2013-12-02(Mon)

安倍晋三に取り憑いているもの

日本版NSC、特定秘密法案、集団的自衛権、辺野古基地のゴリ押し(恫喝)、参院選が過ぎて以降、とくに今国会が始まってからの安倍晋三の暴走ぶりは激しいものがある。

その一因は、国民が完全にナメられているということ。
どんなことをしても怒らない。酷ければ酷いほど選挙に行かなくなる。行く人は自民党に投票する。
そう確信しているから、法律も憲法も民主主義も常識もどうでもいいのである。
そうした重石を踏みにじる快感に打ち震えるような今の自民党がある。

ゲル石破の「デモはテロと変わらない」発言など、民主主義を蹂躙できる喜びがあふれ出しているではないか。
その後撤回したと言うが、その言いぐさたるや「(デモがテロの)全ての要件を具備するわけではないので撤回する」と言うのである。
厳密にはテロではないと言っているだけで、「本質においてあまり変わらない」という自らの言葉はまったく否定していない。もちろん謝罪など毛頭する気はない。

「絶叫デモはテロ行為」 石破幹事長 市民活動、テロと同一視
2013年12月1日 東京新聞


石破氏 秘密保護法案反対デモは「テロ行為」 その後“撤回”
2013.12.1 産経


ゲル石破にしてみれば、秘密保護法案についてこのことを突っ込まれると面倒くさいから撤回しただけだ。
一応選挙で選ばれる政治家が、このようなことを平然と言ってのけるのだから、もはや日本の民主主義は枯れ果てたということだ。

沖縄自民党への切り崩し、というか恫喝も激しいものがあった。

社説[菅・石破発言]沖縄への露骨な恫喝だ
沖縄タイムス 11月20日


もとより選挙のために県外移設を掲げた沖縄自民党だったのかもしれないが、それにしてもゲル石破や菅義偉、そして安倍晋三のここ2ヶ月ほどの暴走ぶりは後先かまわずという印象をうける。何かに怯えているような・・・

■■

ここ2ヶ月ほどで話題になっていることと言えば、東京オリンピックと徳州会事件だろう。
そして、その交点に猪瀬直樹の5000万が浮上した。

なぜこのタイミングで発覚したのか。ある意味借用書すらない口頭だけのカネの動きが表沙汰になったのか。
11月20日に猪瀬の政治資金収支報告書が公開され、その翌日に「複数の関係者の話」として5000万のことが発覚している。

猪瀬直樹知事に徳洲会が5000万円提供 強制捜査後に返却
朝日新聞 2013年11月22日


どう考えてもタレコミである。
こういう不自然な流れがあるときは、まず裏があると思って間違いない。動揺する安倍晋三らに対する恫喝なのではないか。

ではいったい安倍晋三が何に動揺するというのか。
有権者など意のままだとナメ切っている連中が、いまさら動揺する必要があるのか。そのヒントが、ここにある。

20131202-1.jpg

統一協会=勝共連合の機関誌である。今年の3月号の表紙だ。
統一協会の表紙を飾る男がこの国の首相だということ自体、ものすごい話であるが、ここで問題にしたいのは、この号の巻頭論文である。
一部引用する

自ら拓く同盟強化の道

オバマ大統領の原点は、内政におけるリベラルと外交における対話路線である。第二期政権の国家安全保障チーム(国務、国防、CIA長官)の陣容が明らかになった。「世界各地への軍事介入に対して懐疑的な見方で一致」(「インターナショナルヘラルドトリビューン」紙1月10日付)しており、「外国に米兵の足跡をあまり残さない」方針で一致しているという。(略)

 米国国家情報会議(NIC 大統領のための中長期的分析を行う機関)が昨年12月10日、「グローバル・トレンド2030」を公表し、話題となった。その内容は、米国が圧倒的な力を誇った時代が終わる一方で、中国も成長が穏やかになり世界に覇権国家はなくなる。そして日本は人口減が響き、衰退が続く、などの予測が記されている。(略)

「アジアでの通常でない形の第二次大戦後処理により、歴史問題に関する不満が深刻化しつつある」「米国が孤立主義や経済力衰退で同盟国への関与を弱めた場合は、核武装に踏み切る国が出る恐れがある」と記されている

(引用以上)

統一協会は、オバマが中国と手打ちをして、むしろ日本を危険視するようになっていることに、危機感をあらわにしている。
統一協会は、日米韓の反共体制の尖兵となることでそのステイタスを政界をはじめとして確立してきた。
当然、資金源も壺売りだけのはずはなく、CAIなどの資金が軸になっていると思われる。

その統一協会にとって、オバマの対中和解、G2路線は致命的なものになる。
存立を脅かす大事件なのである。

そこで、オバマの路線に易々と従うのではなく、従来の(冷戦時代の)反共路線を維持すること、それをオバマに認めさせることを安倍内閣に迫っているのではないか。
大量の人材を国会議員の懐に送り込んでいる統一協会=勝共連合のファイルには、うなるほどのスキャンダルが記録されいるはずだ。これまではタダで使える便利な私設秘書だったものが、オバマ路線に従おうとする自民党議員に牙をむいているのだ。

オバマが求めているのは、TPPで日本の資産を吸い上げることと、アジア太平洋の米軍の下請けだ。要するに、米国の経済を立て直す、そのための負担を日本がしろ、ということだ。
しかし安倍晋三は、それを逆手にとって、アメリカが求めているよりはるかに独裁的なNSCや秘密保護法を作り上げ、米軍の肩代わりという名目でアメリカが望まない中国との緊張を煽ろうとしている。

この状況へのエージェントとして、オバマの分身とも言うべきキャロライン・ケネディが送り込まれた。
だから、ケネディ大使はお飾りではなく、かなり重要な任務を帯びて日本にやって来たと見るべきだ。敵が敵なので、ものすごく慎重にやっているけれども。なにせ、一つ間違えば暗殺されるということを、誰よりもよく知っているのだから。

■■

もちろん、統一協会の陰謀だけですべてが進んでいるわけではない。従来の自民党を支えてきた様々な国内利権をも巻き込んでいるし、何よりも、最初に書いたように有権者が全く無力であることで可能になっている暴挙である。
アメリカのために日本を食い尽くそうというオバマの政策ももちろん許し難いと思うが、今の安倍晋三の進む先は、それ以上に危険で悲惨な未来だ。

酷い未来と、とてつもなく酷い未来の、どちらを選ぶか、という選択肢が今私たちの前にある。

そういう選択肢しか残っていないのは、残念ながらそういう選挙をやってしまった私たちの自業自得でもある。とにかく、いくら泣き言を言っても始まらないので、この選択肢をどのように選び取り、どのように次の一歩を進めていくのか、判断しなければならない。

私は、今のこの状況下では、オバマ、ケネディの路線にある程度載っていくべきなのではないかと思う。
乗っていくというか、オバマ路線と安倍路線の対立をより際立たせること、先鋭化させること、無難な言葉を慎重に慎重に選んでいるケネディに決定的な言葉を言わざるを得ないようにさせること、などなど、情けないけれどもガイアツを利用することを考えざるを得ないように思う。

その上で、もちろん、オバマは味方ではない。日本をアメリカ復活の餌くらいにしか思っていないはずだ。それでも、安倍やゲルや統一協会のごときが目指す絶望的な反共国家よりは、まだ反撃の可能性を残しながら生きていけるように思うのだ。

およそ元気の出るような話ではないが、カラ元気で何の根拠もない理想論を叫ぶよりも、長期的な戦略と現実的な戦術をきちんと区別して考えた方が、私はまだしも元気が出る。

これから日本が民主主義ってやつを自分たちの手で実現するには、おそらく20年やそこらはかかるだろう。
その長い道のりを、なんとかメンタルな意味でもフィジカルな意味でも絶滅せずに生き延びていくこと。そのための苦しい選択を、今私たちは迫られている。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「負けに不思議の負けなし」マスコミがいまさら何言っても無駄である。

「目パチクリお人形さん」をサンドバックにした低能児たちの完全勝利である 「忘却とは忘れ去ること」の名文句から幾星霜、再び日本は無くなってしまった。つまり君の名の放送終 ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ミリタリーではなくて、普通の作業服でした。すみません。グレー系統だったら、普段着としてもいけますので(笑)でも、あれだけ秘密保護法について、ごり押しするということはやはり原発(福島第一原発だけじゃなく)やTPP、消費税、アベノミクスなどについて相当問題を抱えていることをむしろ認めたようなものですし。ただ、一方で秘密保護法は中身がスッカラカンなものだから問題はないというのは違うと思います。つまりは裏を返せばいかようにも悪用できるということなのですから。意図的にそうした可能性もあります。

民主主義ということになっている今のシステムですが、よく「投票は政治に参加する唯一の機会」という話をよく聞きますが、その時点で「民主主義」ではないのがバレバレです。それに立候補してる側だって票田や地盤を持っている者、そうでない場合は世間的にそこそこ知名度がある者しか基本的に当選はできません。何よりも、最終的に物事を決めるのは議会や議員であって僕らではありません。もう一度こんなところから考え直した方が良いと思います。
秘密保護法に関しては、確かに一般人や外部には公開してはならない情報もあるでしょうが、でも今回はごり押しがすごい!まあ、原発(福島第一原発だけじゃない)やTPP、消費税、「アベノミクス」などが相当問題を抱えていることを認めたようなものだとは思いますが。それに、オリンピックやスポーツ関連の話題で盛り上がっている今やらないでいつやるの?という感じだったんだと思いますし。

自分は今後の生活防衛として、靴、靴下、作業服兼普段着(ミリタリー系や古着のようなもの)、下着、タオル、家、庭(畑)、趣味として鉢物、部屋の飾りは海で拾った物を駆使してなんとかやっていこうと思います。ただ、そのやり方も農地バンクや、農地バンクから外れたところは放射性廃棄物の墓場ってなるんですよね。ただ、医療、これだけは改悪しないでほしいですね。これは個人ではどうにもできないところも多いので。

長々とすみませんでした。

No title

安倍は只の切り捨てられる対象では?
このような論調では馬鹿左翼と同じだと思います。・・・失礼ですが。
このようなことを契機にして敵は何をしたいのか?を考えるべきだと思います。
地震が自然なものかそうでないと思うかによって話の流れが変わってきますよね。完全に今ショック・ドクトリンの範疇にあることは分かりますよね?国民は正常な判断力を失っているのだから仕方ない面もある。
そして、「自民党に投票」とのことですが、本当に自民党に投票した人の投票数が表れているとでも??
衆院選で、社民党に投票した人だってなぜか少なくなっているのですよね。依然として自民党に実際の人気あるのは間違いないと思いますが。正常な判断力を失っているのですから。

No title

独裁国家中国のポチよりは民主主義国家アメリカのポチの方がまだ幸せになれる余地があると思います。
だから私は自民に入れました。
中国の奴隷になって幸せになれると思いますか?

No title

先生、★阿修羅♪でこのような記事を見つけたのですが、

播磨屋おかきのトレーラーが凄まじい事に!「真性のバカか安倍晋三」「警察及び自衛隊へ国賊政府の用心棒か」

播磨屋助次郎さんのHPでのコラムや論文がとても興味深かったので、
先生も一読してみて下さい。

No title

行く人は自民党に投票する。

不正選挙。ムサシ。私は社民党に入れました。他の人も自民維新みんな以外に投票したのですが、選挙結果がおかしいです。

残念ながらそういう選挙をやってしまった私たちの自業自得でもある。

民主党が国民の生活が第一というマニフェストを放り投げてリーマンショック以降まともな経済対策をとらず、、異常な円高も放置し、中小零細の町工場をつぶしたり、小沢や亀井が主張した公共投資もやらなかったことは無視?なんでも国民のせいにしないでほしい。公約詐欺。結局、自民も民主も新自由主義万歳の糞だった。 

これから日本が民主主義ってやつを自分たちの手で実現するには、おそらく20年やそこらはかかるだろう。

アメリカ同様永久に来ないと思う。共和党・民主党違うといっているが、政権交代何度おこなってもアメリカ国民はどんどん貧乏になっている。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg