2015-06-18(Thu)

政治とデザイン

暗い話ばかり続けてので、ちょっと違う話を書いてみよう。

市民運動やら政治活動と デザインの関係について。

あちらこちらに顔を出していると、ある種固有のデザインの傾向やファッションセンスというのがあるのに気がつく。
集会に行ってみても、服装やその雰囲気がある。
労組の人。古くからの市民運動の人。3.11以降の脱原発の人。山本太郎さんの街宣に集まってくる人。陸山会事件からの小沢派の人。昔は自民党だった人。
まあ、こういういろんな人たちが、一堂に会することも珍しくなくなったのだから、それはそれで歴史の進歩なのかもしれないが、今日のテーマはそっちじゃなくて、デザイン。

他方で、街頭でチラシを配ってみると、如実にわかるのは、ごっつファッショナブルなお兄さんやお姉さんはほぼ取ってくれない、ということ。目線を1mmも動かしてくれない。まあ、99.99%くらいの確率で受け取らない。

う~ん、ファッションやデザインと政治的な関心は反比例するのかなあ~ と思ったりしていたが、どうも逆かな、と思うようになった。
こっちにセンスないから 「政治はダサい」 と思われている可能性大である。

最近話題のSEALDs を見ていて、どうもそうらしい と思うようになった。
彼らは、目新しいことを言っているわけでもなく、やることもほぼ昔ながらの集会とデモだ。
しかし、そのデザインセンスは、これまでの市民運動や政治運動とは、一線も二線も画するものになっている。
あまりレベルが高いので、本当に学生か?などとケチつける人がいるほどだ。
それくらい、最近の若い連中のデザインレベルは高いということだ。

こういう世代に向かって、ダサダサのおっちゃんおばちゃんが、「ガンバロー」とか「ちゃんと考えよう」などと言っても、あっちの世界の話にしか聞こえないのだろう。
若者の政治離れとか、低投票率とかいうことの、一つの原因は、実はそのへんにもあるのではないか という気がしてきたのだ。

といっても、こういうセンスは一朝一夕でどうにかなるものではないし、無理すればそれこそ学芸会の大根役者で、見るも無惨な結果になるのは目に見えている。
ただ、反省しなければならないのは、いわゆる保守も革新も、これまで政治に関わってきた人間は、デザインやファッションについて、むしろ享楽的で「よくないもの」のように考えてきたのではないか。進んで、反ファッショナブルな格好をしてきたのではないか。

保守の人は一律に背広。革新の人はくすんだ色のジャンパー。
街で普通に見かければ、なるほど最も面白くない、あえて近寄りたくはない格好を、わざとしてきたのではないか。

チラシやポスターのデザインも同じこと。
電通や博報堂に作らせたものですら、あえてダサダサに作ってある。
彼らのマニュアルには 「政治案件はダサくしないと OKでない」 と書いてあるのだろう。

まして、素人のつくったものは 見るも無惨なものが多い。
「読めれば良いだろ」 「読むのが正しい」 「読まないヤツが悪い」 と言わんばかりである。

「デザインとは問題解決の過程である」 とある先生が言っていたが、まさにその通りなのである。
「読まない」から 「読む」 に解決していく過程が デザインなのであって、そこを完全にスポイルしてきたのが、実はこれまでの政治や市民運動だったのではないか。


日本では、あの一休禅師の戒めにもあるとおり、見かけに囚われてはいけない という倫理観が強くある。
今の50代以上は、そう教えられて育ったはずだ。

それは、自分への戒めとしては大事なことだけれども、膨大な街の人々にそんな説教をしても、それこそダサダサな、あっちの世界の話にしか聞こえないだろう。

ファッションにはからきし弱いけれども、建築設計というデザインの世界に関わるものとして、これはちょっと考えなくてはならないぞ と思い始めた次第。

市民運動家のためのファッション講座でもやってもらおうか・・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします





関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg