2012-06-28(Thu)

それ 言っても良いんだよ  -紫陽花革命進行中-

一昨日に書いた 拝啓小沢一郎様 の文章は、なんと驚いたことに、昨日の午前中には間違いなく小沢さんの手元に届いたそうだ。絶対確実なルートを含めて、複数の方が送ってくださったそうだ。この場を借りてお礼申しあげます。

書いた本人が驚いていては無責任な話だが、私としては、一度他人の目を通してもらって、価値があると思ってもらえればいずれ小沢さん本人の目に触れることもあるだろう と思っていたので、郵便で送るよりも早く渡してもらえるとは想像もしていなかった。

とは言え、明日すぐに小沢さんに官邸前に出てきてくれと言うのも、いくら何でも無理かも知れない。その官邸の中のほうとのせめぎ合いの真っ最中なだけに。

それでも、いつまでも国民の目に分かりにくいことをしていると、天の秋を逃す という危機感を強く感じる。
機を見るに敏な橋下徹などは、すぐさま「やっぱ国政出るぜい」とぶち上げ始めた。全国民の視線が一身に注がれている時にこそ、明確に、そしてもっとも効果的に発信してもらいたいと思う。


■■
紫陽花革命と呼ばれ始めた 金曜夕方の抗議行動は、何が画期的かと言って 「言っても良いんだ」と気がついた ということにつきる。

原発にしろ何にしろ、危ないものや、あまりに理不尽なものに、本音では反対だと思っている人は少なくなかったはずだ。
しかし、それを口に出すのは、かなり、相当な勇気と思い切りがなければできなかった。つい先日まで。

3.11以降は、原発危ない とか 放射能怖い くらいは言えるようになった。
一番危ない思いをしている福島では、かえって言葉にすると「放射脳」などと罵声を浴びせられて、口にするのが難しいということはあるけれども、少なくとも私の周りでは普通に言えるようになった。

でも、政策と真っ向から対立することになると、やはりこれまでの「くちびる寒し」のトラウマがよみがえって来る傾向もあった。
「いつか脱原発」というホンワカした話は誰も躊躇しないけれども、政府が是非でも進めると言っている再稼働に反対する ということが誰にでも言えるか。そんなことを言ったら よくって変わり者、悪ければ危険人物と思われて、白い目で見られるのではないか。

しかし、そんなショウモナイ心配はまったく必要ない ということが事実をもって証明された。

ホンワカ脱原発と、再稼働反対は 何が決定的に違うのか。
再稼働反対は、危ないとか怖いとかいう個人的な感情を超えて、福島をほったらかしにして再稼働だけする政治に対する怒りが根本にある。
もちろん、安全対策もいい加減で、活断層までもれなく付いてくる大飯原発が危ないのは言うまでもないが、何よりも心に火をつけたのは 「福島をほったらかし」という点ではないだろうか。

検証という意味でも、収束という意味でも、そして被曝している人びとの対策という意味でも、「ほったらかし」にしておいて、再稼働だけ超強引に進める野田内閣のやり口にこそ、紫陽花の怒りは向かっているように私には見える。

■■

再稼働反対の紫陽花革命は 原発というシングルイシューではなく、すぐれて政治マターなのだ。その自覚はなくとも、セイジカツドウであり、だから革命と呼ばれるにふさわしいのである。

セイジを声高に語ること、怒りをもって声を上げること、ついにこの心の壁が崩れ始めた。
73年の赤軍事件以来、怒りを持って政治を語ることはカゲキハだ、危険だ と強烈に刷り込まれてきた日本人の心の壁。
そこに、やっと風穴が開き始めた。

匿名のツイッターという世界から、リアルのデモという行動までが、こんなに簡単に踏み出していくとは、私の想像をはるかに超えて広がり始めた。
やはり、6月15日の経験が、何かを変えたのだと思う。一線を越えた。
私は大阪の関電前にいたけれども、何か空気が変わるのを実感した。

もちろん、紫陽花革命の前途は多難ではある。
参加者を装った破壊分子が、わざと暴れ出すかも知れない。呼応するように、まわりの無関係な参加者を大量に逮捕するかも知れない。
主導権争いに見せかけて、言い出しっぺの若者グループにナンクセを付ける連中が出てくるかも知れない。こんなのは、運動潰すための常套手段だろうから、近いうちに必ずある と思っておいた方が良い。

敵のある話なのだから、そうすんなりいくわけがない。
政権交代後の民主党を見るまでもなく、潰すためには内部から というのは鉄則なのだ。

それでも、何があっても、いちど開いた心の窓を、もう決して閉ざさないでほしい。
「それ 言っても良いんだ」
自分にも、他の人にも 言ってあげよう。
それが本当の 心の絆なんだから。

■■

6月29日(金)18:00  首相官邸前と関西電力本店前

是非とも、会社帰りにお立ち寄りを

関西電力のほうには、私もいきます。もちろん。

地図→ http://yfrog.com/esb1cmp

赤茶色のヨレヨレのジャケット着て、「再稼働反対 反戦な家づくり」 という小さなプラカードもったひげオヤジを見かけたら声かけてください。
多分、六甲菜園を一緒にやっている仲間も駆けつけてくれると思います。
一人では参加しにくいなあ というかたは 一緒に声を上げましょう。

20120628-2.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします







関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消される前に

最近いっとき報じられてすぐ消されてゆくニュースが多い.昔のように闇から闇にということではなく,一時表に出てそしてすぐ消される.消されるかも知れないものなど,2,3ここに書き残しておこう. ◆最初は先に紹介した【徹底拡散】日本学術会議が「核ゴミの地層処分は無

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

明月さま、お久しぶりです。
小沢さんにメッセージが伝わったこと、うれしいですね。さっき、三宅雪子さんに「小沢さんの言葉もらってきて」と頼んだ人がいました。三宅さんは、K秘書の壁を突き破ってもらえるかどうか試すと・・・

22日、首相官邸前に行きました。本当に明月さんが書かれたように、「それを言っていいんだよ」と思った人々が参集していました。
60歳過ぎてこんなところ(デモのような)に初めて来たという女性。しっかりガイガーカウンターを持っていました。ロシア製だそうです。
「学生のときはノンポリだったけどね、年取って過激になっちゃった。鳩山さん、政権取った時に官僚の首を切っておけばよかったんだよね」静岡が故郷の60代男性。

明日は、平野貞夫さんのエスコート?をします。紫陽花を持って。

先週が45000人だったとしたら先週の人が友達に声をかけるだけで倍になりますね。
雨が気になりますが。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg