2011-08-29(Mon)

鳩山「獅子身中の虫」疑惑

民主党代表選のことは、もう書きたくもない。
現実逃避したい気分。

とは言え、明日も明後日も生きて行かなくちゃならないのだから、考えることをやめるわけにはいかない。
これからどうなっていくのか、大枠は目に見えている。

小沢グループからの、ポストを使った引きはがしが始まる。
野田陣営は、小沢グループが分離独立することを恐れている。そうなれば、大連立で極めて不利な立場におかれるからだ。
そうなる前に、小沢グループ内の動揺分子に粉をかけて、引きはがしにかかるだろう。
身近に甘い汁を吸う者がいれば、なびく者も増え、グループを半減させようという狙いだ。

一方で、強硬に09マニフェストを遵守せよと唱えるものには、完全な無視黙殺をする。
党人事でも政府人事でも、20~30人程度の強固な小沢グループ中核だけは、指先一本さわらせないだろう。
彼ら、彼女らを、党内の圧倒的な少数派に追い込み、離党を余儀なくさせるつもりだ。

それも、来春の小沢氏の判決が出る前に だ。
小沢氏無罪になれば、無理やり処分してきた責任が問われる。
そうなる前に、小沢氏らを党から追い出したいのだ。

その代わり、それ以外のすべてのグループには、仕事ができようができまいがまんべんなくポストを与えて、まるでかつての自民党のような派閥政治を再現するだろう。
腐った執行部と、裏切り者の大同団結が成し遂げられる。

これが、野田の言う「ノーサイド」の意味だ。

では、小沢氏と同じく海江田を擁立した鳩山グループはどうなるのか。
おそらく、数人の例外を除いて重要ポストを与えられ、重用されるだろう。
なぜか。

今回の野田圧勝の立役者が、他ならぬ鳩山由紀夫だったからだ。

どう考えても、誰が考えても、擁立候補が海江田というのは、最悪すぎる。
小沢グループの多くが、絶句し、どうやって支持すればいいのか頭を抱え、小沢氏に「俺のためだと思って」と言われて渋々支持を表明した。

小沢鋭仁であれば、まだしも何とかなったかもしれないが、これも鳩山が潰して海江田に一本化した。この段階で、小沢鋭仁ならば支持すると言う議員が何人かこぼれた可能性は大きい。

何せ、菅内閣の閣僚で、原発推進の経産相で、TPP賛成で、そのうえ国会で泣いちゃったんだから、これ以下の候補は考えられない。
この最悪候補を、小沢氏にたいしてごり押ししたのが、この鳩山だったのだから、これはもう負けるために仕組んだとしか考えられない。

□□

思いおこせば、2009年の政権交代の初めから、鳩山の動きはことごとくオカシイ。

政権交代の功労者が小沢一郎であることは、誰の目にも明らかだった。
だから、小沢が幹事長になるのは当然と誰もが思った。

ただし、ひとつ不思議なことが起きた。
党と政府の分離という、訳の分からない原則だ。

政党政治である以上、かつて「政府自民党」と言われたように、政権党と政府は一体である。
ところが、なぜか党は政府に口出しするなということになり、小沢幹事長は、新政権においてハシゴの外れた屋根の上に乗せられてしまった。

間違えやすいのが、党の政策調査会のこと。
自民党時代、政策調査会は官僚が主導し、族議員の養成所になってきたことを知っている小沢氏は、政調を廃止した。それが、党と政府の分離だと思っている人がいる。

しかし、実際はそうではない。官僚の影響を廃して政府を運営するために、党は積極的に政府に関与すべしというのが、政治主導の理念であったのだ。

ところが、どういうわけか、政調の廃止=党は口出ししない ということになってしまった。
これは菅直人の策略だったという話もあるが、考えてみれば鳩山が飲まなければ実現しないわけで、
幹事長となる小沢氏を排除するための謀略に、鳩山も一役買っていたのである。

9億円にのぼるママ献金が、なぜか不問に付された。
当然に標的になるはずの鳩山が、どういう理由か分からないままに無傷で生き残った。

道義的にはたしかに、家の金を政治に注いだのだから同情の余地はあるし、「悪い」ことではないのかもしれない。
しかし、法的にはどこをどうやったら、無罪放免なのかはいまだに分からない。

そして何より、小沢氏に対する異常なバッシングと比較したとき、そのあまりの違いに言葉が出ない。
当時は私も、二人ともやられずにすんで良かったと思っていたが、振り返って見ると、この格差は何だったのだろうと思わざるを得ない。

普天間問題では、少なくとも県外移転という正論を言ったのは確かに良かった。
しかし、その後の顛末が拙劣に過ぎたのは、今さら言うまでもない。

政権交代の目玉でもあった沖縄問題。その象徴とも言うべき普天間問題に、鳩山は積極的に解決するポーズをとりつづけた。
私もすっかり誤魔化されていた。

もちろん、これも岡田や北澤のサボタージュもあった。何より官僚の執拗な妨害もあった。
しかし、それは充分に予測できたことだ。鳩山というのは、決してアホじゃない。

そういうポーズをとって沖縄のガス抜きをしながら、結果として破局に導いたのは鳩山だったのである。
オバマに対して「私に任せてくれ」と言ったのは、そういう意味だったのである。

そして6月の辞任劇。
小沢氏を無理心中で辞任させた後は、必然的にトロイカのひとりである管が代表になるのは、当然のように映った。
小沢グループも、それに大きな異議を唱えているようには見えなかった。

ところが、そこから激しい党内の小沢バッシングが始まった。
菅直人はまるで人が変わったように、小沢とそのグループを徹底的に締め上げた。
この流れを作ったのも、振り返って見れば鳩山だったのである。

次は、2010年9月の代表選だ。
小沢・鳩山 vs 反小沢 と言われた。しかし、実体はどうだったのか。

国会議員票はともかく、地方議員やサポーターについては、鳩山グループはボロボロだった。
鳩山の小沢支持が口先だけなのは、この時点で小沢グループの中枢には分かったはずだし、小沢氏自身も認識したはずだ。

記憶に新しいのは、今年6月の内閣不信任。
これはもう、言うまでもない。

完全に鳩山が描いた茶番シナリオだ。
不信任に賛成すると言って煽っておいて、成立しそうになったら、訳の分からないメモを引っ張り出して幕引きをする。

そして、強硬な数人をうまいこと除名や党員資格停止に持ち込む。
お陰で、小沢グループの票はさらに8票も減った。

そして、今回の代表選。
これ以下は考えられない、最悪の候補者を無理やり擁立し、案の定敗北させた。

こんな命の恩人を、野田が冷遇するわけがない。

■■

鳩山は、次に何をするか。
おそらく、小沢氏らの党員資格停止を解除しろ と騒ぎ出す。

そうやって、小沢グループの強硬派をあおり立て、民主党を追い出すためのメンバーをあぶり出しにかかる。
そして、増税法案か大連立か何かの折に、またしても党議拘束違反を誘い、自分だけは直前に翻る。

結果、小沢グループ強硬派は除名され、目出度く鳩山家創業のオリジナル民主党、実体は腐った執行部と裏切り者の大連合が残ることになるだろう。

もう騙されるのはヤメにしたい。

鳩山との連携が、小沢グループが民主党内で活動する最低条件であり、そうしないと生ける屍なのであれば、もう独立するしか道は無いだろう。

鳩山グループの中にも、川内博史氏のような人材もいる。
こうした人たちも含めて、「国民の生活が第一」党を作ってもらいたい。
鳩山の出方をうかがっていたのでは、手遅れになる。

小沢氏は、自らが成し遂げた政権交代という果実を、今、投げうつ勇気を持つべきだ。
腐った果実は食えない。

民主主義は、小沢氏の言うとおり、国民一人一人の責任を問うものだ。
と同時に、政党政治である以上、国民の期待を背負う政党がなければ、民主主義は機能しない。

腐った民主党よりも、野党であっても「国民の生活が第一」を強固に進めんとする意志を持つ政党があってほしい。
圧倒的な国民の熱望の受け皿となり、腐った民主党や自民党に危機感を抱かせる存在であってほしい。

震災復興にも、原発対応にも、野田政権にロクな働きは期待できない。
であるならば、野党として、次期総選挙でひっくり返すくらいの勢いで圧力をかけた方が、党内少数派として党議拘束と党員資格停止でがんじがらめになっているよりも、ずっと大きな影響力を持つことができる。

総選挙まであと2年。
再挑戦には、長すぎる時間ではない。


※NHKの謀略報道については、ツイッターで大々的に流れているので、ここでは取り上げなかったが、念のために。
 私は、下記のツイートで知った。

BB-45 (機関損傷・母港入渠中) BB45_Colorado
NHK、決選投票寸前に、馬淵氏の言葉を正反対に伝える。明らかな情報操作。馬淵氏は、今朝の決起集会では、決選投票では政策の近い海江田氏に投票すると表明していた。NHKは決戦投票寸前に、馬淵氏は海江田氏以外に投票を指示と大々的に報じていた。捏造放送局。選挙妨害。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

アメリカの筋書き妄想

小沢さんが、役者だとするなら、これまでおかしいと思っていたことも、説明がつくかもしれません。

・主催するジョン万次郎財団の協賛企業に、東京電力と住友化学(原発推進の経団連米倉)、四電、中電、関電。(HPに記載あり)

・原発に慎重だった民主党の政策を「原発推進」に転換(ここにきて脱原発を主張)

・師の田中角栄氏は、原発建設のためのお金を総裁選挙でばらまき(電源三法作る)。(キッシンジャーの角栄氏への「ジャップは裏切り者」発言。裏切りという言葉に以前から引っ掛かりが。元はお仲間だった?角栄氏は、途中で裏切った?)

・放射能安全論者・副島隆彦氏が、前回の資金パーティーでの講演者。

・小沢一郎著「日本改造計画」の英語版序文は、ジョン・ロックフェラー4世。

・ワシントン在の日系ジャーナリストによる英語での小沢一郎氏の伝記

・多分アメポチ・杉村太蔵が今回の民主党代表選を受けて、「小沢一郎さんを総理に!」と演説。(注目を集めさせるため?)

・そもそも今回の代表選でも、なぜこんなに小沢一郎氏の報道をするのか?
最初は小沢憎し、だと思っていたが、今回に至っては、小沢氏がキャスティングボードを握っている論調の報道。影の将軍を印象づけるためにしては、些かおかしい。

本当に潰したいなら、検察が小沢一郎氏を被告人にしたことを徹底的に報道した後、その後は一切メディアで活動を報道せず、無視した方がいい。(鈴木宗男さんは、現にそうなっている。)報道がなければ、マスコミから情報を得る現代人にとっては、存在しないも同じ人になって、社会から葬り去れる。

逆に今回のマスコミ報道は、まだ小沢さんに権力があるかのような、宣伝報道になっていたのは、小沢支持者の私もマスコミの意図が分からず、疑問だった。マスコミが馬鹿だから、で片付けていたが。

小沢さんに影の将軍的なイメージを、B層に植え付けたいなら、もう十分成功している。10人以上の親戚・友人に、小沢一郎の事を訴えたが、彼らの中では、しっかり小沢一郎悪役観は、固定観念として定着していた。

それよりも、まやかしに気付きやすい小沢支持者のような国民に、小沢一郎がいるから安心と、思わせ行動させないためなのだろうか?今回の小沢一郎未だ権力掌握報道では、支持者が希望を持つ。
アメリカにとって、小沢が真の敵なら、小沢の力・影響はないものとしての、報道をねつ造すればいいだけではないのか?小沢が終わったと報道すれば、支持者は離れて、小沢の力を削ぐことができ、アメリカにとって良い結果になる筈だが。それより、カメラに写さないのが、存在を消すためには、何といってもいいと思う。

どちらにせよ、今回の小沢一郎派の数が、民主党内では大きいという報道で、ほとんどの支持者は離れない。
疑問を持つ支持者に対しては、ラ・ターシュでフォローを入れている。

私の妄想が、外れればいいのですが。もしもの時のために、皆さん覚悟されて、おかしなことに巻き込まれる人が出ないよう、祈ります。

練られたシナリオ

先の ノーム・チュウイホーさんのご意見、まさにその通りだと思います。

なるほど、デモがそのうち暴動になったりしたら、海外で大々的に報道されて、自分たちの悪事が、国際社会の批判に晒されてしまいますものね。
たしか、アパルトヘイト時の南アフリカは、各国市民の不買運動に遭い、人種隔離政策を取り止めざるを得なかったんですよね。

私も残念ながら鳩山氏はもちろん、明月様の鋭い分析通り真っ黒、そしてその鳩に毎回裏切られても、行動を共にする小沢さんも、もしかしたら…と思い始めてます。
まだあまり表だって仰っている方は、おられませんが。見つけたのは、カナダのおのまさんくらい?

私は今まで小沢さんにウン万円献金して、PCの壁紙も小沢さん、次の政治資金パーティーにも家族と行く予定でしたが、もし小沢さんも政治芝居の一俳優なら、感情に引っ張られず、気持ちを切り替えようと思います。

皆様、小沢先生の熱心な支持者の方が多く、このような投稿は、不愉快に思わせてしまうかもしれないのですが・・・。私も友人から「小沢の顔が嫌い」なんて言われて、腹が立つ質でしたので。

私の杞憂なら良いのですが、もしもに備えて、皆様今のうちに、自衛の手段を練っておかれる方が宜しいのではないかと思うのです。

それから、もし騙されているなら、三宅雪子先生や松木先生のことが、とても心配です。

家族は今度の裁判で有罪になれば、小沢さんは真っ白、無罪になったその時は・・・と言っています。

金持ち、ビンボー人の味方せず

サッカーの予選で何処かの国が試合に勝ったおかげで、自力では無理だった日本の予選突破が叶うと、その国の駐日大使館等に日本人から「ありがとー!」とのFAXが殺到するという。この恥ずかしい習性は日本人だけのものだろう。
自分たちの決定的な力不足など、どうでもいい。もう、誰でもいいから、とにかく今すぐ窮地から救って!-そうしてなんとか、どん底への転落を免れると、誰それかまわず「ありがとー!」だ。

権力者はそんな日本人の習性を見透かしてプランを練っている。最後は、一般国民の多くが「それなら、仕方がないな」と思う着地点に向けて、逆算してくだらないシナリオを書いているのである。いつもいつも!
言われているNHKの捏造放送だってそうだ。「ひどい局だ!そんなことしたから、あんな結果になったんだな。仕方がないな」でおしまいだ。
NHKという「組織」を前に出されては、一般国民など手も足も出ない。直ちに担当ディレクター等、一般国民が攻撃の焦点を定められる「個人」を引き摺り出して、後ろ手に縛り、軽トラの荷台に乗せて、町内引き回しの刑にしなければ、何の変化も起きない。

つまり、右も左もこの国の金持ち(権力者)たちはみんなグルだ。延々と「仕方がない」芝居を続けているのである。小沢氏も例外ではあるまい。それで国民を「ゆで蛙」にして「着地点」を徐々に悪化させながら、巻き上げていくのが日本には適していると彼らは思う。暴動など起こされたら、かえって面倒だからだ!
これからは「金持ち」対「ビンボー人」のグローバルな闘いとハッキリ見定める必要がある。

政調廃止は・・・

政調廃止は小沢さんの意思ですよ。
当初政調会長は菅さんと言われた。
だけど、小沢さんは権力が分散するのを嫌った。独り占めしたかったんですよ。
よって菅さんはマサカの官房長官にもなれず、省にもなってない戦略室室長。隅に追いやられたわけ。
これが仲違いの始りでした。

木を見て森を見ず
おまえにふさわしい言葉だ

>これはここに座っていただいている鳩山由紀夫(元)総理が、えーもう1年以上前ですけど、記者会見をオープンするという史上初のことをやっていただいたんですが、
>菅政権になってからはあれよあれよという間にどんどん情報統制、情報がふさいでしまっていると、いうのが現状で。
>なんら情報公開に関しては進展していないどころか、このような形でしか、国会に入れないと。
>当然ながら取材も出来ませんね。記者会見も出れないと。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65760279.html

ひとつ、フォローアップをしておこう。

私は鳩山をそれほど悪いと思っていない。
少なくとも自民政治よりはましだった。

私が最も悪いと思っているもの、
それはこの期に及んでも官僚・資本家・某超大国による洗脳機関であるマスゴミを判断基準にしている愚かな、救いようのない多くの国民である。
こいつらに選挙権を与えていること自体が間違いなのだ。
こうした愚劣な国民に比べれば、鳩山の非など小さい、小さい。

鳩山は沖縄をあおってアメリカにお引き取りいただくつもりだっただろう。その裏工作で大統領とも既にツーカーだったはず。
米軍撤収へ向けての世論が盛り上がれば、それを理由に米軍を引き上げる密約だ。

ところが、日本国内での米軍撤収へ向けての世論が尻すぼみになってしまった。
これは鳩山にとって予想外のことだったろう。
米国産軍複合体・ジャパンハンドラーがその影響力の維持を望んだこと、虎の威を借るキツネ韓国が後ろ盾を失うのを怖れ、日本とアメリカで謀略活動を行ったこと、そして、日本国内の親米利権派がやはり後ろ盾を失うのを怖れ、妨害活動を行ったことにより、鳩山の青写真はもろくも崩れた。鳩山の政治力がそうした連中に比して小さかったとも言える。鳩山の本気度が低かったとも言える。

しかし、
本当に責められるべきは国民であろう。
沖縄からの米軍撤退に向け、全国民が本気で沖縄の人々を支援すべきだった。
しかし、それをしなかった。
これに失望した鳩山が退いた。
これが正確な認識と言うものだろう。

米軍が悪いという人もいるだろうし、実際悪いこともした。しかし、あれだけの国家である。日本の最大の貿易相手国でもある。
メンツを立ててお引き取り願う。それが大人の外交と言うものだろう。

しかしそれさえ、鳥頭並みの日本人は理解できなかった。
所詮、この国の国民に政治など、民主主義維持など、不可能なのである。結局すべて人任せなのである。
そのくせ、任せた相手の悪口しかいえない。
日本人はそういう集団なのである。

これでは、だれがトップになっても、まともな政治など展開できるわけもなかろう。
「そういう集団なんだ」と開き直っていないで、悔い改める。そういう姿勢が国民には必要なのだ。
誰に対して、悔い改めるのか。国や官僚相手でないことは言うまでもなかろう。

もうひとつのシナリオ?

小沢一郎は国民のために泥を被る男なんでしょう。黙して語らない。民主党が本気で仕事をする体制に合意済みかな。それ以外には、票の伸びが余りに不自然でしょう。(笑)直、人事で証明されるでしょう。裏切りがあれば、選挙前に新党でしょう。

上記は私の選挙直後の感想です。

野田が全てを飲むことで総理大臣の座を手に入れた可能性もあります。
後は、民主党議員得意の裏切りで短命政権に終わるのか、国民の生活が第一へ回帰するのか、監視しましょう。
亀井氏は小沢さんのシナリオにマスコミや仙ダニや前原が騙されたと言ってるようです。

No title

こんにちは。

鳩山の抱きつき詐欺戦術をお判りの方がおられるとは誠に喜ばしいことです。情勢分析(的は誰か?)が下手で官僚にもお坊ちゃま扱いでたまされやすい小沢など支持する気持ちはないのですが、大人の社会人としては知っていなければいけないだましのテクニックですよね。

でも、そろそろ気がつきだして自派を固めてひと戦の気配がしていますので注目です。

では。

やはり、

そういうことなのですね

No title

いつも卓越した分析力に感謝いたします。

「俺の財産は全部、鳩山にくれてやった」、と児玉誉士男は言ってたそうです。
中共軍と国民党軍の両方に兵器を売っていた死の商人達の一味、であった鳩山一家の汚れた血には 警戒する必要は大いにありますね。

No title

はじめまして。

鳩山氏の事もそうですが、野党になっても<国民の生活が第一>の政党が欲しいは、私の思いと全く同じです。 もう民主党とつきあうのはまっぴらごめんです。たとえ少数でも、国民の方を見ている政治家集団がいる事を,若者に見せて欲しい。私たちに選挙の時の選択肢を与えて欲しいと,切に願っています。

裏切りの軌跡

明月 様

このように鳩山氏の行動を時系列に並べて、検証していただくと、彼のミッションが何だったのかが、明確に浮き彫りにされますね。
いつも明月様の分析が明快なおかげで、スッキリ事の次第を把握する事ができております。ありがとうございます。

植草先生が、鳩氏の辞任演説の、「小沢氏の政治とカネ問題も辞任の一因」との部分に当時憤慨していらっしゃったのですが、植草先生が正しかったのだとの想いを強めています。

鳩山氏は、天然のおっちょこちょいかと初めのうち思っていたのですが、内閣不信任劇では、裏切りがあからさまでしたね。

それにしても、救国派の方は、頭脳明晰な人格者ばかり、そして表情に権力と闘う、ある種の緊張感が漂っています。
一方売国派の方は、性格に難があったり、鈍重、軽佻浮薄な性質、ぼんやりした表情などが見て取れますので、これからは鳩山氏のような軽はずみな人は、口で良いことをゆっていても、警戒しようと思います。

ただ、鳩山氏を信じていたのは、高速道路無料化、子供手当てなどの国民のための施策を進めていたからに他ならないんですよね。
これも、小沢氏を騙す手管の一種で、ある時期に辞めて、売国政治家に政権を渡すところまで、計画通りだったというところなのでしょうか。

No title

報道されている限りでは、小沢は西岡を、鳩山は原口を推したがまとまらず、妥協の産物として海江田が出てきたというのが実情でしょう。少なくとも嫌がる小沢を鳩山が説得したなんて報道は一つもありませんが、どこの情報でしょうか。小沢氏が海江田氏を担いだという事実を認めたくない、あるいは過小評価したい気持ちもわかるのですが、今回の小沢氏の行動については、かねてからの小沢支持者の間でもショックを受けている人が多い。当然だと思います。今度は想像に基づいて鳩山氏を叩いてまで小沢氏の行動を合理化するというのは、ちょっとあんまりではないでしょうか。政権交代からこの方、小沢鳩山を一体のものとして賞賛してこられたでしょう。今回だって、小鳩は基本的に共同歩調をとっています。それどころか鳩山氏は愚直なまでに小沢氏に寄り添っているように見える。要するに、小沢氏も間違うこともあるしおかしなことをすることもある、ということです。そろそろ、「小沢幻想」から脱する時だと思います。

なんだ明月
今ごろ気づいたのか
まだ気づかないバカよりましか

てか鳩山ってもろ原子力利権だろ?
その時点でアウトと言うべきだったな

これも自称市民運動家の菅が
国民をだますためのパフォーマンスでしかなくても
原発に依存しない社会をめざすと内外に示したのはおおいに評価できるのだ
おそらく鳩山へのあてつけだったのだろうが

明月にしても、小沢のようなディベロッパーなら開発をどんどんしてくれるだろうから、仕事が増えるから支持しているわけで、結局はカネだ。

要は小沢にしてもプチブルや補助金乞食の農家の代表なわけで、われわれ下層民の代表ではありえない。
実は厳密には共産党も下層民の代表ではない。
しかし下層民にとって最もありがたい政策をするのが共産党だから共産党を支持することが、私は多い。
しかし、私は共産党のしもべではないので、気に入らないときは別の党の候補に入れる。

早い話、小沢には官僚どもの皆○しをやってくれればいいだけで、他には何も期待していない。
というか、期待しえない。
先に述べたとおり、小沢はプチブルと農家ゴロツキの利益代弁者だから。
小沢は共産主義だの、ベーシックインカムだのを導入するために政治家になったわけではない。
自民党にいた頃、一時期新自由主義者であったこともあるよな。今は違うようだが。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg