2011-08-17(Wed)

原発なしで電気は足りるか 検証してみた

原発なくとも電気は足りる とツイッターで書いたところ、非常多くの反響があった。

今のような節電をず~と続けるつもりか とか

企業に義務づけられた節電は、現場は苦労してるんだ とか

節電で経済が落ち込んで地方都市がつぶれていく とか

あるようなないような話が ズラズラっとTLに並んだ。

それならば、と、実際の数字を拾って、比較表を作ってみた

2008年~2009年の最大電力と、2009年の最大供給力を、各電力会社ごとに比較してみた。

念のため書いておくと、最大電力というのは、お盆休み以外の真夏の猛暑日の数日間に、午後1時~4時くらいの間に必要とされるピーク時の電力量だ。

1年を通して必要なわけではないし、夏中ずっとでもないし、猛暑日の24時間でもない。
真夏の数日間の、さらに数時間の電力量。

saidaidenryoku.jpg
(クリックすると PDFが開きます)

電事連のデータから作ったので、まったく私の主観は入っていない。
不明なのは、最大供給力に、長期休止中の火力発電が入っているかどうか。

この表を見ると、100%を超えているのは、東電、関電、そして東電を含む50Hz地域の合計だ。

関電については、会社の枠を取り払って、60Hz地域でちゃんと融通しあえば、充分足りる。
若狭湾は、二度と原発を動かす必要はない。

関電は48%が原発の電気と宣伝されているから、よほど大変かと思いきや、単体でも15%弱の不足であり、60Hz地域では現状でもなんとか足りている。

それだけ、これまでは火力を動かしていなかったということ。
古い重油の火力は、順次、効率の良いガスコンバインドに切り替えていけばいい。
中期的には、これで充分に対応できる。

東電は、さすがに厳しい数字ではある。
50Hz地域でも、少し足りない。

とはいえ、4%足らずなので、少々の設備の追加と、ピークカットのための操業時間移動などで乗り切ることは可能だ。

■■

こういうことを書くと、現場の苦労を知らないで とか またまた言われそうなので、あらかじめ断っておきたい。

節電している現場の方にはご苦労様ではあるが、必要なことは大変でもやらざるを得ない。
文句は、これまで原発という異常なものに頼ってきたお歴々に言ってもらいたい。

厳しい品質管理を、大変だからやりたくない とは言えないのと同じ。
原発の電気に頼って操業するのは、少々の不良品を作るよりも、社会的な犯罪だ。

少しくらい厳しくても、最低限の企業のコンプライアンスとして、やりきらなくてはならない。
そのためのギャップによって生じる初期損失は、一部は電力会社と政府によって補償されるべきであるし、一部は原発に頼ってきた自らの責任で引き受けるべきだ。


■■

原発なくすと、節電で経済が打撃を受ける とか そのせいで地方都市がゴーストタウンになる という根拠のない議論は、話題にするに及ばない。

少なくとも、4-6月期のGDPがマイナス1.3%にとどまったこと。
その流れは、震災前から変わっていないこと。
むしろ、震災の損害と、急激な円高(ドル安)にしては、落ち込みが小さかったということを見ておくべき。

20110816.jpg
(毎日新聞より)

ただし、地方都市のゴーストタウン化については、別途問題であることは言うまでもない。


■■

その上で、これからは、電気をできるだけ使わない生活をしていくべきだろう。

民生用の電力は、実はわずかだから、家庭でエアコンを消してもほんの微々たる節電効果しかない。
ただ、無駄なものは使わないに越したことはない。

今日、ホームセンターに行って、このくらいの空調で十分だ、と思った。
店内で扇風機を回しているので、とくに暑い! と感じることもない。
ただ、以前のようにヒヤッとした爽快感がなくなっただけ。

これまで、テレビや店先で、電気を使え使えという誘惑がひっきりなしだった。
そのウットーシイ売り込みがなくなって、すっきりしたと感じている人も多いだろう。

自然エネルギーも、合理的なものである限り結構なことだが、それ以前に、電気を使わない生活スタイルを考えよう。
自然エネルギーで、これまでと同じ快適な電化生活を送ろう なんていうガッカリ人間が、ちょっとでも少ないことを祈りたい。


■■

自然エネルギーの話のついでに、太陽光発電の問題をちょっと。

何が問題かは、これまでの記事を参照していただきたい。

ここで言っておきたいのは、太陽光発電だけが、なんでこんなに優遇されるのか ということ。

買い取り価格は、太陽光は現在42円。
ところが法案では、太陽光以外は、最大20円となっている。

まして、太陽熱温水という、もっともエネルギー効率の良い自然エネルギー利用は、自然エネを騒ぐ人々は、まったく無視黙殺である。

再生エネ法が、太陽光以外も買い取りするから、太陽光ばかり責めるのはオカシイとかいう、オカシイ意見を言うひとがいるが、せめて条文くらい確認してから意見を言ってもらいたい。

■■

とにもかくにも、今大事なことは、震災と原発の被害に苦しむ人たちの生活を、放射能の問題も含めて、なんとか再建していくこと。

そして、原発という悪魔の装置を即時停止すること。

今でも原発を動かせという輩は、福島第一原発の現場で作業しますという契約書にサインしてから発言すべきだ。
それが嫌なら、事故の連帯責任を負って、一生刑務所で過ごしてもらいたい。

原発停止は、物理的に不可能ではない。
困難がないわけではないが、一度開いた悪魔の口を閉じることに比べれば、その困難は易い。

自然エネルギーの話は、被災者救援と、原発停止の その後にする話。
火事の現場で、耐火建築の講釈をたれる馬鹿がどこにいるか。

こんなのに誤魔化されることは、被災地をないがしろにすることと同じである。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

太陽光発電は貧しい人を益々貧しくする

太陽光発電をした電力を電力会社の電気料金よりも高い価格で電力会社に売電することができる。
その差額は電力会社が電気料金に上乗せする。
従って、太陽光発電をしていない人々が負担しなければならない。貧しい人々はますます貧しくなる。

東北電力

教えてください。

東北電力の電力不足を東京電力から補ったという話はどのように考えたらよいのでしょう?

原発=禁止薬物

> 今のような節電をず~と続けるつもりか とか
> 企業に義務づけられた節電は、現場は苦労してるんだ とか
> 節電で経済が落ち込んで地方都市がつぶれていく とか

こんなことでは、「ヒロシマ」、「ナガサキ」と言って、世界から同情されてきたのも最早これまでだろう。
今回の原発事故で、すでに広島原爆80発分の放射能が拡散した。しかも、まだまだ放射能は漏れ続けている。

発電の度に大量の放射能を含むウランの燃えカス=「死の灰」を作るのが原発の性だ。
放射能の減衰を考えに入れても、今や積もりに積もって、広島を壊滅させた原爆の80万倍もの「死の灰」が、日本の彼方此方にたまっているという。

何が原発だ。スポーツ選手がドーピングで好成績を挙げ続けてきたようなものだ!
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg