2006-04-30(Sun)

「正義」を主張するものたち 虐殺の論理

辺見庸氏の「不安の世紀から」という10年ほど前に書かれた本を、たまたま見付けて読んだ。オウムについてもサリン事件の現場に居合わせたという経験を通して、実に面白いコメントをしている。

それは兎も角、この本の中で一番ハッとしたのは、対談相手であるアメリカの心理学者、ロバート・ジェイ・リフトン教授の言葉。
皮肉なことですが、大勢の人を殺すことは崇高な理想を通じてしかできないのです。立派な名目を与えなければ大量殺戮は不可能なのです。

竹島にしても拉致にしても光市事件にしても、論ずる自らの立場は棚に上げて、あたかも正義の味方のような論調が罷り通っている。

そうそう、チャップリンのあれもあった
ひとり殺せば殺人だが、100万人殺せば英雄だ

ひとり殺したものを正当化するわけではないが、遺族でも何でもない者たちが、ことさらにその犯人を責め立てるとき、それが100万人の殺戮につながってはいないのか、見つめなければならない。

「正義」を主張する者たちに共通するのは、過去を抹殺すること。自分に都合の悪い過去は、キレイに記憶から消し去っている。
たとえば、三菱が戦時中に強制連行した10万人以上の朝鮮人の遺骨が今でも発見されていることとか、いまや天皇家の係累となったチッソの犯罪で死んでいった水俣の人々の恨みとか、都合の悪いものは見事にスポイルされる。

本当に犯罪を憎むのならば、どうしてこうした組織犯罪を糾弾しないのか。

それどころか、そうした組織犯罪に復讐を誓い合えば、共謀罪で捕まえようという魂胆だ。

こういう、卑劣な「正義」に逃げ込むコイズミ、安倍晋三らのみっともない姿をこそ見据えよう。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「命で償って」

光市母娘殺害事件の上告審の判決が今月20日に下されます。 >今年4月、本村さんあてに、被告から初めて手紙が届いた。本村さんがまだ開封すらしていない、その手紙のコピーが5月18日、マスコミに配られた。弁護側が被告の「反省の表れ」として、最高裁に提出した書面の

死ぬ権利、死なす権利、死ぬ義務

臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りするシリーズの最後になります。 この臓器移植と脳死の問題を弊ブログで取り上げ理由は今回の記事を載せるためです。医療という切り口から見えてくる今日の社会の有りよう、「脳死」したドナーが我々と重なりあって見えませんか?

共謀罪反対!Webコンサートonデマンド

「共謀罪シリーズ(笑)」もさすがに12回目ともなるとネタがともしくなって来る。12年ほど前にA&Vレンタル店の経営者を対象に毎月1回、東京と大阪で開催していた頃のことを思い出す。

共謀罪----本当にテロ対策か

 親が子供を虐待したとする、力で勝てない子供が、腹立ちまぎれに親の靴に汚物を入れておいたとする。親が激怒して「卑劣だ」と子供をまた殴る。そうすると今度は、子供が親のベッドに押しピンを仕掛ける。親は子供を死ぬほど殴る。そうすると子供はナイフを・・・もうやめ

忘れていたもの--日替わりコラム (日曜日:ゲストコラムニスト:とむ丸の夢)

忘れていたもの、と聞いて先ず私の胸に浮かんだのは、ありていにいえば、人並みにかかった「青春の熱病」のようなものでしょうか。 ただしその熱病も、どういうわけか、スターとか歌手とかといったものではなく、言葉の世界に分け入って浸りきるもので、私はどうしようもな

「共謀罪」報道の現状

上の表を見て欲しい。1週間前の各野党、テレビ局、新聞社のホームぺージから「共謀罪」の取り扱いの状況と今日の状況を比べたものである。目立つのは毎日新聞→TBSというラインが他

アンケート結果発表ですッ!

アンケートの結果が出ましたので、お知らせいたします。皆さん一人々々にお礼をいたしたいところですが、ままなりませんので、この場をお借りしてお礼申し上げます。トラックバックしていただいた方、本当にありがとうございました。またのご協力、よろしくお願いします。質

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg