2013-03-04(Mon)

津波被害はなぜおきたのか

いま、TBS(MBS)で南三陸町の取材番組をやっている。

2年経った状態を生々しく伝えている。
南三陸町の象徴のようになり、今ではバスガイドが付いて観光客が訪れる防災対策庁舎の鉄骨。高さ12mのこの建物の屋上に逃げた人々が流された。
ここでは津波の高さは16mにおよんだと言われる。

でも、この映像を見て不思議に思わないだろうか?
日本中の人が見ているこの建物の映像。
なぜ、誰一人違和感を感じないのか?

100年あまり前の明治三陸津波は、最大38.2mを記録している。
三陸沖はプレート地震が起きることもわかっていた。
であるならば、最低でも40mの津波に備えるのが当たり前ではないか。

にもかかわらず、なぜ防災対策庁舎がわずか12mしかないのか。
わたしは、最初にこの映像を見たときからずっとおかしいと感じてきた。

建物の高さだけでなく、町職員が避難せずにここの留まったと言うことは、その程度の津波しか来ないと判断していたからだ。
どうしてそんなことになってしまったのだろうか。

しかも、番組の続きでは、スーパー防潮堤の工事予定現場の映像がながれ、その高さは8.2mなのだという。
16mの津波で流された町の防潮堤が8.2mというのは、一体全体何なのだ?
そんなものを作ることの是非ももちろんあるが、仮に作ったとしても同じ規模の津波には役にたたない。

海辺の自治体が、最大40mの津波を想定し、避難する計画を作り、日頃訓練をしていれば、少なくとも人命の被害は桁違いに少なかったはずだ。

私は小学生だった1970年前後、仙台に住んでいた。
ちょうど福島第一原発が動き始めたころだ。
三陸海岸は大津波が来るところだと、小学校で教えられた。リアス式海岸の危険性も教えてもらった。

しかしその後、チリ地震津波の被害もあったのに、そうした地域の常識が薄れていったようだ。
それはまさに、全国に原発が続々と増殖していく時間軸と軌を一にしていた。

ここまで書けば、原発の実態を知った人たちは、続きが想像つくだろう。

原発の罪悪は数々あるが、その中の一つに 「津波の想定を低くさせた」 というものがある。

40mの津波を想定したら、原発を海辺に作ることができない。
福島第一原発では、わずかに5.7mしか想定していなかった。

いや、実は震災の前年に、15mになるという試算をしたのだが、「原発の都合に合わせて、想定高さを低くした」 のである。

東電、15m超の津波も予測…想定外主張崩れる
2011年8月25日読売

同じことが、全国の原発で行われたはずだ。
さて、福島でも青森でも、5m程度の想定をしているのに、宮城や岩手が40mの想定ができるだろうか?

原発のあるところだけ想定が低い、なんてことはできない。
他の自治体が想定する津波の高さも、当然ながら 「原発で想定する津波より高くできない」。

そして、原発は今や日本中の海岸に立ち並んでいる。
日本の津波の高さ想定は 「この程度だったら原発に被害が出ない」 という高さにおさえられているのである。

結論

津波が起きるのは自然現象。
しかし、津波で被害を引き起こしているのは、実は原発だ。
放射能被害ばかりでなく、津波被害も、元凶は原発だったのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

共犯者?

原発のために津波の想定を甘くして、周りも低めの想定に合わせてしまった・・

もしそうなら、原発は、二重にも三重にも罪作り、間接的に津波による大量殺人を助長したことになりますね。

その「麻薬」である原発に手を出してしまう、この国の支配層の一向に治らない「薬物依存体質」こそが、更なる元凶だ!
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg