2015-11-24(Tue)

僕たちのアイデンティティー

大阪には縁もゆかりもある身としては、ダブル選について一言かいておかねばなるまい。

ただ、この数ヶ月、生業があまりに多忙で、選挙運動にはほとんど関われなかった。
なので、あるていど客観的な視点で、今後のためのメモを書いておく。

まず、開票結果

府知事
松井 一郎 2,025,387票 得票率64.1%
栗原 貴子 1,051,174票 得票率33.3%

市長
吉村 洋文 596,045票 得票率56.4%
柳本 顕 406,595票 得票率38.5%

知事はダブルスコア、市長もぐうの音の出ない惨敗だ。

状況を分析するために、5月の住民投票との比較をしてみたい。
出口調査での支持政党の割合を、表にした。

20151123.jpg
※維新は「「おおさか維新」と「維新の党」の合算。維新の党をまだ橋下の党だと思って回答している人が多いと思われるので。

棄権を含む支持率の変化を見てほしい。
維新も13%ほど減らしているが、自民は27%、公明はなんと62%、共産にいたっては70%も減っている。

つまり、今回の敗北の直接の原因は、自民、公明、共産の固いはずの支持者が投票に行かなかったということだ。
その他と書いてある中の多くは、社民と生活であり、これも前回の75%が棄権している。
これは決して責めているのではなく、現象をできるだけ正確に見ているのである。

言うまでも無いが、公明、共産、社民、生活の支持者が、前回とほぼ同じ投票をしていれば、余裕で勝てた。
これは、数字から明らかだ。
しかし、彼らは、共産との相乗り、自民との相乗りという呉越同舟を潔しとしなかった。
そんな投票をするくらいなら、維新が勝った方がマシだ、と判断した。
世の中全体の運命よりも、個人的なプライドを優先した。

この結果を見て、反維新・反自民の候補を出すべきだった、という人もいるが、それもまたナンセンスである。
反維新・反自民では、残念ながら大阪では勝負にならない。他の都市ならばともかく、大阪では今のところまったく勝ち目が無い。

もちろん、常に棄権する30%の目をひんむくような斬新な党が出てくればべつだけれども、思い起こせばそれが出はじめの頃の橋下維新だったわけで、そういうトリックスターに期待をするとろくなことにならない。
次は、より真性のファストが登場してきてもおかしくない。

やはり、ここで肝に銘じておかねばならないのは、自民と共産の組織に頼らなければ維新のようなヤクザな政党に対抗することもできないという、情けない現状である。
自共相乗りが良いとか悪いではなく、それ以外に方法がないという、自分たち自身の現状の無力さ、組織力のなさを、骨身にしみて確認しておかなければならない。

「よくやったね」とか「これからも頑張ろう」みたいな、さらっと流すような総括は、陰謀ではないかとおもえるくらい害悪だ。
「だめなこと」はちゃんと「だめ」なこととして、総括する必要がある。
そして、その最大の問題は、反維新・反自公には、共産党以外にほとんど組織力がない、ということだ。

もちろん、「○○がだめだった」という戦犯捜しもあまり意味がない。
「負ける形」にしか、わずかでも「勝つ可能性」がなかった、のだから、「負ける形」を後からあげつらっても、それは憂さ晴らしに過ぎない。そんなこと、最初から分かっていただろ ということだ。

■■

今回の大阪は、なにせ自民との相乗りで、自民党本部はリベラル側がいやがる応援弁士を選りすぐって送り込んできたわけで、それを嫌って棄権した人たちを、責める気持ちにはならない。
大局を見ていない、というのはまったく正論だし、私自身も歯を食いしばって栗原候補に投票したけれども、それができなかった人を責めるのは、ちょっとお門違いな気がする。
というか、皆が皆、そんな大局判断で投票行動できるような国ならば、そもそもこんな苦境にはなっていない。

所詮、安倍自民との相乗りというスーパーウルトラな戦術しかとりようがなかった現状の苦い汁を、じっくりと味わうしかない。
そして、こんなあまりにも不健全な相乗りではなく、オール沖縄のような「ひとつのアイデンティティ」「無二のプライド」を軸にした連合を、どうしたら作れるのか、腰を押しつけて考えなくてはならない。

大阪はたしかに特徴的な地域ではあるが、沖縄のようなやむにやまれぬアイデンティティはない。そこまでの過酷な歴史はない。
オール沖縄には、自民党はもちろん民主党すら入っていない。
オール沖縄に本土の私たちが学ぶことは何なのか。

それは、私たちのアイデンティティは何なのか、ということ。
「日本人」とか「国民」というと、いわゆる左陣営は拒絶反応を示すけれども、国という単位を嫌でも認めるのであれば、その単位でなにをどうするのか、から逃げるわけにいかない。

言葉だけ「日本人」とか「国民」と使わなければ、その責任を逃れるわけではない。
本質的には私も「国」なんて嫌いだが、その責任を放り出して コスモポリタンぶりっこをするわけにはいかない。

また、日本人は確かに多くの場合、抑圧者としてふるまっているけれども、そればかりではない。
米国の実質的な植民地として、非抑圧民族としての側面も、間違いなく持っている。
前者を強調するあまり、後者に目をふさぐのは、明らかにおかしい。

後者を主張するためにも、前者を反省しなければならないというのが、あたりまえの考え方だ。
「他民族を抑圧する民族は自由ではありえない」というエンゲルスの言葉の、双方向の意味を、左陣営の人たちはかみしめてほしい。

日本人が「民族の解放」を主張すること自体は、右翼でも何でもなく、当然の権利なのだ。

今や、そう主張するに足るだけの、過酷な植民地支配が明らかになっている。
これからも、軍事・経済両面で、この苛烈さは益していく一方だろう。

ここにこそ、私たちがよって立つアイデンティティがある。
これまで抑圧してきた他民族への責任を明確にしながら、その人たちとの連携も図りながら、「日本民族の解放」を明確にすることが、左右を超えて本気のプライドが呼び覚まされる。

言葉尻で、「あいつもついに極右になってしまった」と決めつけずに、じっくりとこのテーマを考えてみてほしい。

非常に大きな心理的な抵抗があるはずだ。その抵抗こそが、70年間の植民地支配を内側から支えてきたのだということに、気がついてほしい。

ここを軸にした組織作りこそが、どれだけ時間がかかるかは分からないが、日本の民主主義の産声になるだろうし、本物の政権交代につがなるだろう。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これじゃ橋下「維新」が勝つに決まっている

 橋下徹氏率いる「大阪維新の会」と、「反維新」の自民党推薦候補の事実上の一騎打ち

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg