2012-08-15(Wed)

静かなるアウシュビッツ

アウシュビッツのような阿鼻叫喚が、目の前で繰り広げられているわけではない。

ゲシュタポによって、目に見える暴力で収用されているわけでもない。

ガス室のように、一人残らず即死するわけでもない。

しかし、一見フツウに見える街の姿に、アウシュビッツ収容所のイメージが重なる。

早川由紀夫さんが発表されている地図の裏面に、こんな資料がある



チェルノブイリ事故に対するウクライナの基準をあてはめて、同じ縮尺で比較した地図。

福島県の都市が集中する中通りが移住権利区域にあたり、東京東部をふくむ広範な地域が放射能管理強化区域
になっている。

この地図に示されているのはセシウム137による外部被曝だけであり、他の核種は入っていないし、何より内部被曝は考慮されていない。
その基準においてすら、このような状況なのである。

※ ウクライナの避難基準について詳しく知りたい方は、→ 今中哲二さんの論文「ウクライナにおける法的取り組み」

チェルノブイリでは、このような措置をとったにもかかわらず、事故後5年以上が経過してからであり遅きに失したこと。そもそもこの基準では不十分だったことなどから、甲状腺や白血病を始め多くの健康被害が出てしまった。

振り返って、今の日本。
ピンクの中に、何百万人もの人びとが、まるで何事もないかのように暮らしている。

実際には、微量でも重大な内部被曝を引き起こすストロンチウム90は、ピンクの外側でも検出されている。
だから、ピンクの地域は「最低限」の範囲。本当はもっと広範囲のはずだ。

にもかかわらず、そこにはまるで3.11前と変わらないかのような暮らしがある。
「がんばろう」とか「絆」とか言われながら。

もちろん、中通りなどの目に見えて線量の高い地域の人々は、心の中は不安で一杯のはずだ。
しかし、それを口に出すと「放射脳」とののしられる。
避難したくても家族に遮られるという事態さえ珍しくないという。

見えない壁に閉じ込められた収容所と言ったら言いすぎだろうか。
低線量の放射線は毒ガスのように即死はさせないが、どんなにがんばってもDNAの絆を破壊し続ける。
それがどんな結果をもたらすのかは、広島、長崎、チェルノブイリの経験が物語っている。

福島県外にいたっては、危ないという認識すら薄い。
しかし、放射性物質は、県境を見分けることはできない。

■■

これまで3回の悲惨な経験を持ちながら、なぜ日本政府は何の対策もとらないのか。
その疑問の回答は、ふくしま集団疎開弁護団の柳原弁護士の言葉にあった

「6.24」一周年の思い――なぜ、ふくしまで集団疎開が実現しないのか

日本政府くらいチェルノブイリ事故から学び尽くした連中は ほかにいないのではないか。だから、3.11以降の日本政府も三大政策を曲がりなりにも着々と実行できた。
(引用以上)

三大政策 とは 「情報を隠すこと」 「事故を小さく見せること」 「様々な基準値を上げること」

日本政府が福島や関東東北の人びとを放置しているのは、無能なのではなく、確信犯だったのだ。
無能どころか、チェルノブイリに学び尽くした結果、絶対に責任を取らないという覚悟を決めて進めていることだったのだ。

1年半という時間は、すでに様々な健康障害を引き起こしている。
日本では報道されないので、海外の報道を逆輸入する必要がある。

同じく ふくしま集団疎開裁判のブログから

【世界が注目】今、ふくしまの子どもたちが危ない、と欧米の専門家が警鐘


部分的な引用はしないので、元記事を読んでいただきたい
米国のニュースサイト「Business Insider」に掲載された記事の訳文である

■■

行動を

何もしないことが、言われるままに行動することが、何を結果するのか。
敗戦記念日の今日、心をえぐって省みたい。

一人でも多くの避難を。

汚染の実態を知らしめること。

被曝の、なかでも内部被曝の危険を周知すること。

それを可能にする政治を手にすること。

まず、できることから始める。

8月31日(金) 未来を作るフォーラム ~原発事故避難者と私たち

関西へ避難してくる人のために、健康相談を充実させていきたい。

何か手伝いたいけど、一人じゃ無理 と思っている方にも、ぜひ集まっていただきたい。
イベントは平日の昼なので参加できなくても、今後の活動に関心のある方は、メールください
(左サイドにメールフォームあります)

そしてもうひとつ

8月19日(日) 政治と生活を考える会 政経フォーラム


国民の生活が第一 の 中村てつじ議員、三宅雪子議員、熊谷貞俊議員 の講演
質疑応答も充実

政治と生活を考える会は、市民運動として政治家の活動とつながろうという、画期的なプログラム。

こちらもご参加を

■■

今進行しているもう一つの、というか、おそらくもっとも大きな枠組みの事態は、日本を世界の核廃棄物処分場に という動きだ。

私情を排して、世界から日本がどう思われているか、考えてみよう
「津波と放射能で可哀想」という同情もあるだろう

その一方で、「どうせ汚染されてしまったし、極東の離れ小島なんだから・・・」と、虎視眈々とヨダレを垂らして狙っている目がある。

時間がなくなってきたので、これまでも何度も引用した過去記事のリンクのみ

原発推進の正体は「日本列島を核の墓場にする計画」だったのではないか

「フクシマを核処分場にする計画」を改めて検証してみる


ひとつだけ、注意を

「どうせ汚染されてしまったし、極東の離れ小島なんだから・・・」
これ、どっかで聞いたことありませんか?

「どうせ汚染されてしまったし、福島に集めておこう」

まったく同じロジック。
モラルハザードだと言うことに、脱原発を言う善意の人びとまでが気がつかない不思議。

そこには、責任 ということばが完全に欠落している

日本オンカロ計画については、また別の記事で検討してみたい




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島第一: 原子力発電所から核兵器第一へ

2012年6月13日 Veterans Today Anthony Hall “我々の世界は、これまで想像されたことのなかった危機に直面している… 解放された原子の力が我々の思考方法以外のあらゆるものを変えてしまった

♪メデタメデタの廃炉ーハイロー♪

   ★反原発の民謡歌手の皆さん!こぞって歌ってください!CDに録音してください!無理か(笑)。 <♪めでためーでーたーあーのー> ♪めでためーでーたーあーのー ♪めでーたああ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

消息筋より

八戸市民の平均年収=260万
六ヶ所村の平均年収=1,200万

> 今進行しているもう一つの、というか、おそらくもっとも大きな枠組みの事態は、日本を世界の核廃棄物処分場に という動きだ。
> どうせ汚染されてしまったし、極東の離れ小島なんだから・・・」と、虎視眈々とヨダレを垂らして狙っている目がある。

(以下、天木直人氏メルマガより)

8月15日の日経新聞が日本の原発推進政策に決定的な影響を与えるニュースをスクープ報道した。

すなわち米原子力規制委員会が8月7日、全会一致で一つの大きな方針を決めていた...使用済みの核燃料の取り扱いに関するあらたな指針を決めるまでは、原発の新設や既存の原発の運転期間延長を認可しないという方針である...

米原子力規制委員会はこれまで、最終処分場が完成するまでは原発の敷地内プールなどで使用済み核燃料を安全に保管できるという前提で、原発新設や運転期間の延長を認めてきた。

しかし、オバマ大統領の下で、ネバダ州で建設予定の最終核処分場建設計画が撤回を余儀なくされ、それに代わる最終処理場建設候補地探しは難航したままだという。

...そしてワシントン連邦高裁は今年6月、米原子力規制委員会が原発認可、延長の前提としてきた中間貯蔵の安全性さえ不十分だとして指針の見直しを米原子力規制委員会に求めていたというのだ。

すべて米国に従う日本だ...米国のこれらの動きは日本の原発政策に影響を与えざるを得ない。

しかも使用済み核燃料処理問題は日本にとって最大の問題である。

(引用以上)

「てめぇどもは、どうせ汚染されちまいましたし、極東の離れ小島でごぜぇますから...お米国さま、どうぞこの機会に日本を世界の核廃棄物処分場にしておくんなさいまし」-これが野田だ!
「人が嫌がる仕事を率先してやる。それでこそ日本人じゃありませんか、みなさん!」-こういうクズが首相に居座れるシステムは壊せないのか。

No title

はじめまして。
関西人のママです。事故から価値観が全く変わりました。物欲が亡くなり、安心な食物と真の情報を求め、ただ生きるということに執着しています。
チェルノブイリへのかけはしの野呂さんのお話で、
1994年にキエフに留学された男性が2005年に白血病で亡くなられたとお聞きしました。
事故から8年もたち、チェルノブイリから120㎞という距離ということから、事故との因果関係は分かりませんが、きわめて疑わしいです。
関東圏はキエフと同等もしくはそれ以上の汚染とお聞きします。この先のことを考えると恐ろしくなります。

No title

このエントリーは核心をついている。コメント欄を借りて、敬意をあらわしたい。深謝。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg