2012-04-02(Mon)

消費税というトンデモない目くらまし & 玉城デニー議員と泡瀬干潟のこと

国会もニュースも 消費税一色だ。

今消費税を上げることそのものがトンデモなのは当然として、とにかく消費税のことだけに全ての勢力が手足を取られていることに呆れかえってしまう。

未だに35万人近くの人々が避難生活を余儀なくされ、数千万人の人々に放射能が浴びせられているときに、政治が他のことにうつつを抜かすことが信じられない。まして、消費税なんぞに命をかける馬鹿がいること、それがこともあろうに日本の首相であるという悲劇は、あの戦争に引きずり込まれて以来の日本史を画するカタストロフィである。

野田政権の真のトップが財務省の勝次官であることはつとに知られている。野田が消費税に命までかけるというのは、勝次官に脅されおだてられてのことだと、かなり多くの人は気がついている。
それは、その通りなのだろう。

ただ、どうも腑に落ちないのは、財務省の希望は、税収増と優良な天下り先の確保のはずだ。
野田や安住のようなレベルの連中はともかく、財務省のトップは、今消費税を上げたら税収は減るということは分かっているはずだ。しかも、景気までがた落ちになれば、天下りだって厳しくなるはず。

もちろん、官僚の貯金箱である特別会計に手を突っ込まれないために、消費税を上げるという理由もあるだろう。が、強引な消費税増税は、これまで民主党政権を手なずけて隠してきた特別会計の問題を、かえってクローズアップさせているとも言える。

結局、消費税を無理矢理あげて得をするのは、戻り税で下請けが払った分まで猫ばばできる大手の輸出企業くらいではないのか。
これだけでは、どうも野田政権の異常な消費税熱を説明するには、動機が弱すぎるような気がしてならない。

ただ、一歩引いて政治シーンを俯瞰してみると、野田が口をひらけば消費税しか言わない理由が見えてくる。
消費税騒ぎは、巨大な目くらましなのである。

今、日本が抱える最大の問題は、言うまでもなく福島原発だ。
大量の核燃料をかかえた3つの原子炉と1つのプールの行方次第で、すでに国土の多くが失われ、国民に放射能が降り注ぎ、場合によったら首都機能も喪失するかも知れないというのが、目の前にある現実だ。

津波被害をはじめ、他のことを過小に言うつもりはないし、被災者一人一人にとってはことの大小は関係ないとも言える。それは承知の上で、あえてここではマクロ的に見るならば、やはり福島原発の問題は、規模が桁違いだ。

冷温停止「状態」が、ぜんぜん冷温停止じゃないということも、多くの人は知っている。警戒区域を解除する一方で、放射線は福島やその周辺で人々の細胞を蝕み続けているということも知っている。
いくら、マスメディアが非道いと言っても、全てを隠しきれるものではない。

しかし、大多数の人々は、できることなら見て見ぬふりをしたい。無かったことにして、目の前の平和な日常に没頭したい。
野田政権を批判するにしても、あまりにも恐ろしい原発や放射能のことではなく、他のことで文句を言う方が気が楽というものだ。

そこに、ぽんと投げ入れられた毛針が、消費税増税 という話なのだ。

マスメディアは、深夜帯はともかく、ゴールデンタイムのニュースは消費税でもちきりだ。
国会議員も、原発が大変だから、消費税はスルーして法案通します と言うわけにはいかないので、結局ほとんどのエネルギーを消費税に奪われてふらふらになる。

ついには、政府内部で原発問題に取り組んできた森ゆうこ文部科学副大臣などが辞任してしまった。
そして、恐るべきことに、彼らが辞任したとたんに、自民党と公明党が増税法案に反対と言い始めたのである。

小沢Gと自公が反対すれば、いかに野田が命をかけたところで法案は通らない。
本当に財務省が本気で増税するつもりだったのならば、こんなタイミングで自公が反対に回るのはオカシイ。

結局、消費税騒ぎは、福島原発問題、放射能問題、福島の被爆問題からの目くらましであり、政府内から小沢Gを完全に排除することが、最大の目的だったのではないか。

今国会は、ずーと消費税消費税で引き延ばして、他のことを見えなくする。
そんな出来レースを、民主党執行部と自公はやろうとしている。

ちなみに、私がこうした消費税にウラを感じたのは、竹中平蔵が増税反対を言っていたからだ。アメリカの忠実な僕である竹中は、増税ではなく規制緩和を と言っている。つまり、消費税よりもTPPをやれという意味だ。

もちろん、消費税増税には大反対だが、こうしたウラも疑いながら、原発のこと、福島のことを忘れてはならない。
国民の目を、福島からそらしてはならない。


■■■■

政治と生活を考える会の「政経フォーラム」のお知らせを、先日からしている。

4月22日(日) 14時~16時 エル大阪 6階大会議室
講師  玉城デニー衆議院議員

ところで、講師の玉城デニー議員について、「泡瀬干潟埋め立てを推進している」というコメントをいただいた。調べてみると、たしかにその通りだった。

朝日新聞 09年8月20日

元社民党の東門沖縄市長と、地元の玉城デニー議員が、民主党や社民党の方針に反して埋め立て推進の立場をとっている。
上記の記事以外にも、いくらでも裏がとれるので、まず間違いないと思われる。

泡瀬干潟埋め立ては、環境破壊、経済性のなさ、辺野古基地建設の代償 ということが指摘されており、私としても反対だと言わざるを得ない。
詳しくは、検索してもらえば多くの情報が提供されている。

2009年には高裁で埋め立て事業への公金支出が差し止められ、上告も断念されていることから、法的には決着が付いているはずなのに、計画をやや縮小して継続するというのが、東門市長と玉城議員の立場のようだ。

これについては、講演のなかでも説明をしてほしい旨、できれば事前に申し入れしたいと思っている。むりならば、質疑応答で聞いてみたい。

ただ、一点押さえておきたいのは、これまで広大な海を埋め立て、かつては綺麗だった海を汚しまくって経済発展してきた本土の我々が、「綺麗な海を壊すな」と言って沖縄の開発に反対するのは、ちょっと考えてしまうものがある ということ。

もちろん、今時こんな埋め立てをしても経済発展は見込めないと思われるので、同じ予算を沖縄に使うのであれば、別のことに使った方が経済的にもずっといいのだろう。
だが、そうした丁寧な検証もなく、自らは自然を壊しまくってきた反省もなく、ただ「沖縄の海を守れ」と言うだけではダメなんじゃないかということ。

その点では、軍事基地であり、地元も県民も意志がハッキリしている辺野古の問題とはまったく同列には考えにくい。

とは言え、やはり、裁判での判決が確定していることでもあるし、地元での反対も非常に根強い問題であり、なによりこんな開発は、ごく一部のゼネコンと工事中の雇用以外は経済的な恩恵はないだろうと言うことは、関空のおかげで破産寸前の泉佐野市を見るまでもなく、歴史が証明している。

■■■■

実は、4月22日は、私の設計した家の完成見学会でもある。
ダブルブッキングしてしまって困っているのだが、なんとか時間を調整して両立できるようにしたい

この家は、天の恵みを最大限に利用する。

・太陽熱温水
・太陽熱による床暖房
・雨水利用
・屋上庭園(雨水での灌水)
・雨水トイレ
・雨水冷房(壁面散水)

最大限利用するために、あえて太陽光発電は使わない。
補助金がなくては成り立たないような技術は、信用できないので。
(住宅レベルであれば、使って悪いわけではないが)

もちろん、吉野杉をはじめ自然素材で作った家。
火山灰の外壁、和紙や漆喰の内壁 などなど

4月22日(日) 10:30~12:00 JR阪和線 鳳駅 徒歩15分

参加希望の方は info@mei-getsu.com (@を小文字に) までご連絡を
サイドメニューのメールフォームからでも結構です



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4/3: 爆弾低気圧、2人死亡・20人以上けが しかも一気に、全国を舐めた

引用「護憲+」ブログ: 「護憲+」第九期スタート   (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) [音声 13'] 吉田照美 ソコダイジナトコ:2/...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

意見に賛成します。
消費税は原発論議のめくらましと、あわよくば成立して…という一挙両得を狙った最低の戦術です。
これだけ苦しんでいる人がいるのに生命をかけて…なんて言える厚顔無恥ぶりに唖然とします。
こんな幼稚なトリックに乗る国民もレベルが低いですが、敢えて政府のトリックを盛り上げるバカマスコミにも唖然とします。
デモを国会周辺で実施しても黙殺されるし、どうなっているのでしょう。
税金を払うのか誠にバカらしく思えます。
政府の働きに不満がある場合は納税拒否できる制度があればいいのに。

モニおじさんへ

明月こと山岸です

ぜひお伝えしたいことがありますので、メールにてご連絡下さい。
よろしくお願いします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

日本の財政が危機的だと考えるが故に、増税に必死になっている、ただそれだけですよ。原発事故の前から、菅首相が増税に血道をあげていたじゃないですか。

今上げるのがとんでもないとおっしゃるけど、94年、まさにバブルの後処理の一番大事なときに、突然「国民福祉税」をぶちあげた小沢一郎氏が何を考えていたか、想像してみてください。あの「動機」ってなんなんですか?鳩山首相でさえ、「4年間はあげない」といってはいましたが、議論はすると言ってたわけです。別に大した「動機」などなく、端的に財政再建したいということなのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg