2015-07-22(Wed)

「間違う民主主義」と「善き独裁者」

みんしゅしゅぎ という言葉は、もう擦り切れるくらい使われてきたけれど、本物の民主主義を、私は日本で見たことはない。

勘違いしてはいけないのは、民主主義は正義も平和も保証しない、ということ。

民主主義は、正義ではない。
民主主義は、間違う。
民主主義とはただ一点、「民が主である」ということ。

「民が主である限り、正義ではないけれど極悪非道にはならないだろう」
「民が主である限り、何度も間違うけれども軌道修正もするだろう」
ということを信じて、「民が主である」社会を運営するのが、民主主義だ。

だから、護憲派の皆さんには気の毒だが、国民投票やったら国民は間違って改憲賛成するかもしれないから、国民投票法に反対、というのは 民主主義ではない。
民主主義に則ったほうが、結果は悪くなる、ということはいくらでもありうるのだ。

それでもなお、失敗を教訓としながら社会を作っていくのが、民主主義だ。
民主主義は、恐ろしいのである。

それが嫌なら、播磨屋さんのように皇太子の親政を求めたりして、善き独裁者を求めるしかない。
小沢一郎氏がよく言う、仁徳天皇の「民のかまどの煙」の話も同じジャンルだ。

善き独裁者に守られる臣民は、実に平和安寧幸福至極なのである。
どうも、日本人の99%以上は、この「善き独裁者」を求めているように、私には思える。

戦後の日本は、50%が自民党に「まあまあ善き独裁者」を期待し、20%が社共に「かなり善き独裁者」を夢見て、30%が「だれかが適当に善き独裁者になってくれるんちゃう」と丸投げしてきた。

「間違ってもいいから、自分たちで決めるんだ」と決心覚悟を決めた人が、有権者の1%=100万人もいたとは、とうてい思えない。

そうやって、民主主義を自ら放棄し、独裁に期待してきた日本の戦後「民主主義」の結末が、今私たちの面前にある安倍政権だ。
「善き独裁」に依存するものは、やがて「悪しき独裁」の餌食となるのである。

■■

生活の党の支持者を中心にした、生活フォーラム関西の事務局を1年間やってきて、つくづく思うのは、「政治家が旗を振らないと本気になってもらえない」ということ。
結局、後援会の延長なのである。(当然ながら全員ではない。)

政治を市民の手に、と思ってやってきたけれども、私の思いと会員諸兄諸姉の思いにはずれがあるようだと思い至り、事務局はこの秋で辞任し、以降は一会員として協力していくことにした。

私は、「間違っても民主主義」で行きたい。
いつか登場する正義の政治家に期待してジッと待っておく、というのは耐えられない。

組織としての生活の党に期待することも、やめた。
政治思想家としての小沢一郎氏は尊敬するし、前の記事で書いたように、この党しか言えない核心があるので、無くなってしまっては困るのだが、しかし、この党にはもはや市民のリーダーたる自覚を感じることができない。

小沢氏は、自らの手足にまとわりつく者たちをバッサリ振り切って、国民のために決起してもらいたかったが、良く悪しくもそこまで非情になれないのが、小沢氏の限界なのだろう。
中期的には、思想としてのオザワイズムを継承しつつ、山本太郎氏を中心にしたまったく新しい党を作っていくしかないだろうと、勝手に思っている。

いずれにしても、主権者が政治家に頼りっぱなしで、親分子分の関係から脱却できないから、こうなってしまったのだ。
主権者が政治家を押し上げ、意見し、場合によっては切り捨てる力を持っていないから、こうなってしまったのだ。

いまのこのドン詰まり状態は、一にも二にも、私たち自身が「善き独裁」を求めてきたせいなのである。

■■

では、民主主義はどうやって始めればいいのか。
これまで、まったく未経験の本物の「民主主義」を、日本人はどうやって身につけるのか。

「民主主義」の「み」は 集会とデモだ。
自分の体で、主張を表現することだ。
リスクを負って、主張することだ。

戦争になるかもしれない時に、せいぜい10万人しか集まらないというこの現状が、いかに日本に民主主義が無かったかということの証明でもある。
しかし、これから始めるのだと思えば、1万人でも10万人でも大きくて貴重な一歩だ。

みずからリスクを負って動く者なしに、何も始まらない。もちろん選挙など闘いようもない。
供託金すら用意できないほど追い詰められた党に、まとまったカンパすら集めることができない。

次のステップは、コアを作ることだ。
共産党や公明党ですらあの程度の票しか取れないのだ。民主主義を結実させようと思ったら、どれだけの組織が必要か想像できる。

そして、そういう組織を作るためには、ある程度コアがなければならない。コアは一つではない。大きくまとまることのできる範囲で、いくつものコアが生まれてくるはずだ。
大同小異で小異を無視して無理にまとめるのではなく、大同小同(微異)のコアがたくさんできる、というイメージ。それらが違いを認め合いながら相互に連携していく。

コアを作りながら、組織を作る。
組織は、長年かけて徐々にできるのではない。たぶん。
あるエポックを境に、急激に増えていくだろう。
だからこそ、確実なコアが必要だし、多様な受け皿になる多様なコアが必要なのだ。

次はの段階は、300選挙区に、1-10-100-1000人である。
一人の候補者、10人のリーダー、100人の活動者、1000人の支持者(カンパ)。

コアの連携で、これだけの準備ができれば、自民党を互角以上の闘いができる。
風で政権とって、秒殺で沈没 ということには、ならない。

もちろん、敵も陣営も黙ってみているわけではない。
熾烈な競い合いの中で進んでいくのである。

ここまで到達して初めて、日本は「民主主義の国」なのである。
憲法があるから民主主義だ、などと寝ぼけたことを言ってる場合じゃないのは、あの安倍の顔を見たら分かるだろう。

■■

そんな長大な物語の、はじめの一歩は、やはり集会とデモだろうと思う。

○○政経フォーラムとか、○○君を励ます会、なら喜んでいくけど、市民運動のデモなんて意味ない。と思っている人は、永遠に民主主義とは縁が無いだろう。善き独裁者を求めて旅を続けていただくしかない。

もちろん、デモや集会で何かが変わるとは思わない。
あくまでも民主主義の「み」なのであって、それがないと始まらないけど、それだけでは完結しない。
核を作り組織を広がることへつなげていけなければ、大騒ぎしてすっきりして終わり、ということにもなりかねない。

しかしそれでも、「先生」に代行してもらうのではなく、自分の生身で表現することが絶対に必要だ。
そこから逃げていては、これだけ深く民主主義を亡きものにしてきた日本で、これまで一度も民主主義がなかった日本で、民主主義を始めることはできない。

そして、オザワイズムを継承する主権者のコアを作ることが、絶対的に必要だ。
反戦勢力が、革新系だけのコアになってしまってはいけない。
革新系は、平和憲法と引き替えに米軍支配を黙認してきた。日本の独立を事実上放棄してきた。
戦前回帰の改憲勢力と対抗するために、消極的とはいえ米国と組んできたのだ。

しかし、他国に支配された民主主義など、絶対にあり得ない。
戦前回帰、戦争責任否定の右翼勢力は絶滅すべき対象だ。短期の局面では米国と組むことも否定しない。
しかし、戦後の長きにわたってその構図の中に浸かり、米国の植民地支配を容認してきた革新系の責任は重い。

もちろん、革新系のコアとは共闘・連携すべきだが、任せきりにはできない。

いま、反戦と独立を共に主張できる政治勢力は、小沢一郎と山本太郎しかいない。
党組織に何も期待できない以上、その思想を引き継ぐ市民のコアを作るしかないのだ。

時間はかかるかもしれないが、それ以外、私の前には途は見えない。


■■お知らせ

7月25日(土)13時半~15時半

「安保法案はなんで『戦争法案』なの?」

講師:中村てつじさん

会場:大阪市立社会福祉センター1階 第7会議室
   上本町・谷町九丁目
   http://www.shafuku-center.jp/shisetsu.html

会費:500円

申込フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/fbd95b20365959




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

戦後最大の土壇場が来てしまった

こんにちは 高温多湿の熱中症日和が続く今日この頃平和安保法案廃案まで汗を絞りつくして頑張ることを宣誓します。
と言うことで、デモにも、講演会にも、学習会にも参加しています。
生活と山本の党の小沢代表が記者会見で次のように話しました。
質問:安保法案について、今後可決成立したら現実の政治の中にはどういった影響があるとお考えでしょうか。
回答組織としての官僚機構が、軍を含めて一人歩きする可能性があります。戦前の軍部というのは、まさにそうだったわけです。例えば、海外の紛争で日本人の命が失われたとか、危ないとかいうことがあれば、日本人は「いやあ、それは助けに行け」とすぐでしょう。
 そうしたらそこで海外派兵をするというのは、もう行政レベル、役人レベル、これは全ての役人を含め、とんとんとその機構としてそういう行動を取っていく。動いていく。一人歩きすると言ってもいいです。それが日本国民の国民性もあって、そういう状況になると、なかなかセーブが効かない。またまた繰り返しかというようなことにもなりかねない。
 私は、これまたずっと言い続けているのですが、とくに大陸、半島で何か今後起きるとすると、必ずそういう意見が日本には出てくるし、そして今言ったように国民もすぐそっちのほうへなびく。今後、大戦争にすぐなるということを言っているわけではないですが、そういった武力を伴う紛争に捲き込まれる可能性があります。
それは、アメリカの戦争に捲き込まれるのではなくて、日本自体が、官僚機構が、そういう傾向になっていくということが非常に恐ろしいと思います。そして政治家がそれをまったくコントロールできない。最悪の状況を想定すれば、そういうことになると思います。
(小沢氏記者会見以上)

この会見記事を読んで、ああ~~またぞろ戦前と同じ軍部の独走となるのかやれやれっ と感じてしまいました。
何が何でもこの夏中参議院で廃案にし、衆議院で再議決させない国民運動を展開するしかないのだと思います。
議会内の勢力からすると衆議院、参議院と右翼反動勢力が多いので、法案は成立するところですが、国民の大きな反対運動があればそう言う訳にも行かないのが政治力学なので、反対勢力が総力を挙げて一致団結して取り組んでいけるかどうかが、成否のカギとなるのではと思います。
一般市民や市民団体は総力を挙げるほかはありません。
生活と山本の党は、少数とは言え国会内で議席を持ち政党としての活動もしています。ところが私の感じるところ「生活」が国民と共にどのようにこの法案を廃案にしていこうとしているのか良く分かりません。国民と共に歩んでいるという力強いアピールを期待しています。

No title

こんにちは。始めまして。
全面的に同意します。
今の自民も日本会議とかその他市民団体が支援者です。
彼等のやっていることも革新系と変わらず市民運動。
生活の党の何々とかではなく、自立と共生を基礎とした市民団体を作ることが一番だと思います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
木の家見学会
2017/2/19(日)
木の家の見学会をやります
場所:堺市北区東浅香山
(地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載のうえ、下のメールフォームからお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg