2014-11-30(Sun)

まず魁より始めよ

解散総選挙を巡って、自公を落とせ、投票率を上げろ、若いモンが投票しないのはけしからん、その他あれとかこれとか、ネット上でのいろんな議論はさかんにやられている。

一方で、自公と本気で対決する予定候補のボランティアに入ろうという人は、私が関わっている関西だけで見ると、おそらく100人もいない。
散々な結果だった昨年の参院選ですら、生活の党と社民党だけでも近畿ブロックで20万票近くはとっている。あの状況で投票した人だから、まずこれ以上は減らないだろうという固い票であるし、この時代への危機感を持っている人なのだろうと思われる。

しかし、その20万から「選挙で勝つために自分も動くぞ」 という人は100人。実に、0.05%。

100人というのは、1選挙区をまかなえるかどうかギリギリの人数だ。
近畿ブロックだけみると小選挙区は48。48x100=4800人、20万のうちのわずか2.4%が動き出せば、世界は確実に変わり始める。
目に映る光景は、今とは全然違うものになる。しかし現状は。。。

この現状を垣間見るに、やはり「動け!」と言わざるを得ない。
投票率も何もかにも、とにかく危機に気がついたものから順番に動くしかない。

若いモンは投票に行けよ~ と高見からもの申す前に、まず動こう。

もちろんリアルな政治に関わるのは、選挙の時だけでいいわけはない。が、選挙はそれを試してみるいいチャンスだ。
たくさんの人が出入りしているから気安く入っていけるし、やってみれば結構楽しい。

一票だけ入れる「有権者」は、実はシラケて棄権する「放権者」と一票分しか違わない。
思い起こしてほしい。憲法には「有権者」なんていう言葉はひと言も書いていない。あるのは 「主権」だ。

「主権」とはその国を統治することだ。真の政権交代だ。
「主権者」は、黙々と一票を投じるだけではその権利を得ることはできない。憲法を実行することはできない。

逆に言えば、黙って一票を投じる「有権者」ばかりになれば、その時点で憲法はその主体=主権者を失い、独裁的な人間によって無効化される。
それが、まさに現時点だ。

求められているのは、投票率の低下を嘆くことではなく、それを嘆くことができるほどに意識のある人たちが、「動く」こと。主権者になること である。
他人のことをどうこう言う前に、まず動くこと。

まず隗より始めよ だ。

よし、それならやってやる という方は、生活フォーラム関西のブログを見ていただきたい
ボランティアの手引きが書いてある

http://seikatu-forum.blog.jp/archives/17821273.html




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴史のお勉強

ヤップの総選挙(4年に一度、州議会議員と州知事を選ぶ)結果は、まだ確定できません。ヌッポンと同じく、死人が投票にきたり、ひとりが何度も投票したり?そこまでして勝たなきゃならない理由があるんでしょうね、きっと。 さて間近にせまったヌッポンの総選挙、絶望のなかでもなんとかしたいと頑張っておられる人たちには頭が下がりますが…らっきーデタラメ放送局を見るまでもなく、世界のシナリオを書い...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

のどに刺さった魚の小骨のように「不正選挙」の影が付きまとう。投票用紙の印刷からカウントする機械納入や一連の選挙システムソフトをムサシとかいう一社が請け負い仕切ってる、とか。

国内では、多分、小沢対菅の民主党代表選頃から、この問題が取りざたされていたように記憶している。都知事選も不自然な結果が顕著に出ている。
ナゼ、生活の党、共産党その他野党もこの問題を取り上げないのだろう。不可解?

民主主義の前提が担保されなくなってる疑念が払拭できないが個人レベルでは解明しようがない。投票意欲がそがれる。
或いは選挙自体をボイコットする衝動に駆られる。(自公組織のおもうツボ!)
水を差すようで申し訳ない・・

(以下、一部の関連ブログ等)
不正選挙にショックを受けた・・深刻な問題だ、孫崎享氏
https://www.youtube.com/watch?v=ywYP-CIzAuE

舛添氏の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!/(不正選挙)開票立会人の告発!!http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8258779f8fbc548983b02de527918169
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg