2013-02-22(Fri)

カネと人間の最終決戦

ツイッターから再録

原子力や食糧や金融や、あらゆる分野で人類の命(人類だけじゃないけど)を浸食するマフィアは、悪いと分かっていても増殖が止まらない。人類を一個の生命とすると、連中は変異したガン細胞。宿主が死ねば自分も死滅するのに、分かっていて増殖を止めない。


目先の売り上げとかじゃなくて、根本的に「カネか命か」ということを掘り下げなくちゃ、原子力マフィアなどの人類のガン細胞は生まれ続け増え続ける。カネにとっての一番のリスクは命。命を担保することがカネにとって一番の桎梏。

例えば、エコビジネスなんて言うのは本質的に矛盾している。初期優位性のある間はともかくも、業界が成熟すれば必ず命をむしばみ始める。
カネの極大化を妨げるものは、必ず人の命だからだ。善し悪しではなく、原理的にそうなる。そこをうまくゴマカシ、乗り越えないかぎりカネは拡大できない。


命もカネも、拡大しなければ存在し得ない。人口が毎年3%減り続けると100年で現在の1/20になってしまう。カネは、最近の日本や米国を見れば分かるとおり、成長しないと必ず破綻する。
人類がカネを生み出したときから、相容れない相克に至る運命だった。それが、20世紀の終盤にやってきた


日本の場合1970年くらいで人とカネの共存時代は終わった。世界に広がっていくことでカタストロフィーは避けられた。しかし1990年代で先進国では共存可能な余地が無くなった。新興国に広がることで辛うじて生き延びたがそれももう終盤。いよいよカネと人間の最終決戦が近い。


福島第一原発の事故は、言うまでもなくカネと人間との相克が、悲惨な形で表に噴き出した事態だった。カネ対人間の最終決戦の始まりのゴングだったのかもしれない。
最初は人間が優位に見えたが、あっという間に逆転され、ほとんどカネに制圧されている。

人類のがん細胞である原子力マフィアによって、人間にがん細胞が作られていくというこの現実。 SFやオカルトのほうがかわいげがある。
ここから、どう反撃するのか。人間の「生きたい」という希望の強さは、カネの膨張力をはね返すことができるのか。

もっと言うと、人間にはまだ「生きたい」という希望が残っているのだろうか?
たしかに、目の前に銃を突きつけられれば、撃たないでくれと言うだろうが、死ぬ確率が10%増えるとか、寿命が20年縮むと言われても、平然としているのだろう。
希薄になってしまった命のリアリティを取りもどすこと

まだるっこしいようだが、今の圧倒的な閉塞状況は、なまなましい「生きたい」という思いの爆発がなければ、打ち破ることはできないだろう。
もちろんそういう叫びはある。そういう命の実感を、層として、類として取りもどすこと。
眼前の断崖絶壁だが、そのあたりにハーケンを打ち込むすき間がある




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
木の家見学会
2017/2/19(日)
木の家の見学会をやります
場所:堺市北区東浅香山
(地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載のうえ、下のメールフォームからお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg