2016-11-09(Wed)

トランプ時代に日本のリベラルはどう対応するのか

今 日本時間で2016年11月9日14:27だ。

各紙さまざまな予測を出しているが、クリントンは優勢州、接戦州を全部取っても1人足りない。
もはやトランプの勝利は間違いなさそうだ。

私は二つの理由でクリントンよりはトランプがマシと思っている。
トランプは世界の警察を辞めたがっているので大戦争の可能性が下がるというのが一つ。
日本は「隷属か独立か」を迫られる方がいいというのがもう一つ。豊かで平和な従米という特殊な時代は続かない以上、過酷な現実は可視化した方がいい ということだ。

1960年代から80年代のような、属国でありながら信じられないような経済的な繁栄と、戦争のない平和と、そこそこの人権と自由を享受していた時代が、いかに歴史的に特殊な時代だったかということが、失われつつある今になって自覚され始めた。

最初にそれに気が付いて、対応し始めたのは、その関係にガッツリしがみついてその利権で生きてきた連中だった。
小泉・竹中に始まり、安倍に続く自民党とそれに連なるものたち、すなわち積極的従米派だ。

一方、自民党に反対する、いわゆるリベラルの側は、急変した自民党の言動に戸惑い、怒りつつも、その背景となる時代の変化に気が付かなかった。あるいは、気が付かない振りをした。
なぜなら、リベラル派の依拠してきたのは、戦後民主主義であり、平和憲法であって、それらの存在を可能ならしめていた、特殊な幸福な時代が終わりを告げていることを正視できなかったからだ。

日米安保反対を言いながら、心のどこかで、在日米軍や核の傘をあたりまえのものと感じ、その前提で非武装中立を唱えてはいなかったか。
例え可能性は低くとも、侵略される可能性を、根拠無く完全に排除した議論しかしてこなかったのはなぜか。
トランプに「嫌なら独立してもいいんだぜ」と言われたら、リベラル派はその現実にぶち当たることになる。

その時、道は3つしかない

ひとつ 積極的従米派と同じように、隷属の道を選択する

ふたつ 現実から目を背けた宗教的な平和教になる

みっつ 独立と反戦を両立させるリアルな方法を必死に考える

私はリベラルが嫌いなのではない。
大事な仲間だと思っている。

しかし、このまま行くと、きっとふたつ目の道を進んで行ってしまうのではないか。
共に三つ目の道を進んでもらいたい一心で、あえて耳に刺さるようなことを書いている。

トランプ時代は、「良い時代」では決して無く、「見える時代」「分かる時代」であって、「自分で判断して良い時代にしていく可能性が生まれる」と同時に、「座して待てば最悪になる」時代でもある。

日本独立・絶対反戦
今こそ、正面からこのテーマを考えなくてはならない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ある保守系のブログで、「トランプ政権と、安倍政権は酷似している(であるがゆえに、トランプ政権は史上最悪の政権となりうる)」といった指摘がされていましたが、言われてみれば、確かにトランプ政権(トランプ政権はまだ準備段階ですが)と、安倍政権は似ているなぁと思いました。

もしも、本当にトランプ政権が米国版の安倍政権に過ぎなかったとしたら、米国民にとってはかなり厄介だなぁと思いました。

というのも、もしも、本当にトランプ政権が米国版の安倍政権に過ぎなかったとしたら、安倍政権になってから一般庶民の暮らしはよくなっていないのにも拘わらず、かつ、一般庶民の暮らしが破壊されるような改革がじわじわと行われているのにも拘らず、高い支持率が維持されているのと同じように、トランプ政権も、一般庶民の暮らしが改善されず、かつ、一般庶民の暮らしが破壊されるような改革がじわじわと行われているのにも拘らず、高い支持率が維持される可能性があるからです。

前の投稿でも述べましたが、やはり、日米共に、新自由主義・行き過ぎたグローバリズムに対抗する右(右翼や保守)でも左(左翼やリベラル)でもないような新しい政治勢力を作る必要があるのではないでしょうかね。右の論理も左の論理も共に庶民を不幸にします。「右」の民族主義では差別が助長されるし、「左」のグローバリスムでは格差と貧困が拡大します。

それに、安倍政権的ものやトランプ的なものは、従来の「左」の論理では倒せないと思います。むしろ、従来の「左」の論理は安倍政権的ものやトランプ的なものの援護射撃にしかならないと思います。

No title

トランプが日本にとってどうなのか?ということは、トランプ自身が何をするのか予測不可能な人物で、かつ、政治はトランプの意向だけで決定するわけではなく、様々な政治勢力の力関係で動くので、現時点では全く予想が付きません。ただ、米国メディアのほとんどがトランプ叩きをやっていたのにも拘らず、米大統領選挙でトランプが勝利したトランプ現象は政治的に非常に大きな意味を持つと思うので、トランプ現象に関して述べさせていただきます。

トランプの勝利は何を意味するのか?メディアではイギリスのEU離脱に関する報道と同じで、トランプ現象の差別主義的な側面ばかりがクローズアップされていましたが、イギリスのEU離脱にしろ、米国のトランプ現象にしろ、差別主義が本質ではなく、俗的な表現をすれば99%の1%に対する反乱、グローバリズム・新自由主義、グローバル資本による新帝国主義に対する一般庶民の反発がトランプ現象の本質です。

それは例えば、ブルームバーグ(経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がける米国の大手総合情報サービス会社)の『米大統領に当選した共和党のドナルド・トランプ氏はウォール街にとって「正体不明の悪魔」だ』といった記事にも端的に表れています。

冷戦構造が崩壊した今の世界は、国家VS国家の時代ではなく、グローバル資本VS庶民、もしくは、グローバリズムVSローカリズムの時代に突入していて、トランプ現象というのは、正しいのか間違っているのかはともかく、グローバル資本、ウォール街による支配体制に対するNO!という人民の声です。

もしもトランプがそこそこ以上良い政治を行った場合は、左派・リベラル勢力は政治的に大ダメージを受けるでしょうね。

もしもトランプが貧困問題や失業問題を大きく改善すれば、それまで左派・リベラルシンパだったような低所得層や下層中産階級は一気に右翼シンパになり、トランプ的な右翼勢力はデファクトスタンダードな巨大な政治勢力になるでしょう。旧来の左派・リベラルはオワコンになる可能性もあります。そうなれば、おそらく、リベラルは政治勢力を盛り返すためにネオリベラルと統合することになると思います。元々、リベラルはネオリベラルと親戚関係にあるし、左翼の地球市民主義と新自由主義者のグローバリズムは非常に相性が良いですからね。そうなれば、左派と右派の在り様も大きく変わるでしょう。

といいますか、今回の米大統領選挙では、左翼が新自由主義の象徴的な存在であると言えなくもない、金融業界との癒着度の高いクリントンを応援していたので、左翼は既に新自由主義と融合し始めていますが。元々マルクス主義は、資本主義を徹底すれば、様々な矛盾が噴出し、結果、その矛盾を解決・揚棄するために共産主義に至るといったような考え方なので、左翼と新自由主義が相性が良いのはある意味当りまえなのですが。・・・今回の米国大統領選挙は、世界政治のパラダイムシフト的な歴史的な転換点になる可能性もあると思います。

但し逆に、トランプがトランプを支持した人々の期待に何も応えられなければ、トランプ的な右翼勢力は、米国政治史上の単なる茶番として、或はもしもトランプが悪政を行った場合は、米国政治史上の汚点として消えてなくなるでしょう。

個人的にはトランプ的な右翼はインチキ臭くてあまり信用できません。かと言って左派・左翼やリベラルも、今回の米大統領選挙でも明らかになったように、新自由主義と非常に親和性が高い【注1】です。それゆえ、新自由主義に対抗する右(右翼や保守)でも左(左翼やリベラル)でもないような新しい政治勢力(必ずしも組織とかではなく、社会ムーブメントとしての政治勢力)を作る必要があるのではないかと今回の米大統領選挙では思いました。

【注1】・・・左派・左翼やリベラルのような上辺だけの中途半端な反新自由主義では、新自由主義からの脱却は絶対にできません。新自由主義から脱却するには、新自由主義政策の前提条件になっている行き過ぎたグローバリズムから脱却しなければなりません。…分かりやすく譬えて言えば、新自由主義政策は、ある雑草の葉っぱで、行き過ぎたグローバリズムはその雑草の根っ子です。

No title

>日本独立・絶対反戦
これを貫き通そうとすると必ず日本会議と衝突ですな。軍事力強化・核兵器所持との対立になりますね。
私は日米安保というものは「必要悪」だと思ってる人間です。問題は日米地位協定の官僚による出世の道具化にされてしまっている部分だと思うのです。これを国民に取り戻せば、米軍との軋轢も減ると思います。沖縄にしろ厚木や呉にしろ米軍ではなく、問題は日本政府ですよね?ニュースだとかでは、米軍が必要だと言っている、みたいな論調で語られてしまうので勘違いされていると思うのです。必要としているのは『日本政府』ですよ。
米軍(国防総省ペンタゴン)はそう簡単に引き上げるなんてことはしません。幾らトランプになったからといって、そんな簡単に動く訳がない。それを強行したら、ダラスの悲劇が待ってますよ。(あれはCIA側だとは思ってますが。)2年前在日米軍副官が「本土の4カ所の基地は何が有っても手放さない」と語っています。キッと今日の日を予見していたんでしょう。そこには沖縄は含まれていません。何故なら中国軍の中の跳ねっ返りが暴走した時狙われる危険性が高いのを危惧しているからど思います。家族同伴恒久基地なんておいて置けないでしょう。良いとこローテーション基地に格下げです。軍人なら名誉の戦死で済みますが、家族に死人なんか出したらどうなるか考えてみて下さい(笑)しかし本土のは太平洋から向こうの覇権に絶対必要な基地として今後も手放せない物です。こういう理由でトランプも説得されてしまうと思っています。その分思い遣り予算が、7000億円から1兆7000億円に値上げされるんでしょうけど、、。これ独立しても変わらないんですよね。まさか軍隊持たないで絶対平和なんて叫んでも、殆どの日本人は支持しないでしょうね、、。だって共産党だって現憲法制定時軍隊は必要だ、と主張していたんですから。どんな政治体制になってもここから抜け出すのは難しいでしょうね。貴殿の支持している小沢氏だってPKOは賛成ですよね。まさか警察で済ますんですか?完全完結部隊じゃなきゃ出来ませんよ。
軍隊の無いコスタリカは、国境警備隊(警察組織)が軍事用装備を維持しています。
尚、米国核兵器シンクタンクは、10年後には日本は核装備しているだろう、と予測しています。あの蓮舫が頓珍漢な発言をした、一番の脅威はイプシロンです。スパコンも重要です。まァ、このシンクタンクの話で笑うのは、このイプシロンが北朝鮮と中国にしか向かわない前提で、話が出来上がっている所です。ワシントンニューヨークにも届くんですがね(笑)
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg