらこそが議論にならなくはイケナイ
>>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/01/post_1938.html
へのコメント)
================================================================
「地位協定破棄その3」

>「国民を食い物にし、調子に乗るのはいい加減に止めとけ」と、前原くんには警告しておこう。
(CSISと安保 ~いつもの連中でジャパン・ハンドラーズ会議 2011年7月11日
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/csis.html)

彼らジャパンハンドラーズすべてを合法的に無力化できる。
地位協定を破棄するだけで即全員を国内法で刑事有罪にできるのである。

参照(1):「蜘蛛の糸」 (悪人正機説)

>菅さんの想い:国民のため、そしてご本人のために、一刻も早くやめた方がいい。(2011.07.09)
>ttp://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1a65.html

それよりもなによりも世界平和のために、辞める前に日米地位協定を破棄してからスパッと辞めれば、史上最低どん底評価から一発大逆転ノーベル平和賞もらえるけどね。(最悪収監中でもノーベル平和賞はもらえるよw)

参照(2)>アレバには菅総理がもみ手で歓迎したものだから、足元を見られ処理費1トン2億円?をふっかけられた。
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/post_2136.html

地位協定の治外法権をたてに官邸に入り込んで居座っている米軍事顧問の目的は原発事故の放射能漏れの実際のデータ収集だけだから、日本の高い技術でさっさと汚染除去されてはデータが取れなくなって困るんで、技術の低いアレバ社を菅総理に押し付けただけでしょ。

地位協定破棄すれば国内法で不法入国不法滞在の米軍事顧問はただちに現行犯逮捕して本国へ強制送還、今後10年間来日禁止できますがw
地位協定破棄しても安保条約はそのままだから米国は日本に対していかなる軍事報復もできずわが国は「安全」です。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg