2012-10-13(Sat)

原発事故被災者支援法 について

今夜こそは、「政治を市民の手に!プロジェクト」の資料をまとめようと思ったのだけれど、疲労困憊でどうしても進まない。

そこで、ちょっと搦め手から切り込もうと思い、今年6月に全会派一致で成立施行された「原発事故被災者支援法」を、遅まきながら熟読してみた。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/180/pdf/t071800221800.pdf

これについてのツイートを再録

******************

えっ これ日本の法律なの?と思うくらいちゃんとしたことが書いてある。
・・・ しかし、よくよく読むと肝心なことが書いていない。

文章は立派だが肝心なことが書いていない。
その1、上限1mSv/年とその算定根拠がない。「一定の基準以上の放射線が計測される」では、意味が無い。

その2、いつまでにどれだけという数値目標がない。30年後に書いてあることが達成されても意味が無い。

その3、罰則規定がない。国の責務を規定しているが、みずからそれを破っても何の罰則もない。
現に今、野田も政府も官僚も、堂々と違反しているが、それが何か?って顔している。

実効性がない、いわゆる絵に描いた餅であるばかりか、山下俊一の人体実験とエセ宗教エートスに直結しようとしている。

しょせん全会一致でできる法律なんてこんなもの。敵を倒したむこう側にしか、生きる道は見つからない。そんな時代になってしまったんだ。

******************

政治家に働きかけると同時に、働きかけるに値する政治家を国会に送り込む、それも過半数!、ということがどうしても必要なのだと、あらためて実感。

これまで、アドボカシーやら政策提言やら市民参加型だとか、色々やられているが、そうした次元では、被曝者問題はたぶん解決されない。
少数の理解ある国会議員を窓口にして、妥協に妥協を重ねて(もちろんこれは大変な苦労ではあるが)法案を通すというやり方では、どうしても今回の「支援法」のようなザル法になってしまう。

問題の大きさ=幅x深さx角度 なのである

幅とは影響のある人数や面積。
深さとは、生命や経済の損失の深刻さ
角度は、現代から未来の社会の根幹に影響を与えるかどうか。鋭さ。

幅や深さが大きくても、角度の緩い問題は、市民参加などで前進する可能性はある。
交通事故を減らそうとか、シックハウスを減らそうとか。

しかし、幅も深さもあるうえに、角度の鋭い問題は、参加型や妥協型では前に進まない。沖縄の基地問題とか被曝など。
特に、今回の事故による被曝は、日本史上まれに見る大型かつ鋭い問題である。

暴動や革命ではなく解決の道があるとすれば、理解のある、すくなくとも理解を呼びかけるに値する議員を、国会に過半数送り込むしかない。
選挙というものが、候補者の闘いの場ではなくて、候補者を仲立ちにした生活者と生活を壊そうとする者との闘いの場になる。


原発事故被災者支援法は、政府が「基本方針」を決めることになっている。この内容次第で、いくらでも骨抜きになり、薬が毒に変化する。

だから、まともな「基本方針」を決められる議員に政権をとらせるしかない。
逆に言うと、どの候補者を応援するかは、原発事故被災者支援法でどんな「基本方針」にすべきと考えているか、によることになる。
現状で満足な答を持っていなくても、一緒に考える姿勢があり、信頼出来る感性があればそれでも良い。

そして、この問題で充分にラディカルな、生命に寄り添った答を出せる議員は、他の問題、TPPにしろ日米地位協定にしろ原発にしろ消費税にしろ、間違った方向には行かないと思うし、少なくとも共通の土俵の上で議論ができるのだと思う。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg