2015-10-20(Tue)

デモや集会は有効な手段か?

シールズの集会にやっかみ半分で文句をつける連中の「デモなんて」という台詞と同じだと思わないでもらいたい。

私は集会やデモにはできるだけ参加するようにしているし、自分でも集会などの主催をしたこともあり、それがどれだけ大変なことかもある程度分かっている。
仕事や家庭と両立させるのは、まったくもって至難の業であり、身も心も捧げるくらいの根性が無いとなかなかできるものではない。

それほどの難事業を、数多の団体がバラバラにやっている現状は、オカシイんじゃないか、と言いたいのだ。

私の回りでもいろいろな情報が飛び交うから、集会やら学習会やらデモやら街宣やらが、実にたくさん企画されているのを毎日のように目にする。私の知っているのはまだ氷山の一角で、もっともっと多くの企画がなされているのだろう。

奇しくも産経新聞がデモ参加者をくさするためにやった世論調査で、なんと400万人余もの人々がデモや集会に参加したらしいということが分かった。ものすごい数である。
この人数が、まとまって抗議すれば、さすがの安倍晋三も震え上がったかもしれない。

しかし、残念ながら、この人数は数々の、実に星のように全国に散らばるバラバラの運動に、バラバラに参加している。
そして、貴重な貴重な「主催者」の面々は、バラバラに100人とか1000人とか1万人とかを集めることに全勢力を使い果たし、口さがなく言わせてもらえば、「よくやった」感にひたっている。

もちろん、全国の「主催者」はよくやっているし、よくやったのだから、私ごときが文句を言う筋合いではないのだが、それでもなお、あえて言わせてもらえば、「止める」という獲得目標からは遠く遠く離れている。

なんでこんな酷いことを言うのか。それは 今全国で「主催者」をやっている人々こそが、この国に暮らす人々の宝であり希望だからだ。
その一筋の光のようなわずかな希望が、気息奄々で力尽きてしまっては困るからだ。

■■

とくに集会は、自己満足に陥りやすい。
同じ意見のものが集まって、同じ意見を言い合って、拍手して気勢を上げる。

1年に1回くらいは、たしかにこうした内輪の決起集会も意味がある。
同志の存在を感じて、明日からまた頑張ろうという気になるのは、やはりこうした集会の効用だ。

しかし、毎度毎度このようなことを続けることに、何の意味があるのだろうか??

敵に圧力をかけ、迷っている人たちに参加を促す大集会は、同志的な決起集会とはまったく別物だ。
これは、乾坤一擲、周到に準備して、十分な宣伝をやり、全国津々浦々の運動家の協力をはかり、本当に100万人を集めるつもりでやらなければ、結果的に内輪の集会の延長になってしまう。

デモは集会よりもアピール力はあるけれども、それでもかなりの人数を集めなければ、注目されることもない。
そして、それなりの人数を集める作業というのは、それだけでヘトヘトになるような大変な仕事なのだが、その割にアピールが届く範囲はかなり狭い。
労力のコストパフォーマンスで考えると、ものすごく効率が悪い。

街宣は、比較的少人数でデモより大きなアピール力をもっている。
ただし、街宣でのスピーチの技術は、きわめて高度なものが求められる。
通りがかりの人の耳に入る話は、せいぜい1分。このなかで、んっと思わせるスピーチができなければ、やはり自己満足に終わってしまう。

こうして考えてみると、少ない実働部隊で最大の効率を生み出すのは、ポスティングではないだろうか。
チラシを地域の住宅のポストに入れるポスティングである。

全国で「主催」や主催の手伝いをしているような面々が、仮に1万人いたとすると、月に500枚ポスティングすれば、年に6000万枚。なんと、ほぼ全世帯に配布することができる。

完璧な地区割りは難しくとも、それだけの数のポスティングは、やってみる価値はある。
もちろん、費用も1~2億円かかるけれども、1万人で割れば一人1万円だ。カンパも募れば、十分可能な額である。

そして、何より大事なことは、配布するチラシがバラバラではいけない、ということ。
同じチラシ、同じテイストのチラシが6000万枚まかれることで、これまでは明確な意見を持っていなかった人々の中に「んっ」が生まれる。
自己満足に終わらない、しっかりと考え抜かれたチラシを、統一して配布することが、ポスティング作戦の要諦だ。

街宣より良いのは、全員に同じスキルが求められるわけではないということ。
いいチラシがあれば、あとは少々の時間とやる気があれば、だれでも参加することができる。

■■

では、そんなチラシがあるのか という話になる。

ある。

20150923-1.jpg
20150923-2.jpg

PDFファイルはこちらをクリック 永田町恐怖新聞 Vol2


前にも紹介したが、山本太郎さんの「永田町恐怖新聞」だ。
立憲主義をなんたら とか 憲法違反がどうたら とか小難しい言葉を使わずに、お金の話につなげつつ書いている。
「自分が言いたいことを書く」ではなく、「どうやったら読んでもらえるか」を考え抜いたチラシになっている。

このたまらない泥臭さに、拒絶反応を示す人もいるだろう。
そんな方は、では自分で作ったチラシがどれだけの(同志以外の)人に読まれたのか、振り返ってみるといい。
たぶん、ほぼゼロだろう。少なくとも、私は自分でそう思っている。

インテリや、昔全共闘などではない、選挙には行かないとか、行くけどいつも迷っている人たちに、訴える言葉を持っているのは、私が知る限りでは、山本太郎さんだけだ。
「うんうん」という1800万人の反自公派のうなずきは、とりあえずもういい。
「んっ」という2500万人の流動票の気づきを目指そう。

というわけで、具体的な行動提起として、私は「永田町恐怖新聞」、または主催を拡大した同様のチラシを、全国で統一してポスティングする作戦を提唱したい。

そこから、また次の作戦が派生してくるだろう。

(ということで、続きはまた後日)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「顔のないヒトラーたち」を観ました。

[ CONTENTS ] ~クリックでジャンプ ・「侵略と虐殺」から目をそむける日本 ・元ナチス党員が跋扈する’50年代のドイツ ・立ち上がった「駆け出し」検事ヨハン ・検事総長フリッツ・バウアー ・収容所の存在すら知らなかった若者世代 ・大きく挫折する若き検事の「正義感」 ・動き出したドイツの戦犯追及 ・日本とドイツの″戦争総括”の違い ・ハンナ・アーレントとラウ...

法曹界が逆襲開始…安保賛成議員の「カネ」精査&刑事告発へ

今回の法案の成立、ある意味、最も侮辱されたのは法曹界の皆さんです。 彼らを敵に回したことを安倍総理や自民党は悔いることになると思います。 法曹界が逆襲開始…安保賛成議員の「カネ」精査&刑事告発へ 2015年10月17日 日刊ゲンダイ ・・・・・  具体的な取り組みの第1弾は、各議員の「カネ」の精査だ。仮に不明朗な収支報告や違法行為が見つかれば即、刑事告発だ。立憲主義を破壊したイ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

しかしそのポスティングをするのに

 大量の人に、賛同してもらわないと意味がありません。(この永田町恐怖新聞は確かにいいと思いますが)・・・管理人さんには少しキツイこと言うようですが、これをブログに上げて、私とかが拡散するだけなら、管理人さんが批判する「バラバラ運動」と変わりません。
 一つの集会の「主催者」ですら大変なのですから、これを「統一行動」的にやるには、例えば「総がかり行動」のような所に働きかける…それでも「山本太郎」という党派色がついているのは嫌だという連中が必ずでてくる。
 「統一戦線」「統一行動」は、もっと難しいのです…もっとも、それを追及しようとする管理人さんの提起には、賛同します。
(ちなみに私は、病欠中です)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

永田町恐怖新聞 3万枚印刷しました

何年か前に中村哲司さんの講演会でお目にかかりチラリとごあいさつをさせていただいたことがあります。もちろん覚えていただいているとは思っておりませんが。

感激です。 永田町恐怖新聞3万枚印刷(1枚あたり2.5円)して、名古屋あたりで配布ポスティングやってまーーす。

自分の主張を書いたビラよりも自ら考えるための材料(情報)を提供するビラ が有効というお考えに同感です。

なるべく多くの<なかまたち>で行動したいと思い、1口200枚、1パック500枚で呼びかけ中です。
ご希望の方へは遠方へも宅配便やゆうパックで送っていますが、なんと印刷費用より送料の方が高くなってしまいますので、ぜひ全国でみなさんがやってくださるといいなーって思います。 

#永田町恐怖新聞 でツィートもしています。
ぜひのぞいてみていただければ幸いです。

No title

私は主催者になったことないし、主催者と知り合いもいないから、デモや集会主催のご苦労は分からない。
でも、いたたまれない気持ちを共有できる空間として、デモや集会に行ったことが有る。
時の権力と懇ろと思いたい派の友人が多いので、政治志向としては、孤独なのだ。
だから、デモや集会の多数の中の一人を感じる時間が欲しい。
気分や雰囲気も感じられるし。
効率的かどうかは、主さんの仰るとおりかも知れない。
でも、運動までは出来ないが、自分の気持ちを共有してくれる場として、私は国会前のデモ?集会?にちょっと出かける。
それに、警官の配置の仕方で、向こうの意図が透けて見える。
池に石を投げ込むみたいに、相手を計測することができる。
だから、ご苦労だと言うことは分かったけれど、デモとか集会とかも続けて欲しい。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg