2014-12-15(Mon)

ではどうするか

ほぼ下馬評通りの結果になった。

2年前は衝撃から立ち直るのに6ヶ月かかったが、今回は6時間くらいで明日の朝には立ち直っているだろう。
あのときの円形脱毛は10円より大きかったが、今回は1円より小さいし。

詳しい分析は後の話。
いま言う言葉は  「ではどうするか」

生活の党は政党要件を満たせないことがほぼ確実になった。
だれか入ってくれる人がいれば延命するかも知れないが、とにかく現在の実力はそういうことだ。

「ではどうするか」 のまえに 「私たちはなぜ負けるのか」を深く深くふり返る必要がある。
そこには長い歴史があるはずだ。その軛から逃れる策を考えなければ、同じことの繰り返しになる。

逆に、なぜ勝てるのかも謙虚に学ぶべきだ。
近畿でも、辻元清美、山井和宣など民主党議員は小選挙区を勝ち抜いている。
また、沖縄はなぜ勝てるのか。単に保革連合という図式だけでなく、もっと深く学ばなければならない。

投票率は戦後最低だそうだが、あの候補選択の状況で、よく半分以上の人が投票に行ったものだとおもう。これまでの流れならば、50%切るのではないかと思っていたが、さすがにマズイと思う人がいたということだ。

また、一つ象徴的な選挙区は大阪3区だ。なんと公明と共産だけ。
ここの共産党候補は、負けはしたけれどもなんと42%も得票している。小選挙区を勝ち抜いた沖縄1区の赤嶺政賢よりも多いのである。
これは、本当に信頼に足る選択肢があれば勝てるということだ。

逆に言うと、なぜ信頼に足る選択肢を用意できないのか、という問題だ。
日本の政治全体として、なぜできないのか。
また、生活の党として、なぜなれなかったのか。それぞれ別個に総括する必要がある。

今回の選挙は、ひと言で言えば 野党が勝たなかった 選挙だ。
勝てなかったのではなく 勝たなかった。

自民党はわずかながら議席を減らすことになる。新聞が一斉に報じたような300議席にはならなかった。
無所属から潜り込むのがいるから、結果的にはやや増えるかも知れないが、選挙戦としては減らすことになる。
公明党は微増しているが、まあ大勢に影響はない。

次世代と無所属が減らした分を、民主と共産が増やしているので、趨勢としては必ずしも惨敗という結果でもない。
生活ではないけれども、鈴木、小宮山、木内、松木 などの候補は復活当選した。
にもかかわらず、なんだか惨敗したような気になるのは、はじめから選択肢を準備できず、勝てる勝負をわざわざ降りてしまったからだ。

とにもかくにも、生活の党がこのまま無くなったとしても、私たちの生活はなくならない。
考えよう、「ではどうするか」
考えることを止めるときが、本当に負けるときだ。



ああ、それにしても、返す返すも、2010年6月、鳩山由紀夫が小沢氏を巻き沿い辞任に追い込み、民主党の金庫の鍵を奪われたのが、痛かったなあ・・・・ (愚痴)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

オザワノミクスともいえるような政策を

私も目玉政策があれば良かったと思います。
03年の総選挙では、民主党が「高速道路無料化」を前面に掲げて約30議席増加させ、09年の総選挙では「子ども手当」を前面に掲げて政権交代を果たしました。どちらも小沢氏の功績です。

逆に、自公が自分たちの政策の是非を問うために解散総選挙に打って出た場合、野党は負けてしまう傾向にあると思います。マスコミも結託して自公ペースで選挙が進んでしまっています。05年の郵政解散や今回のアベノミクス解散がその例です。

小沢氏をはじめ生活の党の方には、英国のブレア労働党が97年に「教育、教育、教育」と斬新な教育改革を前面に掲げて地滑り的な勝利を果たしたような、目玉政策の強力なアピールが必要だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

目玉となる公約を

訴える「目玉」があれば良かったと思います。総花的に正しいことや安倍政権のダメさ加減を訴えたとしても,多少の効果はありましょうが,当選までこぎ着けるのは難しかったのでは。つまり,これぞという「目玉」があれば,もっと票が増えたと思います。
 47.34%のうち,4.734%でも貴党に投票する方が増えたかもしれません。すなわち,消費税8%を「5%」に戻すことを訴えれば,良かったと思います。
 社民党は「5%」を訴えました。しかし護憲とか他の政策を強く訴え,5%はベタ記事,ベタ政策となり有権者に強く訴えませんでした。

 小沢先生をはじめ,能力があり弁舌爽やかな方が多いので,是非とも「5%」を強く訴えて頂きたかったのです。つまり,『8%』凍結では民主党政権奪取時の公約に違反することは明らかです。
 解釈改憲でも,アベノミクスでも,TPP参加問題でも,何でも,最後は消費増税8%はダメだという「話」にもってくれば,有権者の中には貴党に投票する人が増えたのではないかと思います。
 

No title

鳩山氏と矢部氏が週刊プレーボーイで対談しています。鳩山氏が本当に知らなかったのは定かではありませんが、何か、とてつもなく、おぼっちゃまのように思えます。

「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【前編】
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141215-00040591-playboyz-pol
「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【後編】
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141216-00040674-playboyz-pol

今回の選挙結果、得に戦後最低の投票率になったのは民主党に原因があると思っています。残りの48%の人たちが投票に行かなければ何も変わらないと思います。もっとも残りの48%の人たちの生活権が脅かされるような自体にでもなれば、また風が吹くのかもしれません。でも、そのなってでは、既に時は遅しかもしれません。

山崎元氏が、民主党の敗因について書かれています。
http://diamond.jp/articles/-/63826

少なくとも小沢一郎は野党統一に、奔走したと思います。前の選挙で落選した元小沢グループの方たちの当選も「とにかく生き残れ」と、送り出した二人も当選しました。自民圧勝?の中で小沢氏の当選も、一筋の光明です。

鳩山氏

普天間移設問題が大詰めの2010年4月6日、鳩山総理(当時)は官邸にて、外務省と防衛省幹部達との秘密会合で「徳之島移設最終案」を建てた。「これで最後まで力を合わせて戦う、他言無用」と情報管理の念押しをした。

だが、翌日、朝日新聞夕刊一面にリークされた・・・
官僚は、選挙で選ばれた首相に従わず、「別のなにか」に忠誠を誓っていた・(鳩山談・友愛チャンネル’13年6月3日)

以上、日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか、より抜粋

鳩山氏は、おめでたい かも知れんが、戦犯は別にいるだろ、

No title

鳩山なあ、つくづくおめでたいといおうか、超A級戦犯だよ。。。。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg