2015-07-16(Thu)

民主主義は壊されたのではない。これから作るんだ。

超ノンポリのうちのカミさんが今朝、「国会前に行きたかったわ。日曜日に集会ないの?」と訊いてきた。

昨日は、1日を通してのべ6万~10万人が国会前に集まったという。
これは延べ人数なので、6万人はかなり信憑性がある。実数としては、この数十年で一番ではないだろうか。
(後刻、小沢氏の会見での田中龍作氏の発言によれば、2012年のときの1/10くらい とのこと。やはり現場まで行けないと、正確なことは分からない。上記の実数云々は無視していただきたい。この稿で言いたいのは人数ではないので。)

主催者の呼びかけというよりは、国会前に行けばなにかやっているだろうと、三々五々自然発生的にやってきた人が多かったようだ。
この国も、少し変わり始めるかもしれない。

この国の国民は、これまでは漠然と「守られている」と感じてきた。
それは、民主主義であったり憲法であったり日本経済であったり日米同盟であったり、言葉で説明できないけれども、寄らば大樹の陰の大樹が自分を覆ってくれている、という意識があった。
しかし、さすがに「あれ?」と思ったのが、昨日だったのだろう。

自民党が悪いことをしても、国民はあまり怒らない。
悪いことをして私腹を肥やす代わりに、経済大国日本をほどほど民主的に運営してくれる、というバーターに納得してきたからだ。
「保護してもらうかわりに年貢を納める」という「封建的民主主義」と言うべきものが、日本人の普遍的な原理原則になってきた。

自民党はだから、いかに「自由と民主主義」の芝居をするか、ということに腐心してきた。
「自民党は昔から独裁だ」と言う意見もあるけれども、そんなことはない。
日本の国民の目線からは、日本は平和と自由と民主主義の国に見えてきたことは間違いない。
そう見せるために、本質的な独裁と植民地を隠すために、自民党は並々ならぬ努力をしてきたのだ。

それが証拠に、安倍晋三に対して、革新系の人たちも 「民主主義を壊すな!」と叫んでいるではないか。
壊すと言うことは、今までは壊れていなかった、ちゃんと存在していたということだ。
彼らも、今までは日本は民主主義の国だと思っていたのである。

しかししかし、昨日のあの強行採決は、日本人が自民党と長年結んできた暗黙の契約を、自民党の側から破るものだった。
「自分たちを保護してくれるから、悪いことしてもいいです」という契約書を、安倍晋三はバリッとひきやぶった。

日本人が唯一動揺し行動するのは、この「保護膜」が破られようとする時だ。
鳩山民主党の人気が急落したのも、マスコミ総動員でこの不安感を煽ったからだ。
いくら良いことをしても「頼りにならない」政権は、日本人は認めないのだ。

戦争法案をめぐっては、安倍はこの長年の自民党のやり方を踏襲しなかった。
自分の独裁的な権力に酔ってしまい、独裁者であること、狙いが戦争であることを、ほとんど隠そうともしなかった。

日本は1952年以降も独立していないし、かつて民主主義なんて一度もあったことはない。

日米地位協定を見れば、そのことに議論の余地はない。
また、出るだけで2000万はかかる選挙制度は、普通選挙ではない。
この二点を見るだけでも、制度としても民主主義はない。

しかも、その不平等と不自由に気がついて、自分たちで決めさせろ、民主主義をよこせ、という運動は、革新系の中にもなかった。
民主主義を守れ! とは言っても、民主主義をよこせ! とは決して言わなかった。
その意味で、運動としても民主主義の萌芽は、日本にはなかった。

唯一それがあるのが、沖縄だ。
沖縄だけは、日本の植民地としての本質をいやでも見せつけられ、苦しみ抜いたあげくについに民主主義を求める闘いに立ち上がった。民主主義の芽が、自由民権運動が壊滅して以降、はじめて日本で生まれた。

しかし 今、
安倍晋三が自らベールを外し、封建的民主主義の契約をを破り捨てたことで、多くの国民が気がつき始めた。
あれ? 日本ってこんな国だったの? と。

安倍晋三は、本気で戦争をやるつもりだ。
アメリカの要請はもちろんあるが、それ以上にヤツは「自分の戦争」をやりたがっている。
「戦争の英雄」に焦げるようなあこがれを感じて突きすすでいる。

現在の彼我の力関係では、開戦前に止められるかどうか、大きな不安がある。
安倍の戦争は始まるだろう。

そんな緊迫した状況では、かつての「封建的民主主義」に戻そうという人たちとも連携しなければならないし、米軍の下請けではない安倍の戦争を抑制しようとする米国とも協調しなければならない。

だが、それでも、ついに生まれた「民主主義の芽」をあきらめてはいけない。
沖縄に学びながら、ラジカル(根源的)に「独立と民主主義」を求めていく運動を、そのようなコアを作っていかなくてはならない。

地殻変動が始まっている。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦争法案を廃案に追い込むシナリオ

戦争法案を廃案に追い込むシナリオを今すぐ考え始めなければなりません.まず参院で絶対に可決させないこと,それが出来れば,会期末の9月27日までに衆議院で再議決させないこと,これが具体的な目標です.応援のクリック歓迎 国会を数十万の人が取り囲む事態を作れば必ず廃案に出来る,という保障はありません.安倍首相は確信犯であり,動じないだろうし,与党議員もかなり故障しにくい投票機械です†.「通過後に...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

んー、ここは珍しく妙月氏と違憲が会ったな。
アメリカが云々というより、安倍にとって、というか日本会議の人たちにとって「軍事によって国威を示す」というのが政治的なアイデンティティだと思う。

自分がちょっと変わったと思うのは、都知事選で宇都宮が細川を上回った時だな。
舛添は上回れなかったが、ちょっと「あれ?」という感じだった。

日本は文化はすごい割に、政治はへっぽこだったが、変わると思うよ。
ちょこっと考え方を変えるだけで、全然変わる。
できないワケがないと信じている。

No title

いやあ~日本人はまだまだ目覚めないでしょう。
騙され続ける道を望んでいると思いますよ。
フクシマで領土を失ったのに未だに進める人間を支持しているんですから。これだけでも、そう思わされますね。
沖縄は薩摩に占領してからの長~い歴史が有ったから、今が有るんではないでしょうか。何せ清国に援軍を頼んだのに断られ、仕方なく軍門に下った歴史はそう簡単には消せなかったんですよね。
しかしここへきてその中国の進捗が、彼らを後押ししているんだと思いますよ。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
木の家見学会
2017/2/19(日)
木の家の見学会をやります
場所:堺市北区東浅香山
(地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載のうえ、下のメールフォームからお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg