2016-11-24(Thu)

トランプ TPP FTA

トランプがTPP離脱を堅持することで、ついにオバマも諦めたらしい。

トランプ次期大統領「就任初日にTPP離脱通告」 2国間協定交渉へ
2016年11月22日 AFP


TPP オバマ政権、断念を正式表明 トランプ氏方針で
毎日新聞2016年11月23日


この報道を受けて、これまでTPP反対で一致してきた日本国内の勢力が、真っ二つに割れつつある。

「トランプは見かけによらず良いやつじゃないか。TPPが無くなってよかった。」

「トランプは極悪人だから、絶対これでは済まない。日米FTAでもっと酷いことになる。」

どっちにしても、戦隊ヒーロー並の勧善懲悪、単純すぎる居酒屋談義である。
トランプが「良いやつ」のワケは無いし、かといって、悪いやつなら誰に対しても何もかも悪いことをするってものではない。

第一の問題は、トランプの個人的な善し悪しではなくて、政治家としてのインセンティブと方向性が、どっちを向いているのかだ。
たしかに差別的な人格の問題はあるのかもしれないが、他国の次期大統領の人格を心配する前に、凄まじいレイシストが首相を始めとして何人も閣僚に並んでいる、自分の国のことをまず心配するべきだ。

トランプの移民政策が極端な差別だといわれているが、その内容は、現在1100万人ほどいる不法移民の中で、犯罪歴などのある2~300万人を強制送還する、という話だ。
マスコミの報道だけを聞いていると、移民を全て追放するかのように思ってしまうが、そうではない。合法的な移民はもちろん、オーバーステイなどの不法移民の多くも、追放するとは言っていない。

ひるがえって、わが国のことを考えてみよう。
そもそも日本では、日系3世など特別な場合を除いて移民を認めていない。かつて日本軍が中国に置き去りにした中国残留孤児が帰国したケースですら定住者とかいう中途半端な地位になっている。
まして「不法」移民については、トランプのようにとりあえず見逃す、なんてことはしてくれない。運良く在留特別許可にならない限りは、追放(強制送還)される。他の犯罪歴などなくても だ。

このような、トランプも真っ青、あるいはトランプがよだれを垂らして羨ましがるような、超「差別的」な移民の取りあつかいをしている日本にたいして、「トランプはレイシストだぁ!」と叫ぶ人たちは、なんで猛抗議しないのだろう。
自分の国のことは棚に上げて、他国の国民が選んだ次期大統領を罵倒するのは、いかがなものだろうか。

このように、トランプはレイシスト という定説は、多分にマスメディアによって誇張されている。

しかも、移民の受け入れは、ほとんどの場合、安価で3Kな仕事をこなす労働力を増やそうという意図で行われる。
これこそが 差別じゃないのか と私は不思議になる。
移民受け入れの前提は、同一労働同一賃金の徹底だろう。

話をTPPに戻す。

このように実体以上に怪獣化されて報道されるトランプだが、さりとて、トランプさんのおかげでTPPがなくなったぜ、万歳!と喜ぶのは、かなりアホに見える。
少なくとも、トランプは豪腕の実業家であり、アメリカ第一主義を標榜しているのだから、何が何でもアメリカの権益を押し通すための交渉を始めるのは、当然のことだ。日米FTAが、TPPに代わるハードネゴシエーションの場になることは間違いない。

ただ、トランプが守ろうとしているアメリカの権益とは何か、ということだ。
トランプは、アメリカの斜陽産業の復活を託されて当選した。
穀物とマネーの国になってしまったアメリカで、自動車や鉄鋼などの産業とその労働者にもう一度希望をあたえる、というのがトランプの使命である。

当然ながら、TPPとは違う交渉になる。
TPPは、アメリカ国内でも斜陽産業は犠牲にしてマネーと穀物などのアメリカが強い分野の権益を確保する内容だった。
だから、ぱっと見には「自由」にすれば、弱肉強食で勝ち進むことができた。

しかし、トランプは国際競争力の落ちた斜陽産業で勝負しなければならない。
ぱっと見の「自由」を装っている余裕はない。両国の障壁をある程度認めてバーターするか、さもなければ、誰の目にも明らかな露骨な不平等条約にするしかない。

これは日本にとっても同じことが言える。
TPPは、日本企業とは名ばかりの、税金すらろくに納めないごく一部の国際企業だけが勝ち抜ける仕組みだったのに、そううまくはいかなくなる可能性が高い。
同時に、斜陽産業を守るという「弱み」を抱えたトランプに対して、日本側は交渉する余地が大きくなる。
「自由」の御旗を掲げられると交渉はしにくが、バーターであればまだしも話はできるはずだ。

もちろんこれは、日本政府に交渉する気がある場合だし、その最低限の能力がある場合に限られる。
一国の総理大臣がまだ民間人のトランプに50万円のゴルフクラブをぶらさげて、ニューヨークまで飛んでいった今の日本の政府には、TPPだろうがFTAだろうが、相手がだれであっても交渉などできるわけはない。

そうなると結果は、政治に興味なんて無くても目をむくほどの、極端な不平等条約 ということになる。
「自由」の御旗を投げ捨てて、ジャイアンとのび太の関係さながら、いくらなんでもそれはないだろ、ということが誰の目にも明らかになってしまう。
オバマも安倍も、TPPにこだわってきたのは、そうした赤裸々事態を避けたかったからではないのか。

しかし、トランプはやるだろう。
赤裸々を怖がらないからだ。

その時、日本の私たちがどのように判断し、どのように批判し、行動するのか。
そこが決定的に問われてくる。

「やっぱりトランプは悪人だ。ひどいひどい。TPP離脱して喜んでいたのは誰だ!!」と、怒り心頭に発する人たちの声が聞こえてきそうだが、そのような怒りは、しょせん他人任せの無責任な怒りではないのか。

問題は
交渉できる政権をつくれないわれわれ
にあるのではないのか。

トランプは、不利な条件をゴリ押ししなくてはならなくなったのであって、本来的には日本にとっては有利な状況になっている。
にもかかわらず、「それはいくら何でもオカシイでしょ」と言える総理大臣を政権に据えることができていない、ぼくたちの問題なんじゃないのか。

そこを飛ばして、トランプは酷いよ~ とトランプのせいにしてしまうのは、何のことはない尻尾を巻いて不平等条約にサインしようとする安倍政権と、同じ穴の狢なのではないか。

誰の目にもわかる不平等条約を強要され、それに文句の一つも言えない安倍政権という構図になるのならば、その時こそ国民のプライドに火がつく時ではないのか。火を点けなくてはならないのではないか。
それを頭から国粋主義とかいって忌避する偽リベラルも、反発を利用してファシズムまで突っ走ろうとする勢力も、きっと現れてくるだろう。
そうしたまがい物に流されずに、人としてのプライドを大事に燃やす政治を主導できる勢力を、どれだけ作ることができるか。

トランプとTPPとFTAの問題は、そこにかかっている。


■■お知らせ

自由党大阪府連大会
11月26日(土)14時から
大阪市立社会福祉センター(上本町)
小沢一郎共同代表も登場
大阪府以外の方や、党員サポーター以外もオブザーバ参加できます

詳しくは → https://www.facebook.com/events/328157494223706/



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

寿司トモにさえ裏切られた安倍首相政権では??

 >問題は交渉できる政権をつくれないわれわれ
にあるのではないのか。

 同感です。経世会や宏池会はアメリカの年次要求に対して譲歩しながらも,最低限守るべきモノを守るために「交渉してきた」といわれています。それがそうでなくなったのが,小泉政権以降だと思います。
 日本はアメリカの属国ですから,ボスの言うことを聞かなくてはなりませんが,守るべきモノは守ってきたのに,TPPなどという国を売る道具を率先して批准しようとしている公明・安倍政権のいじましさには驚くばかりです。

 しかし思えば,アメリカは国際海洋法を議会が承認していないことに象徴されるように,自国が犯罪者になるのだけは避けたいようです。
 イランが米国を国際的な司法に訴えていますが,米日欧のマスゴミはこれを無視するのは当然としても,TPPのような協定に参加国が全員調印した
以上,それを議会で批准するように努めるのが,大統領または首相の役割でしょうが,トランプ氏はそれを批准するどころか,その調印を無効にするというのですから,その発言・行為自体に大いに価値があると思います。

 ところで日本の外務省は,アメリカ国内の売女マスコミ報道を信じて安倍首相に赤恥を書かせました。米国追従の外務省,駐米日本大使らですから仕方ありませんが,問題は,寿司トモであるはずのマスゴミが日本国民にヒラリ-優勢,トランプ批判を報道し続け,ひいては安倍晋三氏を裏切ったことです。
 子飼いの寿司トモ報道を信じたばかりに,安倍氏はヒラリ-に会ってトランプに会わない外交をしたわけです。
 あのNZでさえ,日本より先にTPPを批准しました。しかしNZはAIIB(中国主導に銀行経営)に参加しているので,TPPがダメになっても生き残れる可能性が大です。
 まだ国会批准をしていないベトナムやマレ-シアも二股掛けています。いわば恋人を複数持っているのです。四方八方を海に囲まれた日本。日本流に言えば,八方美人になることが日本外交の真骨頂だと思うのですが,平和条約がありながら,中国を敵視し,平和条約がないロシアと仲良くしようとしています(西方重視の動的防衛大綱参照)。

 本来なら,中国ともロシアとも仲良くする努力をするのが,日本のとる交渉術だと思うのですが,アジア軸足オバマ米国の属国,ポチになりきってしまった外務省の責任は重く,交渉術としては外交の下の下の下。(ゲゲゲの鬼太郎も笑っています)
 ますは外務省解体。防衛省は防災省に改変。そしてどの国ともそれなりの交渉を粘り強くする日本版国務省建設が必要だと思います。

 しかしそれにつけても,あれほどご馳走して上げた寿司トモの情報を信頼してヒラリー当選確実を確信した安倍晋三君に乾杯。そしてそういう安倍氏を首班に選んだ国会議員にも乾杯。完敗。つまり,現在の自公民政権ではまともな交渉はできないのです。総入れ替えが必要だと思います。 

No title

トランプの後ろには93歳キッシンジャーが居て、その後ろに101歳のロックフェラー爺さんが居るんだそうで。少し前からキッシンジャーの名前がポコポコ出てきていたんで、変だなァ、とは思っていたんですがね。安倍がトランプタワーに馳せ参じる30分程前にこの爺さんが到着していたそうで。そしてこのキッシンジャーにはどれだけ国富を抜かれてきたことか、、。更にどれだけの首相が退陣させられてきたことか、、。
自民、民進党どころか維新でも尻尾を巻いて平伏すでしょうね。角栄の姿を見知ってる連中は誰も逆らえない。
小沢さんでも、もう一度対峙する気力あるかなァ、、?
共産党でさへ「破防法」怖さで難しいでしょうね。
右巻きの「核を持って、独立だァ」も左巻きの「九条押し立てて、独立だァ」も夢想花(笑)

同感です。
リベラル派の反トランプの人たちはあくまでトランプ全否定で、日本の今後をどうしていくかという意見がありません。
これは中国や北朝鮮を頭から否定して交渉相手とも見做さないネトウヨと同じ発想だと思います。中国やロシアや北朝鮮が問題ある指導者や政府なんてことは百も承知、でもそれでも、尖閣や北方領土、拉致や核ミサイル問題などを交渉して解決していかなくてはならないことは、リベラル派なら当然理解しているはず。日米関係も同様なはずで、トランプだからと悲嘆に暮れている場合ではないでしょう。

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg