2016-02-18(Thu)

信金さんと話をしていて思ったこと

最近、うちのようなミニマムな事務所にも信金さんが営業に来る。

わずかな貯金でも、メガバンクにおいとくよりは信金のほうが悪いことに使われる可能性が低いし、住宅ローンの利子だってホントはメガバンクには一円だって払いたくないから損をしないならば借り換えしてもいいよ、てな話をしていた。

信金さんもなかなかしっかり者で、あれこれ言いながら、月に1万円でいいから積み立てをしてくれと言う。まあ、これもいつでも解約OKだというので考えてみようかと思ったその時、信金さんは不思議なことを言った。
「毎月○日頃に、集金にお邪魔します」

へええ、今時てくてく集金に来るなんてことするのかと尋ねると、やはり地回りの営業は顔を会わせてナンボのものらしい。
自動引き落としにしてしまうと、訪問しても「何しに来たの?」と言われたりするので、できるだけ集金にしているのだそうだ。

ああなるほど、これが地域で活動するということなんだな、と妙に納得してしまった。

私の仕事は木の家の設計で、もともとレアな需要なので、地域密着ではほとんど仕事にならない。お客さんは関西のあちらこちらから声をかけていただく。電車で2時間までならばありがたく引き受けることにしている。
現在はなぜか東京でも1軒やらせてもらっているが、新幹線の中はけっこう仕事できるので、思ったより負担は大きくない。

それはともかく、とにかく私は地域密着にはほど遠い暮らしをしてきたので、信金さんの話は新鮮だった。
そういえば、昨年は自分の設計事務所を始めてから10年をすぎて、やっと地元で設計をさせてもらった。知り合いの工務店からの紹介だったのだが、その工務店の営業さんも、まさに地元密着。施主さんの家族が入院したら病院までお見舞いに行くほどで、時間をかけて信頼を得ている様子だった。

こういう世界は私はとっても苦手で、実は独立以前に勤めていた会社もけっこう地元系だったけれども、地回り系の動きは避けて通っていた。
家の設計は、イヤでも建てる人の感覚やプライバシーに立ち入らざるをえないので、むしろ一線を引いておかないとお互いに距離が保てなくなる気がするせいもあるが、やはりなんと言っても、苦手なのだ。



信金さんが私の虎の子の1万円札を握りしめて帰った後、やはり例の政権交代の戦略「10人ー100人-1000人」を思い出してしまった。
選挙も地回り営業も、ほとんど一緒なのじゃないか と。

自民や公明が強いのは、こういう地回り営業をやって、小渕優子ワインや稲田朋美のともみの酒を配ったりしているからだ。ポイントは、酒や観劇もあるけれども、やはり日頃後援会が顔と顔をつないでいるというところにある。

共産党も自公ほどではないだろうけれども、赤旗ネットワークでつながっているし、民商の確定申告やら、定例の署名運動やらでつながりを絶やさないようにしているようだ。

「地域のリーダーになる10人」までは、これまでの延長で探すことができそうだ。その次の「活動できる100人」も、ある程度空中戦というかネットなども活用することができる。しかし、その先の「支える1000人」は足と顔しかない。
そういう活動を広げていくためには、やはり「道具」がいる。

私のように地回りが苦手な人ばかりではないかもしれないが、それでも何かきっかけが無ければ、他人の家を訪ねて回るのはやはり気が引けるものだろう。
まさかワインを配るわけにはいかないので、やはり何らかのお便りということになる。
月に1回、お便りを届けに行き、ポスティングのお願いや勉強会のお誘いなどしつつ、少しばかり話してくる。
そしてそのお便りは、生活実感に根ざしたものでなければならないし、本気で政権交代して良くするためのものでなければならない。

ざっくりした意見広告のようなものでダメだ。
信金さんも、少しでも金利の安い住宅ローンの借り換えやら、ちょっとでも客のためになるものを探して持ってくる。
ワインや観劇ではない利益とは、「本気で良くする」ということだ。
その本気さと現実性が伝わらないような夢物語や意見広告では、日々に忙しい人々は取り合ってくれない。

寒い中、ウチのような金のない自営業者まで営業にまわる信金さんの姿を見て、そんなことを思った。



■■明月社から完成見学会のお知らせ■■

2016年3月21日(月祝)
大阪府箕面市(阪急箕面線牧落より徒歩15分)
①11:00 ②13:30 ③15:30
杉、土、漆喰、和紙を使った木の家です
ご希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
住所・氏名・お電話番号を明記のうえお申込ください




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

油断大敵 1-10-100-1000は大切なこと

こんばんは

いやーーー ッ  自民党は大したもんです。
アホの自民党より自民党権力を支える周辺の官僚らの重層的で構造的な権力維持作用が強大と言ったところでしょうか。
オール沖縄の市長選で負けています。
直後に言うのは気分もよくないので、落ち着いたところで書きます。
それにしても自民党権力の側は、負け続けているオール沖縄に対してどのように封じ込め、これに勝っていくかよほどの大研鑽をしてきたものと拝察しています。
組織も人も金も、権力のあらゆるものを動員するファシスト権力者ならではの手法ですが、権力を握られているから仕方がないではすみません。
市民の側は、権力のあらゆる縛りから多数派を形成しなければならないので、それを上回る知恵と奮闘が求められることになります。
今日は、野党5党首会談があり選挙共闘に1歩進んだように見られます。
上(上部)の共闘も必要なことですが、地域で市民一人一人を賛同者に取り込んでいく地道な活動こそ選挙で必勝する最も基本的なことだと思います。
上の共闘だけに安住しない。
候補者が良いからと安心しない。
勝利に必要な得票数を投票日までに確実に確保する。
それぞれ地元でやっていく課題です。
山本太郎氏も玉城デニー氏もそのように話されると思います。
全部の選挙区でオール地域体制が出来るように自分の選挙区で頑張っていきます。

No title

私は共産党にしか投票しない事に決めてしまった人間なんですね。元々は社会党系だったんですが、あの富一の自衛隊合憲発言で切れちゃいました(笑)そして今は共産党員ともお近づきしてます。まぁ、知り合ったのは偶々なんですがね。ヤッパリ初めから気が合いましたね(笑)
貴殿の所にはざまみや氏のブログサイトから来ているんですが、その中で市民社会フォーラムとざまみや氏が喧嘩になっていて見苦しいことになっています。こういう仲間割れみたいな分断を一番喜ぶのは誰なのかを考えないといけないと思いますね。
 後民商って別に共産党では有りませんよ。それこそ商店などの小さな所の店主や社長の集まりで、流石に自民党員は居ないと思いますが、自民支持者から民主・社民支持者等々バラバラです。まぁ、共産党系が多いので、その事を知っていて会員になっているかどうかまでは知りませんがね。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg