2015-06-16(Tue)

ラディカルな政治ということ

ラディカリズムというと、原理主義とか過激主義と訳されることが多いが、そもそもラディカルというのは、根本的、根源的という意味だ。
原理主義とか急進主義というのは派生的な意味に過ぎない。

根本から全部ひとつの教義で規定しようとすれば原理主義だし、根本から一気に全部変えてしまえとなると急進主義ということになるのだろうが、それらは本質を語っていない。

一番大事なのは、根本的、根源的に考えること、理解すること、だ。

そのうえで、どうするかはその時代、状況によって判断すべきことであり、必ずしも原理主義や急進主義にはならない。
たとえば穏健ラジカルというやり方も、十分にありうるのである。


一般に人気があるのに、私が違和感を感じる言葉は、だいたいラジカルでないからだ。

改革、護憲、市民、リベラル ・・・・・

保守、革新、右翼、左翼 ・・・・・

どれもこれも、今の日本をラジカルに、根本的に理解しているとは思えないのだ。

言うまでも無いが、改革に違和感があるからと言って、今のままで良いとは思わないし、護憲に違和感があると言っても改憲には絶対反対だ。

しかし、どれもこれも、戦後の日本のおかれた状態から、あえて目をそらしているか、本当に見えなくなっているとしか思えないのだ。

戦後の日本は、侵略者としての罪業をあえて償うことなく、米国の植民地になった。
すねに傷を持つものは、支配しやすい。
反抗的になったら 「そんなこと言っていいのか」と黙らせることができる。

70年前に、侵略の罪を自ら償っていれば、こんなに永続的に植民地化され、抵抗の芽も出ないということにはならなかった。
責任者を自ら裁くこともできず、被害者への償いもほとんどせずに、「平和と民主主義」の仮面をかぶせられて、米国に対しては奴隷的に従属し、アジアに対しては奴隷頭として傲慢な経済侵略を行ってきた。

この根本的な構図を見ずに、「平和と民主主義」を守れ というスローガンを叫ぶのを聞くと、どうしても私は萎えてしまうのである。

もっともラディカルな問題とは、侵略の罪業を改めて償うことであり、それによって正々堂々と日本の独立を主張することだ。

右翼は前者を攻撃し、左翼は後者を攻撃することで、宗主国は何もせずに支配を維持することができた。
この忌まわしい構図を、ラディカルに衝いていくことが、もっとも大事なことなのである。

では どうするか。

自衛隊のクーデターで米軍を追い出すのか?
日本の国有資産をすべてかつての被侵略国に投げ出すのか?

もちろん、そんなことをするべきではない。

ラディカルとは、一気に変えるという意味は、本来持っていない。
圧倒的な力で植民地化され、「平和と民主主義」の仮面のおかげでほとんどの国民がそれに気がついていない現状。
そこから、どうやって立ち上がっていくのか。

一朝一夕でできるわけはない。
しかし、ラディカルな意味で戦後日本が破綻を始めたのは、沖縄だ。
オール沖縄の持つ意味は、とてつもなく大きい。

アジアの中の沖縄として、文化・観光・物流などを発展させていく方向を明確にしている。
まだまだ舵取りは難しいだろうけれども、侵略の反省と米国からの独立という根本問題を、突破していく希望が見えている。

ラディカルな目線は、かならず希望をもたらす。
今すぐの結果がともなわずとも、向かうべき方向を指し示すことができる。

今の日本の政治に必要なのは、そういうことではないのか。
しばらくは、本当に苦しい時代が続く。
戦争になり人が死ぬこともある。

できる限りの抵抗はしなければならないが、圧倒的な彼我の力の差は、すぐに埋まるものではない。
それが絶望的な抵抗、希望のない後先を考えない抵抗にならないためにも、見据えるべき未来を、進むべき方向を、ラディカルに提示しなければならないのだ。

本当の政治は、それをわかりやすく国民に示すことだ。
戦術的には、数合わせもあるだろうし、妥協もあるだろう。
しかし忘れてはいけないのは、ラディカルな希望を、常に提示し続けることだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg