2013-03-05(Tue)

敗北の30年を取り戻す

中曽根が国鉄分割民営化をした時,私は不安に駆られたが,
自分は労働組合ではなかったので,何の行動も起こさなかった。
その次,安倍晋三はNHK番組改変でマスメディアを弾圧した。
私はさらに不安を感じたが,自分はジャーナリストではなかったので,何の抗議もしなかった。
それから検察は、保守政治家である小沢一郎まで弾圧の輪を広げていき,
そのたびに私の不安は増大したが,それでも私は行動に出なかった。
ある日ついに、原発が爆発した。
そして私は危険を感じた。
だから行動に立ち上がったが,その時は,すべてがあまりに遅過ぎた。


言うまでもなくマルティン・ニーメラーの「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」の替え歌である。

こうして振り返ってみると、敵は30年かけて準備してきている。
いつか訪れる破局に向けて、抵抗や革命が起きないように、徹底的に民衆の牙を抜き、抵抗の芽になるものを摘み取ってきた。

30年前には、労組もマスメディアも政治家も、すでに骨抜きだったが、敵は念入りに徹底破壊をした。
国鉄民営化という名の労組破壊。ストライキが市民権を失い、労組は怠け者の巣窟かのように印象づけられてしまった。

安倍晋三らがNHKを恫喝して番組を改変させ、朝日も巻きぞえにすることで、片隅に残っていた報道の自由を最終的にへし折った。
私は当時は朝日をとっていたが、あの事件の前後で紙面や論調が激変した。前がそれほど良かったわけではないが、後はいかにも卑屈な紙面になってしまった。

そして小沢一郎への弾圧だ。いわゆる革新と言われた勢力が総崩れした後に、一人残ったのが保守政治家の小沢一郎だった。あとは、小沢さえ潰してしまえば、どんなに酷い政治をやろうが、収奪をしようが、抵抗する核はない。
せいぜいバラバラの小規模な抗議運動があるだけ。そんなものは無視すればいい。

小沢弾圧で特徴的だったのは、一足先に背骨を折られた「革新」勢力が、権力と一緒になって小沢批判をしたことだ。
私はその状況を見て、保守なんて大嫌いだったけれども、陸山会に入ろうと決めた。それが、もっともラディカルな抵抗の意思表示だと思った。

元「革新」の菅直人が小沢弾圧に血道を上げているその時に、大地が揺れ原発が爆発した。
30年の成果がフルに活用された。1000万人が被曝させられたのに、責任者はのうのうと高禄を食み、マスメディアは翼賛報道機関ぶりを競っている。

敵の準備のほどをみると、一朝一夕で倒せる相手ではない。
放射線は待ってくれない以上、のんびりしている暇はないんだ とも思うのだが、それでも少なくとも30年分の敵のアドバンテージをどうやってひっくり返すか。

それを考えなくちゃならない



関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ブログランキングから
戦争嫌ですよね><
そんな気持ちは分かります!
チェックしていくので更新頑張ってくださいw
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg