2013-04-03(Wed)

大分県の「放射線ってなんだろう」パンフについて

大分県が、恐ろしいパンフを作成した20130403-1.jpg

http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/155450.pdf

何が恐ろしいかというと、20頁に「胎児影響にはしきい値があり、約100ミリシーベルト以下では生じません。」と断言しているのである。

これには、「胎児影響」と「胎児への健康影響」は、ぜんぜん別物だ というトリックがある。
あくまで文科省の見解だが、「胎児影響」は100mSv/yがしきい値であることになっている。が、その文科省ですら、「胎児への健康影響」にはしきい値無しの確率的影響である と認めているのである。

文科省の事業で一般財団法人 高度情報科学技術研究機構が作成した「ATOMICA」にはっきりと書いてある。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-03-05

「胎児影響」とは「胚の致死、奇形や成長・形態変化と精神遅滞」に限った話であって、「胎児への健康影響」全般の話ではないのだ。
要するに、妊婦が間違ってレントゲンを撮ってしまっても、100mSv/y以下ならば妊娠中絶はするべきではない という話なのである。

ところが、大分県のこのパンフレットを読んだ人は、「なんだ 100mSv/y以下なら赤ちゃんは大丈夫なんだ」と思ってしまうに違いない。
まずは、ご自分の目で確か見てみて欲しい。

しかも である。
しきい値無しで、100mSv/y以下でも胎児の健康に影響はあり得ると言う文科省の記述には、内部被曝は考慮されていない。
レントゲンのような完全に外部被曝だけの場合と、放射性物質を体内に取り込み、ひいては胎児の体内にも取り込むであろう内部被曝とを、同じレベルで考えていいのか。
いったい、誰がどこで「同じでいい」なんて証拠を書いているのか。(口先で言っている自称専門家はたくさんいるが)

大分県のパンフは、文科省レベルですら満たしていない、少なくとも確実に危険側に誤解を生む。
さらに、その文科省レベルは内部被曝を考慮していないという、致命的な欠陥をもっている。

そうした恐怖の二重構造をもっているのが、この大分パンフだ。
よって、作成した 大分県食品安全・衛生課食の安全・安心推進班 に、私は抗議のメールを送信した。

宛先は a13900@pref.oita.lg.jp

以下、ご参考までにメールの内容を転記する。

**************************

大分県 食品安全・衛生課 食の安全・安心推進班 御中 前略 貴県のホームページに記載されております、表題のパンフレットに ついて、重大な誤解を生むのではないかと思われますので、削除・ 訂正をお願いしたいと思います。

以下の内容は、文科省の事業により一般財団法人 高度情報科学技 術研究機構が作成した「ATOMICA」からの情報に依っています。

パンフレット20頁において 「胎児影響にはしきい値があり、 約 100 ミリシーベルト以下では生じません」との記述があります が、ここで言う「胎児影響」とは「胚の致死、奇形や成長・形態変 化と精神遅滞」のことであり、100mSv/y以下であれば中絶はするべ きではない というレベルの話のはずです。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-03-05

「胚の致死、奇形や成長・形態変化と精神遅滞」以外の「胎児への 県境影響」については、「胚・胎児の被ばくに伴う健康影響にも上 記の分類(確率的影響)が適用される。」 となっております。
しかるに、一般の方が貴県のパンフレットの20ページを見れば、 「100mSv/y以下であれば胎児は大丈夫なんだ」と思ってしまうで しょう。意図的であるかどうかは別として、非常に危険な誤解を与 える記述であるといわなければなりません。

さらに、しきい値無しと書いている「ATOMICA」の記述ですら、内 部被曝についてはまったく配慮がありません。 外部被曝だけでも、しきい値無しの確率的影響があるというのに、 現在問題になっている食品などからの内部被曝に対しては、どのよ うな影響があるか、貴県ではご調査の上でこのパンフレットを作成 されたのでしょうか。

公の責任が問われるこうしたパンフレットに、住民にとって危険な ほうに誤解を招く記述はされないように、お願いいたします。
私は大分県民ではありませんが、同じ日本でおきている惨禍を憂う ものとして、重ねてお願いいたします。
                       草々

2013.4.3                    
木の家プロデュース 明月社 ・ 山岸 飛鳥
**************************


■■■■■お知らせ■■■■■

十津川杉の家 構造見学会
4月13日(土)12:30~13:30
場所 大阪市福島区玉川
参加希望の方はメールにて
 info@mei-getsu.com





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ チョウやニホンザルなどに異常、研究者が被曝影響と指摘

原発事故より気になっている件です。 実際どうなのでしょうか。もう少し報道が欲しいです。 何か起こっている可能性は非常に高いと思うのです。 福島原発周辺で「動植物異常」相

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg