2016-02-20(Sat)

【炎上覚悟】丸山和也の妄言を擁護してみたりする

「ついにレイシズムに毒されたか」と思われるかもしれないが、この際、あえて丸山和也のあの発言を擁護してみる。
擁護は言い過ぎかもしれないが、少なくとも、丸山の発言の全文を読んでから批判をするべきではないか、という点については、ネトウヨ諸君に同意する。

まずは、全文をハフィントンポストから引用する。

(以下The Huffington Post: 2016年02月17日 )

憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約、これまったく問題になりませんね。それから今、例えば、拉致問題ってありますけれど、拉致問題って恐らく起こってないでしょう。それからいわゆる国の借金問題についてでも、こういう行政監視の効かないような、ズタズタな状態には絶対なっていないと思うんですね。

これはですね、例えば日本がなくなることじゃなくて、例えばアメリカの制度によれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね。比例して。それとですね、恐らく日本州というような、最大の下院議員選出州を持つと思うんです、数でね。上院は、州1個で2人。日本をいくつかの州に分けるとすると、十数人の上院議員もできるとなると、これはですね、世界の中の日本というけれども、日本州の出身が、アメリカの大統領になるという可能性が出てくるようになるんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、まあ、その時は日本とは言わないんですけれども、あり得るということなんですね。

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

そういう観点から、例えば日本がですね、そういうことについて、憲法上の問題があるのかないのか、どういうことかとお聞きしたい。
(引用以上)

まず、これが黒人差別なのか、オバマ大統領対する侮辱であるのか、について。

文脈を見ると、丸山は黒人差別やオバマ侮辱の意図は無いと判断できる。
むしろ、黒人差別を乗り越えて黒人大統領を生んだアメリカを絶賛しているというのが話の主旨だ。
そうとしか読めない。

ただ、まったく問題がないかというとそんなことはなくて、言葉の使い方を間違っているし、その結果として差別だと言われても仕方ない言い回しになっている。
「これは奴隷ですよ」というところを、「黒人は米国建国のころは奴隷だったのですよ」と言っていれば、丸山の発言の主旨が伝わるものになっていたはずだ。
「これは奴隷ですよ」だけでは、確かに「黒人は(今でも)奴隷だ」という差別発言だと言われればそうなるし、「オバマ大統領は奴隷の血を引いている」という事実誤認だと言われればこれも否定できない。

ただ、文脈を見れば、そういう意図で丸山が言っているのでないことは明白である。
そこを無視して、無理筋で「差別だ」という批判を展開するのは、むしろ、丸山発言で顔面蒼白になった自民党をホッとさせることなのだと言うことに、野党諸氏は気がついているのだろうか。



では、丸山は何を言いたかったのか。そして、自民党は丸山発言の何に驚がくしたのか。

それもまた、発言を読めば誰でも分かる。
「何を言っているのか分からない」という批判もあったが、そんなはずはない。丸山の意図はともかく、言っていることは単純だ。
要するに、『植民地から正規の州に格上げしてもらおう』ということだ。そうすれば、万事上手くおさまって、日本人の米国大統領を輩出することができるかもしれない。という話だ。

これはまさに、従米派の本音中の本音。夢見る物語だ。
実は右翼でも愛国でもない日本の従米右翼の理想郷だ。

しかし、日本の右翼は、日本の独立を本気で願う勢力を、従米というくびきにつなぎ止めるためにマッカーサーに保護され育成された。だから、独立派をだますという仕事のためには、自分たちの理想を決して口にすることは許されなかった。

その70年間のタブーを、丸山はポロッと言ってしまったのだ。それも国会という場で。
これは安倍晋三にしてみれば飲みかけの味噌汁を鼻から吹き出すほどの驚がくだったろう。
安倍晋三こそは、極右ポーズで独立派右翼をだまくらかして従米させるという使命のために、育成されてきた政治家だからだ。
安倍自身は、ミイラ取りがミイラになって個人的には極右大好きになってしまったけれど、しかし、与えられた使命は忘れてはいない。心の同志を裏切って、植民地支配を徹底するために、猛烈にイライラしながら日々を過ごしている。

そこへ、安倍晋三がもっとも隠しておきたい「使命」を、丸山があけすけに語ってしまったのだ。

安倍にとって「幸い」だったのは、丸山の発言が「黒人差別」にもとれることだった。
「ここに絞って批判しろ」と、飼い慣らしたメディアに指令を飛ばしたはずだ。

(時間切れなので、ここでいったんアップします。つづきは→ その2へ



■■明月社から完成見学会のお知らせ■■

2016年3月21日(月祝)
大阪府箕面市(阪急箕面線牧落より徒歩15分)
①11:00 ②13:30 ③15:30
杉、土、漆喰、和紙を使った木の家です
ご希望の方は info@mei-getsu.com 山岸まで
住所・氏名・お電話番号を明記のうえお申込ください




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nina Nesbitt、Keith Urban、Blancaで・・

Nina Nesbittの「 Chewing Gum 」 SingerSongWriter 丸山和也の妄言を擁護してみたりする 反戦な家づくりより 丸山は何を言いたかったのか。そして、自民党は丸山発言の何に驚がくしたのか。 要するに、『植民地から正規の州に格上げしてもらおう』ということだ。そうすれば、万事上手くおさまって、日本人の米国大統領を輩出することができるかもし...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

丸山は最初に「ユートピア」と言っていますよね。やっぱり本音はそこかという。

そういえば、日本でも米国のように自衛のために銃の所持を認めるべきではという質問をした右翼議員もいましたね。

No title

ココで問題になるのが、天皇制廃止ですね。植民地から州に昇格したら、天皇制を残すなんて我儘は許されません(笑)
これを安倍日本会議は押し隠していなければならないんですから大変です(笑)長谷川三千子なんか気が狂うでしょう。櫻井よしこは歓喜の叫びを揚げるでしょう。ケントギルバードは勲章を授与されるでしょうか?きっと銃殺ですね(笑)
だってアメリカにとって日本を州にするなんて、最低の施策ですから(笑)
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
木の家見学会
2017/2/19(日)
木の家の見学会をやります
場所:堺市北区東浅香山
(地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載のうえ、下のメールフォームからお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg