2015-07-07(Tue)

どっちも悪い となぜ言えない

ポーランドという国は、ナチスドイツとスターリン・ソ連の両方から侵略された国だ。

アウシュビッツはもちろんポーランドにあり、カティンの森でスターリンに虐殺されたのもポーランド人だ。(カティンを始め2万人以上の捕虜虐殺)

1939年からナチスドイツの支配下に置かれ、1944年にはワルシャワ蜂起に立ち上がるがスターリンは援助することなく見殺しにした。

戦後はソ連の支配下になり、自由を束縛された。

まさに、歴史上の二大悪人に、交互に踏みにじられた。
そして、「どちらも悪い」という思いを持ち続けたのである。


日本の場合は、自国内の軍国主義と、米英の帝国主義に、まさにボロボロにされた。
東京などの大都市爆撃、沖縄戦、広島、長崎、で数十万人の非戦闘員が無差別に虐殺された。もちろん、その原因を作ったのは、日本による中国とアジアへの侵略であり、自己保身(国体護持)のために降伏しなかった天皇を含む軍国主義の指導者たちである。

たしかに原因を作った方が、歴史的な責任は大きいだろう。ほとんどの国民もそれを支持していた責任はある。
しかし、どっちが悪いのかと言えば 「どっちも悪い」のである。

ところが、日本の場合はポーランドと違って「どっちも悪い」と言う人間はほとんどいない。
自国の軍国主義については、悪かったという勢力と、悪くなかったと開き直る勢力があるが、米英帝国主義の虐殺については、なぜか粛々と受け入れるのである。

無差別爆撃を「クウシュウ」と呼び、原爆を落とされたにもかかわらず 「二度と繰り返しません」と誓う。「繰り返させない」ならわかるが、他国がやったことを自らがやったように反省する奇妙さ。

暴れ回る大量殺人犯を取り押さえるために、家族もろとも皆殺しにしたようなものだ。
もちろん、家族も殺人犯の応援をしていたのだけれど、それでもやっていいことではない。

戦争の反省とは、「どっちも悪い」ということを、本気の本気で言い切ることなのだ。

しかし、日本はそれができない。

その一番の理由は、「自国が悪かった」と口では言っても、態度が言っていないからだ。
1945年で明確に区切りをつけて、天皇を少なくとも退位させ、戦犯が堂々と政治の舞台に出てくるようなことを許さず、正当な補償をしていれば、「悪かった」という言葉は真実になるだろう。しかし、日本の態度は、真逆である。国体は護持されてしまったのである。

こうして、自らの罪を開き直ったせいで、日本は米国の大虐殺も、その後の植民地支配も責めることができなくなってしまった。
右翼は自らのすねの傷故に責められず、左翼は、右翼を退けて「民主主義」をもたらしてくれた米国を責めることができなかった。

70年間、ずっと同じ構図の中で、右翼と左翼が米国の手のひらの上でつつき合ってきた。
そして、誰もが政治に無関心になり、政治を汚いものだと思い、ひとまかせの文化が強固に根を張ってしまった。

しかし、もうそろそろ気がついてもいいのではないか。
国体を護持させたのは、米国の支配戦略だったということに。

■■

安倍晋三の戦争は、まもなく火を噴こうとしている。

米国の要求で集団的自衛権を行使すると決め、関連法案を今まさにごり押ししている。

しかし、安倍晋三個人の狙いは、小沢一郎氏が喝破したように、単純な米国追従ではない。
米国の下請けのふりをしながら、独自武装、独自の戦争体制をつくろうとしている。

その意味では、たしかに戦後レジュームの打破なのだ。
すねの傷故に右にも左にも大きく振れることのなかった戦後日本。戦争にも革命にも遠いところで暮らしてきた戦後日本。
すねの傷の痛みを感じない、かつての侵略への罪悪感がまったく無い安倍晋三はその戦後日本を破り、戦争の方向に大きく踏み出そうとしているのだ。

米国はもちろん、安倍晋三の狙いを警戒している。
あくまでも米軍の下請けをやらせたいのであって、独自の戦争ができる体制は絶対に許さない。
すくなくとも、オバマ系はそのように思っているはずだが、戦費調達もままならない米政府の懐事情は、安倍の好き放題を許さざるを得ないとこまで追い詰められている。

戦争法案のみならず、わずか2年半で悪政の限りをつくしてきた安倍晋三を、まだ4割が支持しているこの国で、今すぐ暴走を止める手立てはない。
ただ、はっきり見えるのは、戦後体制の矛盾である。
70年間、巧妙に隠されてきた戦後支配の仕掛けが、赤裸々になりつつあるのである。

安倍が傲岸不遜に蹴散らした、日本の戦争責任。これを、安倍のように蹴散らすのか、それともきちんとカタをつけるのか。
私たちが、戦後の軛(くびき)から本当に解き放たれるためには、戦争責任をきっぱりとカタをつけなければならないのだ。
ここに、これからの歴史の分岐点がある。

日本会議は岸信介の孫を押し立てて大日本帝国の復活を目指す黒いマグマだ。
戦争責任を取らずに、あえて戦後日本に意図的に残された癌細胞だ。
これに対峙するのに、「戦争責任を取らない戦後民主主義」では所詮同じ土俵なのだ。

今すぐに決着をつける力は私たちにはないけれども、このことに思い至らない運動は、結局「手のひら」の上のダンスになりかねない。急進とか過激という意味ではなく、真にラディカル(根源的)な運動が求められている。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

「小沢信者に告ぐ」

創価学会の麻薬ビジネス
English

慧妙紙:1995.1.1号
メディアが伝える創価学会 創価学会問題  TOP
創価学会の麻薬ビジネス
なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!
その事実はCIAが察知。
米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

鶴見芳浩(つるみ よしひろ)ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。『日本企業の悲劇』その他多数の著書の中に『アメリカ殺しの超発想』(1994年徳間書店発行)の206頁以下に、驚くべきことが書いてあるので紹介する。

引用開始 ------------------

小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係

94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。

--------------- 引用終わり

学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。

--------------- ここまで「慧妙」記事

国際金融資本家(邪教タルムードを信仰する者達)の使いっ走りに堕した創価学会 (管理人あとがき)

創価学会の指導者池田大作氏は自らを「偉大な仏法指導者」として会員に印象づけるため、機関誌「聖教新聞」をプロパガンダに活用してきた。会員から集めた浄財を使い、有名人との対談を実現して写真と記事を報じたり、大学に寄付をして名誉博士号を得、自らに箔を付ける活動をしきりにしていた。

しかし彼の本質を見抜く人達は、そう簡単に創価学会の思うようには動いてはくれない。入国にストップがかかったこともある。そんなときに助け船を出したのがノリエガ将軍。

ノリエガ将軍はここでも書かれているように元々はCIAのエージェント。恐らくCIAは創価学会の金と集票能力を利用して日本を操るため、わざとノリエガを池田大作に近づけたものと思われる。その罠に創価学会はまんまとはまってしまったという訳だ。

CIAの上にはブッシュ一族、そしてロックフェラー財閥をアメリカのエージェントとして操る国際金融資本家達が存在する。彼等は米FRB(連邦準備銀行)を始め、日銀を含む殆ど世界中の中央銀行を所有し、景気不景気を自在につくりだして各国の経済を支配する金融の王として君臨。また特定の宗教(悪魔教)を信じ、長い年月をかけてその理想世界実現に向けて手段を選ばぬ悪の限りを尽くしてきた。過去300年間の戦争は殆ど彼等が起こしてきたと言っても過言ではない。

ノリエガの導きで南米での活動が容易になった創価学会。しかしその瞬間から創価学会は国際金融資本家の信ずる悪魔教の手下に堕してしまった。すなわち、創価学会員が拝む偽本尊の先には悪魔教の本尊が存在する。文字通り、創価学会員は悪魔に魂を売ってしまった、ということになる。道理で創価学会員の犯罪が増える訳だ(本家に比べればまだカワいいレベルだが)。

創価学会の池田大作氏は、国際金融資本家達にとって日本でのエージェントとしての地位は無い。単に、一方的に奴隷として利用され、価値が無くなれば捨てられる、ただのゴミ的存在でしかない。その理由は長くなるのでここでは省略する。

創価学会が国際金融資本家達の軍門に降ってしまった代償は余りにも大きい。創価学会員だけでなく日本国民にとっても。世界にとっても。国際金融資本家達が目指す日本国民奴隷化のスピードをぐんと加速させ、とてつもなく巨額の国富を彼等に差し出してしまったからだ。

そんなこととは露知らず、今日も創価学会員、そして一般日本国民も、せっせと悪魔のために働かせられている。そのことについては別のページで詳しく述べる。(参考ウェブサイト:「創価学会は『悪魔教』になった」)

2011年3月11日(金)

《追記》 今日起こった東北地方太平洋沖地震は、人工地震と断定して良いだろう。理由はその気象現象の特徴と政治的背景、タイミング(例:余りにも早過ぎる10万トンの巨大空母ロナルド・レーガンと第7艦隊の到着、規模と陣容)、狙った目標の破壊(福島第一原発)がもたらす戦略的・政治的価値。地震の1ヶ月前から放射能被爆治療薬Potassium Iodide(ヨウ化カリウム)を大量に買い占めしている者達の存在。昨年10月、米国の圧力により日本側の専門家の強い反対を押し切り、福島第1原発 3号炉にわざわざ危険なプルトニウムを注入(福島県知事談)。また地震兵器使用が近いという内部情報は昨年から度々寄せられていた。この犯人を「闇の権力者」と呼ぼう。創価学会はこんな連中の手先に堕してしまったのだ。日本人として、否、人間として恥ずかしくないのか、と問いたい。

人工地震参考資料:「日本本土への地震兵器攻撃による心理的軍事作戦」OSS(戦略事務局、CIAの前身)
上記資料の解説

日本政府指導者、各自治体の責任者はこのような情報を一笑に付すこと無く、真面目な防災対策、国防、国際外交に臨まれんことを強く要望します。

「山形明郷史観こそ東アジア共通の歴史」

中華人民共和国・北京大学 亜・非 研究所 
劉 勃 氏


『邪馬台国論争・終結宣言』書評




山形明郷先生は、広い範囲にわたる古代の中国・日本・韓国
の歴史関係の「原典」を読破されて、論拠を組み立てております。


「古代朝鮮」 は、畢竟(ひっきょう)何処(どこ)に存在してい
たのか。
更には、「洌水(れっすい)」の位置が、「古代朝鮮」領域内の何処
であったのであろうか。 

この様な疑問点の解明は、“古代東アジア史”の全貌を知る上
で、避けて通ることは許されない重要な課題となるものです。

しかし、私がこれ迄手にした関係各国の史学著述中に、この
問題に触れたものは無く、明らかにされてはおりません。 

 山形明郷先生は、歴史地理学の観点から、「洌水(れっすい)」
が、遼寧省のなかを流れる「太子河(たいしがわ)」であるこ
とを論証されて筆を進められるなど、先生の“古代東アジア史”
究明・検証に向けて、とことん突き詰めていく強靱(きょうじ
ん) な学究精神に深く感服し、且つ、尊敬いたします。


 山形明郷先生の著作を拝読して先ず感じましたことは、この
著作を中国語に翻訳して、広範な中国の学者たちに、この著作
の内容を紹介し、
 「古代朝鮮」 の所在地の解明が、“古代東アジア史”を語る上
で最重要事項であるという問題提起をしたいということです。

  
 私が、勇躍この様な大切なことを提案いたしますのは、山形
明郷先生の著作の貴重な価値を知って、中国と日本国との“学
術交流”のために、いささかなりとも貢献をしたいと考えてい
るからです。


『 著作等身 』 ― この著作は、著者の身長と同じ高さに積
み上げた[ 金塊と同等の輝かしい価値 ]を有する論証です。

No title

冴えているね。このところ。

No title

むつかしいことはわからん。


しかし、ウン。いいな。危機感あふれて感じが引き締まっている。略奪でもしなきゃ食えない俺たちしものしものほうとおなじだ。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg