2016-12-26(Mon)

ホワイトヘルメットは正義の味方か

戦禍のシリア・アレッポで、がれきの中から瀕死の住民を救出するホワイトヘルメット。

ノーベル平和賞にノミネートされ、日本のマスメディアでもさかんに取り上げられたので、ご存じの人も多いだろう。

シリアの市民救助隊“ホワイト・ヘルメット”
2016年9月12日(月) NHK


上記の記事にも取り上げられているこの写真で、ホワイトヘルメットは一躍有名になった。

20161226-1.jpg

だが、私はこの写真を最初に見た時に、言葉にできない違和感を感じていた。
このときは、埃にまみれた男の子とキレイな椅子との対比が不思議な感じがしたのだが、もっとハッキリ意識すれば、記念撮影する前に顔を拭いてやれよ、ということだ。
たまたまタオルがなかったのかもしれない。救護要員とカメラマンは別なのかもしれない。
しかし、瓦礫から救助した直後ならばともかく、キレイなロッカーとエイドセットと椅子がある場所で、なんで一分の隙もなく埃だらけのままなのか?

その違和感を感じながらも、しかし、激烈な戦争は現実におきていて、多くの民間人が犠牲になっていることは疑いようがない。
ロシアの空爆だけでなく、アメリカの空爆にも同じように大々的な批判が巻きおこっていれば、中東の情勢は違ったものになっていたのに、とも思うが、そのことがシリア政府とロシア軍の残虐を緩和するものではない。

それでもなお、どうしても違和感を募らせずにいられなかったのが、ホワイトヘルメットという集団についてだった。
あのおそろいのヘルメットや制服を見ると、どうしてもISISが乗っていた新品のランドクルーザーを思い出してしまう。

もちろん、ホワイトヘルメットの隊員は命がけで救助活動をしてきたのはまちがいない。
活動中に命を落とした人もいるという。

その疑問に答えてくれたのが、青山弘之さん(東京外国語大学教授)のこの記事だった。

「ホワイト・ヘルメット」をめぐる賛否。彼らは何者なのか?
2016年10月21日 NewsWeek


 ホワイト・ヘルメット結成を主導したのは、ジェームズ・ルムジュリアーという英国人だということは広く知られている。彼はサンドハースト王立陸軍士官学校を卒業後、北大西洋条約機構(NATO)の諜報部門や国連英国代表部に勤務、コソボ、イスラエル、イラク、レバノンなどで20年以上にわたり職務にあたった。その後2000年代半ばに民間に移籍し、アラブ首長国連邦(UAE)に拠点を置く危機管理会社「グッド・ハーバー・インターナショナル」のコンサルタントとなった。このルムジュリアーが、欧米諸国などから寄せられた資金を元手に、2013年3月からトルコのイスタンブールでシリア人の教練を開始し、組織化したのがホワイト・ヘルメットだった。
(略)

 また、ホワイト・ヘルメットの活動地域は「反体制派」が支配する「解放区」に限定されている。その理由に関して、公式ホームページでは以下の通り弁明されている。
(略)

 レバノン日刊紙『サフィール』(2016年10月7日付)は、ホワイト・ヘルメットが「外国の専門家」から、救助活動だけでなく、メディアでの露出のあり方についての教練を受けているとの「匿名ボランティア」の証言を紹介している(記事の日本語訳は「日本語で読む世界のメディア」を参照)。こうした証言の是非もまた実証できない。だが、ホワイト・ヘルメットが配信する広報資料のなかには、ヒムス県での空爆の被害とされる写真が実際には数日前に撮影されたものだったり、異なる三つの空爆現場で救出されたとされる女児の写真が同一人物のものだったり、と明らかな「ねつ造」が存在する。

20161226-2.jpg
(略)

 ホワイト・ヘルメットがロシア・シリア両軍の激しい空爆に晒されるシリアで、「地獄のなかの希望」として救援活動を続けていることは厳然たる事実で、彼らの活動は称賛と支持に値する、そう声を大にして言いたい。
 しかし、こうした称賛や支持は、彼らが「中立、不偏、人道」を体現していることを意味しない。ホワイト・ヘルメットの支援国や言動は、彼らが「反体制派」であることを示しており、この事実を踏まえずに彼らを評価しようとすれば、「シリア内戦」の実態を見誤ることになりかねない。

(引用以上)

賞賛に値する活動ではあるが、不偏不党の市民組織ではなく米国の支持する反体制派の組織であり、一部ねつ造を含むメディア戦略をとっている、ということだ。
これは、前半があるから後半はないことにする、というものではなく、その逆でもない。

中には、ホワイトヘルメットの救助活動そのものがねつ造だとか、もっと甚だしいのは、爆撃の被害自体がねつ造だというネット記事も見かけるが、もちろん私はそんな記事に同意しない。
怪しげな意図が隠れているからと言ってその全てを否定したり、あるものをないと言ったりする極論や(狭義の)陰謀論は百害あって一利無しである。
(広義の陰謀の存在は私は全く否定しないどころか、あって当然だと思っているが、これはまた別の話)

もちろん、疑問は山ほどある。
なんで、ホワイトヘルメットは安全な場所から戦場へ出動できるのに、戦場の住民は安全な場所に移動できないのか? 
上記のNHKの記事の中にも、シリアとトルコを往復しながら活動する隊員のキレイな家が映っている。
そんな移動の自由があるのなら、なぜ住民はもっと早くに非難しなかったのか。

レッポ陥落直前にホワイトヘルメットはこのような声明を出している。
「ここにとどまれば命に危険が及ぶ。女性は収容所に連行され、男性は殺害されるだろう。民間人を助けたことがわかれば、みな拘束されるか処刑されてしまう」ニューズウィーク日本版12月14日

しかし、同じように反体制派の地域で救護活動をしていた国境なき医師団は、陥落後のアレッポ東部に入り、今は政府軍に制圧された地域で活動をしている。

包囲解除のアレッポ市東部で緊急援助――MSFの複数チームが現地入り
2016年12月19日


今のところ、国境なき医師団が民間人を助けたから殺されたという話は聞かない。

まだまだ疑問はたくさんあるが、それでもなお、アレッポがシリア軍とロシア軍によってがれきに山になるほどの酷い爆撃をうけ、多くの民間人が殺されたことは間違いない。

■■

何が言いたいのかというと、「正義と不正義」 「正と邪」のようなド単純な二元論で考えることの危険性だ。

トランプとプーチンと習近平が世界の3巨頭になる2017年。
正と邪で考えたら、なんでもかんでも邪になるに決まっている。
しかし、それでは何の分析にもならない。白馬の王子を待ち望む子どもと同じだ。

正義の味方などいやしない。

そんな現実の世の中で、ではどうするか、を考えることが政治であり生活の選択だ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします






関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

シリア紛争への誤解

 今月,ロシア国連大使がシリア政府からの許可なくシリア国内で軍事顧問活動をしている顧問名を列挙しました。出身地は,サウジ4名,トルコ,カタ-ル,イスラエル,ヨルダン,モロッコ各1名です。米軍事顧問は,最初は50名でした。今では500名以上です。これはベトナム戦争のときの顧問派遣と同じ構造です。しかしシリア政府はロシア軍以外の介入を認めていません。
 小生の記憶は当てになりませんが,マリア氏のいう通りで,詳しくは,ブログ『マスコミに載らない海外記事』や『櫻井ジャ-ナル』をご覧下さい。いかに白いヘルメット団がインチキであるか,分かります。
 また写真は,フランスのチャ-リ-・エブド事件の時の写真,浜辺に打ち上げられた,シリア難民の子どもの写真など胡散臭いものばかりです。
 問題は二つあって,一つは,NATOやイスラエル・米軍等が介入するときは,アラブの春,オレンジ革命,パ-プル革命など民間人を装った集団が当該政府の非道を糾弾し,CIAが事件を捏造し,混乱を引き起こすことです。シリア政府が絶対に自国民を虐待しなかったとは申し上げませんが,多くは,濡れ衣を着せられました。例えば,毒ガスを使ったとシリア軍が犯罪の汚名を着せられたとき,オバマは「レッド・ライン」と称して軍事介入をしようとしましたが,ロシア軍の反証によって,反政府軍の仕業であることが明らかになりました。
 ならば,オバマは反政府軍を攻撃するべきだったでしょうが,攻撃するどころか,ISIS(反政府軍一派)に武器を援助し,シリア軍を攻撃しました。誤爆と言い訳しています。
 二つ目は,オバマ大統領もいっているように,2014年にISISの勢力が急成長したことです。時の国務長官はヒラリ-でした。ネオコンの手先であるヒラリ-ことキラリ-がシリア紛争を拡大させたのです。その彼女が大統領になれば,シリアを潰すことは明々白々で,ロシアとW3を引き起こす可能性を増大させたことです。

 一般に,米中露の関係は,三角愛人関係と同じで中露が仲良くなれば,米が嫉妬し,米中が仲良くなれば,ロシアが嫉妬し,米ロが仲良くなれば,中国が嫉妬する関係にあります。
 現状は,オバマの米国はロシアを悪魔化し,中国を封じ込めようとしています。ゆえに中露が結束しているのです(中露が結束したから米国が嫉妬したのかどうかは分かりません。貿易決済にドルを使わない密約があったとすれば,三角愛人関係で説明がつきます)。
 したがって,三大国の各トップに誰が成るかで,三角関係が決まるということができましょう。トランプとプ-チンが仲良くなれば,習近平がどう出るか,予測しているところです。おそらく等距離外交をとると思われます。つまりそのときの組み合わせは,3つではなくて,8つになると思われます。

正論ですね

私もあのオレンジ色の箱の写真を見た時の違和感が頭を離れません。太平洋戦争時の東京大空襲や沖縄戦に、あのような設備が在ったでしょうか?同じ戦争です。両親は山の手大空襲に遭いました。母は新婚2日目に被っていた布団が燃えたそうです。父は焼けトタンを屋根に葺いていたら戦闘機の機銃掃射に遭い、咄嗟に逃げて横を見たら、男が首を飛ばされ地面に突き刺さっていたそうです。沖縄では病院の洞窟の中でウジ虫が湧いている死体だらけ。軍艦の中では軍医が切った兵士の手足が血の海の中、、。片や戦争の真っただ中なのに、綺麗に揃った救急設備とその前に座る子供の絵。もう少し本当らしく(演技)するなら、逆に開け放たれた箱や包帯が散らばっていても良いような気もしてますが。
更に言えばアサド政権側にだって自爆攻撃や砲撃で死傷した子供を含んだ多くの人々が居るのに、殆ど報道もされない。アレッポだけが脚光を浴びるという偏った報道に違和感を感じない日本人を含んだ西側諸国の人々。
戦争とは、どちらも被害者であり加害者である筈なのに、「アレッポでアサドとロシアが虐殺をしている。」この言葉に踊らされる人に違和感を感じています。どうもそういう言葉を語れば『正義』の側にでも居られるとでも思っているのでしょうか?
確かに沖縄の人々は一方的に虐殺されたり、土地を奪われており、今も続いています。それも両方から、、。でも琉球処分時にもっと強く抵抗はできなかったのでしょうか?していれば皆殺しに遭っていたのかなァ、、?平和主義過ぎたのかもしれないのか?今も同じ方向に向かっていそうなんですがね、、。
ココで一つ問題なのが、翁長氏と彼を支える人達は政治集団です。共産党から社民・自由党まで。その人達って独立は容認しませんよね?だって自分たちの居場所を無くしてしまいますからね。この辺どう考えてるのか知りたいんですよね。先日党員に尋ねたんですが、納得はしてましたが、明確な答えは得られませんでした。貴殿はどう考えられますか?

偽映像

偽市民 偽画像は もう とっくにばれており、今さらと驚きます。
シリアが虐殺しているという 古すぎるネタと画像8は、アクターにより、ある時は違う町で撮影されているので、今ごろ ホワイトヘルメットは正か悪かという記事は、驚く
日本田布施は、イエズス会、西側なので、知っている人は、プロパガンダメディア・西側とみています。 そのごとく拡散するブロガーも多すぎる
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg