2016-06-01(Wed)

どうすれば投票率は上がるのか

2012年総選挙、2013年参院選挙、2014年総選挙 立て続けに惨敗している反自公の野党勢力だが、落ち着いてよく見れば実は自公の票が増えているのではなく、反自公の票が一方的に減っている。

ザックリ言うと、自公2500万 VS 非自公3000万 だったのが 自公2500万 VS 非自公1800万 になり、非自公から1200万票が棄権に移行している。

20160113-1.png
(本ブログ 届く言葉を より)

「2009年には政権交代に期待したけれど、もううんざり。投票なんて行きたくない。」という人が、1200万人もいる。この人たちが、日本の行く末のカギを握っていると言ってもいい。

小沢氏がオリーブの木を説き、多くの市民が「野党は共闘を」と願い声を上げ、とにもかくにも参院選の1人区で候補者調整ができたことは、こうした認識が行き渡ったのではないかと思われる。
どんな世の中でも3割程度はまったくの無関心層、固定の棄権票はある。問題はこの3000万人ではなく、これまで投票に行ったり行かなかったりした1200万人ほどの人たちが、今一度「期待してみよう」と思ってもらうにはどうするか だ。

そのためには、政権交代の可能性を示すこと、野党の本気度を示すことがまず前提であり、統一候補を擁立することは最低限の条件だと言える。

しかし、現状は統一候補と言うよりは、一方的に共産党が候補者を取り下げ、民進党が「勝手に下げるのは歓迎するが共闘はしない」などとうそぶいている選挙区も多く、本気度が伝わるというにはかなり遠い。

また、オリーブの木についても、こんな様子では・・・

社民・生活に統一名簿打診 実現は困難 参院比例
毎日新聞2016年6月1日


 岡田氏が打診したのは、「民進党・市民連合」などの名称の団体を設立し、同党の政策受け入れを条件に社民、生活両党の候補者を統一名簿に載せる案。
(引用以上)

これはトンデモナイはなしで、名称も政策も民進そのままということは、社民と生活を解体して民進に取り込むというに等しい。生活と社民が怒り新党(小林新党)とプリオリーブを形成して、しぶとく小政党として生き残るのを、事前に防止しようという魂胆ではないか。

民進党の政策は、消費税引き上げ、辺野古推進、集団的自衛権も若干修正すれば容認、原発再稼働&輸出推進 であり、これを全部受け入れれば、日本に野党は存在しないに等しい。
かつて社会党を自民党との連立に引き込んで自滅させたように、社民と生活を最終的に消滅させようとしているのだ。
幸か不幸か、民進という名称を統一会派では使えないようで、どうやら頓挫しそうだが。

このような、あまりにも酷い妥協をした「野党共闘」や、「投票に行こう」という呼びかけで投票率は上がるのか。
かの1200万人は、民進党に全てが統一されれば、いよいよ絶望し二度と選挙なんて行かないだろう。
まして、「投票に行こう」という呼びかけで行く気になるくらいなら、何も言われなくても投票に行っているだろう。

■■

過去に学ぶことが必要なのではないか。
かつて、投票率が上がったのは何でなのか、下がったのはどんな理由があったのか。

20160601-1.jpg
(総務省HPより)

戦後の投票率で、大きな変化は1996年の41回総選挙からだ。戦後最低だった前回を大きく下回り、初めて60%を切った。
この時何があったのか。

与党は自民、社民、さきがけ で、首相は自民党の橋本龍太郎。
野党は第一党の新進党が苦戦する一方で、さきがけと社民の半分を吸収して民主党が結成される。

争点は自社さ政権への審判と消費増税だったようだが、批判の対象である社民とさきがけが民主党になって自壊し、矛先をどこへ向けて良いか分からない状況ではなかったかと思われる。
結果、自民も過半数をとれず、だれも勝者のいない選挙結果になった。

ちなみに、私自身はこのときの記憶がぜんぜん無い。たぶん、どこにも期待できずに、その日の気分で決めていたのではないだろうか。
対決構図が分かりにくい、どの勢力も同じように見える。そんな状況は、消費増税という大きな課題があっても、激しく投票率を下げる、ということがこの41回選挙からわかる。

2000年42回は、やはり自民党は激減するが、公明党が救世主として現れる。ここから「自公」体制が始まる。
自民党の退潮傾向はあきらかであったので、公明党こそが自民党政権をささえたと言ってもいい。

2003年43回は、直前に民主党と自由党の合併があり、民主党は躍進する。小泉自民党もこのときは議席を減らしている。
しかし、投票率を見ると、41回と同じくらいであり低い。つまり、永田町の「政局」では、投票率は上がらない、ということではないだろうか。
たしかに死に票を減らし、一定の期待値もあって、統一することは議席数を増やすけれども、本気で国民の期待を押し上げ、投票率をアップさせることはできない。

そして運命の2005年44回郵政選挙である。
あの小泉純一郎の劇場型選挙が席巻し、投票率も従来のレベルに回復する。
結果はもちろん自民党の圧勝である。このときばかりは、これまで自民公明には入れたことのなかった1000万人が、小泉純一郎に期待し投票した。

小泉が勝てた一番の理由は、「自民党をぶっ壊す」と言ったからだ。
実際に、自民党を支えてきた諸々の既得権益をぶっ壊すパフォーマンスをやってみせ、いかにも不公平にみえる特定郵便局長を血祭りに上げた。

その真意は、米国の指令に忠実に従っただけなのだが、その手法は国民の「なにかやってくれる」という期待値をマックスにした。
が、その期待値が裏切られるのに時間はかからなかった。新自由主義の権化のような小泉政権によって生活をボロボロにされていった。

その結果、2007年の参院選では小沢民主党が大躍進し、与野党逆転した。
このとき掲げたスローガンこそ「国民の生活が第一」であり、「消えない年金」「子ども手当」「農家戸別所得補償」という3本柱であった。
およそ10年間、紆余曲折を経た民主党が、やっと本気の政党として認知された。

参議院であり政権選択選挙ではないこともあり、投票率はやや上がったものの60%には届かなかったが、ここで醸成された「どうやら民主党は本気らしいぞ」という認識が、2009年の結果につながっているのは間違いないだろう。
これは、私もそう感じたことを憶えている。

2009年45回政権交代については、もはや言うまでもないだろう。
自由民主党「日本を守る、責任力。」 VS  民主党「政権交代。国民の生活が第一。」
という、政策的な対立の明確化。
そして、政権交代するのかしないのか、というリアリティ。
このふたつが揃った時、投票率は一気に70%近くまで回復した。

2012年46回では、反自公勢力は、実に2000万票を減らしている。
うち、800万票は完全な浮動票だが、1200万票はこれまで反自公に期待してきた層だ。
いかに「裏切り」という行為が深く国民を傷つけるのか。それを国民は許さないのか、全身全霊で感じることになった。

もともと国民は自公に「期待」はしていない。
あって当然、悪いこともして当然。だけど最低限のことはしてくれる。
これが自公に対する「期待」であり、長期政権を担った勢力というのは、0点であれば合格点になる。

しかし、政権交代を担う以上は、せめて60点取らなければ愛想を尽かされ、ましてあのような全面的な裏切り行為は、憎悪の対象になる。
その覚悟をもたなければ、政権交代を目指すことはできない。

■■

こうして振り返ってくると、結局投票率を上げる要素は二つ。それが揃ったときなのだと思われる。

1.政策的な選択肢が明確(に見える)
2.政党の対決が明確

とするならば、今、民進党が何の反省もなく、野党共闘の形を作ったとしても、どうしたって勝てるわけがないと言わざるを得ない。

国民は民主党の裏切りを許していない。
反省もせずに口にするキレイゴトを、国民は本気にしない。

もちろん、それでも自民よりはマシだと言うことは分かっている。
だから、結果として棄権する。

旧民主党幹部(悪代官)どもが、雁首そろえて国民に土下座したうえで、2009年マニフェストを復活させ、そのうえで野党共闘を実現すれば、今からでも参院選は圧勝できるだろう。

もちろん、あの悪代官どもはそんなことはしない。
むしろ、そうやって国民に恨まれて、野党が負けていくことを望んでさえいる。
野党の立場から自民党を支えるという役割を忠実にこなすことで、自分の首だけは安泰だからだ。

悪代官以外の民進党議員は、悪代官に首根っこをつかまれて、口では良いことを言っても、イザとなれば奴隷のように這いつくばる。そのことも、国民はちゃんと見抜いている。

この状況を一気に変えることができない以上、今は耐えるしかない。
野党共闘もできるだけのことはやりながら、本当の国民のための党を根絶やしにしないこと。
民進、社民、生活の統一名簿も、できるならばやったほうがいいに決まっている。
しかし、民進に吸収されることで、正論を言い、(今は気力だけでも)本気で政権交代を目指す野党が消滅してしまうような統一ならば、元も子もない。

そのためには、岡田の仕掛けた罠にはまらず、社民、生活、怒り新党、のプチオリーブで少しでも上積みをめざし、死に票を減らすしかない。
そして、堂々と「国民の生活が第一」の旗を掲げることだ。

逃げ道をのこしたアイマイさは、国民は敏感に感じ取る。
また、お題目だけのキレイゴトも冷笑を誘うだけだ。
はっきりと国民の命と暮らしをまもる、わかりやすく具体的な政策を掲げてたたかうこと。

その積み重ねでしか、1200万人に戻ってきてもらう方法はない。
投票率を上げる方法はない。

この原点を捨ててはいけない。

似て非なるもの 「自民党にかわる受け皿」 「自民党とかわらん受け皿」 
国民はちゃんと見ている。


ミナセンおおさかの新しいちらしが良い感じです。
 ポスティングや街頭宣伝でぜひご活用を!

(↓クリックするとPDFが開きます)
20160602-1.png
20160602-2.png




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2016/06/02 08:47)

静岡市駿河区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プチオリーブさえも…

プチオリーブですが、社民党が拒否してるというのは本当でしょうか。なぜなのか、全く理解できません。

NHK:断捨離解体

「竹箒塵取り和顔愛日本語フルオープンCC 」
豊岳正彦masa-ho@sky.icn-tv.ne.jpへの2016年5月23日投稿から転載

2016年5月23日 12:27

ちょい見せマグというメルマの記事です。

________
ちょい見せまぐ!
2016年5月23日 10:30
日本の借金は900兆円という「大ウソ」


日本の借金は900兆円、という「大ウソ」を作り出した3つのトリック
http://www.mag2.com/p/news/194683?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000015_mon&utm_campaign=mag_9999_0523&l=bkx0510f18

2016年5月19日 2,229 A-AA+
shutterstock_248249755

関連記事/PR記事
【速報】パナマ文書に記載された日本企業名リスト

なぜヨーロッパは日本人より働かないのに経済が成り立つのか?
アトピーなどのアレルギー発症の正体は「免疫バランス」の崩れだった? PR(「カルピス」由来健康情報室)

消費税増税に関するニュースが連日報道されていますが、どのマスコミも「日本は借金大国であり、このままでは経済が破綻してしまう」という前提で話を進めています。しかし、メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で武田教授は、「日本の巨額赤字は大ウソ」と断言。その話が作られたキッカケはNHKによる故意の誤報であり、それに追従したマスコミによって作られた幻想だとして、その責任を指摘しています。

「日本は巨額の赤字を抱えている」は大ウソ。誤解が生まれた3つのトリック
NHKが大誤報をした後、「どんなに事実が違っても、皆が言うことを報道する」というテレビ・新聞の誤報の結果、日本では「日本国は巨大な赤字を背負っている。このままにしておいたら子供たちに大きなツケを回すことになる。消費税を最終的には20%近くまであげなければならない」という大きな幻想が生まれました。この話は3つのトリックから構成されています。

第一のトリックは、「日本国は巨大な赤字を背負っている」というウソです。「日本国」という場合は「国」ですから、外国との間の貸し借りのことを言いますが、日本は世界でもっとも大きな「黒字国」で、その黒字幅は300兆円にもなります。従って「赤字」ではなく「黒字」の間違いですが、これは「政府の赤字」を「国の赤字」とNHKが故意に間違って表現したことから起こったものです。

第二のトリックは、「日本政府の赤字」と言い換えてもNHKが報道した「全体で約900兆円。国民一人あたり約800万円の赤字」ではなく、「借金だけを計算すると900兆円ほどになるが、750兆円ほどの資産があるので、差し引き150兆円程度の赤字というのが正しいのです。NHKが計算した数字の中には日銀が持っている270兆円ほどの国債(すぐ換金できる)も入っていないのですから、話になりません。この計算は最近、経済評論家や週刊誌などでも取り上げられるようになりました。

第三のトリックは「消費税を上げると税収が減る」ということです。消費税はバブルの最後のころ、つまり1989年に初めて導入されて0%が3%になりました。当時の消費金額からいって国の税収は4兆円ほど増える予定でしたが、毎年の税収傾向は変わらず、かえって消費税が消費を抑制して2年後にはあのバブル崩壊をもたらして日本経済はどん底に落ちます。

次ページ>>消費税がアップするたび税
www.mag2.com/p/news/194683/2?l=bkx0510f18

さらに消費税を3%から5%にあげるときには、すでに景気は後退し、税収は1991年の60兆円から54兆円に落ちていましたが、消費税を上げることで約4兆円の税収が得られるはずでした。しかし、現実には消費税アップが原因して税収は49兆円まで下がったのです。

最近ではアベノミクスの関係ですこしは法人税などが上がっているのですが、消費税を取りだした時の国の税収が60兆円、消費税は現在18兆円ですから、他の税収が伸びなくても合計78兆円になっているはずなのに、2015年の税収は54兆円なのです。つまり、「消費税を上げると税収が減る」ということが27年間も続いているのに、まだ「税収を増やす必要があるから消費税を上げる」という理屈が通っているのですが、これこそNHKの誤報の結果とも言えます。

NHKが国民からの受信料で運営していることを考えると、「国の借金、総額約900兆円、消費税を上げてまかなう」とした放送はかなり問題だと思います。その結果、日本社会は「日本がギリシャのように他の国から借金している」、「1000兆円ほどの借金があるので大変だ」、「消費税を10%ぐらいまで上げても足りないかも知れない」という3つの誤解が蔓延したのです。

(続きはご登録ください。初月無料です)

image by: Shutterstock.com

『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』より一部抜粋

著者/武田邦彦
東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。


____________

武田邦彦氏が証拠提出したこのNHKの「誤報を装った詐欺報道」犯行は、確信犯ですね。

過失ではなく故意です。

罪名は、憲法最高法規99条違反の刑法内乱罪と憲法9条違反外患罪です。


もちろんこのメールは全世界に対して私の名前で発信します。

その後、「竹箒塵取り和顔愛日本語フルオープンCC豊岳正彦 」の勧誘メールもね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四正勤

これから起ころうとする悪は、起こらない先に防ぐ。
「悪を予防するFluワクチン皮内接種」

すでに起こった悪は、断ち切る。
「悪を断ちきる断捨離NHK解体廃棄」

これから起ころうとする善は、起こるようにしむける。
「竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCCネット口コミ三宝帰依活動」

すでに起こった善は、いよいよ大きくなるように育てる。
「三宝帰依仏心仏法日本国憲法を地球憲法にしましょう」


拈華微笑 不二院顧心正顔居士ほうがくしょうげん拝

__________________________

NHK:断捨離解体

>武田邦彦氏が証拠提出したこのNHKの「誤報を装った詐欺報道」犯行は、確信犯ですね。
>過失ではなく故意です。
>罪名は、憲法最高法規99条違反の刑法内乱罪と憲法9条違反外患罪です。


なぜならば、NHKは総務省公務員だからね。

公務員にはまず憲法最高法規99条が適用されるのだよ。

http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/473.html#c41

「盲学校女教師(戦前の教師)が語った釈尊の大慈悲の教え」

久昌通信223号から転載します。

www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/tushin/223.html


久昌通信223号(平成28年6月号)
 

本物の『5』

そろそろ梅雨の走りかと思わせるような天気が続いています。以前は「体調をととのえるのが難しい時期です」などと言っても、はんぶん人ごとのように思っていたのですが、そうでもなくなってきた今日この頃です。


 5月下旬に、岡山の曹源寺でおこなわれた住職研修会で、岡山盲学校の元教頭先生・竹内昌彦(たけうちまさひこ)氏の講演を聴きました。竹内氏は小学校高学年の時、完全に失明、その後の様々な困難も、本人の負けん気とご両親はじめいろんな人達のおかげでそれらを克服、努力を重ねて教職に就かれたのです。素晴らしいご講演でした。


ご紹介したいことばかりなのですが、字数制限もあり一つだけにします。私に一番印象深かったのが、竹内氏が盲学校の中学一年生の時、先生から「あなたの5は本物の5ではない」と言われた、というお話です。


 中学生になってから、勉強が面白くなってきてよく努力するようになった竹内氏は、一学年の終わりに成績優良児で表彰されました。


もらった通知簿を自分で見ることはできませんから(目が見えないので)、担任の女性の先生に読んでもらう事になりました。「竹内君、よう頑張ったなあ。全部『5』がついとるよ。学校中でオール5はあなた一人だけよ。私も鼻が高い、ようやったわ」と、ここまでは賞賛の言葉であったのが、そのあとに厳しい言葉が続きました。「でもなあ、私から見ると、あなたの『5』は、ひとつも本物じゃないなあ。」


「あなたは、自分の成績だけよかったらそれでいいと思っとるじゃろ?あなたを見よったらそれがようわかる。勉強がわからん友達を放っとるじゃろ。今年は自分のことだけで精一杯だったと思うけど、来年は勉強がようわからんで困っとる友達に親切に丁寧に教えてあげなさい。それができたとき、あなたの『5』は本物になるんよ」

・・・この教えが、その後、自分の為だけでなく、人を喜ばせるために様々な努力をなさる竹内昌彦氏の基礎となったに違いありません。


転載終わり

___________________________


竹内昌彦氏は教師だけでなく鍼灸師の資格も持っておられますから、ご存じの方も多いでしょう。

haikei-takeuchi.jp/profile/

氏が盲学校中学1年のときの女教師担任先生のこの教えこそが、釈尊が説かれ給うた大慈悲の教えそのものであると思います。

澄明住職に先ほど電話してそう申したら住職も全くそのとおりだと教えて下さいました。



戦前に先生になった人はみな先祖代々正法仏教徒なのであるなあ、といたく感じ入りましたので、竹箒塵取和顔愛日本語CCへ投稿いたした次第です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mail to 豊岳正彦 masa-ho@sky.icn-tv.ne.jp
「竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCC」

四正勤

これから起ころうとする悪は、起こらない先に防ぐ。
「悪を予防するFluワクチン皮内接種」

すでに起こった悪は、断ち切る。
「悪を断ちきる断捨離NHK解体廃棄」

これから起ころうとする善は、起こるようにしむける。
「竹箒塵取和顔愛日本語フルオープンCCネット口コミ三宝帰依活動」

すでに起こった善は、いよいよ大きくなるように育てる。
「三宝帰依仏心仏法日本国憲法を地球憲法にしましょう」


拈華微笑 不二院顧心正顔居士ほうがくしょうげん拝

・・・・・

以上、阿修羅へ投稿しました。
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/473.html#c53


以後HN通りがけは実名の戒名読みほうがくしょうげん拝となります。

No title

アハハ、、。貴殿も共産党からは逃げてるんですね(笑)
でね、日本共産党って何か悪い事したこと有りましたっけ?
私は富一が自衛隊合憲と言った時点で「こりゃダメだ」と社会党から離れました。
私も鳩山小沢が民主党を作った時、勘違いして期待してしまった一人です。確かにその後のミンスの裏切りには憤りしか感じてません。
こうやって考えると行先は一つしか有りませんよね?だから他の国民もそう考えてるんじゃないですか?だって共産党だけは得票数増えてるじゃないですか。オリーブの木の話も志位さんの「国民連合政府」構想に関連して出てきたのに、話題にしないって変でしょ?
そうやって共産党からだけは逃げ回ってる限りは、思い通りの政治なんて作れないと思いますが。
私は別に共産党政権になって欲しいとは思いませんが、保守がビビる状態にはしたいんですよね。「これ以上間違いをしたら『共産党国家』に成ってしまう。」そう思わせるのが、この国を真っ当な国家にする道だと思うんですがねェ、、。
だって自民も民進もアメリカが作った政党ですよ。公明は自民による米国でのカルト指定に怯えて自民にくっ付いてるだけですしね。お維だってパトロンの元はアメリカでしょう。何でもDHCとパソナがメインだそうですからね(怖)。更に言えば社会党も60年安保の時米国から資金が流れていたそうですね。児玉は暴力団を送り込み、社会党は岸を潰すために学生を送り込んだ。その時代からの腐れ縁は切れていなかったんですね。特に民主党に寄った社会党右派にはね。これを「陰謀論」なんて言わないで下さいね。流れを読めば分かる事ですから。こんな事この数年まで知りませんでした。何せ生活の為の仕事で手一杯でしたから。
そう!普通の国民は皆さんそうなんですよ。細かい情報まで仕入れる時間なんて無いんです。でも肌で感じてるんでしょうね。「こりゃあ共産党に力を持たせるしかないのかも」とね。だから安部自民日本会議が「民共合作」と言ったら少々の反発と「そうか共産党って党も有ったな」と思い出されてしまったのに感づいたんでしょう。言うの止めましたよね(笑)
ですからね、共産党を伸ばすしかこの国には道が残されていないことに気が付いてください。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg