2005-10-05(Wed)

NHK VS 朝日

少しニュースの旬をのがしたけれど、NHK VS 朝日問題はやっぱ大きな問題だろう。

端的に言って、マスコミの「レベル」を明々白々に見せてくれた、という効用があった。ヤメ蚊さんのブログで紹介されている魚住昭氏の指摘通り、政治が報道に干渉することに問題を感じることすら無かった連中が、騒ぎになってはじめて 「あれ? 俺たちって何か悪いことしたの?」と慌てて前言撤回したのが、今回の事態ではないのか。 まあ、普通に話を聞いていればそのように聞こえる。

ところが、あたかも朝日の記者が全部悪いみたいなことになってしまって、肝心の朝日の総括も、負けを認めたような気持ちの悪いもの。ああ、これが日本のマスコミなんだなあ とよ~く教えてくれたのでした。

他紙も、朝日が叩かれたら自分とこが引き継ごうという、報道の自由を守ろうなんていう気持ちは皆無。この機会に朝日の読者を奪ってやろうというスケベ根性で、NHKと一緒になって朝日を叩く。

かつてウォーターゲート事件を各社のリレーで追及したアメリカのマスコミも、今や酷いことになっているらしいが、日本の報道ももうココまで来ているんだということを思い知らされた。

ちなみに、コイズミ総統の報道も然りだ。国会のニュースを見ていて一番腹立たしいのは、野党に対して答弁するときのコイズミ総統の、いかにも人を小馬鹿にした声色と態度だ。天木直人氏も「壇上で水を飲む小泉首相」について、怒りを込めて指摘している。

自民、公明に対する答弁とは、人が変わったように豹変する。これは当然、見ている人も気が付いているだろう。そして、それを面白おかしく感じているのだろう。あたかも、ダウンタウンが若手の芸人をいたぶるのを、げらげらと残酷に笑い飛ばすようなノリで。

それを、分かった上で、コイズミ総統の一番品のない、一番政治家として失格たるべき部分をわざとクローズアップして報道してる。そうして、諦めと、残酷な笑いを量産しようとしている。

いまや、マスコミはファシズムを意識的に扇動する道具に成り下がったと言えるのだろう。内部で努力するジャーナリスト諸氏の苦労も、これからが正念場だ。

諦めが怖い。諦めることから、潰走が始まる。思考停止も、残酷な笑いも、諦めた自分への自己弁護にすぎない。そして、その連鎖がファシズムへ突き進む。

諦めないこと、諦めないためにどうすればいいのかということ、これを探そう。 大衆の政党亡き今、拠り所なく進むべき道を探そう。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人権擁護法案の悪化バージョンを鳥取県が条例化する予定!

鳥取県が「鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例」という人権擁護法案をさらに悪化した条例案を12日にも決議する予定である。この法案は、独立性がまったくないうえ、「特定の者の名誉又は社会的信用を低下させる目的で、その者を公然とひぼうし、若しくは中傷し、

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg