2006-06-26(Mon)

お詫びと訂正 濱田雅行氏について

何の前触れもなく、弁護士事務所から内容証明郵便が来た。これは、結構びっくりする。たまたま不在にしていたので、郵便局まで取りに行く道中、何のことだろうとあれこれ想像してみたが、やはりこれしかないかな という予想は的中した。

麹町の塩谷法律事務所というところから、濱田雅行氏の代理として、おおよそ下記のような主旨の内容証明だった

貴殿は「反戦な家づくり」というタイトルのブログを管理・運営し、多数回にわたり濱田雅行に関する事項を掲載し、同人を誹謗中傷しておられます。

しかし、その誹謗中傷を理由づける事実として掲載されておられるものは、ほとんどが全く根拠のない虚構の事実です。

例えば、貴殿は、濱田が三菱レイヨンの巨額横領事件の「犯人」と明記しておられますが、濱田は、当該事件について、東京地方検察局から不起訴処分、すなわち無罪相当との認定を受けております。

ホームページ上での謝罪と名誉回復の措置を求めるものですが、最低限誹謗中傷を即刻やめることを要求します。
同様の誹謗中傷を繰り返すのであれば、法的措置をとらせていただきます。


とのことであった。

今年の2月から3月にかけて、濱田氏については何回かこのブログで取りあげた。

安倍晋三の私的後援会である安晋会。その代表幹事であるゴールネット杉山氏の人脈をあれこれ詮索している中でのことだった。杉山氏の会社にお花を送った人のリストが、ゴールネットのHPに出ていたので、そのメンバーをどういう人なのか調べてみたのだ。

当時書いた記事を読み返してみると、全て断定したことはなく、こういう情報もある、こう言っている人もいる、という言い方しかしていない。
また、塩谷弁護士の指摘している三菱レイヨンの件も、濱田氏が不起訴処分になっていることは私自身、三菱レイヨンに直接確認し、後日のエントリーでもその通り書いているので、内容的には訂正したと認識していた。

しかし、安晋会→安倍晋三について調べていたはずが、いろんなコメントが寄せられたことも含めて、濱田氏の個人攻撃ともとれる様相をおびてしまったことは、私自身の本来の意図とも反することになってしまった。

三菱レイヨンの件以外はどれが虚構なのか指摘がないので、具体的にはここには書けないけれども、もしも事実と違うことがあったのならば、その点は謝罪し、濱田氏について以前書いたエントリーについては公開をやめることとします。

今後、このようなご迷惑をかけないよう、充分に注意を払ってブログ運営をしていくよう心掛けます。

*********************************************************


hensinabejaabunai.gif


さて、安倍晋三を総理にしないために日夜努力しているブロガーの皆さん。
今回のこの私の経験は、ぜひ教訓にして欲しい。

正直、私のこのショボいブログに、わざわざ内容証明で抗議をしてもらえるとは思ってもみなかった。週刊新潮でもなく、同じブログでも何万アクセスの有名ブログでもない、こんなブログでも結構見られているんだなあ、と変に実感した次第。

またそれ故に、エントリーに書くことには、充分注意する必要がある。今回の件はそういうものではなかったが、フリージャーナリストの記事に対して巨額の訴訟をおこすということが増えているらしい。
信頼に足る情報か、どういう言い回しで表現するか、そうしたことも考えながらエントリーを書く必要はあるようだ。

しかし、その上で、辺見庸氏の表現を借りるならば、諾うことのできないことには、ハッキリと反論を表明することだ。つまらないことで躓かないように充分に注意しながらも、本当の怒りは綺麗な言葉では伝えきれないことは確かにある。

その心の叫びはなくさないように火を燃やしつつ、まずは秋の自民党総裁選で安倍晋三を引きずり降ろすまで、ブロガーの諸姉諸兄とともに、書き続けていきたい。

今回のことは正直ビビッたけれども、訂正するべきは訂正し、あやまるべきはあやまり、しかしそのことで、何もかも足がすくんでしまうことなく書き続けていこうと、改めて思う。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍が「言論の自由」を破壊する

最近は、安倍に関する2ちゃんねるが一時見られなくなってしまったりしていたそうだが、実際、安倍は国民の「言論の自由」を破壊しようとしているそうだ。2006.7.5(その2) 森田実の言わねばならぬ[198] 安倍晋

産経新聞に「安倍官房長官、統一教会に祝電」の記事は掲載されたのか!?

6月20日のエントリー、「祝電事件、全国紙でも報じられました」で読売新聞 安倍官房長官、統一教会系団体集会に祝電朝日新聞 統一教会系の集会に安倍氏の祝電 弁護士が公開質問状毎日新聞 安倍官房長官:統一教会関連団体の集会に祝電「地元が」産経新聞 該当記事見当

柏村武昭議員先生さま

とくらさんから、TBいただいて早速「柏村武昭議員のNHK介入発言に抗議し、発言

ヤラセについてのアンケートです!

左の写真は穴あきさんところから頂いてきたものです。写真をクリックすると穴あきさんのページに飛びます。今のところ、ブログを発表した結果、画像なり、リンクなり貼っていただくブログの数が4つ以上だとホームラン、3つ

つながり&UTSが好きだ---(水曜日:玄耕庵日乗)

みなさんマルコの物語を紡いでいかれる力量と技量にただただ感服しております。いや~楽しい&参りました。本日は本来なら連載4回目なのですが、あんまり話が進むと後続の方もお困りになるだろうと思い(言い訳)、ちょっとマルコとは別の内容でお許しください。実際はカタ

小林よしのりが「週刊金曜日」で「嫌韓流」を批判

小林よしのりが「週刊金曜日」で「嫌韓流」を批判 「週刊金曜日」は購読して応援したい雑誌なのだが、貧乏暇なしの下流労働者のため、購読費と読書時間が不足して実行できないのである。  今日偶然書店で立ち読みしたら、「嫌韓流」の流行のため、ネット上では在日韓国人

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ネット時代の影響力

単なる個人ブログでも他人の実名を書いていれば抗議されるのは当然でしょう。また、抗議した内容を平気で公開してしまう思慮のなさにも疑問を持たざるを得ません。小さなことがやがて大きな敵を作ってしまうという怖さはネット上だけではないと思いますが。
果たして誠意ある対応というのはどういうものか?お客さんの抗議にもこういった対応をしていたとしたら・・・

私とした事がコメントを隠してました

こんにちは~。私どじなものですから、「秘密」にレ点入れて送信していたようでした。
再掲させて頂きます。
  ∴    ∴
少し腑に落ちない気がしたものですから
こんにちは、時折、覗かせて頂いております。そして、勇気を得ております一人です。
では、早速ですが、初めてのコメントを書かせて頂きます。

私、その件で、二つの疑問が湧いてきています。

一つは、「なんで今頃に?」ということ。

もう一つは、「メールか封書で、普通に、『それは事実とは違うのではありませんか』くらいで、最初はされるのが、良くないかなと、私なんかは受け止めますのに、いきなりの、『内容証明』での封書というのは、自分の事を書かれたからという憤慨の感情を差し引いても、過激ではないかなとも思わなくもないです。」ということ。

しかも、ご本人さんが直接ではなく、いきなりの法律事務所というのも、びっくりですね。
物事は、まず、直接話し合って、その上で、話がこじれた場合や解決が難しい場合になって、尚、何回か話し合いをしてそれでも、折り合いがつかない場合に、どなたかに介在してもらったり、弁護士さんにお願いをするのではないでしょうか。
メールが苦手な方なら、PCに詳しい方に代理してもらわれるという事も出来ますでしょうに。
何か、腑に落ちないものがありますが、この時代、疑心暗鬼になってて、大きな敵に向かっていくような錯覚に陥りやすい傾向があるのが理由だけなら、まだ、そのやり方も許せなくもありませんけども。
それでも、誠意を持って対応された事は、話を拗らさないためにも得策だったとは思います。
生意気なコメントで失礼を致しました。

2006/06/27(火) 12:11:28 | URL | 地平線水平線

お元気で

「安倍晋三を総理にしないために日夜努力している」わけではありませんが、安部某は嫌いなのでひとこと。
びびらずに、今後もご活躍ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

少し腑に落ちない気がしたものですから

こんにちは、時折、覗かせて頂いております。そして、勇気を得ております一人です。
では、早速ですが、初めてのコメントを書かせて頂きます。

私、その件で、二つの疑問が湧いてきています。

一つは、「なんで今頃に?」ということ。

もう一つは、「メールか封書で、普通に、『それは事実とは違うのではありませんか』くらいで、最初はされるのが、良くないかなと、私なんかは受け止めますのに、いきなりの、『内容証明』での封書というのは、自分の事を書かれたからという憤慨の感情を差し引いても、過激ではないかなとも思わなくもないです。」ということ。

しかも、ご本人さんが直接ではなく、いきなりの法律事務所というのも、びっくりですね。
物事は、まず、直接話し合って、その上で、話がこじれた場合や解決が難しい場合になって、尚、何回か話し合いをしてそれでも、折り合いがつかない場合に、どなたかに介在してもらったり、弁護士さんにお願いをするのではないでしょうか。
メールが苦手な方なら、PCに詳しい方に代理してもらわれるという事も出来ますでしょうに。
何か、腑に落ちないものがありますが、この時代、疑心暗鬼になってて、大きな敵に向かっていくような錯覚に陥りやすい傾向があるのが理由だけなら、まだ、そのやり方も許せなくもありませんけども。
それでも、誠意を持って対応された事は、話を拗らさないためにも得策だったとは思います。
生意気なコメントで失礼を致しました。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg